Wednesday, Sept. 6, 2006
Japan fishing for trouble with Russia

In a recent Sunday TV talk program, commentator, writer and former Japanese Cabinet minister Taiichi Sakaiya queried Foreign Minister Taro Aso about the recent incident involving the Russian capture of a Japanese fishing boat. The boat was caught poaching in Russian-controlled waters near the Habomai islands at the southern end of the Kurile Island chain to the east of Hokkaido.
One crew member was killed. The remaining three were taken into Russian custody. The Foreign Ministry was demanding their immediate release, claiming the boat was in waters over which Japan has legitimate claim.
Sakaiya said nothing about whether the claim was legitimate. He simply noted that China has managed to settle 32 territorial disputes with its neighbors. Meanwhile Japan's territory settlements with neighbors totaled zero. The usually talkative Aso responded rather grimly by saying that Japan's territory problems were different from China's.
In one respect Aso is right. Many of China's border disputes involved territory unfairly taken from China during its period of weakness. Even so, Beijing was willing to make large concessions to reach settlement, with Myanmar, India and Russia especially. Japan's disputes involve mostly territories it lost or renounced following wartime defeat. Yet it is in no mood to compromise, even when its legal position is weak.
The recent poaching skirmish was a case in point. In its 1951 San Francisco Peace Treaty with the Allied powers, Japan renounced all right, claim and title to the Kurile Islands occupied by Soviet forces in 1945 as part of the Yalta agreements with the United States and Britain. In Diet questioning at the time it agreed reluctantly that the islands it had renounced included the South Kurile islands of Etorufu and Kunashiri close to Hokkaido.
At San Francisco, its claim even to the adjacent islands of Shikotan and the Habomai, which formerly have been part of Hokkaido rather than the Kuriles, had also been ignored. The only concession came from U.S. representative John Foster Dulles, who said that if there was some dispute over the Habomai, Japan could refer the matter to the International Court of Justice -- an offer that Tokyo so far has failed to take up.
In 1955, however, Moscow rather surprisingly offered to return Shikotan and the Habomai islands to Japan when its own peace treaty with Japan was signed. But Tokyo, which at the time was only asking for Shikotan and the Habomai, suddenly upped its demand to include Etorufu and Kunashiri. It said that since all four island territories had traditionally been under Japanese control -- the so-called Northern Territories -- they should be returned together.
Negotiations have been deadlocked ever since. Moscow in 1956 formally confirmed its offer to return Shikotan and the Habomai islands once a peace treaty is signed. But Tokyo still refuses a peace treaty unless it also gets Etorofu and Kunashiri. Moscow says in effect that if Tokyo insists on all or nothing then for the time being at least it will have to be nothing.
Meanwhile, Tokyo continues to insist that it has to be all. The 1951 Diet statement admitting the renunciation of Etorufu and Kunashiri has been forgotten or papered over. Even reasonable proposals such as that by Hokkaido politician Muneo Suzuki, formerly a member of the Liberal Democratic Party -- namely, that Japan should accept Shikotan and the Habomai islands and negotiate Etorofu and Kunashiri later -- are ruled out automatically. The inevitable fishing disputes in Northern Territories waters are blamed on Moscow, as if Japan's right to those territories and their waters is already established.
With the latest dispute, the logic becomes even more shaky. In 1998, in a bid to end poaching disputes, Tokyo agreed with Moscow to a median line of control between Hokkaido and the Habomai islands. No one really doubts that the recent poaching incident was on the Russian side of that line. Yet somehow the Russians are supposed to be guilty of attacking a Japanese boat in waters that are legitimately Japanese. But the 1998 agreement implies that the waters are not Japanese.
It gets worse. No one doubts that the poaching was for a species of crab specifically excluded from the list of sea products open to Japanese fishermen in the area; when pursued, the crew of the boat began busily throwing their crab catch back into the sea. Yet somehow the Russians are also supposed to be in the wrong for having tried to stop the poaching.
In a recent speech here, Masaru Sato, a former Foreign Ministry Russian expert, noted that when Moscow complained about poaching in the past Tokyo simply offered bland denials even when satellite photos were produced as evidence. Was Moscow supposed to tolerate poaching for ever?
True, for the first time in 50 years the Russian border patrol resorted to force to stop a poaching vessel from trying to escape. Much is being made of the fact that a man was killed as a result. But among the waves of indignation I have yet to see any mention of the satisfaction in Japan just five years ago when a North Korean boat intruding into Japanese waters was chased and sunk, with the loss of its entire 15 member crew.
True, that North Korean boat was probably trying to do a lot worse than steal crabs. But even so and as the old saying puts it, what is sauce for the goose should be sauce for the gander, even if the goose is Japanese and the gander is not.
