Thursday, March 1, 2012

Labor showdown in Canberra

It was a battle of the opposites. On one side we had ex-Australian prime minister, Kevin Rudd, 54, a former diplomat with baby-face looks, devoted wife and family, carefully cultivated religious persona and impeccable CV. Opposed was current Prime Minister Julia Gillard, 51, ex-lawyer, atheist with a WASP-ish demeanor, a live-in partner and a career in the rough and tumble of leftwing Australian politics.

He strides the world scene fighting climate change and other evils. She is happy to admit little interest in foreign affairs. His power base is grass-roots Queensland in the north; hers is the politicized salons of Adelaide and Melbourne in the south. He is popular with the national electorate. Opinion polls have shown her popularity trailing the opposition parties badly. The only thing that both have in common is membership in the Australian Labor Party.

Yet, when it came to a showdown for the right to lead that party and replace Gillard as prime minister, Rudd was trounced, 71 to 31. Why?

Rudd came to politics via China, thanks to Canberra's efforts beginning in 1960 train one or two of its diplomats each year in Chinese. From there he graduated to ALP politics in his home state of Queensland. Neither were necessarily the best launching pads for a national political career; the jump from diplomacy to politics is not easy and Queensland is a long way from Canberra. But by dint of good timing, hard work and electoral appeal he made his way through the ranks to lead the party to its landslide 2007 victory over the Liberals and their coalition partners.

From there on, however, it was all downhill. Reports say Rudd's driven and self-centered personality created an administration variously called "chaotic" and "dysfunctional." In 2010, ALP power-brokers — the "faceless men" they were called — plotted successfully to have him replaced by Gillard, his deputy prime minister. In the national election soon after Labor lost its majority and has only been able to survive with support from independents and the environmentalist Green Australia party.

Feuding between Rudd and Gillard factions has continued ever since. The last straw for Rudd, it seems, was a YouTube posting, allegedly by Gillard supporters, of a secretly taped scene in which he is shown swearing violently over an unsuitable translation of a speech he was to make in Chinese. He abruptly resigned his position as foreign minister to challenge Gillard. But he then had to hurry back to Canberra from Washington virtually overnight to join the immediate party vote that Gillard had called to decide his challenge.

I can relate to Rudd's problems. The jump from diplomacy to politics is not easy. Nor does the ability to speak a difficult — and for Australia, important — language carry much weight in the parochial Australian boondocks. On the contrary it can even be a negative: "You're not one of our mob, Mate." When the jump is to a Labor Party with its factions and power brokers based mainly in the southern states the distance is even greater.

Rudd may have won an important election for the party in 2007. He deserves credit for his effort to impose a mineral resources tax — something Australia badly needs to balance its economy but it is bitterly opposed by the minerals industry and the Murdoch press to the point that it was a major nail in his 2010 coffin.

But he also quickly antagonized even his supporters with his allegedly arrogant manner and other personal failings. Before long the brokers — head-kickers they are also called — were plotting to have him replaced. Working in the incestuous climate of Canberra-centered federal politics — it is no accident that just half of Australia's 26 prime ministers have been deposed by intraparty squabbles — they were able suddenly to announce to a bemused public that Rudd would resign and Australia would have a new prime minister, Julia Gillard.

The recriminations were not slow in coming. A Rudd camp campaign of calculated leaks attacking Gillard and her followers soon got under way, helped greatly by WikiLeaks showing some head-kickers collaborating with the U.S. Embassy to have Rudd deposed (Washington may have disliked the pro-American Rudd's independence and attempts to keep a balance between China and the U.S.).

Political commentator Norman Abjorensen has denounced the Rudd-leaks as "an act as contemptible as a political act can be. The prime minister (Gillard) rightly called it sabotage." But the Gillard-leaks were fairly ugly too. That YouTube video took no account of the frustration someone like Rudd would have felt when presented at the last moment with an unusable text — flowery Chinese prose rather than short, precise sentences — for a speech he has to give. For most Australians it only showed a man who could not control his emotions. The video went viral, together with other videos mocking Rudd's Chinese. It was a blow below the belt, and highly damaging.

Gillard now has 18 months to consolidate her position before the next federal elections are due. Her claim that she can do better job than Rudd could be valid. Despite lacking a parliamentary majority, she has managed in two years to push through the carbon tax legislation that had defied Rudd's prime ministerial efforts. In her high-noon showdown with Rudd she won belated respect for a confidence and frankness she had not shown before. According to Abjorensen: "By challenging — and decisively losing — Kevin Rudd has at least done Julia Gillard a favor, or two."

キャンベラで労働党内対決

 それは対照的なもの同士の戦いだった。片や元豪首相ケヴィン・ラッド54歳、ベビーフェイスの元外交官、献身的な妻と家族を持ち、綿密に涵養された宗教人として、非の打ち所のない履歴の持ち主。対するは現首相ジュリア・ギラード51歳、元弁護士、蜂のようなシャープな顔立ちの、パートナーと同棲中の無宗教派、オーストラリア左派政界の荒波を潜り抜けてきた経歴をもつ。

 彼は、環境変化などの悪と戦う人物として世界の舞台に登場。彼女の方は、自分でも認める外交問題に関心の薄い人間。彼の勢力基盤は北のクイーンズランドの草の根:彼女は南のアドレードやメルボルンの政治的サロンがベース。彼は全国的に選挙民に人気がある。一方彼女の人気は、世論調査によると、野党に大きく水をあけられている。二人の共通点といえば、唯一、オーストラリア労働党(ALP)のメンバーということだけ。

