Wednesday, July 4, 2012

Reforming Japan's universities

Media reports say Japan's education bureaucrats are considering allowing students with "stellar" academic records to graduate from high school before they turn 18. In other words, the required three-year stint at high school might be cut to two.

In most countries, allowing university entry before age 18 would be seen as something quite normal, or even as desirable for bright math or science students. But not in Japan, at least to date.

Allowing bright students to enter university before age 18 has long been seen as rather dangerous. What would happen to group harmony in the high schools where everyone is supposed to move up together? And how about the individual concerned being seen as the nail that sticks out and facing severe discrimination?

In the late 1990s I found myself involved with an attempt by Chiba University to allow entry for bright 17-year-olds in math and science. A very conservative Education Ministry had finally given reluctant permission, but only as a test case and with strict conditions. The university first had to set up complex procedures to select the students. Those chosen had to be given special "care" after entry.

In 1997, after a nationwide search, we found 11 candidates from which three were selected. The fuss and bother was so great that the university president who had initiated the scheme was voted out of office. Yet, one of our select entrants was later accepted for Ph.D. physics research at MIT. He told a newspaper interviewer: If not for the Chiba University initiative, he probably would have ended up on the Tokyo University elite bureaucrat conveyer belt.

In 2000 I found myself on another committee, this time to reform university education as part of former Prime Minister Keizo Obuchi's National Peoples Conference on Education Reform (Kyoiku kaikaku Kokumin kaigi). Some of us tried to get permission for early university entry accepted as national policy and not just as an exception to the rule. But once again the education bureaucrats intervened, insisting that an education law made 18 the minimum age for university entry. There was a dramatic moment when Foreign Minister (and later education minister), Nobutaka Machimura, faced down the bureaucrats and barked: "Well, change the law." And change they did, a year later, to allow entry at age 17.

But once again there was the demand for special selection and "care." Only a handful of universities have so far responded. Meanwhile, Japan wonders why it falls behind in the genius stakes.

During a long career in Japanese education, I have seen many other examples of the conservatism and bureaucratic rigidity that stifles individual talent in this otherwise worthy nation. I once found myself on an education ministry committee set up to recommend stricter grading standards for university students (it was no secret that many universities would graduate almost anyone who would pay the necessary fees). After going through the list of possibilities — greater use of GPA averages, stricter final graduation exams and so on — we were blandly told by the bureaucrats that any university that refused to graduate a student could be sued. Why? Because when it received the usual large fee for entry it was implicitly entering a contract to educate and graduate, no matter how bad the student was.

This time it was left to Orix Chairman Yoshihiko Miyauchi to blow the whistle: "Well, why are we wasting time here if graduation is guaranteed regardless of what standards we set?" The bureaucrats mumbled something about hoping university educators would need to realize their moral responsibility to improve standards, and left it at that.

For a long time, I had thought things might change if employers looked more at graduation results rather than the name of the graduating university when hiring people, only to be told by a captain of industry on one of the several business committees set up in the mid-'90s to consider education reform (the businessmen were said to be suffering from the low quality of graduates): "My company does not look at graduation results. We do not need swots (gariben). We want students with a good record of club and sports activities." The final recommendation from that committee was that firms should allow fathers at least one night free to go home early and have dinner with their children.

What to do? Ultimately it is a matter of creating the right study incentives. For some years now I have been involved in helping set up a new university trying to establish such incentives. Fortunately it has been able to ride the current boom in "international education" — in our case all teaching is in English and one year of overseas study is compulsory — to the point where it now ranks with the top Japanese universities in terms of student quality and entrance difficulty.

But Japan should look further than these short-term fixes. I see good postgraduate education as the key. As job hopping increases, employers will want increasingly to employ mature people with professional qualifications rather than taking immature university graduates and trying to mold them with in-house training and company indoctrination. As in the United States they will look to the top postgraduate schools to provide their future managers.

Once that happens many things change. To get into the top postgraduate schools good undergraduate results become important. Those results are not created by artificial entrance exams into so-called elite universities at age 18, as in Japan at the moment. They can only come from three-four years of hard undergraduate study. Automatically the incentive problem at undergraduate level is solved.

As for so-called international education, that should be focused only on those who genuinely want it. Here again, the U.S. and some other Western nations provide the model with their systems of double degrees or majors and minors. Students would choose both a discipline — economics, law, etc. — and a language for three-four years of concentrated study. And the language would not have to be English. Hopefully some will choose some of the other languages — Chinese especially — crucial for Japan's future.

日本の大学改革

 メディア報道によると、日本の教育官僚たちは、学業成績抜群の高校生について18歳以前でも高校卒業を認めようと考えはじめているようだ。つまり、高等学校3年間という縛りが2年間に短縮されるかもしれないということだ。

 他の多くの国では、18歳前に大学に入学を許可するのはいたって普通のことで、理科数学に秀でた学生にとってはむしろ望ましいこととされている。だが日本ではそうではなかった、少なくともこれまでは。

 優秀な学生を18歳前に大学に入れることは危険だ、とこれまでずっと考えられてきた。全員が歩調をあわせて進級するという高等学校における集団的ハーモニーがどうなってしまうか。その該当者が、出すぎた杭とみなされひどい差別を受けることになるのではないか。

