Japan's anti-North Korea complex

Japan's fevered reaction to North Korea's recent missile tests should not surprise. It is yet another example of the emotional way that an otherwise admirable nation finds it hard to separate causes from effects.
In 1994, North Korea was just hours away from having its nuclear facilities bombed by the United States. The attack was averted at the last moment by former U.S. President Jimmy Carter, visiting Pyongyang and hammering out an agreed framework to solve the nuclear dispute.
But almost from the start, the dominant conservatives in the U.S. Congress made it clear they opposed the agreement, especially its promise eventually to normalize relations with the U.S. Believing North Korea was on the point of economic and social collapse, they wanted a policy of confrontation and regime change. That policy was formally endorsed in January 2002 when U.S. President George W. Bush included North Korea in his "axis of evil."
Whether the North Korean regime of those days deserved to be forcibly changed can be argued. But if a regime under threat tries to at least pretend that it can defend itself from attack, can anyone be surprised?
U.S. promises not to "invade" North Korea are meaningless when the real danger for Pyongyang remains, as in 1994, the threat of air attack. U.S. calls for North Korea to join in six-party talks to resolve the nuclear dispute are also fairly meaningless while Washington continues to refuse the bilateral talks needed -- and promised -- for the all-important normalization of relations. Without that normalization, Pyongyang has to assume it is still on the enemy list and could be attacked at any time. Without at least some pretense at nuclear and rocket preparations, it appears vulnerable.
Little of this cause-and-effect reasoning has made any impression on Japan or its media. In talk show after talk show, editorial after editorial, North Korea's recent demonstration of its retaliatory rocket power has been denounced as ultimate evil. Even the once fairly neutral NHK, the national broadcaster, has set out determinedly to denounce North Korea for dangerous brinkmanship.
Even progressives are -- using that favorite word of the conservatives and the hawks --
kitchiri, or sternly decisive -- to describe the anti-Pyongyang policies they want Tokyo to take. Not just the hawkish Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe, but many other more moderate voices have called for U.S.-nuclear-protected Japan to develop its own first-strike ability against nonnuclear-protected North Korea. Nowhere have I come across any hint in this otherwise intelligent nation that there may be valid reasons for North Korea's missile testing.
True, our crusading Western moralists also have problems in unraveling causes and effects. They have yet to realize that if the West kills Islamists, the Islamists will want to kill Westerners in return. But over North Korea at least the disconnect is not quite as blatantly perverse as in Japan. A growing body of U.S. opinion now realizes that opening bilateral talks with Pyongyang to normalize relations is the key to resolving the so-called nuclear crisis.
Meanwhile in Japan, North Korea's missile tests are seen as an open invitation to unleash the military hawks with their expensive armament plans and hardline policies. The tit-for-tat confrontation ratchet moves up yet another notch.
Japan's continuing abductee dispute with Pyongyang compounds the damage. North Korea's bad behavior of the '70s and '80s over abductions and its continued bad behavior today on other questions may or may not have its reasons. North Korea was after all, and still is, technically in a state of war with the U.S. and its U.N. allies. It has also suffered much bad behavior from its former enemy in South Korea.
But on the abduction issue what is relevant is that it has apologized and, when treated politely, is willing to make concessions like returning some abductees. Tokyo, with highly emotional media and public-opinion support, is doing all it can to make sure that Pyongyang will not want to make any more concessions. Hawks on both sides are delighted.
Much is being made of Pyongyang's unwillingness to provide full details of its former abduction program. Some say up to 100 Japanese citizens may have been taken. But compare this with Tokyo's continuing reluctance to admit the wartime abduction and abuse of 40,000 Chinese slave laborers, not to mention conscripting hundreds of thousands of Koreans for hard labor in Japan more than 60 years ago. Japan, better than any other country, should realize that no nation likes to have its dirty linen aired.
Nor is it just a problem of Japan being unable to understand causes. It seems to have had as much trouble realizing the possible effects of its anti-North Korea policies.
South Korea's significant calls for Japan to cool its abductee and missile-test indignations were hardly noticed; yet clearly Seoul is in no mood to have its "Look North" policies jeopardized by Tokyo's anti-North fixation. Tokyo pretended not even to hear Seoul's extraordinary warnings about the fixation being used as an excuse for revived Japanese militarism.
Tokyo can ignore Beijing's warnings, claiming it does not have to listen to communists. But when your former anticommunist friends accuse you of misbehavior you should listen, attentively.
Worse, few in Japan seem even to realize that one result of all this carry-on could be to drive Seoul further into an anti-Japan alliance with Beijing.
A researcher with the Mitsui Bussan Strategic Research Institute, Kim Midoku, writing in Sekai Shuho, has recently shown in detail the extent of South Korea's drift away from Japan and toward China on economic and cultural issues. The disputes with Tokyo over visits to Yasukuni Shrine and ownership of the Takeshima islets add a political dimension. A clash over North Korea policy could well be the last straw pushing South Korea into China's embrace. The damage to Japan's interests would be enormous.
Reports that even Washington wants Tokyo to back off somewhat over Yasukuni and other issues irritating Seoul are symptomatic. The U.S. at least realizes that its alliance with a Japan increasingly isolated in Asia would do little to further its own interests. Tokyo has yet to get even that far in its reasoning.

