Monday, April 30, 2012

Fact-checking Japan's critics

The better U.S. media now use fact-checkers and truth meters to debunk outrageous claims by politicians. Maybe Japan should do the same toward its critics.

High on the truth-meter treatment list would be the never-ending claims that Japan is a racist society. One of the more egregious was the claim by the Dutch journalist, Karel van Wolferen, who once wrote that special schools existed to make sure that returnee children be "re-molded" into good, obedient Japanese.

True, special schools do exist to help children who have lived abroad readjust to the education system here. But they are few and hard to enter. They are also very popular with parents who want an international education for their children — the exact opposite of racism.

Claims by the same journalist that Japan operated as a pernicious system seeking world economic domination seem rather sick today. But no matter; he has been replaced by another of prominence who says that Japan has indeed had great economic success but is sneakingly hiding it to lull us all into false confidence.

Yet another truth-meter candidate is the claim that the recent repatriation of Indonesian nurses and caregivers for failing Japanese-language proficiency tests was a plot to exploit their cheap labor.

Not only does the claim defy common sense — why go to all the trouble to bring these people all the way to Japan and train them just to send them back a few years later? — it is also denied by the facts, as it was Indonesia, not Japan, that requested the nurses be allowed to go to Japan under its recent EPA (Economic Partnership Agreement) with Japan.

Then we have the absurd claim that new regulations using a points system to offer easier entry for skilled foreigners, even if they lack Japanese language ability, is in fact a plot to make sure that they will be so frustrated by their inability to speak Japanese that they will eventually want to go home. This in a nation where even humble clerks go out of their way to help ignorant foreigners fill out forms, find directions and generally enjoy a hassle-free life here in Japan?

True, Japan's attitudes to foreigners can be complex at times. As a former member of several Justice Ministry committees to consider immigration policies I had a closeup view for some years. Some conclusions:

(1) Japan does realize the need for more relaxed policies for foreigners.

One reason is what it sees as a lack of skills in key areas — mainly IT, software, business management and international experience ("internationalization," as they like to call it). It also wants to counter foreign criticism, especially over its asylum policies that can be more flexible than most critics realize. But committee consideration of calls for large-scale immigration policies to match population decline ran headlong into claims that labor-saving technology, delayed retirement and more female workplace participation would save the day.

(2) There were genuine concerns about assimilation problems.

Partly they came from conservative-minded committee members worried about cultural differences. But there was also a genuine disappointment over the failure of hopes that Nikkei Latinos, mainly Nikkei Brazilians, brought to work here would integrate easily — a policy based partly on guilt for having encouraged past generations of Nikkei to emigrate but also on a very mistaken belief that somehow blood and facial appearance would allow easy integration of working-class Latinos into Japanese society.

(3) There was genuine concern about the problem of foreign crime in Japan.

Anti-Japan critics who play up statistics proving foreigner crime is less than Japanese crime ignore the fact that while most foreigners here are reasonably educated and crime averse, there is a small minority who come here deliberately to commit crime in this relatively crime-defenseless society. Japan has had every right to clamp down on these people, and to some extent it has succeeded.

To mix these two very different situations in a bid to criticize Japan should ring more than a few bells on the truth meter.

True, Tokyo had gone overboard in its assumptions that all visa overstayers were crypto-criminals. But we were at least able greatly to improve treatment of those who turned themselves in.

To get round these and other problems two of us on the committees — the economist Iwao Nakatani and myself — tried to advocate a points system similar to that of Australia and Canada for selecting immigrants, with a special emphasis on education levels, professional qualifications and/or ability in Japanese.

While our proposal quickly went into the "too hard" basket, fortunately it is now being revived, though not without flak from the more persistent anti-Japan critics.

The Japanese attitude to foreigners operates at two very different levels. One is what I call the respect versus dislike level, and for a long postwar period the respect factor dominated. It may since have faded somewhat as Japan lost its former inferiority complexes and with the rise of the nationalistic rightwing.

