Wednesday, Aug. 22, 2012

Remembering Japan's 'deserters'


The Obon festival celebrated on Aug. 15 in many parts of Japan marks the alleged release of ghosts from past mythical sufferings. The Aug. 15 anniversary of Japan's 1945 defeat also gives Japan's dwindling band of progressive TV program producers freedom to confront the ghosts of Japan's militaristic past. NHK excelled itself this year with three exposes.

One was on Tokyo's wartime willingness to sacrifice the entire Okinawan population, then seen as lacking in love for the Emperor, by dragging them into a guerrilla war against U.S. invaders.

Another focused on Tokyo's war-end surrender delays with a June 1945 offer by the United States of favorable surrender conditions (to head off a planned Soviet attack) being refused by the "fight to the bitter end" faction and by those with a naive belief that Moscow would act as intermediary to organize a favorable surrender (it was estimated that a further 600,000 died as a result of the three-month delay to final surrender).

Yet another focused on the way the wartime Japanese military executed its soldiers on desertion charges, many false, and how the authorities have refused any postwar rehabilitation of honor. NHK gave a figure of around 5,000 for formal records of those executed in the Southeast Asian fighting. Some have spoken of tens of thousands executed on the China front, many at the hands of sadistic officers who wanted to get rid of soldiers they didn't like.

At the war's end, the authorities set out feverishly to burn all records of those trials and executions, with the sky over central Tokyo turning black from the smoke, it is said. In most cases, all that remained was a notation of tekizen toubou (fleeing in the face of the enemy) against the names of those executed. But NHK was able to find a very detailed set of trial records preserved by the family of a military judge who had severe doubts about the justice of the system he saw in the Philippines and elsewhere. Many were executed without even the pretense of a trial, he complained.

NHK also chronicled the disgrace inflicted on the families of those accused of desertion, and the hopeless bureaucratic battle waged by the family of a man executed it seems simply because his English-language ability marked him as a possible spy. The family sought to restore his honor and the family's right to a military pension. But to this day the bureaucrats say no, claiming they can do nothing because no written records exist.

In a court today, would a guilty verdict be allowed to stand if the prosecution complained it had lost all records? Of course not. If Japan really felt guilt or shame for its past military adventures it would retract all and every wartime prosecution whether for desertion or any other alleged crime against those adventures. But it still refuses to do so. Why?

The fate of alleged deserters among Japanese troops sent at war's end to invade Bougainville Island to the northeast of Australia highlights the issue even more. Abandoned by Japan's callous military authorities and with almost no food or weaponry remaining, most were being ordered by fanatical officers into suicide attacks against approaching Australian forces. The alternative was to starve to death, or head into the jungle to find food, hoping to survive until being rounded up and put into POW camps.

But within the camps worse was to follow. The Australians had handed over camp discipline to the very same fanatical Japanese officers who had ordered the suicide attacks. The fanatics then proceeded to organize kangaroo courts to sentence the jungle survivors for desertion. They were also able to persuade the Australian camp authorities that those they had sentenced had to be punished for breaches of camp discipline. So the Australians unknowingly ended up punishing the very people who had refused the order to kill them.

It gets even worse. For when the victims arrived back in Japan, they were made to continue to serve the sentences handed down by those kangaroo courts. Yet, even under Japanese military law, the sentences were illegal since the courts were operating after Japan's formal surrender. Many died from prison mistreatment in Japan. And they too had their families tarred with the desertion stigma.

I became involved when contacted by the family of one victim, anxious to have the family honor restored and to receive the pension to which they were entitled. They asked me to find out whether the Australian military authorities had any record of the injustices that had been carried out in those POW camps under their very noses.

I did my best but I too got the bureaucratic run-around. Records not available I was told. At the time I wrote about the absurdity of Australia refusing to help the "good" Japanese while protecting the "bad," but got no response.

Many in Japan today point to the injustices of the Tokyo tribunals that set out to punish Japan's war leaders. But no one seems concerned about the far greater injustices suffered by those executed and dishonored for refusing actively to participate in a war whose legitimacy Japan today is supposed to deny.


日本の
敵前逃亡者を想う

 815日はお盆の日、日本各地でいわゆる死者の霊を黄泉の国の苦しみからこの地に呼び戻すという行事が行われる。また815日は、1945年日本敗戦の記念日で、日本で数少なくなっている進歩的なテレビ番組プロデューサーたちが日本の過去の軍国主義の亡霊たちと対峙する自由を手にする日でもある。今年NHKは三つの番組制作で傑出していた。

