Wednesday, Aug. 15, 2012

Economics of austerity don't add up

Do Europe's budget-cutting austerity-minded planners understand simple math? They say they have to embrace austerity policies to reduce excessive national debt. But those policies inevitably cut tax revenues more than they cut spending. National debt increases rather than decreases. Worse, recovery from the economic downturns they create then forces them to ease the original spending cuts. So the national debt situation gets even worse. Japan during its two decades of economic stagnation was the poster-child model for this economic folly in action.

Japan's first experiment in austerity policies began under Prime Minister Ryutaro Hashimoto (1996-98). Severe spending cuts were seen as needed to rein in budget deficits caused by previous efforts to recover from the 1991 Bubble collapse. Recession followed quickly. Tax revenues collapsed. The national debt increased.

Under Prime Ministers Keizo Obuchi (1998-2000) and then Yoshiro Mori (2000-2001, Japan returned to fiscal expansion policies and the economy recovered rapidly, with the Nikkei Dow share index reaching almost 20,000. But with tax revenues still only in the recovery stage the deficit hawks were able to swoop in once again under Prime Minister Junichiro Koizumi (2001-2006). Austerity in the name of "structural reform" became the order of the day. The Nikkei Dow promptly collapsed to the 7,000 level, tax revenues fell again and the national debt increased by ¥200 trillion in just five years despite the boost to the economy from expanded exports to China and the United States.

Post-Koizumi, and as in Europe today, finally some began to realize that austerity policies were counter-productive. Prime Minister Shinzo Abe (2006-2007) reversed the Koizumi austerity slogans of "no economic growth without structural reform," to say "no structural reform without economic growth." But by this time it was too late (Europe please note). The dramatic stimulation policies now needed to revive the deflation-bound economy were blocked by the deficit hawks. Today under Prime Minister Yoshihiko Noda those hawks are back again, arguing that demand-reducing and politically unacceptable tax hikes will save the day.

The graph for Japan's long-term economic history says it all. From 1980 through to 1990, Japan's generally Keynesian policies saw a steady rise in government spending matched by a equally steady rise in tax revenue, while the national debt relative to GDP remained roughly at around the 50 percent level.

Since 1991, and despite various deficit hawk commitments to reduce government spending, that spending has continued to increase — from around ¥75 trillion annually to almost ¥90 trillion mainly because governments were forced to maintain or increase spending to counter the recessions they had created. Meanwhile tax revenues went into a steep decline — from ¥60 trillion down to ¥40 trillion per year. National debt relative to GDP jumped to well over 150 percent. Even allowing for global economic hiccups during the period, this increase in national debt can only be seen as a negation of austerity ideology.

End-of-the-world fanatics who cling to their beliefs long after the date they said the world would end look reasonable compared to these austerity fanatics.

True, austerity moves to stop wasteful government spending, nanny-state welfare, over-generous entitlements and bureaucratic boondoggling are welcome, provided they are replaced by compensating moves to expand productive government spending. Equally welcome are moves to encourage private spending and investment — privatizations and deregulations especially. But private investors will remain cautious when recessions and further falls in asset values continue. A government spending jolt to break the deadlock remains the only option.

Austerity hawks such as British Finance Minister George Osborne, tell us that the sight of planners determined to reduce deficits will reignite private investment confidence. Oh yes? No doubt that explains why those private investors are moving their funds into tax havens now said to hold a staggering 20-30 trillion dollars.

The other mantra for recovery is "create more jobs." But you can only create jobs if you can create demand. Currently the planners are too busy killing demand. And there is the possibility raised in the book "Race Against the Machine" that innovation today cuts both jobs and demand.

Till now the planners have always assumed that as a last resort severe cuts in interest rates would force some kind of recovery. But today when interest rates in Japan, the U.S. and Germany are being cut to the bone we still see no recovery. Would-be spenders are spooked by the depth of the recessions created by austerity hawks.

In desperation the finance czars are now willing to try quantitative easing — the formerly much despised Keynesian solution of expanding the money supply. But they give the money to banks and companies who prefer simply to buy government bonds or pay down debt. Stimulatory effects are weak. A proper Keynesian approach would require the government to pump money directly into the economy, ideally in the form of infrastructure spending that provides immediate stimulation. Anti-Keynesians condemn these policies as digging holes and filling them in. But even that is better than leaving funds to stagnate in banks or tax havens. The U.S. only managed finally to recover from its Great Depression with the beginning of World War II. War spending is a lot more wasteful than digging and filling in holes.

Some see negative interest rates is another way to force surplus savings back into the economy. And then there is the solution being pushed here by rightwing Keynesians upset by the current harm to Japan's economic prestige and military power, namely that the government take back from the central bank the right to issue money. But whatever you do, expand demand and stop worrying about deficits. They will cure themselves once you expand demand.