But on balance, most Japanese seem still to have a genuine interest in foreigners, especially those coming from nations seen as culturally advanced. Efforts to exclude foreigners who cause harm — badly behaved foreigners in high-class Japanese bathhouses, for example, or light-fingered foreigners in weakly-guarded Japanese jewelry and convenience-store shops — hardly add up to anti-foreign racism.

On the contrary. They can be highly justified at times, even if hard to implement. But at another level, attitudes can be very self-centered. A good example is the way it is taken for granted that children unable to get organ transplants in Japan should go abroad. Nationwide appeals for funds tug at emotional heartstrings.

Few seem to realize that in order to save the life of that Japanese child, the life of a foreign child needing the same transplant could be sacrificed. Those who argue that Japan should change the laws and attitudes that prevent these transplants at home are still few.

As in so many areas, foreign and trade policy included, it is assumed there is one world for Japan and another for the rest of us. It is at this more ethnocentric level that Japan needs to "internationalize."

日本批判者を事実チェックすれば



いまアメリカの優良メディアは、政治家たちによる法外な主張を暴くために、事実チェッカーや真実メーターというものを使っている。もしかして日本も、日本批判者に対して、同じようにすべきかもしれない。

日本が人種主義社会だという主張などは、真実メーター適用対象の上位に来るべきものだろう。その種の主張の中でとりわけとんでもないものの一つは、カレル・ヴァン・ウォルフェレンというオランダのジャーナリストが書いた、日本では海外帰国子女を日本に合ったよい、従順な日本人に作り直すために特別な学校に入れるという話だ。

たしかに、海外で暮らした子供たちが日本の教育システムに適応するのを助ける特別な校はある。だがそのような学校は数少なく、入るのが難しい。つまり、それらの学校は自分の子供に国際教育を受けさせたいと願う親たちに非常に人気が高いためで、これは人種主義とは全く逆だ。

そのジャーナリストはまた、日本は世界に経済覇権を求めて悪質なシステムを採用しているという主張だが、今日それを聞くといささか弱々しい。だがそんなことお構いなし、彼の後を継いで他の著名なジャーナリストが、日本は実際には経済的に大成功しているのだが、われわれすべての他国にまちがった自信を持たせるために、それをこっそり隠していると主張する新手が出現。

さらにまた、真実メーター適用候補として、最近インドネシアの看護・介護士が日本語習熟テストに落ちて帰国させられたことは、彼らの安い労働力を利用するための陰謀だという主張だ。

 この主張は常識に反する この人たちを日本に連れてきて訓練を施すという手間ひまかけて数年後に送り返すことに何かメリットがあるのか。しかもこのことは事実によっても否定される。これは、最近の日本とのEPA(経済連携協定)の下で、看護士たちが日本へ行って訓練を受けることを、日本ではなくインドネシアが求めたものである。

そしてさらには、ポイント制度というものを使って、日本語ができなくても、外国人技術者が日本へ入りやすくしようという新しいルールは、実際には彼等が自分の日本語能力不足からフラストレーションになってついには国に帰りたくなるように仕向ける陰謀だという馬鹿げた主張がある。この国では無知な外国人に係員が手取り足取り書類の書き方ややり方を教えて、外国人が日本の生活を問題なく続けられるように気を配っているというのに。

たしかに、外国人に対する日本人の態度は時には複雑だ。私は以前、法務省の入国管理政策を検討する委員会のいくつかに委員として参加していた経験から、それを数年にわたり間近に見てきた。その結論としては:

1) 日本が外国人に対する政策をさらに緩める必要を感じているのは事実だ。
その理由の一つは、キーエリア 主にIT、ソフトウェア、ビジネスマネジメント、国際経験〈彼らはそれを「国際化」と呼ぶ〉 におけるスキル不足を感じていること。