Discuss this Article
日本が釣っているのはロシアとのトラブル
 
 最近テレビの日曜討論番組で、コメンテーター、作家且つ前閣僚の堺屋太一が麻生外務大臣に、先ごろ日本漁船がロシアに拿捕されたことに関連して質問した。その漁船は、北海道東方千島列島の南端にあるハボマイ諸島付近のロシア海域で密漁をしているところを捕まったものだ。
 乗組員の一人が死亡、残る
3人はロシアに拘留された。外務省は、その船は日本が正当にも要求している海域の中にあったとして、彼らの即時釈放を求めていた。
 堺屋はその海域の要求の正当性については触れなかった。ただ彼は、中国は近隣諸国との
32件もの領土紛争を解決に持ち込んだことだけを指摘した。一方日本は、近隣諸国との領土問題を一つも解決できないでいる。いつもは饒舌な麻生も不機嫌そうに、日本の領土問題は中国のそれとは違う、と答えていた。
 一つの面では、麻生は正しい。中国の国境紛争地の多くは、中国が弱小だった時代に周辺国から不当に取り上げられたものである。それでも中国政府は、紛争解決のために、敢えて大きな譲歩をした
 とくにミャンマー、インド、ロシアなどとは。日本の紛争は、戦争に敗れたことによって失った、あるいは放棄した領土が大半である。にもかかわらず、日本は、自分の法的立場が弱い場合でさえ、譲歩したくない。
 先ごろの密漁騒ぎはその一例だ。
1951年連合国とのサンフランシスコ平和条約で、日本は、ヤルタ会談におけるアメリカ、イギリスとの合意の一部として1945年ソ連の占領下に入ったクリール諸島に対するすべての権利、権原、請求権を放棄した。政府は当時の国会質問に答えて、放棄した島々の中には北海道に近い南千島のエトロフ、クナシリが含まれていることを、渋々認めている。
 サンフランシスコでは、その近辺の、以前から千島列島よりは北海道の一部であったシコタン、ハボマイ諸島に対する日本のクレームさえも、無視された。唯一の譲歩といえるものは、米代表ジョン・フォスター・ダレスから、ハボマイに対してなんらかの異議があるなら、日本はその件を国際司法裁判所に持ち込むことが可能という示唆だった。その示唆に対して、日本政府はいまだ行動を起こしたことはない。
 ところが
1955年にソ連政府は、ソ連が独自に日本政府と平和条約を調印した暁には、シコタン、ハボマイ諸島を日本に返すという、かなり驚くべき提案を示してきた。ところが、当時日本はシコタン、ハボマイだけを求めていたのが、突如日本政府は要求をグレードアップさせ、エトロフ、クナシリも含め始めた。その理由は、4島とも伝統的に日本の支配下にあった、 いわゆる北方領土 のだから、いっしょに戻すべきだという主張だった。
 以来、交渉は暗礁に乗り上げた。
1956年ソ連政府は、平和条約が締結されれば、シコタン、ハボマイを返還することを正式に確認した。だが、日本政府は依然として、エトロフ、クナシリも一緒に来るのでなければ平和条約は締結しないという。ソ連側は、日本政府がオールオアナッシングに固執するのであれば、当面はナッシングにならざるを得ないということである。
 一方、日本政府は、オールでなければならないといい続けている。1951年国会で、エトロフ、クナシリを放棄したことを認めた答弁のことは、忘れている、あるいは忘れたことにしている。前自由民主党員で地元北海道の政治家鈴木宗男が出したような合理的な提案
 日本はまずシコタンとハボマイを受け入れるべきで、エトロフとクナシリはその後の交渉に委ねるという でさえ、機械的に却下の扱いだ。すると必然的に起こるいわゆる北方領土内海域の漁業紛争は、ロシア側が悪いとされ、 まるでこれらの領土と海域に対する日本の権利が既に確立したかのようである。
先般の紛争で、日本のロジックは、ますます足元がぐらついてきた。
1998年密漁問題に終止符を打とうと、日本政府は北海道とハボマイの中間コントロール・ラインでもってロシア政府と合意した。先般の密漁紛争は、その中間ラインのロシア側で発生したことを疑う人はまずいないだろう。にもかかわらず、まるで、日本の正当な海域内でロシア側が日本の漁船を攻撃したから有罪だ、とでも言っているようである。だが、1998年協定によれば、その海域は日本のものではない。
さらにひどいことがある。密漁の目的が、当地域の日本漁民に許可された海産物のリストからとくに除外された特定の蟹だったことは周知の事実だ: つまり追跡されたとき、漁船の乗組員は慌てて捕った蟹を海へ投げ捨て始めた。それなのに、ここでもなぜか、密漁をとめようとしたロシア人の方もまた悪いと日本側から思われている。
前外務省ロシア専門家の佐藤優は、最近の演説で、過去にロシア政府が、衛星写真を証拠として提出し日本の密漁に抗議したにもかかわらず、日本政府はすげなく突っぱねた、と指摘した。ロシア政府は永遠に密漁を我慢すべきなのか。
たしかに、
50年間ではじめて、ロシア国境警備隊が逃げようとする蜜漁船を止めようとして、武力に訴えた。その結果死者が出たことで大きな騒ぎとなった。その怒りの波の中で、5年前日本領海に侵入した北朝鮮の船が追跡され沈められ15人の乗員が全員死んだときの日本の満足感について、言及した声は私の知る限り一つもない。
たしか、北朝鮮の船は、蟹の密猟よりももっと悪いことをしようとしていたかもしれない。だが、それにしても、昔の諺にもあるように、グース(雌がちょう)にかけるソースはガンダー(雄がちょう)にもかけるべき(甲について言えることは乙についても言えるべき)である。たとえグースが日本人で、ガンダーが非日本人の場合でも。