Thursday, Feb. 9, 2012
Dubious reasons to attack Iran

It is hard not to be impressed by the one-dimensional reasons the United States gives for its various animosities.

US antagonism to Tehran began in 1979 when some revolution-minded Iranian students stormed the US Embassy there and held 55 staff members as hostages for 444 days. Washington said the raid broke diplomatic protocol. But had not the Embassy lost any claim to immunity by helping the 1953 overthrow of the democratically elected Moussadeq government, and its replacement by a Shah-led dictatorship which had suppressed all opposition?

Embassy-based operatives, with advanced eaves-dropping techniques, had for years been able to provide the Shah’s much-hated security service, Savak, with the names of regime opponents to be rounded up, tortured and even killed. Diplomatic immunity should not mean Embassy impunity.

In 1980, Iraq took advantage of the 1979 unrest to attack Iran. The resulting eight-year war caused close to 1 million Iranian casualties, many the result of Iraqi nerve and mustard gas attacks.

Yet the U.S., which like the rest of the world had condemned Iraq's gas attacks on Kurdish villages, was providing Baghdad with the weapons systems and aerial intelligence that may well have helped those gas attacks against Iranians.

Today Washington condemns Iran's nuclear development program, saying Tehran secretly plans to develop a nuclear weapon. But would a desire for nuclear defense be surprising in a nation that has suffered such a cruelly aggressive war?

Ironically the nation now most opposed to Iran's nuclear development, Israel, had very similar reasons for developing its own nuclear weapons — the Holocaust gas chambers and then attacks from hostile Arab neighbors. Israel, too, had decided that nuclear weapons were the only guarantee for "never again."

And it too had to face U.S. opposition. And like Iran today, it too tried to insist that its nuclear developments were only for peaceful purposes. And as with Iran today, its claims were not believed. Only six months before his November 1963 assassination, then U.S. President John Kennedy is on record as saying the Israeli developments had to be stopped. As chance would have it, his successor, Lyndon Baines Johnson, was much more compliant.

Today Israel denies that its Mossad agents, allegedly in cooperation with the CIA, have been responsible for the recent assassinations of Iranian nuclear scientists. One hopes the denials are true. Given Tel Aviv's problems in 1963 it would be unfortunate if Israel were to be seen as a nation with a history of using assassinations for policy purposes.

The U.S. says it has no plans to attack Iran. But Iran's problems with the U.S. today have ominous similarities with the U.S. preparations for the 2003 attack on Iraq. Washington talk about planned Iranian attacks on U.S. soil matches the WMD fantasies used to justify 2003 events; both relied on dubious information from dodgy informants.

Leading the nuclear development charges against Iran is the former Japanese Foreign Ministry official and, since June 2009, director general of the International Atomic Energy Agency, Yukiya Amano. From a Wiki-leaked cable we learn that Amano had promised the U.S. how after his appointment he would be "solidly in the U.S. court on every key strategic decision, from high-level personnel appointments to the handling of Iran's alleged nuclear weapon program."

Over Iraq we saw a very similar situation, with a key player being my former colleague in the Australian diplomatic service, Richard Butler. Strong U.S. support saw him appointed director of the United Nations Special Commission on Iraq (UNSCOM), later accused of providing cover for U.S. spy operations against Iraq. Later he also did much to spread the myth of Iraqi WMD and possible nuclear development. For his pains, he was appointed to the U.S. Council on Foreign Relations, and ended up as a much-criticized governor of Tasmania.

(Butler had made his run as an Australian disarmament policy representative some years after I had declined designation as Australian representative on the U.N. Disarmament Commission. I had been unable to see Canberra's support for the U.S. in its Vietnam intervention and in the Cold War as compatible with disarmament. Butler, it seems, had no such problem.)

Iran has also had to suffer a massive U.S. demonization and disinformation campaign. In June 2009, U.S. President Barack Obama traveled all the way to Egypt with its blatantly rigged elections to call for democracy and denounce as nondemocratic the one country, Iran, which did at least have the semblance of fair and open elections. Postelection violence in Tehran was said to prove a lack of democracy. But in its nature it was very similar to the much greater violence in Thailand where, as in Iran, an educated urban middle-class faces a conservative rural majority. No one accuses Thailand of lacking democracy as a result.

Iran's leaders are criticized because they adhere to a doctrinaire religion. But a leading contender for future U.S. leadership also belongs to a rather unusual and doctrinaire religion.

True, Tehran's suppression of its pre- and post-1979 opponents was ugly. But the U.S., too, once had a brutal civil war, with retaliations. And so on.

Many who know Iran today agree that it is the one Middle East nation with a vibrant society and a reasonably free, educated middle class. Does it really deserve this campaign of demonization and disinformation? Even more, does it deserve the death and destruction that will undoubtedly result from rumored Israeli and U.S. attacks later this year?
イラン攻撃のあやふやな理由

 自分が敵対する諸々の国に対してアメリカが採用している理由づけが一次元的であることには、よくやると感心せざるを得ない。

 イランに対してアメリカが敵対し始めたのは、1979年イランの革命派の学生数名が現地のアメリカ大使館を急襲し55名の館員を人質に444日間立てこもったとき以来である。ワシントンの言い分は、その襲撃は外交慣例を破った、というもの。だがその大使館が1953年、民主的に選ばれたモサッデグ政権を倒しあらゆる反政府派を抑圧したシャー率いる独裁政権に置き換えた政変の後押しをしたことを思えば、アメリカに外交慣例を云々する資格はないのではなかろうか。

