Wednesday, July 20, 2011

Murdoch's moral rise and fall

Recent U.K. phone-hacking revelations have made the Australian-born media tycoon Rupert Murdoch a symbol of all that is wrong with U.K. tabloid media — scoop mania, rampant political bias, sex, sensationalism and trivia. But it was not always like that. The Rupert Murdoch whom I knew many years ago was a man willing to sacrifice much for the sake of media integrity and principles. His climb down into the media gutters came later.

I first came across Murdoch in Canberra in the mid-'60s. He had a visionary zeal to create a progressive daily newspaper for nation the size of the United States and a population then of only 7 million. And this was in the pre-electronic era when even fax machines did not exist.

He should have been doomed from the start. To maintain the national image, editorial pages had to be prepared in the national capital Canberra, then flown to Sydney daily for printing, with a mad four-hour car dash needed whenever Canberra airport was fogbound, which was often.

As in the U.S., which only now can begin to sustain a national newspaper, his baby would have to compete with dominating regional newspapers. Circulation never got much above 150,000. Red ink flowed with every issue.

But Murdoch persisted. Costs were cut to the bone. Funds were squeezed from the gaggle of local publications he had bought or inherited. Throughout, he stuck to his ideal of producing an outlet for progressive views, especially in foreign affairs. His editors were happy to publish my and other criticisms of government policies at a time when Canberra was successfully persuading public opinion that the war in Vietnam was Chinese aggression.

But gradually the progressive gloss began to wear off. Partly it was due to exhaustion in trying to battle Australia's overwhelming conservatism.

Roger Pulvers has in this newspaper written recently about Canberra's hysterical denial of a visa to the Japanese academic, Rokuro Hidaka, falsely accused of harboring Red Army radicals. Worse was the denial of a passport to Australian journalist Wilfred Burchett because his brave and accurate coverage of the wars in Korea and Vietnam contradicted government propaganda at the time. A newspaper trying to counter these and other excesses found little favor in Canberra, or elsewhere.

But I also blame another factor and I think I can date it precisely to the two months I spent in Murdoch's Sydney headquarters in mid-1969 before becoming his Tokyo correspondent.

At the time Murdoch's national ambitions depended crucially on his being able to print the paper just in time to catch the last flights out of Sydney in time to compete with regional dailies the next day. The leftwing Sydney printing unions knew this of course. So whenever they had yet another frivolous demand to make, they would stage a wildcat strike precisely at evening production time. All nonunion staff including journalists and even Rupert himself at times would have to be dragged down to the basements to try to get the paper out in time.

Standing almost elbow to elbow pushing lead into the printing plates, I had a good idea of how Rupert was thinking: If this is how the leftwing unions treat the one person trying to produce a serious and progressive newspaper, then to hell with the leftwing and to hell with being serious and progressive. Soon after he began his move into U.K. sensationalist journalism and his very successful battle to destroy the U.K. printing unions.

The progressive editors in Sydney were soon replaced by go-go operators more interested in stories about mistreatment of Australian racehorses in Japan than about the Japanese economy. I realized it was time to go.

Subsequent dealings with some of his minions did little to convince me that their growing reputation as totally unscrupulous in the pursuit of both power and money was misplaced. When they turned to me for Japanese introductions during Murdoch's near bankruptcy in 1990, I was happy to tell them that they had been dismissed as "yellow press" by the better publishing outfits here.

What Murdoch did to media standards has been bad enough. But his insidious abuse of media power to force politicians to bow to his will has corrupted politics far more than the worst big business lobbying excesses. In Australia we have seen it clearly in the way a succession of governments, both on the left and the right, have been forced to toady up to the increasingly reactionary demands of his now well established national newspaper. Similarly in the U.K.

In the U.S., his aggressively conservative Fox News outlet has all but killed sensible political debate.

True, Murdoch deserves respect for some of his braver media ventures — satellite TV especially. His media instincts are often correct; even Fox News deserves credit for shaking up TV presentation techniques. And I am not the only one to have found him consistently polite, unpretentious and considerate in personal dealings. But none of that excuses the damage he has done to our media and political institutions.
マードックのモラルのアップダウン

 最近英国で明らかになった電話盗聴事件のよって、オーストラリア生まれのメディア王ルパート・マードックは、英国のタブロイド版メディアの悪 スクープマニア、目に余る政治的偏向、セックス、センセーショナリズムそしてトリビア 全体のシンボルになってしまった。とはいっても、いつもこうだったわけではない。私の知る昔のルパート・マードックは、メディアの誠実さと原則のためには多くの犠牲も辞さない人物だった。彼がメディアの掃き溜めに落ち込んだのは、後のことである。

 私がマードックにはじめて会ったのは1960年代半ばのキャンベラだった。彼はその頃、アメリカ大陸の大きさの国土にほんの700万の人口しかなかった国のために、進歩的な日刊新聞を作るという、ビジョンのある夢を持っていた。そしてこれはファックス機さえ存在しなかった時代のことである。