Discuss this Article
日本の反北朝鮮コンプレックス
 
 
最近の北朝鮮ミサイル実験に対する日本の過熱反応は驚くにあたらない。原因と結果を分けて考えることが苦手なことを除けば、賞賛すべき民族である日本人の、エモーショナルなアプローチのもう一つの例に過ぎない。 

1994年北朝鮮は自国の核施設をあと数時間でアメリカに爆撃されるという瀬戸際を体験した。その攻撃は、米大統領ジミー・カーターによって、ピョンヤンを訪問し核開発をめぐる紛争解決のための枠組みつくりで合意することで、どたんばで回避されたのであった。

だが、アメリカ議会の多数を占める保守派は、その合意には、特に将来的にアメリカと国交を回復するという約束には、ほとんど最初からあからさまに反対していた。北朝鮮が経済的社会的崩壊寸前にあると信じる彼らは、北朝鮮との対決そして政権交代の政策を求めた。その政策は、
20021月にジョージ・W.・ブッシュ米大統領が北朝鮮を彼のメ悪の枢軸モに含めたときから正式に確認された。

 当時の北朝鮮が力づくで交代させるべきものであったかどうかは、議論の余地がある。とはいえ、脅かされている政権が少なくとも、攻撃から自分で自分を守れるのだという姿勢を見せようとしたとしても、何ら驚くに当たらないではないか。

 北朝鮮に
侵攻しないというアメリカの約束は、北朝鮮政府にとって1994年の空爆のような真の危機が存在する限り、意味がない。核開発をめぐる紛争を解決するために北朝鮮が6カ国協議に参加するようにというアメリカの呼びかけも、最重要な関係正常化に必要であり、またアメリカ政府が約束もした二国間協議を持つことを米政府が拒否し続けている限り、あまり意味をなさない。その「関係正常化」なくしては、北朝鮮政府としては、自国が依然として敵国リストに入れられておりいつ攻撃されるか分らないという判断に立たざるを得ない。少なくとも核とロケットの準備があることを何らかの形で見せないと攻撃されやすい。

 原因と結果のこの論理が、日本人と日本のメディアにはほとんど何の印象も与えていない。トークショーというトークショーや社説という社説は一様に、最近の北朝鮮のロケット反撃力の表示行為を、究極の悪として非難している。かつては中立的だった国立放送の
NHKでさえ、北朝鮮の危険な瀬戸際政策として断固糾弾する決意を固めた。

 進歩派でさえ、日本政府が反北朝鮮政策を取って欲しいという意思表示を、保守派やタカ派好みの表現を使えば、きっちり(決然と)表明した。タカ派の内閣官房長官安倍晋三だけでなく、他の多くのより穏健派といわれる人々も、アメリカの核の傘に守られている日本が、核の傘を持たない北朝鮮に対して先制攻撃力をもつべきだと声を上げている。インテリジェンスのあるはずの日本で、北朝鮮がミサイルテストをしたのには何か正当な理由があるかもしれないと示唆する意見は一つも聞かない。

