Tuesday, July 6, 2010

'A tall poppy is cut down'; Gillard could bloom awhile

Strange things happen to Australian prime ministers. One (Harold Holt, 1966-67) disappeared while swimming near a Melbourne beach; speculation says he may have been eaten by a shark.

Another (John Gorton, 1968-71) willingly voted himself out of office when some colleagues turned against him.

Then there was Gough Whitlam (1972-75), dismissed by the U.K. queen-appointed governor general in Canberra.

Now we have the high-flying, internationally famous Kevin Rudd, suddenly being replaced by an internationally unknown 46-year-old woman of humble Welsh family origins, Julia Gillard.

Rudd's demise and Whitlam's dismissal were reminders that it is not just Japan that likes to dump prime ministers arbitrarily. Both men were guilty of the ultimate Australian (and Japanese) sin of losing favor with popular opinion (the media), although in Whitlam's case, some complex legal wrangling was also involved.

By chance, both Whitlam and Rudd also had a China connection. Whitlam, whose landslide victory in 1972 ended a long period of conservative rule, came to power on the wave of publicity following the 1971 pingpong opening to China. Some of us involved in that opening ended up with positions in his administration.

While we admired his dynamism, we also saw close up how his authority was undercut by his domineering attitude, dislike of party factions, inattention to detail and weak grasp of economic policy (he let academics talk him into free trade policies when key industries badly needed protection). Humiliating dismissal came just three years later.

Rudd, a former diplomat, also benefited from China euphoria — this time from China's heavy purchases of Australian resources beginning in the 1990s. Much earlier, back in the late '50s, Canberra had begun grudgingly to train its diplomats in Chinese (I was the first). But it was refusing to send them to China, then seen as the source of all evil. So I ended up in Japan. Rudd, who followed me many years later, went to Canberra's Beijing Embassy where he gained the fluency for which he is rightly praised.

But fluency in Chinese does not a politician make. By yet another coincidence, Rudd was also raised in the same hardscrabble outskirts of north Brisbane as I was, close to the base for the rightwing, anti-immigrant Pauline Hansen political movement of the '90s.

Early in life, both of us discovered Australia's gut: a "she'll-be-right-Mate" anti-intellectual conservatism. I was to run into it headfirst in the crude 1960s Australian fear of China and the disinterest in the horrors of the Vietnam war that Canberra had helped encourage.

Rudd was lucky to come later and join the vigorous Queensland branch of the Australian Labor Party, where he deservedly won the reputation for the thoroughness and hard work that was to take him into federal politics and, eventually, to the prime ministry in a landslide election.

Like Whitlam, though, Rudd might have ignored too long the factions, trade unions and personal connections so important in Australian leftwing politics. He, too, was dumped ignominiously, this time by his own party.

Australians can easily turn against people they see as too prominent. In Japan it is called beating down the nail that protrudes. In Australia it is called cutting down the tall poppies (my theory is that a history of island isolation helps create these similarities).

Striding the globe to conferences on everything from reducing carbon emissions to regulating world financial policies, Rudd might have made himself famous internationally. His crusade to save the world from global warming might have made him the darling of the environmentalists. But, at home, conservatives were grumbling and factions were plotting.

On carbon emissions he was forced into humiliating silence by suspect data and global discord. Meanwhile, the China connection, which had served him well, was also being hit by trade and investment problems.

The final nail in his popularity coffin was the attempt to impose a super tax on resource mining companies, even though the tax was more than justified.

Much of northwestern Australia's Pilbara region, for example, is pure iron ore. Scratch the surface and it is staring at you — 60 percent pure hematite content. Scrape it out, put it into rail-trucks, send it down to 300,000-ton ore ships waiting in patient rows at nearby ports, and what used to sell for less than $10 a ton in the Japanese market now sells for more than $60 a ton in the booming Chinese market.

