Tuesday, Oct. 23, 2012

The case for nuclear power


The Fukushima No. 1 nuclear plant disaster has made Japan reconsider the role of nuclear power in its future. But for some reason we hear little about the non-disaster at the nearby Onagawa nuclear plant. What did not happen at Onagawa during the March 11, 2011, earthquake and tsunami events could be much more relevant to Japan's nuclear power future than what happened at Fukushima.


The ocean-facing Onagawa plant was considerably closer to the earthquake epicenter off the Tohoku coast than was the Fukushima plant — 130 km versus 180 km. Earthquake and tsunami destruction in the area was far worse; the nearby town of Onagawa and city of Ishinomaki had over 4,800 people killed or missing. But the plant and its three reactors came through virtually unscathed; it even provided refuge for those fleeing the destruction in surrounding villages.

Onagawa survived thanks to basic commonsense. Its 14.7 meter sea wall was designed to protect it from the worst anticipated tsunami. Its strong foundations allowed it to survive a one-meter earthquake-caused site subsidence; a subsequent IAEA inspection group was amazed at the lack of structural damage. Enough of its various electricity power sources survived to allow it to pump in the water needed to put all its reactors into cold shutdown. Somehow this plant operated by the regional Sendai-based Tohoku Electric company was able to survive better than the Fukushima No. 1 plant run by the elitist Tokyo Electric Power Co.

Tepco's failings have already been listed in the several reports on the 3/11 disaster, in particular its arbitrary dismissal of a tsunami danger warning made only four years before the event. Some also like to blame earthquake damage. But the Onagawa plant survived the same earthquake. So too did the Fukushima No. 2 plant; Japanese engineers now have the skills to make nuclear plants reasonably earthquake proof.

Tepco's ability to brush off tsunami warnings has to be blamed on the bureaucratic complacency and amakudari corruption that seems to affect most large business and government organs in Japan, especially when they are based in Tokyo. All of Tepco's vice presidents and many of its other top people over recent years have been amakudari implants from government ministries, with little knowledge of nuclear power.

Media studies on Onagawa's survival give much of the credit for Onagawa's survival to the late Yanosuke Hirai, a former Tohoku Electric vice president. He had checked past tsunami records and forced through the decision to build the sea wall higher than originally planned. Earlier he had saved a large Niigata thermal plant built on soft ground from destruction in the powerful 1964 earthquake there, by insisting the plant be built on caisson foundations.

Interviews with former subordinates show a man with a strict sense of responsibility who realized that bureaucratic regulations alone would not guarantee safety. He resembled Kotaku Wamura, the former mayor of the small Tohoku fishing port of Fudai, who, remembering the damage from previous tsunami, battled bureaucratic and cost-cutting opposition to build the 15.5 meter seawall and floodgate. Fudai alone was saved from the destruction that wiped out all other fishing ports in the area.

Meanwhile what had been going on at Tepco? Despite the record of very destructive tsunamis along the Tohoku coast for centuries and even in recent years, the Fukushima No. 1 plant had been placed near sea level, protected only by a 5.7 meter seawall. The engineer involved has revealed that Tepco had decided it could save construction costs that way.

Hirai pointed out that nuclear plant construction should not be left to the electric companies. Inevitably they would compromise safety by trying to cut costs. Today people call for increased regulation and government control. But that is unlikely to improve things. In Japan's collectivist society it is too easy for the regulators to collude with the people they are supposed to regulate. A tight exclusivist nexus develops and is impervious to criticism. Besides, and as Hirai pointed out, regulators tend to concentrate on rules rather than contingencies.

If Japan decides to stay with nuclear power — and the arguments in favor are strong — then it should study how France goes about selecting and training the people for its very successful government-controlled Electricite de France nuclear-power subsidiary. True, France has the advantage of a better educated and rounded elite. But the key to EDF's success is its autonomy; its status comes not from its balance sheet or bureaucratic power but from its ability safely to service 75 percent of France's electricity needs. It even manages to service Italy and Germany, which are rejecting nuclear power.

Rejecting nuclear power means Japan will miss some of the technological and safety advances that nuclear power-committed societies like France and China will enjoy. But that is not all. Scientists agree that hydrogen fusion is the safe power source of the future. In the International Thermonuclear Experimental Reactor committee set up to decide location for the first experimental fusion plant Japan has already lost out to France. And now in the wake of the Fukushima disaster a Japanese advisory panel has called on the government to cut funding for the international project altogether. Japan's current nuclear power allergy is understandable. But does it really need to drop out of the race to fusion power?

Gregory Clark served on the Japan subcommittee for the ITER nuclear fusion project.