 たしかに、十字軍的なわれらが西側のモラリストたちもまた、原因と結果の分別に苦労している。彼らがいまだ悟っていないのは、西側がイスラム主義者を殺せば、おかえしにかれらは西側人を殺したいと思うということだ。だが、北朝鮮の問題に関しては少なくとも、原因と結果の断絶は、日本におけるほどひどい行き過ぎは見られない。米世論の中では、北朝鮮と二国間協議をもって、関係正常化することが、いわゆる核開発をめぐる危機を解決するカギだという声が高まりつつある。

 一方、日本では、北朝鮮のミサイル実験は軍事的タカ派が唱える高価な兵器計画と強硬政策にゴーサインを出すのをどうぞお進めくださいといっているようなものと受け取られている。仕返し攻撃の歯車はさらに一刻み進められる。

 長引く日本の拉致紛争がダメージを倍加している。拉致に関する
70年代、80年代の北朝鮮の悪行やその後他の分野で今日まで続いている悪行には、理由があるかもしれないし、ないかもしれない。北朝鮮は結局、過去においてそしていまも、技術的にはアメリカや国連のアメリカグループと、戦争状態にあるのだ。北朝鮮もまた、韓国にいる以前の敵から多くの悪行をこうむった。

 しかし拉致問題に関しては、重要なことは、北朝鮮政府が謝罪したということ、そして丁寧に接すれば数人の被拉致者を返すという譲歩もする気があるということだ。日本政府当局は、極度にエモーショナルなメディアと世論の支持を得て、北朝鮮当局がこれ以上譲歩しようという気を絶対に起こさせないようにあらゆる努力をしている。両国のタカ派は大喜びだ。北朝鮮当局が以前の拉致計画の詳細を明らかにしたがらないことについて、大問題としている。中には
100人近い日本人が連行された可能性があるというものもある。だが、日本政府がこれまでずっと、60年以上前に何十万人もの朝鮮人を重労働のために日本へ徴用したことは言うに及ばず、戦争中4万人中国人の奴隷労働者について強制連行も虐待も、認めることを渋っていることと比べてみるといい。日本は、他のどの国よりも、汚れた過去を掘り返したい国はない、ということを知っているはずだ。

 原因を理解できないということだけが日本の問題ではない。日本は、その反北朝鮮的政策のもたらす結果を理解することも同様にできかねるらしい。拉致問題やミサイル実験であまり騒ぎ過ぎないようにという、韓国から日本への意味深いアピールも、ほとんど耳に入らない:だが韓国は、日本当局の反北朝鮮的固執によってその
太陽政策を危うくさせる気は毛頭ないことは明らかだ。日本当局は、この固執が日本の軍国主義を復活させる口実に使われるという、韓国政府の尋常ならぬ警告を、聞こえなかった振りさえしている。
 日本当局は中国政府の警告を、共産主義者の声には聞く耳持たぬといって無視してもいい。だが君の以前の反共的朋友が君の間違った行為を非難するときには、真剣に聞くべきだ。
 さらに悪いことは、日本でのこの騒ぎを続けていると一つの結末として、韓国政府をよりいっそう反日という点で中国政府との同盟へ近づける結果になるかもしれない、ということにほとんどの人が気付いてさえいないことだ。

 最近、三井物産戦略研究所の金美徳が「世界週報」で、経済と文化の分野で韓国の日本離れと中国接近に関して詳細に書いている。日本政府当局者の靖国神社参拝や竹島の所有をめぐる紛争が、これに政治的な広がりを加えている。北朝鮮政策をめぐる衝突が、韓国を中国の抱擁へと押しやる最後の一押しになる可能性は大いにある。日本の国益への損害は莫大だ。

 アメリカ政府さえ日本政府が韓国をいらだたせている靖国や他の問題で少しひかえて欲しいと思っているという報道は、そのよい現われだ。アメリカは少なくとも、アジアで孤立を深めている日本との同盟がアメリカ自身の国益に適わないことを理解している。アメリカでさえそうなのに,日本はまだそこまでも気がついていない。