It's a similar situation with the coal, which is close to the open-cut surface in much of eastern Queensland, or the uranium, nickel and other mineral deposits scattered across Australia. But the miners counterattacked with a massive advertising campaign. Somehow the Australian public was convinced that the tax, which would have done the nation such good, was dangerous adventurism.

True, Rudd could have done much more to persuade public opinion that the tax was justified — in Japan it is called nemawashi. Part of the problem could also have been the same lack of sensible tax logic that we see in Japan.

Working in the Whitlam administration, I had years earlier proposed and saw implemented a highly justified export tax on coal miners making windfall profits after the 1973 oil shock. The media disliked it, the bureaucrats mishandled it, and it disappeared a few years later.

Gut instinct and the common touch are keys to success in Australian politics. A good example was Bob Hawke, who once held a record for fast beer drinking (until it was taken from him by my brother).

Another was the conservative Prime Minister John Howard, with his constant talk about the need to help the "little Ozzie battler." Both had broad Australian accents — as does the sharp-brained Gilliard. She also qualifies for the "little Ozzie battler" description. She could be with us for some time.


伸びた芥子は切られる; ギラードはしばらくもつかも


 オーストラリアの首相にはいろいろヘンなことが起こりがちだ。一人(ハロルド・ホルト 196667)はメルボルン海岸近くで遊泳中行方不明になった;噂によると鮫に食われた可能性がある。

 もう一人(ジョン・ゴートン 196871)は幾人かの同僚が自分に背を向けたとき、自ら不信任に票を投じた。

 ゴフ・ホィットラム(197275)は、英女王任命のキャンベラの総督に罷免された。

 そしていま、やる気満々で国際的名声も高いケビン・ラッドが突然失脚、ウェールズの平凡な家柄出身の国際的知名度のない46歳のジュリア・ギラードにすげ替えられた。

 ラッドの失脚とホィットラムの罷免は、首相たちを気まぐれに突き落としたがるのは日本だけではないということを再認識させる。二人とも、世論(つまりメディア)の支持を失うというオーストラリアの(また日本の)究極の罪を犯したわけだ。ただホィットラムの場合は、他にややこしい法的トラブルもからんでいたらしいが。

 偶然だが、ホィットラムもラッドも、中国と関係があった。ホィットラムは1972年地滑り的勝利で長かった保守党支配を終わらせたが、これは1971年のピンポン外交が中国への門を開いたあとの世論の盛り上がりを受けて政権を握ったもの。この門戸開放に関わったわれわれの一部は、やがて新政権のポストについた。

 われわれは彼のダイナミズムを讃える一方、彼の尊大な態度、党派閥嫌い、細部に対する不注意、経済政策取り組みの弱さ(ホィットラムは要となる産業が強く保護を必要としていたときに、自由貿易信奉の学者たちに引きずられてしまった)によって、彼の権威が殺がれる有様を目の当たりにした。屈辱的な罷免はちょうどその3年後のことだ。

 元外交官のラッドも、中国熱の恩恵を受けた 彼の場合は1990年代に始まったオーストラリア資源の大量買入れがきっかけだった。はるか以前1950年代に遡るが、キャンベラは外交官に対ししぶしぶではあったが中国語研修を開始した(私はその第一期生である)。だが当時は悪の根源と見られていた中国への現地派遣は許さなかった。そのため私は日本に鞍替えしたのだった。私のずっと後に同じ道をたどったラッドは、在北京オーストラリア大使館へ行き、彼の中国語に評判にたがわぬ磨きをかけた。

 しかし中国語堪能ということと、政治家であるということは、また別だ。もう一つの偶然で、ラッドは私と同じブリスベーン北部郊外の生活が厳しい地域で育った。そこは1990年代の右派の政治活動家で反移民の急先鋒ポーリン・ハンセンの地盤に近いところ。