原子力エネルギーについて



 福島第一原子力発電所の災害が起きて、日本は将来の原子力エネルギーの役割について再考を迫られている。ところがなぜか、その近くにある女川原発の非罹災については、あまり目が向けられていない。2011年3月11日地震と津波の際、女川で何が起こらなかったのか、は、福島で何が起こったかより以上に、重要だ。
 海に面している女川原発は、東北海岸沖の震源地にかなり近かった。― 福島の180kmに対し、130kmである。地震と津波による破壊は、女川地域の方がはるかにひどかった; 女川近辺の町と石巻市では4800人の死者行方不明者が出ている。だが、そこの原発と、その3基の原子炉は、実質的な損傷はなく生き延びることができた。それどころか、付近の村から災害を逃れてきた人々の避難の場所にさえなったのである。
 女川のサバイバルは、基本的な良識の力による。そこでは、予想しうる最悪の津波に備えて、14.7メートルの海岸防壁が建てられていた。建築の基礎部分は頑強で、地震による1メートルの地盤沈下にも耐えた。地震後訪れたIAEA調査団も、構造的損傷が見られないことに目を見張った。いくつかの電源の中には、全ての原子炉に冷却・停止用水を注入するのに支障のない程度に生き延びたものもあった。どういうわけか、地元仙台に本拠をおく東北電力株式会社が管轄するこの発電所は、エリート的東京電力が管轄する福島第一原発より見事に、災害を生き延びた。
 東京電力の欠陥は、3.11災害に関するいくつかの報告書ですでに指摘されているが、とくに、今回の事故の4年前に出された津波の危険性に対する警告を恣意的に退けたことは、その最たるものだ。地震による損傷説を唱える声もある。けれども、女川原発も同じ地震を経験し、生き延びたのだ。福島第二原発も同様だ: 日本のエンジニアは、今では十分に耐震性のある原発をつくる技術を持っている。
 津波の危険性への警告を跳ね返す東京電力の力の元は、官僚的自己満足と、天下りによる腐敗から来ているが、これは日本の大企業や政府機関の大半を蝕んでいると思われ、特に東京に本部を置く場合に顕著のようだ。ここ数年東京電力の副社長全員を経営トップの多数は、が原子力の知識に乏しい、中央省庁からの天下りだ。
 女川の健在ぶりを調査したメディアのいうところによると、女川健在は元東北電力副社長の故平井弥之助の功績によるところが大きい。平井は、過去の津波記録を調査し、当初計画より高い海岸防壁を立てることを主張し、それを貫いた。それ以前には、彼は地盤の柔らかい土地の上に建てられた新潟火力発電所を、ケーソン基礎の上に建てることを主張し、1964年の新潟大地震による破壊から救っている。
 平井の元部下はインタビューの中で、彼を、責任感が強く、官僚的規制だけでは安全は保証されない可能性をよく知っていた人という。彼は、岩手県の小さな漁村普代村の元村長故和村幸得を思わせる。和村幸得は、過去の津波の被害を記憶していて、官僚的な陣営や、支出削減を迫る反対派と戦い、15.5mの海岸堤防と津波防壁を立てた。その結果普代だけは、近辺の漁港を全て破壊した津波災害を生き残った。
 一方、東京電力では何が起こっていたか。東北沿岸は数世紀にわたり、さらに近年でも、甚大な津波被害の記録があったにもかかわらず、福島第一原発は、海岸線の海抜レべルに近く僅か5.7mの海岸堤防に守られたところに置かれた。東京電力はそうすることでコスト削減を図った、と関係者エンジニアは打ち明けている。
 平井は、原発の建設は、電力会社に任せておいてはいけないと指摘している。彼らは必然的にコスト削減を図り、安全を犠牲にする。今日人々は、規制を強め、政府の監督を強化することを求めている。しかしこれで事態は改善しないだろう。日本の集団主義的社会では、取り締まる側が取り締まるべき対象側と馴れ合いになるのは避けがたい。
緊密な排他的な関係が生じ、外部の批判に耳を貸さず、超然とした存在になる。その上、平井も指摘しているが、取り締まる側は、不慮の事故を想定するより、ルール遵守にこだわる。
 仮に日本が原子力を排除しないと決めた場合、― そしてそうする理由は強いが― フランスが、非常にうまく行っている政府管理のフランス電力原子力会社のスタッフをいかに選び訓練しているかを、学ぶべきだ。たしかに、フランスは、より教育の高い円熟したエリート集団というアドバンテージをもつ。だが、フランス電力の成功のカギは、その自治性だ。彼らが持つ高いステータスは、バランスシートや官僚的な力によるものではなく、フランスの電力必要量の75%を安全に提供している実績から来るものだ。フランスはその電力を、原子力エネルギーを排除しているイタリアやドイツに提供することさえ可能になっている。
 原子力エネルギーを排除することは、フランスや中国のような原子力エネルギー志向の国々が謳歌する、その関連分野の技術的進歩や安全をめぐる進歩のチャンスの一部を手にすることができないことを意味する。そればかりではない。科学者たちは、水素核融合プラントは将来安全な電源であるという点で一致している。世界初の水素核融合実験炉プラントの設置場所を決めるために設けられた国際核融合実験炉(ITER)の委員会で、日本はすでにフランスに敗北を喫している。そしていま、福島災害事故の後、日本のある諮問委員会は、海外プロジェクト融資を全面ストップすべきだと政府に求めている。現在の日本の原子力アレルギーは理解できる。とはいえ、核融合エネルギー競争の戦列から脱落することがほんとうに必要か、検討の余地がある。
(筆者はITER核融合プロジェクトの日本の小委員会のメンバーを務めた。)