 なのに、その党を指導し、ギリヤードを首相に据える権利をめぐる対決となった時、71対31の比率でラッドが敗北した。それはなぜか。

 ラッドが政治に入ったのは、毎年1~2名中国語に堪能な外交官を養成するという1960年に始まったキャンベラの努力の恩恵を受けて、“中国”を通してだ。それが終わって、自分の出身地のクイーンズランドのALPの政治の世界に入った。そのどちらも国政に打って出るための発射台としては最高のものとは必ずしもいえないし、また外交官から政治に飛び込むのは容易なことではない。その上クイーンズランドはキャンベラから遠く離れていた。しかし、タイミングのよさと仕事熱心と選挙アピールの力で、党のはしごを上りつめそのリーダーシップで、2007年自由党とその連立パートナーに対する地滑り的勝利にこぎつけた。

 しかしながら、それから後は、全て下り坂だ。ラッドは仕事に熱中する、自己中心的な性格から、“カオティック”とか“機能麻痺”などさまざまな言い方をされる政権を築いたと、諸レポートは述べている。2010年オーストラリア労働党のパワー・ブローカーたち― “顔のない男たち”と呼ばれた人々― は彼を下ろし彼の副首相だったギラードを担ぎ上げる陰謀を成功させた。その後まもなくの国政選挙で労働党は過半数を割り、独立派や環境主義のグリーン・オーストラリア党の支持を得て辛うじて生き残った。

それ以来、ロッド派とギラード派の反目はずっと続いている。ラッドにとって、最後の一撃となったのは、ギラード支持者といわれる何者かが密かにとった録画テープをユーチューブに送ったことだ。それは、彼が中国語でやるはずだった演説の翻訳がまずいとすごい剣幕で悪態をついている彼の様子を映したものだった。彼は突然外務大臣を辞め、ギラードに挑戦することになった。

 だが彼は、ギラードがラッドの挑戦を決するために急遽召集した党の即時選挙に参加するために、文字通り一晩で、滞在先のワシントンからキャンベラへ急いで帰らなければならないことになった。

 私には自分の経験から、ラッドが抱える問題は理解できる。外交から政治への転身は容易なものではない。また、難しい― そしてオーストラリアにとって重要な― 言語を話す能力は、偏狭なオーストラリアの僻地ではそれほど評価されるものではない。それどころか、それはむしろマイナスの価値でさえあり得る: “君はわれわれの群れの一員ではない”というわけだ。その転身が、南の州を基盤とする派閥やパワー・ブローカー が中心になって暗躍する労働党への転身であれば、なおさら距離は遠くなる。

 なるほど、ラッドは2007年党にとって重要な選挙に勝利した。また彼が、鉱産資源税― オーストラリア経済のバランスをとるのに是非とも必要としている― を導入しようと努力したことは評価すべきだ。だがそれは、鉱工業界とマードックの新聞から厳しい反対を受け、その結果、彼にとって2010年の棺おけに打ち込む大きな釘となったのである。

 しかしまた彼は、いわゆる“高慢”な態度や人間性の欠点のために、自分の支持者とも対立してしまった。ほどなくブローカーたち― 別名ヘッドキッカーとも呼ばれる― は彼をおろそうと画策し始めた。キャンベラを中心とした連邦政治のむんむんとした風土の中で動き回り― 26人ものオーストラリアの首相が党内の騒動のために辞任を余儀なくされたことは偶然ではない― 、彼らは突如、あっけに取られた大衆に向かって、ロッドは辞任する、そしてオーストラリアに新しい首相ジュリア・ギラードが誕生すると宣言することに成功した。

 相互攻撃はいち早く始まった。ラッド陣営はまもなくギラードとその支持者への攻撃を開始。ヘッドキッカーが米大使館と協力してラッド下ろしを画策する様子を示したウィーキーリークスを大々的に利用し、計算づくで情報を漏洩するキャンペーンを展開。(ワシントンは親米的なラッドが、独立独歩で、中国とアメリカのバランスをとろうとしていたことを嫌った可能性がある。)

 政治評論家ノーマン・アブジョレンセンはラッドリークスを「政治行動で最も軽蔑すべき行動」と非難。ギラード首相はそれを指してサボタージュといったが、もっともな指摘だ。しかしギラード側のリークも同じくかなりあくどい。あのユーチューブ・ビデオは、ラッドのような人間が、自分の演説用に最後の瞬間に、使えない原稿―短い簡潔な文章の代わりに、中国的な飾りの多い文章― を手渡されたとき感じるであろうフラストレーションを考慮に入れていない。だが大半のオーストラリア人にとってそれは単に、自分の感情をコントロールできない男である証拠にすぎないものだった。そのビデオは、ラッドの中国語を揶揄した他のビデオと合わせて世に広まった。それは許すべからざる、非常にダメージの大きい攻撃だった。

 ギラードとっては次の連邦選挙まで自己の地盤固めの持ち時間は18ヶ月。ラッドよりいい仕事ができるという彼女の主張は、なるほどそうかもしれない。議会で過半数を欠きながらこの2年間に、ラッド前首相の努力に対抗して炭素税の導入にこぎつけた。ラッドとの「真昼の決闘」で遅ればせながら、これまで見せなかった“自信と卒直さ”に対する尊敬を勝ち取った。アブジョレンセンによると: “ジュリア・ギラードにチャレンジした― そして決定的に敗北した― ことでケビン・ラッドは彼女に少なくとも一ついいことをした、もしかしたら二つか?

(筆者は元オーストラリア外交官)