 われわれ二人とも、若くしてオーストラリア魂の真髄を発見した つまり何とかなるさという反インテリ的保守主義である。私の場合は1960年代、キャンベラが後押ししたベトナム戦争の極悪非道に対する無神経さとオーストラリアを席巻していた中国脅威妄想の渦の中で、その真髄に正面衝突した。

 ラッドは後から来た分、運がよかった。オーストラリア労働党のエネルギッシュなクイーンズランド支部に参加し、そこで緻密な精力的な仕事振りで評判を挙げたのは当然で、連邦政治へ参入し、やがては地滑り的勝利の選挙で 首相の座に上りつめた。

 しかしラッドも、ホィットラム同様、オーストラリア左派政治で実に重要な、派閥、労働組合、人的コネクションを無視するのが長すぎたかもしれない。彼もまた、侮辱的に捨てられたが、彼の場合は自分の政党によってだった。

 オーストラリア人は傑出しすぎたと見た人に対してかんたんに背を向ける。日本では「出る釘は打たれる」という。オーストラリアでは「伸びた芥子は切る」だ。(孤立した島国としての歴史がこの類似性を生む一因だというのが、私の持論である)

 ラッドは、Co2排出削減から世界金融政策調整まで、あらゆる国際会議に地球を股にかけて、国際的名声を高めるはずの人だったかもしれない。地球温暖化から世界を救おうという積極的行動は、彼を環境主義者の寵児に押し上げたかもしれなかった。だが、国内では、保守派は不満を募らせ、各派閥は策略を練っていた。

 Co2削減では、彼は疑わしいデータと国際世論の不一致のせいで、屈辱的な沈黙へ追い込まれた。一方、彼にとってプラスした中国コネクションだが、これも中国の貿易と投資の問題点が顕在化して打撃を受けた。

 彼の人気を葬る棺桶の最後の釘となったのは、資源採掘会社に追加課税をしようとしたことだ、その課税は非常に理屈にかなったものだったのではあるが。

 例えば、オーストラリア北西部のピルバラ地域の大半は純粋に鉄鉱石である。地表を削れば鉄鉱石が顔を出す その60%が純粋なヘマタイト成分だ。それを掘り出し、軌道トラックに積み込み、近くの港で列をなして待機している30万トン鉄鉱石船に届ける、そして以前は日本市場でトン当たり10ドル以下だったものが今では、ブームに沸く中国市場で60ドル以上で売れる。

 東部クイーンズランドの広い部分で露天掘りに近い方式の石炭についても、あるいはオーストラリア各地に散らばるウラニウム、ニッケル他の鉱物資源についても、これと似たような状況だ。ところが鉱山業者は、この追加課税に反撃するため、大々的キャンペーンを展開した。国にとって非常によい結果をもたらしたと思われる税であったが、なぜかオーストラリアの大衆は、危険な冒険主義と頭から決めてかかっていた。

 たしかに、ラッドが、税の必要な理由を国民大衆にもっとしっかり説明するためにやれることはいろいろあったかもしれない 日本でいう根回しである。また問題の一部は、今の日本と同じように、合理的な税の論理が不在なこともあったかもしれない。

 何年も前私がホィットラム政権の中で働いていた時だが、1973年のオイルショックのあと、追い風的利益を上げていた石炭鉱業者に対し妥当性の高い輸出税を課すことを提案し、それが実現した。だがメディアはそれを嫌い、官僚はその取り扱いを間違い、数年後には消えていった。

 オーストラリア政治で成功のカギは、空気を読む能力と庶民性だ。よい例が、ボブ・ホークで、彼はビール早飲み競争の記録保持者だ(私の弟がそれを破るまで)。

 もう一例が保守派の首相ジョン・ハワードで、けなげなオーストラリアの頑張り屋” を助けるべき、というのが彼の口癖だった。二人とも強いオーストラリア訛りの持ち主だ 頭の切れるギラードもそうだ。彼女もまた、けなげなオーストラリアの頑張り屋の表現に当てはまる。彼女は長続きするかもしれない。