Monday, Jan. 23, 2012

Bad economics helps China, cripples the west

Today's lecture is on the sorry state of that dismal science called economics.

Hands up, economists who foresaw the Lehman collapse in the United States. OK, I see a few hands out there.

Now hands up, those who also foresaw the eurozone crisis? Not so many, it seems.

Hands up, those who realized from the start that combining nations with very different cultures into a eurozone economy was bound to fail? Almost none.

Finally, hands up, those who realized that the fashionable call for austerity policies would drive the European Union economies even further into disaster? I see a few — Paul Krugman who writes for the New York Times; Joseph Stiglitz, a Nobel Prize winner; one, possibly, two writers for Britain's Financial Times, which, with its ideological supply-sider bias, has often got it wrong in the past, over Japan especially.

The politicians, of course, have an even worse record. What do those of the Greek, Italian, Portuguese and Spanish variety have to say for themselves now that it is clear they were living in fantasy land?

"PIGS" was their well-deserved acronym, and one cartoon showed Madame Merkel of Germany trying to drive this sad collection of four-footed animals to fiscal salvation. In fact, she too got it wrong, and almost certainly is driving them to the abattoir with her Teutonic calls for fiscal rectitude and her refusals to allow the European Central Bank to come to a full-scale rescue.

As in Japan, few of the European policymakers seem to realize that while austerity policies may cut government spending, they cut tax revenues even more, leading to a net increase, not decrease, in official debt. As the crude saying puts it, they cannot walk and chew gum at the same time. They cannot get their minds around the need for two different policies simultaneously: Cut spending in nonproductive areas and expand spending in areas with strong stimulus effects.

How can so many of the best of our brightest get it so wrong? With the Europeans, there is no need even to ask. For years, their idea of a policy initiative was a good meal at a five-star restaurant. Their EU delegates who could find their way perfectly around the menus of the top Brussels restaurants could not even read national accounts well enough to discover that, for years, Greece was hiding 9 percent fiscal deficits. None seem to realize what the U.S. finally realizes: In a financial crisis, the loss of confidence is contagious and you must move quickly and strongly to expand spending. Debt problems can look after themselves later, when tax revenues begin to improve.

International economists are no better. My introduction to trade economics years back was the Heckscher-Ohlin theory of the 1930s that "proved" the virtues of free trade. The only problem was that it was based on the outdated principle of fixed or even diminishing returns to scale.

In today's world, almost every industry shows increasing returns — the more you produce the cheaper is the cost of each item. This means that under free trade, determined manufacturers can easily dominate production of almost any item if they seek ruthlessly to protect domestic markets and expand exports.

The free traders then say not to worry, that freely fluctuating exchange rates will keep things on track. But they do not move freely; adjustments are very jerky and harmful. And for very understandable reasons the currencies of developing nations will tend chronically to be undervalued anyway, giving them an even larger trade advantage since they usually also have lower labor costs.

Even here we were told not to worry, thanks to the racist doctrine that said the developed economies of the West would always be able to keep ahead thanks to their superior skills and work ethic. In that case go tell your average British worker that he need not fear the 3-to-1 wage and exchange rate advantage enjoyed by his Chinese counterparts since his bosses are three times smarter and he himself works three times harder. And don't forget also to tell him it is pure bad luck that his factory is being closed down and exported to China.

Free trade economics are a relic of the days when imperialist powers could use them successfully to prevent the industrialization of weak nations. Now ironically they are being used by the former weak nations to de-industrialize the former imperialist nations.

The only way to prevent this reverse de-industrialization from getting out of hand is either a large upward readjustment of exchange rates in the now unduly favored developing nations, or else heavy tariffs on imports from those nations, China especially.

And don't bore me with outdated anti-protectionist shibboleths. They, too, were inherited from the '30s.

By the way, if you want China to lend you the money to save your economy from the mess created by your economic commentators, let's put an end to the 1989 Tiananmen Square myths created by your political commentators and still being used to justify a Western anti-China embargo. Beggars usually do not usually insult and accuse would-be providers for crimes they did not commit.

(For the facts on past economic mistakes I recommend Krugman and Stiglitz, available on the Internet. For the Tiananmen facts simply go to the reports by the U.S. Beijing Embassy at the time, also available on the Internet.)

 ヨーロッパの損は中国の得

 今日の講義は、経済学と呼ばれるあのみじめな学問の悲惨な状況について話そう。

 アメリカで起きたリーマン破綻を予想した経済学者は、手を上げてみよ。よろしい、その辺で少し手が上がった。

 では、ユーロ圏の危機を予想したものは、手を上げよ。あまり多くないようだな。

 それなら、非常に異なった文化を持つ国々をユーロ経済圏にひとくくりすれば必ず失敗すると最初からわかっていたもの、手を上げてみよう。ほとんどいない。

 では最後に、緊縮政策という今はやりの呼びかけがヨーロッパ経済の受難をいっそう深刻なものにすると認識していたものは? 手を上げよう。― ほんの少しだけいた。;ニューヨークタイムズに寄稿しているポール・クルーグマン;ノーベル賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ;他に一人もしくは二人、イデオロギー的なサプライサイド寄りの傾向で過去にはとくに日本に関してしばしば誤りがあった、イギリスのフィナンシャルタイムズ紙に書いている。

 政治家たちはもちろん、これよりさらにひどい成績だ。ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペイン各国のこれら政治家たちは、自分たちが今までファンタジーランドに住んでいたことが明らかになった現在、一体何と弁解するのか?