 彼ははじめから失敗する定めにあるようだった。編集部分すべてのページは、ナショナルなイメージを保つためにまず国の首都であるキャンベラで準備されるする必要があり、そこから印刷のため毎日シドニーへ空輸しなければならなかったが、キャンベラ空港が霧で閉鎖になれば、それはしばしばあることだったが、その際は車で4時間の必死の神風運転が必要となった。

 いまではようやく、全国紙の成育を支えられるようになったアメリカと同じで、マードックの赤ん坊は、有勢を誇っていた地方紙と競争しなければならなかった。発行部数は15万を大きく越えることはなかった。発行するごとに赤字が増えていた。

 だが、マードックはくじけなかった。コストをギリギリに抑えた。資金は、買収や相続で得た地方出版物の雑多な収入から捻出した。彼は一貫して、進歩的な見識を発信する場という理想を守り、とくに外交問題に関してはそうだった。キャンベラ政府がベトナム戦争は中国による侵略だと世論を言いくるめることに成功しつつあった時、彼の編集長たちは、私や他の人が政府の政策を批判した記事を歓迎して載せてくれた。

 だが、その進歩的な光彩は少しずつ消えていった。理由の一端は、オーストラリアの圧倒的な保守主義との戦いで疲労困憊してしまったことだ。最近本紙に、ロジャー・パルバースが、日本の学者で赤軍過激派をかくまったと不正に告発されている日高六郎へビザの発行をキャンベラ政府がヒステリックに拒否したことについて書いている。これよりさらにひどかったのは、韓国やベトナムの戦争について、当時オーストラリア政府の宣伝とは矛盾する勇気ある正しい報道をした罪で、オーストラリア人記者ウィルフレッド・バーチェットへパスポートの発券を拒んだことだ。これらの、またその他の行過ぎに反撃しようとしていた一新聞はキャンベラでもまた他の土地でも、ほとんど孤立無援だった。

 だが、私はそのほかにもう一つの理由をあげることができると思うが、その正確な日付も、私が東京支局長として赴任するのに先立って、1969年半ばに、マードックのシドニー本部にいた2ヶ月間と特定することができる。

 その当時、彼の新聞がシドニー発のフライトの最終便に間に合うように印刷され、翌朝に地方の日刊紙と競争できるかどうかということに、マードックの国家的野心はかかっていた。左翼系のシドニー印刷業組合はもちろんこのことを知っていた。そこで彼等が何かとるに足らない小さな要求でもあるときはいつでも、まさに夕方の生産時間を狙って山猫ストを実行するのだった。ジャーナリスト、時にはルパート自身もふくめ、非組合員の従業者は全員、新聞を時間に間に合わせるために、地下室へぞろぞろと集まるのだった。

 肘と肘がくっつくほどに立ち並んで、印刷図版に銅版インテルを押し込みながら、私にはルパートが何を思っているか察しがついた: 誠実な進歩的な新聞を作ろうとしている一人の人間に対して左翼的組合がこうした仕打ちをするのなら、左翼なんぞくそ食らえだ、誠実、進歩的なんぞ知るもんか、と。その後まもなく彼は、英国のセンセーショナリズム的ジャーナリズムへの進出に着手し、英国の印刷業組合をぶち壊す戦いを挑み、大成功を収めることになる。
 シドニー本部の進歩的編集者たちは、次第に、日本の経済より日本に渡ったオーストラリアの競走馬の扱いミスの話のほうに興味を持つような行け行けどんどん的なエディターと交代させられた。私は去るべきときが来たと実感した。

 それ以後彼の部下の幾人かと付き合う機会があったが、彼らが権力と金の追求にかけては破廉恥だという悪評が高まりつつあったのだが、それが見当違いではないと思わされた。1990年マードックがほとんど破産状態になって、彼等が日本とのコンタクトを求めて私に接触してきた時、私は彼らに、日本で評判のいい出版社たちは君たちをイエロープレス(扇情的新聞)と呼んで敬遠しているのだ、と言ってやった。

 マードックがメディアのレベルを下げるためにやったことは十分悪い。だが彼が政治家を自分の意のままに動かすために狡猾にメディアの力を濫用したことは、大企業によるロビー活動のどんなにひどい行き過ぎにも増して政治を腐敗させた。オーストラリアでは、今ではすっかり地位を確立した彼の全国紙が、左右を問わず歴代政権に対し反動的要求を次第に強めており、政権はそれにへつらわざるを得ない状況をわれわれははっきり目にしている。英国でも同じだ。

 アメリカでは彼の強硬な保守主義のフォックス・ニューズは、まともな政治的議論をほぼ完全に封じてしまった。

 たしかにマードックは、他のいくつかのより勇気あるメディア・ベンチャーでは、とくに衛星テレビでは、尊敬に値する。彼のメディア本能はしばしば正しい。フォックス・ニューズでさえ、テレビのプレゼンテーション技術に揺さぶりをかけた点は評価すべきだ。また個人的関係では、彼が一貫して丁寧で、気取りがなく、思いやりがある、と感じているのは私一人ではないだろう。とはいえこうしたことも、彼がわれわれのメディアや政治のしくみに及ぼした害悪の言い訳にはならない。