Japan Times

New mindset is the only salve


By GREGORY CLARK Japan Times 2004.10.11
思考のリセットが唯一の膏薬

ジャパンタイムズ 2004.10.11

Japan-China relations are in trouble, again. The latest recriminations began with the fierce booing of a Japanese soccer team in Chongqing in July of this year. Few of Japan's many indignant commentators seemed to know that this large central China city had been the defenseless target of relentless Japanese bombing raids for most of the war years. Its people were reduced to living in caves.

The commentators also like to zoom in on former Chinese leader Jiang Zemin as incurably anti-Japan. Few realize his formative years were spent in Japan-occupied Shanghai, which also suffered badly.

Anyone who knows China knows the depth of genuine Chinese dislike and even hatred for Japan. Japanese conservatives and rightwingers have lately begun to blame this on what they see as exaggerated emphasis on Japan's 1937-45 wartime atrocities in communist China's school textbooks. (They do not tell us how this alleged anti-Japan bias in the schools meshes with Beijing's strong efforts to curb anti-Japan comments on the Internet and in the Chinese media. Nor do they explain why anti-Japan feeling is just as strong in noncommunist Hong Kong, which has different textbooks.)

Educated Chinese do not need textbooks to remember the record of Japan's wartime behavior. It is Japan's unwillingness to remember that is the problem.

Tokyo insists that it has apologized to China, repeatedly, for wartime misbehavior. But can the apologies be taken seriously? When former Japanese Prime Minister Kakuei Tanaka told former Chinese Premier Zhou Enlai that he was sorry for the meiwaku (trouble) Japan had caused China, Zhou is reported to have said angrily that meiwaku is what you say when you spill tea on a lady's dress.

If Japan was truly repentant, it would have done something to punish or at least ostracize the people who committed the worst atrocities in China. But the men responsible for the ghastly Unit 731 germ warfare and vivisection experiments on tens of thousands of Chinese prisoners returned to respectable positions in Japanese society. Some were even able to use their experiences to create a large medical company, notorious for its corrupt links with Japanese officialdom.

The last straw for many Chinese is the sight of Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi, in traditional regalia, making his annual visits to the controversial Yasukuni Shrine. Japanese conservatives say every nation has the right to honor its war dead. But Yasukuni does much more than that. Its numerous militaristic displays show a complete lack of remorse for a war that killed up to 20 million Chinese. Beijing has used the issue to put a freeze on any meeting with Koizumi.

True, Beijing in the past has used Yasukuni and other issues to play favorites among Japan's political leaders. But this time its distress could be genuine. In its efforts to calm domestic anti-Japanese sentiment, it tries to insist that the Japanese are a peace-loving people and that the war guilt rests lie solely with the 14 Japanese leaders convicted of A-class war crimes. Yasukuni is said to enshrine the souls of those 14 wartime leaders.

True, cultural factors help explain some of Japan's war-guilt problem. Many critics of Japan point to Germany's ability to admit war guilt. But this is easy when you can put all the blame onto Nazi leaders and exonerate the rest of the German nation. To ask the more communalistic Japanese to condemn wartime leaders and atrocities is in effect to ask them to deny their nation.

Maybe that is what they should do, and what all the rest of us should do when our soldiers commit atrocities, whether it is in Iraq or Vietnam or what have you. But we all know that is not going to happen.

Japanese particularism is also a factor. Somehow the fact that Japan also suffered from the war -- the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki especially -- is supposed to wipe out guilt for the far greater and earlier sufferings that Japan imposed on other peoples.

But culture is only part of the picture. The anti-Japan soccer outbursts in China as well as recent territorial disputes have excited Japan's powerful rightwing into anti-China passions almost on a par with the militaristic past. Bitter denunciations of China and the Chinese people have become regular fare in rightwing media and pulpits.

Support for a U.S. military confrontation with China, hopefully over Taiwan, is urged. The so-called China School -- Chinese-speakers in Japan's Foreign Ministry with some experience of China -- are now treated with the same contempt and suspicion as the Chinese experts purged from the U.S. State Department by McCarthyist pressure in the 1950s.

The rightwing is pouring praise on the recent Japanese translation of a viciously anti-China book by a prewar U.S. diplomat, Ralph Townsend, entitled "Ways that are Dark: The Truth About China." It contrasts an allegedly dirty, devious Chinese nation with the trustworthy, hardworking Japanese, and bitterly criticizes the then-U.S. government for opposing Japan's attacks on China.

Townsend ended up in a U.S. wartime jail, accused of treason. But for the rightwing here, he is a hero.

The territorial frictions are especially worrying. Even moderate Japanese take it for granted that Japan's claims to the disputed Senkaku Islands and economic control lines in the East China sea are totally valid and that China's not totally unreasonable claims are in fact totally unreasonable.