 その4ヶ国の頭文字で“PIGS”(豚ども)というふさわしい名をもらい、そしてある漫画では、ドイツのマダム・メルケルがみじめな四足動物の群を操縦して財政救済というゴールを目指そうとしている。だが実際はメルケルもまた、取り違えていた、彼女はゲルマン的こだわりで緊縮政策を呼びかけ、またヨーロッパ中央銀行に全面救済を委ねることを拒否したことによって、それらの国々を屠殺場に追いやっていることは、ほぼ確実だ。
日本と同じように、緊縮政策は政府支出を減らすけれども税収をさらに大幅に減らす、その結果は公的債務を「減らす」ではなく全体的には「増やす」ことになる、ということを理解しているヨーロッパの政策担当者はあまりいない。諺にあるように、彼らは歩きながらガムをかむこと、を同時に行うことができない。つまり彼らの頭は二つのちがった政策を同時に行う必要― 生産性の低い分野での支出を削り、刺激効果の高い分野で支出を拡大する― を理解できない。

 われわれのそんなに大きな“ベスト・アンド・ブライテスト”(最高の頭脳集団)がそんなに大きなまちがいを犯すとは、一体なぜか? ヨーロッパ人に関しては、聞くまでもないだろう。長年、彼らの考えるポリシー・イニシアチブとは、5スター・レストランでよい食事をとることだった。ブラッセルの最高級レストランのメニューには完璧に通じている彼らのEU代表は、ギリシャが長年9%の財政赤字を隠していたことを発見するほどには、国家財政書を読みこなすことさえできなかった。アメリカがようやく気付いたことを彼らは分かっていない: つまり金融危機になると自信喪失は伝染する、したがってす速く断固として支出拡大の行動を起す必要がある。債務問題は、税収が改善すれば、後で自然に解消へ向かう。

国際経済のエコノミストたちもこれよりましとはいえない。何年も昔、私が貿易経済学の世界へ入門した時は、自由貿易の美点を“実証した”とされる1930年代のへクシャー/オーリン理論だった。ところがそれには致命的な欠陥があった、つまり規模の経済学は固定しているあるいは減少さえするという時代遅れの理論に基づいていたことだ。

今日の世界では、ほとんど全ての産業で規模の経済は増大が見られる。― 生産すればするほど商品あたりのコストは安くなる。この意味は、自由貿易下では、断固たる決意をした製造業者が国内市場を防衛し輸出を拡大するために容赦なく行動すれば、ほとんど全ての商品の生産で簡単に独占的になれるということだ。

すると自由貿易主義者は、心配するな、自由に変動する為替相場が万事うまく納めてくれる、という。ところがそれは、自由に変動しない。:つまり、調整は非常に唐突で、ダメージが大きい。それに、非常に理解できる理由から、開発途上国の通貨は慢性的に過小評価される傾向がある。それに加えて、通常彼らの労働のコストは低いために、彼らはさらに大きい貿易アドバンテージを持つことになってしまう。

ここに至っても、われわれは心配するなといわれた。人種主義的ドクトリンによれば、西側先進経済はその優越したスキルと勤労倫理のおかげで常に先んじることができるから大丈夫だと。そうであるなら、あなた方の平均的労働者に、言うがいい― 中国側の相手労働者が享受している賃金と為替レートの3対1のアドバンテージを恐れる必要はない、なぜなら、君たちのボスは3倍利口だし、君たちは3倍働いているのだから、と。またこう言うのも忘れるな― ちなみに、君の工場が閉鎖され中国へ移るけれども、これもまた単に運が悪かっただけのことだから、と自由貿易経済学は、帝国主義勢力が弱い開発途上国の開発を阻止するために、その理論をうまく使うことができた時代の遺物である。今日では皮肉なことに、昔の弱小国による昔の帝国主義諸国の産業つぶしに、これが使われている。
この産業つぶしという逆流に手がつけられなくなる前に歯止めをかける方法は、一つは現在不自然に為替レートが安くなっている開発途上国の為替レートを大幅に高く調整するか、あるいはこれらの国とくに中国からの輸入に高い関税をかけるかのどちらかだ。

またちなみに、時代遅れの反保護主義的レッテルを私に貼るなかれ。それもまた1930年代から引き継いだ遺物なのだから。

ところで、君たちの経済評論家がつくった経済の惨状から君たちの経済を救うための金を中国から借りたいと思うなら、君たちの政治評論家が作り出し今なお西側諸国で反中国禁止政策を正当化するのに使われている天安門広場神話を、やめにしようではないか。ふつう乞食は、これから金を施してもらおうという相手に対して、その人が犯してもいない罪で侮辱したり攻撃したりはしないもの。

過去の経済学の誤りについて知りたければ、インターネット上で見られるクルーグマンとスティグリッツをお勧めする。天安門の真実については、当時の北京のアメリカ大使館のレポート(これもインターネット上で閲覧可能)を読むのが簡単だ。