Wednesday, Nov. 10, 2010

Revenge, Australian style

Australia at times does some contradictory things in its foreign affairs. It says it seeks a global role, yet it recently dismissed a prime minister, Kevin Rudd, partly because he had been too prominent in seeking a global role. It says it is proud of its role in creating the Asia-Pacific Economic Cooperation forum and of its close relations with China. But in its 1970s origins, APEC was an anti-China concept designed to have Japan look toward the Pacific nations and away from both China and Russia.

Australia bitterly criticizes Japan for its whaling activities, but few know that back in the Tokugawa days, Australian whalers battled Japanese troops for the right to invade the small Hokkaido town of Akkeshi in search of food and drink. And even fewer are aware of Canberra's involvement in the creation of two of Japan's current territorial disputes — with Russia over the southern Kuril Islands (including Kunashiri Island, recently visited by Russian president Dmitry Medvedev over strong Japanese protests) and with South Korea over the island of Takeshima (also the subject of strong Japanese protests).

How does distant Australia manage to be so involved in Japan's territorial disputes? Here we need to go back to the immediate postwar years when anti-Japan feelings ran high among Australians. They had seen their northern city of Darwin destroyed by Japanese bombing. Japanese invasion forces were stopped only by desperate man-to-man battles in the New Guinea jungles. Its war prisoners had been badly treated. So, in 1951 when it was time to conclude the San Francisco Peace Treaty with Japan, Canberra was unsparing in its demands that Japan should be stripped of any and all territories in dispute with other nations. Failure to do so might allow a future revival of Japanese militarism, it was claimed. It also demanded and got a treaty with the United States — the ANZUS Treaty — to defend itself against future Japanese attacks.

Documents released in Canberra some 25 years later showed the Australian negotiators at work in San Francisco. The U.S. and United Kingdom had earlier at Yalta in February 1945 promised Moscow that in exchange for a promise to attack Japan they would force Japan to hand over the Kuril Islands to the Soviet Union in any postwar settlement. Later in 1947 Washington secretly confirmed this promise, in exchange for a Moscow promise not to block U.N. Security Council approval for the U.S. to have trusteeship and military base rights in the Micronesian islands it had seized from Japan.

But by 1951 the Korean war was in full swing. Tokyo had mounted a strong campaign to be allowed to keep if not all the Kuril Islands then at least the southern islands of Etorofu and Kunashiri, together with the nearby islands of Shikotan and the Habomais — what are now known as the Northern Territories.

Washington, in the shape of its rigidly anticommunist secretary of state, John Foster Dulles, seemed to vacillate. He seemed to prefer to leave those controversial Kuril Islands for later settlement. There was also a strong argument that said taking those "Northern Territories" away from Japan conflicted with the wartime Cairo Declaration that said postwar Japan should not lose territories it had not seized by force from other nations.

But Canberra would have none of it. It got the U.K. as head of the Commonwealth group at the San Francisco talks to pressure the U.S. As a result, Article 2 of final draft of the peace treaty, signed by Japanese Prime Minister Shigeru Yoshida, states unambiguously that "Japan renounces all right, title and claim to the Kuril Islands." Questioned in the Diet a few months later, the chief legal official in the Japanese Foreign Ministry confirmed that the Kuril Islands, which Japan had renounced, did indeed include Etorofu and Kunashiri. It was only later that Tokyo began to insist it had not renounced those two islands. By that time Canberra seemed to have forgotten its previous role, and began to support Tokyo.

And so the messy situation has continued, with Moscow agreeing in 1956 to return Shikotan and the Habomais in exchange for a peace treaty with Japan but refusing any concessions over Etorofu and Kunashiri. Meanwhile, Tokyo continues to deny the obvious fact that it renounced those two islands, even though its case would be much stronger if it could get Canberra and Washington to admit they had used improper pressure back in 1951.

At a recent Seoul conference on territorial questions we saw how Canberra also helped create the complicated Takeshima dispute between South Korea and Japan. A paper relying on detailed research by the Japanese scholar, Kimie Hara, pointed out how at San Francisco the initial drafts of the peace treaty had promised the island to South Korea. But after some frantic Japanese lobbying in Washington subsequent drafts were changed to say the island should remain with Japan. But then came the Australian move and the next draft treaty said once again that the island should go to South Korea. But then, allegedly as a result of the need to spare Japan "excessive psychological pressure" — presumably from Canberra over the Kuril Islands question — it was decided finally to leave the question in abeyance, where it continues to poison the Seoul-Tokyo relationship.

