Thursday, October 28, 2010

Should the U.S. be worried as Latin America prospers?

Behind the excitement in the rescue of the 33 Chilean miners buried 623 meters underground for 69 days lies a mystery. We saw close up the skills of the Chilean engineers in locating and rescuing the trapped miners. We saw the cooperation of the Chilean people in the face of this disaster. Yet, on the GDP-per-capita charts, Chile ranks far below most Western nations — much less than half the West European average for example.

Several of its neighbors — Peru and Bolivia for example — do far worse. Yet, one has only to visit these countries to realize that they are worthy nations with elite and middle classes equal to or better than what we see in many Western nations. So why the disparities?

A website* devoted to finding cultural reasons for per capita national income differences notes: "There is no explanation for why Chile, a peaceful country that is 95 percent white, has a per capita income half that of Japan — a nonwhite country that has been nuked twice — other than the voluntarily chosen beliefs of the two populations. By refusing to speak openly of how culture and ideas affect success, we are taking away what little the have-nots have and giving even more to the haves."

Cultural reasons for why Chile has lagged, despite its mineral and agricultural wealth, are not hard to find. One is the entrenched class differences in all Latin American societies, shown to some extent in those mine rescue scenes — the billionaire Chilean president with his trophy wife versus the miners, earning less than $30 a day for dangerous work in a remote location, and their humble families.

Another is the intense emphasis on family ties — something good in itself, but at the upper levels a major cause for much of the greed and corruption that helps entrench those class differences.

Most of all, it has been the Latin American subservience to the U.S.- imposed or influenced free-market policies that has done such harm to Latin American economies. Chile today may benefit from high prices for gold and copper. But like all Latin American societies (other than Brazil with its large domestic market) it lacks significant manufacturing.

And what Japan showed us long ago is that without manufacturing it is hard to prosper, that manufacturers can only survive if they have markets, and that initially those markets usually require protectionist policies. U.S.-style free market fundamentalism for the most part has denied such protection.

Try to set up an independent textile or electrical goods factory in any Latin American nation. Even if you have the advantage of cheap labor, your products will immediately be overwhelmed by the flood of imports not just from the United States and Europe but also from Japan, China, Korea, Taiwan and any of the other Asian nations that from the beginning set out to protect their domestic industries while subsidizing exports either directly or through artificially low exchange rates.

According to the fundamentalists, there is nothing wrong with all that. The Latin Americans can stick to producing the primary goods needed by the advanced economies and buy manufactures in exchange.

Rarely can exports of primary goods pay for all the goods an unprotected developing nation needs to import. Indeed, under the North American Free Trade Agreement. Mexico is unable to compete even with highly-mechanized U.S. corn production (it makes up by exporting illegal workers and drugs).

In the past, as trade balances collapsed, currencies became devalued, inflation spiraled and capital fled abroad. The International Monetary Fund and the World Bank then intervened with more U.S. fundamentalist economic dogma — austerity budgets, import tariff reductions and so on. Then as poverty worsened, the Latin American nations, including Chile, were thrown into decades of severe ideological disorder that the U.S., with its constant anti-leftwing interventions, did much to intensify. Growth was set back even more.

Now, finally, the Latin Americans have begun to get their act together. They are producing their own sensible economic policies based on their own trade and financial blocs. Finally their politicians have got together to produce the reconciling Contadora policies needed to end the decades of agonizing leftwing-rightwing confrontations.

Thanks to booming prices for minerals and some other primary goods, growth is finally under way. But most still lack the manufacturing industry needed to absorb unemployment — especially Peru, Colombia and Venezuela.

Could Latin America be about to extract a punishing revenge? During their many years of economic, social and political instability, Latin Americans lost confidence in their national currencies. Even the prices of rentals and secondhand cars would be set in dollars rather than the local currency. But the recent economic crisis has seen the dollar weaken against those once-despised local currencies. People no longer need to hold dollar deposits.

In Japan today, the pundits still blame the relentless fall of the dollar on China, or on U.S. stimulus spending and quantitative easing moves. In fact the real reason is far more worrying. Not just in Latin America but also around much of the developing world, the Middle East especially, people are beginning to realize how much they are losing daily by continuing to hold dollars.

For decades the U.S. prospered by the willingness of these people to use dollars for economic dealings. Now it is all going into reverse. What is still a stream of dollar-deposit cancellations could soon become a flood, leaving a wrecked global financial system in its wake. The U.S. could well begin to suffer not just the economic problems but also the political instability it helped cause for decades in Latin America.

*Website on cultural reasons for per capital national income differences: Success-and-Culture.net
ラテンアメリカの繁栄をアメリカは憂うべきか?