緊縮の経済学は筋が通らぬ
 

 財政引き締め志向のヨーロッパの緊縮プランナーたちは、単純な数学がわかっているのか。彼らは過剰な国家債務を減らすために緊縮政策が必要だという。だがそのような政策は、必ず、支出削減以上に、税収を大きく減らす。国の債務は減るどころか増える。さらに悪いことに、それがもたらす経済の冷え込みの結果、当初の支出削減を緩めざるを得なくなる。すると国の債務状況はいっそう悪くなる。日本は20年に及ぶ経済低迷の間に、こうした愚かしい経済行動の生きたモデルになってしまった。

 日本でこの緊縮政策の実験は、橋本龍太郎首相(19961998年)のときに始まる。1991年のバブル崩壊から立ち直ろうとするそれまでの努力から生じた財政赤字を制御するためには厳しい支出削減が必要だと、された。すると、すぐさま景気後退が来た。税収は激減した。国の債務は拡大した。

 小渕恵三首相(19982000年)、そして続く森嘉朗首相(20002001年)の下で、財政拡大政策に戻ったため、経済はすみやかに立ち直りを見せ、日経平均株価はほとんど20000円近くに達した。ところが税収入がようやく回復に向かい始めた折も折、小泉純一郎首相(20012006年)の下で、債務強硬派はまたまた力を盛り返し、「構造改革」という名の緊縮政策が時代のアイドルになった。日経平均株価は7000円台に急落、またまた税収は落ち込み、中国やアメリカへの輸出拡大が経済活性化に貢献したにもかかわらず、国の債務は僅か5年間で、200兆円も増えた。

 小泉のあと、いまのヨーロッパと同じで、ようやくにして若干の人々が緊縮財政は、逆生産的だと気づき始めた。安倍晋三首相(20062007年)は、小泉の構造改革なくして成長なしの緊縮スローガンを逆にして、経済成長なくして構造改革なしといった。とはいえ、時すでに遅しだった(ヨーロッパよ、よく聴くべし)。デフレに向かう経済を回復させるために必要だった劇的な刺激策は、債務強硬派によってブロックされた。現在、野田佳彦首相の下で、これらの強硬派がカムバックして、需要を減らす上、政治的に受け入れ不可能である増税が、状況打開のカギと唱えている。

 日本の経済の長期的変遷のグラフを見ると一目瞭然だ。198年から1990年までは、日本はおおむねケインズ流の政策であり、政府支出は着実に上昇、税収も同様に着実な伸びを続ける一方、GDPに対する国の債務は、大まかに言って50%の水準を保っていた。

 1991年以降、債務強硬派が政府支出を抑えようとあれこれ腐心したにもかかわらず、支出は増大を続けた 年間約75兆円から、ほとんど90兆円にまで増大したが、これは主として、政府が、自ら生み出した景気後退に手を打つために支出を維持、あるいは拡大することを余儀なくされたためである。一方税収は急激に減少 年間60兆円から40兆円にまで落ち込んだ。GDP比国家債務は、150%以上に跳ね上がった。その時期の世界経済の一連の衝撃を考慮に入れても、国家債務のこの増大は、緊縮イデオロギーが否定されたということにほかならない。

 世界が終わると主張した終末論亡者が、その時点を過ぎてもなお長く世界終末論にしがみついている、そうした亡者でさえこれら緊縮亡者に比べれば、まだ理があるというものだ。

 たしかに、政府のムダな支出、乳母国家的福祉、行過ぎた社会保障、お役所の支出インチキ(予算消化事業等々)にメスを入れるような緊縮の動きは、その代わりとして政府の生産的支出拡大に置き換えられるなら、歓迎すべきだ。同様に、民間の消費と投資を奨励すること とくに民営化と規制緩和 も歓迎すべきだ。とはいえ、民間投資家は景気後退と資産価値の下落が続く間は慎重になる。そこで、行き詰まりを打開するには、政府の強い支出でショック療法を施すしかない。 

緊縮強硬派、たとえばジョージ・オズボーン英蔵相などは、プランナーたちが債務を減らそうと決意しているのを見れば民間投資家の自信は掻き立てられると説明する。ほんとうにそうか。ではなぜ、民間投資家は、20兆ドルとも30兆ドルともいわれる脅威的な額に達しする資金を、タックス・へイブンへ移動させているのか。

もう一つ回復のための呪文が、雇用を増やすだ。しかし雇用を増やす唯一の方法は、需要を作ることだ。目下プランナーたちは需要を殺すことに忙しすぎる。「レース・アゲインスト・ザ・マシーン(機械相手の競争)」という本の中で論じられているように、今日の技術革新が雇用も需要も減らしている可能性もある。

 今に至るまで、プランナーは常に、いざとなれば金利を厳しく下げれば、ある種の回復は得られる、と考えている。だが今日、日本やアメリカ、ドイツの金利がギリギリまで下がっているにもかかわらず、回復は見えてこない。期待されるべき消費者は、緊縮強硬派によって作られた景気後退の深みに怖気づいている。

 窮余のあまり、金融界の皇帝たちは量的緩和を言い始めている。 以前は大いに軽蔑されていたケインズ流の、通貨供給量を増やす解決方法である。だが彼らが金を渡すのは銀行や会社であり、その彼らはその金で政府国債を買うか債務を返済するだけだ。刺激の効果としては弱い。適切なケインズ方式のアプローチは、政府が金を直接経済に注ぎ込むこと、いちばん望ましい形は、即効的刺激となるインフラへの支出だ。反ケインズ主義者は、これらの政策に対して、穴を掘ってまた埋め戻しているだけといって非難する。とはいえ、それでも資金を銀行やタックス・ヘイブンに澱ませているよりましだ。アメリカが恐慌からようやく脱出し回復に向かったのは、第二次大戦の開始がきっかけとなった。戦争出費は、穴を掘って埋め戻すよりはるかに無駄な出費である。

 マイナス金利を課すことが、余剰預金を経済に吐き出させるためのもう一つの方策だという意見もある。かとおもえば、いま日本の経済的威信と軍事力が落ち目になっていることを憂慮する右寄りのケインズ派の人々が強く提唱しているのは、政府が中央銀行から通貨発行権を取り戻す、というものだ。だが、何をやるにしても、重要を拡大すること、そして債務の心配はしないことだ。債務はひとたび需要が拡大してくれば、自ずと回復に向かう。