Tuesday, March 1, 2011

Wrong choice in Kosovo

A recent Council of Europe report says that during and after the 1998-99 Kosovo conflict, militia leaders of the Kosovo Liberation Army (KLA) tortured and killed hundreds of Serbs and political rivals in secret Albanian hideouts, removed their organs for sale and dumped their bodies in local rivers.

The report added that these people were also heavily involved in drug, sex and illegal immigrant trafficking across Europe. Yet while all this was going on, the NATO powers had decreed that Serbia should be bombed into accepting the KLA as Kosovo's legitimate rulers — rather than the more popular Democratic League of Kosovo headed by the nationalist intellectual Ibrahim Rugova advocating nonviolent independence.

Recent years have not been kind to Western policymakers. They have shown an almost unerring ability to choose the wrong people for the wrong policies. Think back to the procession of incompetents chosen to rescue Indochina from the communist enemy. Does anyone even remember their names today? Yet at the time they were supposed to be nation-savers.

Before that the United Kingdom, United States and Australia had banded to try to prevent Lee Kuan Yew from being elected prime minister of Singapore. He was seen as a crypto-communist. They preferred the incompetent pro-British Lim Yew Hock.

Then we saw the West, and Japan, throw their support behind the hapless Afghan President Hamid Karzai as the strongman to defeat the evil Taliban whom the U.S. had once embraced as the good Taliban.

If not for the end of the Cold War, we almost certainly would be seeing the U.S. and U.K. today once again backing Middle East dictators against their protesting masses.

And now we discover that the people chosen to take over Kosovo from Serbia were not quite the heroes they were made out to be at the time.

Western involvement in the breakup of the former Yugoslavia had more than its share of such mistakes. The Serbian forces resisting the breakup were accused of war crimes and ethnic cleansing. But anyone aware of that nation's troubled history should have realized that the Serbian minorities in Croatia and Bosnia would not accept domination by the successors to their former pro-Nazi oppressors.

Retaliations and violent resistance, including even the shocking Srebrenica killings, were inevitable. Besides, the final result was that close to a million Serbs had to seek refuge in Serbia itself. So who had been cleansing whom?

Kosovo too had seen wartime ethnic cleansing against Serbs by pro-Nazi elements. The cleansing continued during the 1990s as U.S.-trained KLA guerrillas targeted Serbs isolated in rural districts and towns (by then Belgrade's efforts to give the province autonomy had failed on the rock of ethnic Albanian noncooperation).

When Belgrade finally sent in troops to resist the guerrillas, it was accused of war crimes even though the illegitimate force used was much less than what we see when most other Western nations, the U.S. particularly, intervene against guerrillas they do not like.

When many ethnic Albanians fled temporarily after the NATO bombing intervention, that too was supposed to be Serbian ethnic cleansing.

Even after gaining power, the KLA violence and cleansings continued. Their victims included the Jewish and Roma minorities and ethnic Albanians who had cooperated with Serbia's attempt to offer autonomy. The trafficking of drugs, women and body organs continued, right under the noses of the U.N. forces sent in to maintain order. Rugova supporters were eliminated.

The U.S., U.K. and Germany bear most of the blame for this horror; Germany especially should have realized the passions that would be unleashed by any sudden breakup of the former Yugoslavia. But they seemed more interested in the geopolitical gains.

In exchange for helping the KLA, the U.S. got to add the strategic Bondsteel military base in Kosovo to its global base network. And the feisty U.S. Secretary of State Madeleine Albright got to play world leader at the 1999 Rambouillet conference by decreeing that the dashing, handsome KLA leader Hashim Thaci was far preferable to the elderly, unpretentious Rugova as Kosovo's future leader, and that Serbia should be bombed if it did not agree. Belgrade's agreement to Rugova as leader of an independent Kosovo was dismissed as irrelevant.

One wonders how the Serbs saw this performance. Two generations earlier, they had been the only European nation with the courage to resist Nazi attack. They had been bombed and massacred as a result. Now they were to suffer again at the hands of the NATO-supporting European nations, most of whom had spinelessly succumbed to, or had even collaborated with, that former Nazi enemy.

True, the Parliamentary Assembly of the Council of Europe has now resolved that it is "extremely concerned" over the recent KLA revelations. But is that not rather too late?

And will we see apologies from the people behind the past policies, particularly from the likes of former U.K. Prime Minister Tony Blair who still boasts that his firm resolve against Serbian "ethnic cleansing" in Kosovo led him to support the U.S. in Iraq? I doubt it.
コソボにおける選択の誤り

最近の欧州評議会(CE)報告によると、199899年のコソボ戦闘のあと、コソボ解放軍(KLA)の民兵指導者たちは、アルバニアの秘密の隠れ家で、数百のセルビア人や政敵を拷問し、殺害した上、その体内臓器を摘出して売りさばき、死体は近辺の川に捨てたという。

 報告はまた、これら関係者はヨーロッパ域内で麻薬、売春の流通や、不法な移民移動にも深く関わっていたと報じている。ところが、こうしたことが進行する最中に、NATO当局は、コソボの正当な支配者として、コソボに非暴力的な独立を提唱しているインテリ民族主義者イブラヒム・ルゴヴァに率いられ国民のより大きい支持をもつコソボ民主連盟ではなく、KLAを認めさせるために、セルビア爆撃も辞さないことを決めた。