Some very large changes in the Japanese mentality will be needed if Japan and China are ever to live in peace with each other.
日中関係が、今また問題だ。最近の非難の応酬は今年8月重慶で起こった日本のサッカーチームへの激しいブーイングがきっかけで始まった。憤慨する日本のコメンテーターの多くが知らないと思えるのは、この中国中部の大都市は、あの戦争のほぼ全期間を通じて日本の容赦ない爆撃の無防備な標的になった町だということだ。住民は洞窟に逃げ込むことを余儀なくされた。
コメンテーターたちは前中国指導者江沢民を芯からの反日と誇張することを好む。だが、江沢民はその人格形成期を日本占領下の上海で過ごしたことを知る人は少ない。上海もまた日本軍のひどい攻撃を受けたところだ。
中国を知る人なら中国人のほんとうの日本嫌い、日本増悪とさえいえる感情の深さを知っている。最近は、日本の保守派や右派はこれについて、これは共産中国の学校教科書が1937-45年の戦時中の中国における日本の暴虐を誇張しているせいだと非難し始めた。(彼らのいう学校におけるメ反日バイアスモなるものと、インターネットや中国マスコミの反日的論評を必死に抑えようとしている中国政府の努力が、どう結びつくのか、説明しようとしない。また非共産主義で教科書も違う香港でなぜ反日が同じくらい強いか、説明がない)。
 教養のある中国人は教科書を読むまでもなく、戦時中の日本が何をしたか覚えている。問題なのは、日本がこれを覚えていたくことが問題なのだ。
日本は、戦時中の悪かったことに対してすでに再三謝ったと主張する。だが、その謝罪が真剣に受け止められるようなものだったろうか。田中角栄元首相が周恩来元中国首相に、日本は中国に“迷惑”をかけたことは遺憾だったと述べたとき、周首相は、迷惑はレディーのドレスにお茶をこぼしたときに謝る言葉だと憤慨して語ったといわれる。
 もし日本が本当に悔いているなら、中国で最悪のことをした連中を何らかの形で罰するか、せめて悪者扱いくらいしたはずだ。ところが、あの忌まわしい731部隊の細菌戦や何万人もの中国人捕虜に行った生体実験の責任ある者が、日本の社会で尊敬されるポストに返り咲いている。あの経験をもとに、大きな医薬品会社を作った者さえある。その会社は日本の官僚たちとの癒着で悪名をはせている。
 多くの中国人にとって、最後のダメ押しとなったのは、日本の首相小泉純一郎が、伝統の儀礼服に身を包んで、毎年恒例で、論争の渦中にある靖国神社に参拝する姿だ。日本の保守派は、どの国も自国の戦死者を祀る権利があるという。だが靖国の場合それ以上に多くのことをやっている。数多くの軍国主義的展示を見ると、2000万ともいわれる中国人を殺した戦争への反省がまったく欠落していることを示している。中国はこの問題を機に、小泉氏とのいかなる会談も凍結させた。
 中国が過去に、靖国や他の問題点を日本の政治指導者のひいき選びに利用してきたことは確かだ。だが今回は、中国は掛け値なしに困惑している。国内の反日感情をなだめるために、日本民族は平和を愛する人々であり、戦争責任はひとえに、A級戦犯となった14名の日本の戦時指導者にある、と主張しようとしている。ところが靖国神社にはこの14名の戦時指導者の魂も祀られているという。
 たしかに、日本の戦争責任問題対応について、部分的には文化的要因から説明できる。日本を批判する人の多くは、ドイツは戦争責任を認めたと指摘する。だが、すべての責任をナチス指導者へ預け他のドイツ人は無罪だといえるならば、これはたやすい。ドイツよりはるかに共同体的な日本に戦時中の指導者や暴虐について告発することを要求することは、原理的には、自分の国を否定せよと求めるのと同じだ。
 もしかして、これこそまさに彼らがやるべきことかもしれない。そしてわれわれすべてが、自国の兵士が暴虐行為を行ったときにやるべきことかもしれない。― それがイラクであろうと、ベトナムであろうと、どこであろうと―。だが、そうはならないことは明らかだ。
 日本の個別主義もまた一要因だ。どうしてか、日本もまたこの戦争で痛みを受けたという事実― とくに広島、長崎の原子爆弾被爆―は、日本人がそれ以前に他国民に与えた、それよりはるかに大きな罪を消し去る、と考えられている節がある。
 だが文化は、この構図のほんの一部に過ぎない。中国におけるサッカーをきっかけの反日の爆発は、最近の領土紛争問題と相まって、日本の強力な右派を刺激し、ほとんど過去の軍国主義に匹敵するような反中国熱を煽っている。中国と中国人をきびしく公然批判することは、右派マスコミや講演会の定番になっている。
 願わくば台湾をめぐって、アメリカが中国と軍事対立することへの支持を、促している。外務省の中でいわゆるチャイナ・スクール― 中国語に堪能で、中国経験もある人々― は、1950年代アメリカ国務省でマッカーシズムの圧力によって公職を追われたチャイナ・エキスパートたちが受けたと同じような侮蔑と猜疑の対象になっている。
 戦前にアメリカ外交官ラルフ・タウンゼントが著した猛烈に反中国的な本「暗黒大陸中国の真実」の日本語訳は日本の右派たちに絶賛されている。それは、いわゆる“汚く、ずるい”中国国民と“信用できる、勤勉な”日本人を対比させ、日本の中国攻撃に反対した当時のアメリカ政府を厳しく批判している。
 タウンゼントは最終的には売国活動の罪でアメリカの戦時刑務所入りとなった。だが、日本の右派にとって、彼はヒーローだ。
 とくに心配なのは、領土をめぐる摩擦だ。穏健派の日本人でさえ、係争中の尖閣諸島と東シナ海の経済海域をめぐる日本の要求は完全に正当であり、したがって完全に不合理とはいえない中国の要求を、完全に不合理なものと決めてかかっている。
日本と中国が互いに平和に暮らしていくためには、日本人のメンタリティに何か非常に大きな変化が起こる必要があるだろう。


Home