Meanwhile, the ANZUS Treaty has been turned on its head. It no longer defends against feared Japanese attacks, but rather, at least in theory, against China, the nation that suffered most from Japan's attacks. Things can get complicated at times when Canberra is involved.
オーストラリア式復讐

 オーストラリアは時々自己矛盾した外交をやる。グローバルな役割を担うことを目指しているといいながら、最近ケヴィン・ラッド首相を首にしたその理由の一端は、彼がグローバルな役割を担って目立ちすぎたからだという。また、APECフォーラム創設に貢献しそれが中国との関係を深めていることを誇りに思うといっている。だが1970年代の創設当時は、APECは、日本の目を中国やロシアから逸らし太平洋へ向かわせることを目的とした反中国的コンセプトに基づいた組織だった。

 オーストラリアは日本の捕鯨活動について厳しく批判しているが、徳川時代にはオーストラリアの捕鯨人は、食料と水を求めて北海道の小さな町厚岸に侵入する権利を要求し日本の軍と戦ったことは、ほとんど知られていない。それよりもっと知られていないのが、現在日本が取り組んでいる二つの領土紛争をつくることにオーストラリアが関係していたことで、一つはロシアと南千島列島 (最近ロシアのメドベージュ首相の訪問が日本の強い反発を呼んだクナシリ島を含め) をめぐって、もう一つは韓国と竹島(これまた日本の強い反発の種)をめぐってである。

遠方のオーストラリアがなぜ日本の領土紛争に関わることになったのか。ここで終戦直後のオーストラリアで、反日感情が暴走した時期に戻ってみる必要がある。オーストラリア人にとって、北部のダーウイン市が日本軍の爆撃で破壊された。日本の侵略軍がニューギニアのジャングルで白兵戦の死闘を展開してギリギリで阻止された。オーストラリア軍の捕虜が虐待された。だから、1951年日本とのサンフランシスコ平和条約が結ばれる運びになったとき、キャンベラは、日本が他国と係争中の全領土を徹底的に剥奪すべきだと要求して譲らなかった。

そうしなければ、日本の軍国主義は復活する可能性があると主張した。さらに、将来日本による攻撃から自らを守るためにアメリカとの条約を要求し、それがアンザス(オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ)条約となった。

 ほぼ25年後にキャンベラで公開された文書によれば、オーストラリアのネゴシエーターがサンフランシスコで動いていたことがわかる。それに先立つ19452月ヤルタで、アメリカとイギリスは、モスクワが日本を攻撃すると約束するなら、戦後のいかなる処理においてもクリール諸島をソ連に引き渡すことを日本に強制すると約束していた。その後1947年日本から取り上げたミクロネシア諸島における信託統治権と軍事基地権をアメリカが日本から取ることを承認する国連安保理決議をモスクワが妨害しないことを条件に、アメリカはこの約束を再確認している。

しかし1951年朝鮮戦争が最盛期を迎えていた。東京、全クリール諸島ではなくても、少なくとも南部のエトロフ、クナシリ島(近辺のシコタン、ハボマイ島もふくめ)保持することを認めさせようとして、一大キャンペーンを展開した。

ワシントンを代表した強硬な反共的なジョン・フォスター・ダレス国務長官は揺れていた模様であった。ダレスはこれら論争の多いクリール諸島を棚上げしておくことを望んでいるようであった。また、日本から北方領土を取り上げることは、他国から力ずくで奪ったものでない限り戦後の日本は領土を失うべきではないとした戦時中のカイロ宣言と矛盾する、という議論も強かった。

だがキャンベラはそのどれも認めようとしなかった。キャンベラはサンフランシスコにおける英連邦代表イギリスを通してアメリカに圧力をかけ、結果は日本の吉田茂首相によって署名された平和条約の最終草案の第二項ではっきり言明している 日本はクリール諸島の全ての権利、権原、請求権を放棄する。その数ヵ月後国会における質問で外務省条約局長は、日本が放棄したクリール諸島の中にエトロフ、クナシリが確かに含まれていると言明している。これら2島を放棄していないと東京が主張し始めるのは、後になってからのことである。その頃までにはキャンベラは自分自身の役割を忘れてしまったようで、東京の言い分を支持し始めた。

それ以後、モスクワが1956年、日本との平和条約と引き換えにシコタン、ハボマイ島を返還することには同意するがエトロフ、クナシリ島についてはいかなる妥協もしないといったが、見苦しい膠着状態が続いた。一方東京は相変わらず、これら2島を放棄した明らかな事実を否定し続けている(1951年時点でキャンベラとワシントンが日本に不適切な圧力をかけたことを彼らに認めさせたならば、日本の立場はグンと強くなるはずなのだが)

竹島をめぐる韓国と日本のややこしい紛争作りにも、キャンベラが手を貸したことが、最近の国境問題をめぐるソウル会議で明らかになったのを私は見た。日本の研究者原貴美恵の詳細な資料に基づく報告によると、サンフランシスコ平和条約の最初の草案段階では、同島は韓国のものとして約束されていた。だがその後、ワシントンで日本が必死にロビー活動をした結果、草案は変えられ、同島は日本のものとして残るべきだとなった。しかしそこでオーストラリアの介入があり、次の草案では同島は再び韓国帰属となった。だがその後さらに、日本に過重な心理的プレッシャーを与えない方がよいということになったらしく おそらくクリール諸島をめぐりキャンベラから出されたと思われるが、この問題は言及しないことで最終的に落ち着き、ソウル・東京の関係を毒し続けるままに残された。

一方アンザス条約は百八十度ひっくり返った。もはや日本の攻撃の恐れからの防衛ではなく、少なくとも理論的には中国、日本による攻撃を最もひどく受けた中国に対するものとなった。キャンベラが加わると物事が大いに混乱の度を深めがちだ。
(筆者は元オーストラリア外交官)