 私は1990年代、数学と理科に優れた17歳の高校生の入学を許可しようという千葉大学のプロジェクトに関わりを持った。非常に保守的な文部省がようやく、しぶしぶながらそれを認めたのだが、あくまで一つのテストケースとしてで、厳しい条件付だった。大学は先ず、高校生の人選のために複雑な手続きを設定することを求められた。そして選ばれた該当者は入学後、特別な“ケアー”を受けることが必要とされた。

 1997年に、全国的に人探しが行われた結果11名の候補者にしぼられ、その中から3名が選び出された。そのための騒ぎと負担があまりに大きかったため、そのプロジェクトの推進者だった学長は、その後の投票で学長の座を追われてしまった。とはいえ、われわれが選んだ該当者の一人はのちにMIT(マサチュセッツ工科大学)で物理学の博士課程に入学許可されている。新聞のインタビューに答えての彼の弁: 千葉大学の先進的な計らいがなかったならば自分はおそらく東大卒エリート官僚のコンベアベルトに乗っかっていただろう、と。

 2000年には私は、もう一つ別な委員会に参加することになる、今回は小渕恵三首相(当時)の教育改革国民会議の一環で、大学教育を改革するのである。そノン中でわれわれ委員の数名は大学への早期入学の許可を、単に例外的な措置としてでなく、国の政策として実現させようと努力した。だがここでも文部官僚が介入し、教育法は大学入学を18歳以上と定めていると反論した。そのとき町村信孝外務大臣(当時:後の文部大臣)が、文部官僚らを威圧して“そんなら法律を変えろ”と噛み付いたのはドラマチックな瞬間だった。そして一年後、それが実現し、17歳で入学を許可することになるのだ。

 だが、ここでもまた、特別な選考と“ケアー”が必要とされた。これまでにこのシステムを採用したのはごく一部の大学である。日本はその一方で、なぜ自分たちが天才の競争で世界に遅れを取っているか頭をひねっているのである。

 長い間日本の教育に携わってきて私は、このほかにも、本来なら優れているはずの民族において

のなかで、保守主義と官僚主義の硬直状況が個人の才能を殺している例をたくさん見てきた。たとえば私が以前に参加した、大学生により厳格な成績評価を求めるために(大学が学費さえ払えばほとんど誰でも卒業させるということは公然の秘密になっていた)文部省が設置したある委員会において、さまざまな可能な対策がリストアップされ検討されたあと― GPA平均(学業平均値)の採用、卒業試験をより厳しくする、等々― 官僚たちは、学生を卒業させないと大学は訴追される可能性がある、とにべもなく言い放った。なぜか。入学に際し今のように大枚の金を取っているということは、学生がどんなに悪くても教育し卒業させるという暗黙の了解になっているという。

 このときは、オリックス会長の宮内義彦が、警告のホイッスルを鳴らす番だった。:「そんなことなら、われわれがどんな基準を作ったとしても卒業が保証されるであれば、われわれがここで議論しても時間の無駄ではないか。」といった。官僚たちは、大学の教育者たちが教育水準を上げるという教育モラルの責任を自覚する必要があり、それに期待したい、というようなことを、何かもぞもぞ口にしていたが、話はそこで終わってしまった。

 私は長い間、人を採用するとき、その人物が卒業した大学の名前ではなく大学の卒業成績をもっと重視すればどうかと考えてきたが、90年代半ばに教育改革を考えるために作られた財界のいくつかの委員会の席で(産業界は大学卒業生の質が低いので苦労していた)、ある産業界のトップに言われてしまった。:「われわれはガリ勉は要らない。クラブ活動やスポーツ活動で頑張った人が欲しい。」その委員会の最終報告は、父親が少なくとも週に一晩は早く家に帰り、子供たちと夕食をとるようにさせるべきだ、というものだった。

 では、どうしたらいいのだろうか。究極的には、勉強するためのインセンティブ作りの問題だ。ここ数年、私はこのようなインセンティブを作ろうとする、ある新しい大学の創設に関わってきた。幸いにしてこのプロジェクトは、目下の“国際的教育”を求めるブームに乗って― われわれのケースは教育は全て英語で行われ、一年間の海外留学が必須とされている― 進展しており、いまやその大学は、学生の質と入学の難易度では日本のトップレベルにあるほどだ。

 しかしながら日本は、このような小手先の手直しに目を奪われることなく、それを越えた展望を持つべきだ。私は大学院教育がそのカギを握ると考える。転職が一般的になり、雇用者は、未熟な学卒者を採用して企業内訓練でもって会社に合った人材に育てるというよりは、より優れた専門的技能を持った熟練人材を採用したがる傾向を強めている。アメリカと同様に、将来企業の経営トップとなれるような優秀な人材の供給者として一流の大学院教育機関に注目するようになるだろう。

 ひとたびそれが起これば、多くのことが変わる。一流の大学院機関に入るためには、学部での優秀な成績が求められる。そのような成果は、現在日本で見られるような18歳時点でのいわゆるエリート大学への人工的な入学試験では作れないものだ。学部での3~4年間の真剣な勉強があってはじめて形成されるものだ。そこで、学部段階で、勉強のインセンティブ問題は自動的に解消に向かうことになる。

 いわゆる国際教育という問題は、本当にそれを必要としている学生に対して集中的に与えるものとすべきだ。この点でも、アメリカや他のいくつかの先進諸国の例が、複数学位や主・副ダブル専攻などで、モデルになるだろう。学生は専門を一分野― たとえば経済学、法律学など― と外国語を選択し3~4年間学ぶ。望ましくは、一部の学生が英語以外に、日本の将来のために決定的に重要なことば― とくに中国語― を選択することだろう。