 一つは、戦時中、東京が天皇への愛に欠けると見ていた沖縄人全員を、アメリカ軍の上陸に抵抗するゲリラ戦へ取り込み、平気で犠牲にしたことについてのもの。

二つ目は、東京の戦争終結の遅れについてで、19456月(予定されていたソ連による攻撃を避けるため)アメリカが出した、より有利な降伏条件の提案が、日本の徹底抗戦派や、もっとよい条件で降伏できるようモスクワが仲介してくれるのではないかという子供じみた期待をもつグループによって、拒否された事実に焦点を当てたもの(その結果最終降伏が3ヶ月遅れたことによって60万ともいわれる余分な人命が失われた)。

さらにもう一つの番組は、戦時中日本軍が、多数の兵士を脱走の罪で(多くはまちがった罪状によって)死刑にしたこと、またそれに対し当局は戦後いかなる名誉回復も拒んでいることにスポットライトを当てたもの。NHKは、東南アジア戦の関連で処刑された兵士の数を、公式に記録が残っているもので5000名、と報告している。中国戦の関連では、数万人という人もあり、その中にはサディスチックな上官が気に入らない兵士を処分するために殺したケースも多数に上るという。

戦争終結に際し、当局は猛烈な勢いでこれらの裁判や処刑の記録の焼却に取り組んだ。そのため東京の中心部の空は煙で黒くなったという。ほとんどの場合、これら処刑された人々は敵前逃亡の表記しか残っていない。だがNHKは、フィリピンその他の土地で見たこのシステムの正義に強い疑問を持ったある軍事法廷裁判官の、家族が保存していた非常に詳細な一連の裁判記録を入手することができた。多くの人が裁判なしに、裁判のそぶりさえなしに処刑された、と彼は不満を感じていた。

NHKはまた、脱走の罪で有罪とされ告発された人々の家族が受けた不名誉について追跡、また単に英語がよくできたためにスパイの容疑をかけられて殺されたらしいある男の家族が続けている官僚との絶望的な戦いについて、追跡した。その家族は彼の名誉回復と戦没者遺族年金の権利を求めている。だが今日まで官僚は、その記録が残っていないために手だてがない、と言い張っている。

今日の裁判では、もし検察側が記録は全て失われたといった場合、有罪判決は有効性を保てるか。もちろんノーだ。もし日本が真に過去の軍事的暴挙に対し罪意識や恥意識があるのなら、戦時中の全ての脱走とか、あるいはこうした暴挙に対して行われた他のいわゆるに対して全て無効にするはずではないか。ところがそれはしない。なぜ?

 戦争末期オーストラリア北西部のブーゲンビリア島に侵攻するために投入された日本軍の中で起きたいわゆる脱走者の運命は、この問題をよりいっそう強烈に浮き彫りにしている。無常な軍の指導部から見放され、食料も武器の蓄えも尽きた中で、大部分のものはファナティックな上官から、接近するオーストラリア軍に対して決死の攻撃を命じられた。さもなければ餓死か、捕まって捕虜収容所へ入れられるまで生き延びることに望みをかけてジャングルに入り食物を探すか、それ以外に残された道はなかった。

 ところが、収容所の中ではさらにひどいことが続いた。オーストラリア当局は、収容所内の秩序維持を、まさにオーストラリアに対する決死攻撃を命じた日本軍の狂信的上官らに任せたのである。狂信的上官らは、ジャングルへ脱走した兵士らを裁判にかけるために「カンガルー法廷」(違法な裁判の意味)というものを設けた。彼らはまたオーストラリアの収容所責任者を説得して、この裁判で有罪になった者は収容所の規則を破ったものであるから処罰する必要があると言いくるめた。その結果オーストラリア人は、知らないままに、自分たちを殺せという命令を拒んだまさにその人たちを処罰することになった。

 さらにひどいことが起きる。これらの犠牲者は日本へ帰ると、この「カンガルー法廷」の判決が引き続き有効とされたのである。ところが、この裁判は日本の正式降伏後に行われたものであり、日本の軍事法の下でさえ判決は違法であった。多くの人が日本の刑務所の劣悪な状態の中で死亡した。そして彼らもまた敵前逃亡という汚名を貼られたままで、家族もまた恥辱を背負った。

 私がこの問題に関わったのは、家族の名誉回復と、資格のあるはずの遺族年金を受ける権利を求めている犠牲者の家族が私にコンタクトをとってきたことからである。その遺族はオーストラリア軍事当局の目の前で起こったこの不正義の記録がオーストラリア軍事当局の手元に残っているか、調べて欲しいとのことだった。

 私は出来るだけのことをしたが、私もまた官僚主義の言い逃れに突き当たった。答えは、記録はない、だった。当時私は、オーストラリアはよい日本人を助けることを拒否して悪い人間を守っているという不条理について記事を書いたが、手ごたえなしだった。

 今日日本で、日本の戦犯が処罰された東京裁判を非難する人は多い。だがそれよりはるかに大きい不正義、現在の日本がその正当性を否定しているはずの戦争に積極的に協力することを拒んで処刑された人々がこうむり今もこうむっている不正義について、目を向ける人はいないようだ。