地下623メートルに69日間埋められていたチリの鉱夫33人の救出をめぐる興奮の陰にミステリーがある。

 閉じ込められた鉱夫の位置を確定してから救出にいたるまで、チリの技術者のスキルをわれわれは目の当たりにした。この災難に立ち向かったチリ国民の協力も見た。しかしながら、チリは一人当たりGDPチャートでは大半の欧米諸国と比べ非常に低い たとえば西ヨーロッパ平均の半分をかなり下回る。

 チリの隣国のいくつか たとえばペルー、ボリビヤ はそれよりさらに悪い。けれどもこれらの国を訪れてみると、それらが欧米諸国に勝るとも劣らないエリートと中間層をもった立派な国であることがわかる。ではなぜこの格差なのか。

 一人当たり国民所得格差について文化的理由を探るウェブサイト(Website on cultural reasons for per capita national income differences: Success-and-Culture.net)には次のように書かれている: 国民の95%が白人で平和なチリという国がなぜ、一人当たり所得が、二度原爆を落とされた非白人国である日本の半分なのか説明できない 二つの国民の自主的に選択された信念によるという以外には。

 :文化やものの考え方がいかに成功に結びつくのかをオープンに語ることを避けているため、持たざる人が持つわずかなものを取り上げ、それを持つ人へさらに上積みして与える結果になっている。

 チリが鉱産資源や農業の豊かさにもかかわらず停滞している文化的理由を見つけるのは難しくない。一つはラテンアメリカ全体に根深い階級制度で、今回の救助シーンでも垣間見ることができた 見映えのするトロフィー的な妻をもつ億万長者大統領対1日30ドル以下で隔絶された場所で危険な仕事をする鉱夫とそのつつましい家族という図式である。

 もう一つは家族の絆を非常に強く重んじること それ自体はよいことだが、より上のレベルでは、階級制度を強めることになる多くの貪欲と腐敗の主要原因になっている。

 何よりも、アメリカによって押し付けられた、あるいは影響された自由市場主義政策に追従したことが、ラテンアメリカ経済にそんなにも大きなダメージを与えた。チリは今日、金と銅の高値で利益を得ているかもしれない。だが他の全てのラテンアメリカ社会と同様(国内市場の広いブラジルを除き)意味のある製造業がない。

 そして日本が昔われわれに示してくれたことは、製造業なくして繁栄は難しいこと、製造業者が生き残るためには市場が必要なこと、そして通常、市場は最初は保護主義的政策を必要とすること、である。アメリカスタイルの自由市場原理主義はほとんどの場合こうした保護を否定してきた。

 ラテンアメリカのどこかの国で、独立的に繊維か電気製品工場を作ることを考えてみよう。安い労働力というアドバンテージがあったとしても、あなたの製品はすぐ圧倒的な輸入の アメリカやヨーロッパのみならず日本、中国、韓国、台湾ほかアジアの他の国々からの洪水でさらわれてしまうだろう。これらの国では最初から国内市場を守るべく手を打っていたし、輸出に対しては、直接的にまた人為的為替安で間接的に、補助金を出してきたのである。

 原理主義者によるとそれらすべては何ら悪くない。ラテンアメリカは先進国経済が必要としている一次産品の生産に専心し、それと交換に製造業製品を買えばよいではないかと。
 保護されていない開発途上国では、必要な製品の輸入を一次産品の輸出でまかなうことは、ほとんどの場合不可能だ。事実、NAFTA(北米自由貿易協定)の下でメキシコは、とうもろこし生産でさえ高度に機械化されたアメリカに太刀打ちできない(不法労働者と麻薬の輸出でメキシコはそれを補っている)

 過去には、貿易バランスが壊れると、通貨が切り下がり、インフレ・スパイラルが起こり、資金が国外逃避した。するとIMFや世界銀行は、更なるアメリカ式原理主義的ドグマ 緊縮財政、輸入関税引き下げ、等々 を携えて介入した。そして貧困が悪化した結果、チリを含めたラテンアメリカ諸国は10年間の厳しいイデオロギー的無秩序の中に投げ込まれ、それをアメリカが絶え間ない反左派的な介入によって助長した。成長はまたさらに後退した。

 いまようやく、ラテンアメリカ人は足並みそろえて行動し始めた。自分たち独自の貿易と金融ブロックに基づいた、合理的な独自の経済政策を作りつつある。ついに、政治家たちはまとまって、長く苦しい左派右派対立の数十年に終止符を打つために必要な、和解的なコンタドーラ政策を作ろうとしている。

 鉱物や一部の一次産品価格が急騰したおかげで、ようやく成長が軌道に乗った。だが大半の国では、失業を吸収すべき製造業はいまだ不足している とくにペルー、コロンビア、ベネズエラ。

 ラテンアメリカは罰を下すようなリベンジを実施しようとしているのか。ラテンアメリカ人は長年にわたる経済、社会、政治的不安定のため、自国の通貨に対する自信を失った。家賃や中古車の値段さえ、自国通貨でなくドル建てが好まれる。だが、最近の経済危機で、以前は軽んじられていた現地通貨に対しドルが弱まった。人々はもはやドル預金をもたなくてもいい。

 日本ではいま学者先生は、ドルの容赦ない下落について、中国や、アメリカの景気拡大支出や金融緩和の動きをいまだに責任ありとしている。実際はほんとうの理由はもっと深刻だ。ラテンアメリカだけでなく、世界中の開発途上国の多くで(とくに中東で)人々は、ドルを持ち続けることで一日一日いかに損になるか、気付き始めた。

 こうした人々が経済活動でよろこんでドルを使っていたために、アメリカは何十年も繁栄し続けた。今では全てが逆の流れだ。いままだ小さいドル預金キャンセルの流れがまもなく奔流となり、その後に残るのは壊れたグローバル金融システムということになるかもしれない。アメリカは単に経済問題だけでなく、自身が長年ラテンアメリカで起そうと手助けしてきた政治的不安定に苦しむことになるかもしれない。

(筆者は元学長。日本滞在が長く、しばしばラテンアメリカを訪問)