また、とくに難民政策をめぐる国際批判をかわすことを望んでいる。 実際は大半の批判者が認識している以上に柔軟な面があるのだが。

 だが人口減少に見合う大幅な移民政策を求めようという委員会の目論みは、労働力節約技術、定年延長、女性就業促進などで対応できるとする主張によって真っ向から押し返された。

2〉移民の本社会への順応についてまだ真剣に心配していた。

 心配の一部は、文化的差異を心配する保守的な精神を持った委員の中から出されたものだった。だが同時に、日本で働くために送られてきた日系ラテンアメリカ人、主に日系ブラジル人は簡単に日本に溶け込めるだろうという期待が裏切られたことによる純粋な失望もあった。その政策は一部には、日本人を過去に移民として奨励したことへの罪悪感に根ざしたものだが、また一部は顔かたちが同じだから労働者階級の日系ラテンアメリカ人は簡単に日本へ溶け込めるはずという非常に誤った信念にも根ざしていた。

3)彼らは日本における外国人犯罪について、真剣に心配していた。

 統計データを使って外国人犯罪は日本人犯罪より少ないと説く反日評論家が見落としていることは、日本滞在の外国人はある程度教育のある、犯罪嫌いな人が多く、犯罪に対して比較的無防備なこの国で意図的に犯罪を犯すためにやってくるのは一部の少人数だということ。日本は当然こうした人間を封じ込める権利を持っているし、ある程度それに成功もしている。


この二つの、大きくちがった状況を混同して日本を批判するとき、真実メーターのチャイムは少なからず鳴り出すべきだ。

たしかに、当局が期限切れビザ滞在者はすべて犯罪者だとするのは行きすぎだ。この点に関して、われわれ委員は少なくとも期限切れを出頭した滞在者に対する扱いを改善する点では、大いに貢献できた。

これらやまた他の問題を解決するために委員会の2名 エコノミスト中谷巌と私自身 は、オーストラリアやカナダの移民選別システムに似た、教育レベル、職業的資格に重点を置き、日本語能力の有無にかかわらないポイント制度を提案しようとした。

われわれの提案はすぐ実施困難の仕分けボックスに入れられたが、幸いなことにいま、それが日の目を見た。 ただしよりしつこい反日的批評家からの反論はあったにしても。

日本人の外国人に対する態度は、二つの非常に違ったレベルで機能している。一つは、尊敬対毛嫌いと私が呼ぶレベルで、戦後の長い期間は尊敬ファクターが支配的だった。それ以後日本が以前の劣等感を失くしナショナリスチックな右派が勃興するにつれて少々薄れたかもしれない。

しかし、全体としてみると、日本人の大半はいまも、外国人に対して、とくに文化が進んでいると思われている国々から来た外国人に対してほんとうの興味を持っているように思える。

不始末を起こす可能性のある外国人を、たとえば態度の悪い外国人を高級な日本の温泉から、また手癖の悪い万引癖のある人間を日本の防犯のゆるい宝石店やコンビニエンスストアから、排除しようとする努力は、反外国人的人種主義とはいいがたい。
それどころか、それらについての対策は、たとえ運用は難しいにしても、時には当然正当化できるものだろう。

ところが、他のレベルでは、日本人の態度はきわめて自己中心的だ。そのよい例が、日本で臓器移植できない子供たちが外国に行くケースだ。人々の心の琴線に触れるような情緒的アピールを全国的に展開し、資金を募る。

一人の日本の子供の命を救うために、移植を待っている一人の外国の子供の命が犠牲になるかもしれないということを認識している人は少ないようだ。国内でこのような臓器移植を妨げている法律と世論を変えようという議論はいまだにあまり聞かない。

外交や貿易をふくめ、非常に多くの分野で、日本人のための一つの世界があり、その他の人々のために別な世界があるという考え方だ。日本が国際化しなければならないのは、このようなより自民族中心的なレベルでのことだろう。