Tuesday, August 17, 2010

Saving Japan's universities


The consensus says Japanese university students are lazy and apathetic. Unfavorable comparisons are made with Chinese studying here. Yet those same students at their annual autumn festivals can show an enthusiasm, professionalism and attention to detail superior to anything at a Western university, or a Chinese university for that matter.

When I try to find the reason for all this effort, the main reply is mokuteki tassei kan, or the feeling of having achieved something.

This, I suggest, is the key problem with the education system here. It does not provide that feeling of achievement, for several reasons. One is that Japan by nature is not a very intellectual society. The value of abstract learning for its own sake is weakly realized. In the science or engineering departments, students apply themselves. The problems are mainly in the liberal arts faculties.

Japan's groupism is another problem. Failing weak or lazy students and having them expelled from the allegedly warm and cozy bosom of the university group is almost impossible, both practically and psychologically.

Teachers, too, try to retain their group identity by playing up to students. The result is a version of the old communist regime joke that said the workers pretended to work and the bosses pretended to pay them. Here in Japan, often it is that teachers pretend to teach and students pretend to study.

Some mid-ranking universities show more responsibility. But at elite universities, horror stories of student and teacher negligence abound. Both assume that status imparts impunity. Some ex-students boast how they graduated without doing a day of serious study.

A key theme in the several Ministry of Education committees I attended during the 1990s was that universities should grade students strictly. But how can you force teachers to provide strict grades in the first place? In any case the worst that can happen to students with poor grades is to have them repeat a year — something most universities prefer to avoid.

I never managed to get a serious answer to these points. The bureaucrats were part of the same conspiracy, I concluded.

Employers are equally guilty. Most do their recruiting well before final grades are available. Many just assume graduates from elite universities are superior. In a top businessman's committee back in those days — when education reform was a popular topic — I recall a well-known industry captain saying how poor grades could prove the student had the sense not to waste time on irrelevant university study.

Today things could be getting even worse. For as student numbers decline, and university numbers increase, standards will tend to fall even more as more universities compete for fewer students.

But all is not lost. Parents are increasingly reluctant to pay out large sums to irresponsible universities so their children can enjoy four years of "leisure-land" existence as it is often called. They are turning to the mid-ranking universities that make efforts to improve. Some more enlightened enterprises also now seek graduates from those universities.

But how do you prove that you have improved? The current fad is an emphasis on English teaching, with the TOEFL or TOEIC results for English exams used as objective standards. An experimental university with which I am involved has done quite well on that basis. For many firms, English ability is now useful in employment. But should those English exams be the main standard of student and teaching excellence?

Ultimately it comes back to inserting proper motivation into the classroom. Currently the demand is for teachers to make their classes more "enjoyable." So teachers have to become like song and dance artists?

There is only one sensible answer — provide clear, across-the-board incentives that give students the sense of achievement they crave. Tests and exams are of little use when the aim of most teachers and universities is simply to hand out pass marks and get rid of repeaters.

Some years back I tried to promote a scheme called "provisional entry." Students who just failed to pass university entrance tests could be accepted for one year and confirmed as regular students if their first-year results were good. Even though the scheme was endorsed by the 1999 national conference on education reform, few have shown interest. Yet the one university that has tried the scheme has found that almost all the provisional students do as well as or better than the first-year regular students.

Japan's closed academic world needs to discover what almost every Western university knows — that if the carrot of self-improvement is not enough to make people study then it has to be the whip of failure. This means failure to graduate, and failure to find a good job. That kind of incentive does wonders to clarify the mind and spur motivation. Ideally every student in Japan should be "provisional," and not just for one year.

Such a scheme would also provide the badly needed motivation to encourage less academically minded school graduates to seek technical education rather than waste time at universities.

As for the current emphasis on English to prove academic excellence, obviously it does no harm. But with bad teachers — either those retreaded high school teachers unable to speak English properly or the grammar-obsessed Ph.D.s for example — often the teaching simply reinforces the bad English being taught in middle and high schools. Far better to have the language taught intensively as part of a double degree — economics and English, for example — to students who choose it and really want to use it in their future careers. Here the motivation factor is guaranteed. Meanwhile, other languages, Chinese especially, could also be taught on the same double degree basis. Japan does not have to survive on English alone.

日本の大学を救うには

 日本の大学生は勉強しない、やる気がない、というのは大方の一致した見方である。日本にいる中国人学生とよく比較されるが、勝ち目はない。ところがこの同じ学生が毎年秋の学園祭では、どの欧米大学も、また先ほどの中国人の大学もかなわないような情熱とプロ意識、細部へのこだわりを見せる。

 なぜ彼らがこんなにもやり気を出せるのか、その理由を尋ねる私に返ってくる答えは、目的達成感、やり遂げた充実感、というのがほとんどだ。

 これこそ、日本の教育制度の問題を解く鍵だ、と私はいいたい。日本の教育制度は、いくつかの理由で、この目的達成感を与えられないでいる。一つには、日本が本質的にあまりインテレクチュアルな社会ではないということ。純粋に学問のために、抽象的な学問をするという価値がよく理解されていない。理学部や工学部など理系では学生は学問に打ち込める。問題は主として文系の学部だ。