 大使館をベースに、最新鋭の盗聴テクニックを駆使した活動でアメリカは長年シャーの恐怖の治安維持システムSavak(情報・保安機構)に反体制派の名前を提供し、その逮捕、拷問、ひいては殺害にまで加担した。外交特権(インミュニティ)が大使館の免罪性(インピュニティ)までも意味するべきではない。

 1980年にイラクは、イランの1979年騒動のタイミングをつかんでイランを攻撃した。その結果は8年におよぶ戦争で、100万近いイラン人が死傷したが、その中にはイラクの神経・マスタードガス攻撃の犠牲者も含まれる。

 だがアメリカは、世界中の他の国々といっしょに、クルド人村に対するイラクのガス攻撃を非難したが、自身はイラン人へのガス攻撃を支える武器システムや衛星からの情報をバグダッドに提供していた可能性もある。

 今日ワシントンは、テヘランが秘密裏に核兵器開発を目論んでいるといって、イランの核開発計画を糾弾している。けれども、このような過酷な戦争で苦しめられた国として核防衛したいと考えることは驚くにはあたるまい。

 皮肉なことに、いまいちばん強くイランの核開発に反対している国イスラエルは、これと同じような理由から(つまりガス室大虐殺と近隣のアラブ敵対国からの攻撃)自身の核開発を進めてきたのである。イスラエルも同じように、二度と起させないための唯一の保証として核兵器しかない、と決断していた。

 そしてイスラエルも同じように、アメリカの反対に会った。そしてイスラエルも今日のイランと同じように、自分たちの核開発は平和利用のためだけのものだと主張した。そして今日のイランと同じようにその主張は信用されなかった。196311月当時のアメリカ大統領ジョン・ケネディは暗殺のわずか6ヶ月前に、イスラエルの開発は止めなければならないと言ったという記録がある。偶然ながら、彼の後継者リンドン・バインズ・ジョンソンはもっとずっと寛容だった。

 今日イスラエルは、そのMossad(モサド:秘密情報庁)が世間で言われているCIAと協力してイランの核科学者を暗殺したという噂を否定しているが、その否定が真実であることを望みたい。1963年テルアビブの問題があるので、もしイスラエルが政策のためには暗殺も辞さない歴史を持つ国だと思われては不幸なことだから。

 アメリカはイランを攻撃する計画はないといっている。とはいえ、今日イランがアメリカと抱える問題は、2003年にアメリカがイラク攻撃を準備したときと不吉にも似通っている。ワシントンは、イランがアメリカ本土に対し攻撃を準備しているといっているが、それは2003年のイラク攻撃を正当化するための口実となった大量破壊兵器とよくマッチする。: つまりどちらのケースとも怪しげな情報提供者からの疑わしい情報に依拠しているということだ。

 イランに対する核開発非難を指導しているのは、元日本の外交官僚で20096月以来国際原子力機関長官の天野之弥である。ウイキペディアガ漏らした電報によると、天野は、自分が任命されたならば「上級職員の任命からイランのいわゆる核武装計画に至るまであらゆる要の戦略的決定に際して断固アメリカの側に立ち協力を惜しまない」と約束した。

 イラクを巡っても、これと酷似した状況があったことをわれわれは見てきたが、そのときのキーパソンはオーストラリア外務省の私の昔の同僚リチャード・バトラーだった。アメリカの強力な支持を受けてUNSCOM(国連大量破壊兵器廃棄特別委員会: 後にイラクに対するアメリカのスパイ作戦をカバーアップするのに貢献したと告発を受けている)の委員長に任命されている。彼は後にはまた、イラクに大量破壊兵器や核開発もありうるとの神話を広めることに多大な貢献をした。

 その骨折りに対して、彼はアメリカ外交評議会に任命され最後には、批判の多かったタスマニア知事になった。

 (バトラーは私が国連軍縮委員会のオーストラリア代表のポストを打診されて辞退した数年後に、そのポストに着きオーストラリア軍縮政策の代表者として名を上げた人物。私はアメリカのベトナム介入や冷戦に対するキャンベラの支持が軍縮と両立するとは考えられなかった。バトラーはそのようなことで頭を悩まさなかったと見える。)

 イランはまた、アメリカの大規模な悪魔化と歪曲情報キャンペーンに苦しんでいる。20096月アメリカ大統領バラク・オバマがわざわざ遠路はるばる、明らかな不正選挙が行われていたエジプトへ飛び民主主義を提唱、少なくとも公正なオープンな選挙の外観は整えているイランを名指しで、非民主的な国として非難した。テヘランでの選挙後の騒乱が民主主義の欠如の証拠だとされた。ところがイランのそれは、性質上、タイのはるかに大きい騒乱と非常によく似ていた。(タイでは、イランの場合と同じで、教育のある都会の中産階級と農村の保守的マジョリティが対立している。その結果を見て、タイを民主主義に欠ける国と糾弾する人はいない。

 イランの指導者は、狂信的宗教に帰依していると批判された。ところが次期米指導者への有力な一対立候補も同じようにやや奇怪な狂信的宗教に属している。

 たしかに、1979年前後の反体制派抑圧は汚いものだった。だがアメリカもかつて血なまぐさい内戦で報復し合っている。等々、、、。

 今日のイランを知る人の多くは、イランは中東の国として活気のある社会で、比較的自由で教育のある中産階級も存在する国であるということで一致している。一体イランは本当に今進行中の悪魔化と歪曲情報キャンペーンを受けなければならない国なのか。それよりさらには、今年中に噂されているイスラエルとアメリカによる攻撃が必然的にもたらす死と破壊を蒙るにふさわしい国なのか。