 ここ数年は西側の政策立案者にとって名誉なものではなかった。彼らはほぼ完璧に、まちがった政策にまちがった人間を配すという能力を発揮した。過去を振り返って、インドシナを共産主義という敵から救うためと称して選ばれた無能な人々のオンパレードを思い出してみるといい。今では誰も名前さえ覚えていないではないか。ところが当時は民族の救世主のように扱われていた。さらに遡れば、英国、アメリカ、オーストラリアが手を結び、リー・クアンユーがシンガポールの首相に選ばれるのを阻止しようとした。リーは隠れ共産主義者だと見られていたのである。彼らはリーより、無能な親英国的なリム・ユーホックの方がましと考えた。

 次には、西側諸国と日本が、悪いタリバン(以前アメリカはよいタリバンと仲良く抱擁していた)を打ち負かす強者として、どうしようもないアフガニスタン大統領ハミド・カルザイを後押しするのをわれわれは見てきた。

 冷戦の終結がなかったならば、米英は今頃ほぼ確実に再び中東で、指導者に抗議する民衆でなく独裁者の方を応援していたことだろう。
 そしていま、セルビア人に代わりコソボの支配者となるべく選ばれた人間は、その当時言われていたような英雄的人間でもなかったことが判明した。

 前ユーゴスラビアの解体に際して、西側の関与の中で、このようなまちがいが多すぎる。解体に抵抗を示したセルビア人勢力は、戦争犯罪や民族浄化の罪を糾弾された。だが、彼らの苦難に満ちた歴史を知る者には、クロアチアやボスニアのセルビア人少数民族としては、以前自分たちを苦しめた親ナチス抑圧者の後継者による支配を受け入れるわけにはいかないことは明らかだ。

 ショッキングなスレブレニカ殺害も含め、報復や武力的抵抗は避けられないものだった。その上、最終的には100万近いセルビア人が自国セルビア内で難民とならざるを得なかった。結局のところ、誰が誰を浄化しているのか? 

 コソボでもまた、戦時中には、セルビア人に対し親ナチス分子による浄化があった。浄化は1990年代も続き、アメリカが訓練したKLAゲリラは地方の村や町で孤立したセルビア人を狙い撃ちした。(その頃には、コソボに自治を与えようとしたベルグラードの努力はアルバニア系住民の非協力のために挫折してしまっていた)

 ベオグラードが、こうしたゲリラに対抗するため軍隊を送り込んだとき、導入した不法な武力は、西側諸国の大半とくに米国が自分たちに都合の悪いゲリラ弾圧に介入するとき用いる不法な武力と比べれば、はるかに軽少なものだったにもかかわらず、それは戦争犯罪と糾弾された。

 NATOが介入爆撃したあと、多くのアルバニア系住民が一時的に国外へ逃れたとき、これもまたセルビア人による民族浄化だといわれた。

 KLAが支配者となった後でも、KLAによる暴力と浄化は続いた。その犠牲者には、ユダヤ人やジプシー少数民族、まだ自治を与えようとしたセルビア人の試みに協力したアルバニア系住民も含まれる。秩序維持の名目で送り込まれた国連委任による勢力のつい鼻先で、麻薬や女性や体内臓器の取引は続いた。ルコヴァ支持者の抹殺も続いた。

 この蛮行の責任の大半は、アメリカ、英国、ドイツにある。とくにドイツは、前ユーゴスラビアがいつ何時突然に分裂し、激情が手の付けられない流れになってもおかしくないことを自覚すべきだった。ところが彼らは、政治的な獲物しか眼中になかったようだ。

 KLAを支持する代償として、アメリカはボンドスチ-ルという戦略的基地をコソボに獲得、世界にまたがる軍事基地ネットワークにまた一つ追加した。1999年ランブイエ会議では、張り切った米国務長官マドレーヌ・オルブライトは世界の指導者としての役割に力を発揮、コソボの指導者には、年配で素朴なルコヴァよりも、かっこいいハンサムなKLA指導者ハシム・サッチの方がはるかに好ましい、またセルビアが同意しないならそこを爆撃すべきだと宣言。独立コソボの指導者としてルコヴァがふさわしいとしたベオグラードの同意は、関係ないと無視された。

 セルビア人はこうしたパフォーマンスをどう見ているのだろう。2世代前は、ナチス攻撃に抵抗した勇気あるヨーロッパ民族は、セルビア人だけだった。その結果彼らは爆撃され、虐殺された。そしていま再び、NATOを支持するヨーロッパ諸国の手で苦しめられているのだが、彼らの大半はかつてナチスという敵に意気地なく降伏したり、それどころか協力までした連中だ。

 たしかに、欧州評議会の立法会議は、最近のKLAに関する暴露について特別に憂慮していると決議した。でももう遅すぎではないか。

 また過去の政策の背後にいた連中、とくに(自分がコソボでセルビアによる民族浄化に断固として反対したから、イラクでのアメリカの行動を支持することができた、と今でも自慢している)前英首相トニー・ブレアの口から、お詫びのことばが聞けるのか。
 非常に疑問だ。
(筆者は前オーストラリア外交官)