 もう一つの問題は、日本の集団主義だ。成績の悪い学生、意欲のない学生を落第させ、大学という一家の、いわゆる暖かく居心地よい懐から引き剥がすことは、物理的にも、心情的にもほとんど不可能に近い。
 教師も、学生に迎合することで、グループのアイデンティティを守ろうとする。結果は、昔の共産主義政権のジョーク― 労働者は労働しているふりをしボスは彼らに給料を払っているふりをする― の1バージョン。ここ日本ではえてして教師は教えるふりをし学生は勉強するふりをする、である。

 中流大学のいくつかで、もっと責任感を示すところがある。一方、エリート大学で、学生と教師がともに怠けている例が多く見られる。そこでは両者とも、ステータスが高ければ、罪は免れると考えている。卒業生の中には真剣に勉強したことは一日たりともなかった、と豪語するものさえ入る。

 私は1990年代、いくつかの文部省委員会に参加したが、どの委員会にも共通したテーマは、大学は学生の成績を厳格に評価すべきだということ。では、まずもって問題なのは、どうしたら教師が学生の成績を厳格に評価できるかだ。どっち道、成績の悪い学生に起こりうる最悪の事態は留年で― 大半の大学はこれをやりたがらない。

 私のこれらの疑問に対して誰もきちんと答えてはくれなかった。官僚たちもグルになって同じ陰謀に加わっている、というのが私の結論だった。

 雇う側も同様に有罪だ。大半の雇用者が学生の最終成績が出るはるか前に採用を行う。エリート大学の卒業生なら優秀だ、と彼らの多くが考えている。教育改革が盛んに論じられていたその当時、私が参加していた財界トップが長を務めたある委員会で、著名な財界大物が、成績が悪いのは大学のつまらない授業で時間を無駄にしないセンスがあった証拠だ、と発言したのが記憶に鮮やかだ。

 いまでは状況はさらに悪くなっているかもしれない。というのは、学生の数が減り、大学の数が増え、少ない学生をめぐって大学が競争するため、教育レベルはさらに下がる傾向にあると思われるからだ。
 だが悪いことばかりではない。親たちは、子供がいわゆる4年間の“レジャーランド”を楽しむために莫大な金を使うことに対し、次第に疑問を持ち始めた。かれらは、改善の努力をしている中流大学により注目し始めている。企業の中でも、頭がいい企業は、こうした大学から学生を求めようとしはじめた。

 では改善したという証拠はどこに求めるか。いまの流行は、英語教育の充実で、TOFFLTOEIC試験の結果が一つの客観的目安として利用されている。私が関係する実験的な大学は、この点でかなりよい結果を出した。多くの企業にとって、仕事の上で英語力が役立つようになった。だが、こうした英語の試験が学生と教育の質を測る主な尺度とされていいのだろうか。

 最終的には、教室の中に適切なモチベーションを導入することに尽きる。いまは教師が授業を“おもしろく”することが求められる。それでは教師は歌やダンスのアーチストのようになれというのか。 適切な答えはただ一つ― 学生が求めている達成感を与えるために、全ての授業において、はっきりしたインセンティブを作り出すことだ。教師の大半と大学が学生に及第点をつけ、留年を出さないことを目的にしているとき、テストや試験はあまり役に立たない。

 私は数年前、「暫定入学」という制度を実施しようと努力した。合格ラインすれすれで大学入試に失敗した学生を一年間大学に受け入れ、一年後の成績がよければ正規学生として二年に進級させるというものである。この計画は1999年の教育改革国民会議で推奨されたのだが、外部の関心は薄かった。とはいえ、この方式を取り入れた一大学では、暫定入学生はほぼ全員正規の一年生と同等あるいはそれ以上に成績がよかった。
 日本の閉ざされた教育界は、ほとんど全ての欧米大学で認識されていることを“発見”する必要がある。自己向上というニンジン(アメ)が効果がないときは、落第・退学というムチを使わなければならない、ということだ。これは卒業できない、よい仕事にも就けないことを意味する。この種のインセンティブは、頭を覚醒しモチベーションに拍車をかける驚くべき力がある。理想的には、日本の全ての学生が“暫定”になることだ、それも一年間だけでなく。

 この方式だと、アカデミックな学問指向の薄い高卒者に対し大学で時間を無駄にするより技術的教育を受ける方向へ後押しするモチベーションを高められることがもう一つのメリットだ。

 現在学業成績判定の基準として英語に重点を置いていることについて別に害はない。ただし、教師が悪いと― たとえば英語をまともに話せない表面だけ再生した高校教師や文法マニアの博士号など― よくあることだが、教えれば教えるほど中学高校で学んだ悪い英語を強化するだけになる。はるかにいいのは、大学に入ってからダブル専攻の一つとして― たとえば経済と英語というように― 将来の仕事で英語を生かそうと真剣に考え英語を選ぶ学生に対して、インテンシブに教えることだ。その場合モチベーションは万全だ。一方、他の言語、特に中国語は、同じようにダブル専攻方式で考える。日本は英語だけでやっていこうとする必要はない。