Thursday, April 29, 2010

Media vultures circle P.M.

In Brazil they tell the story of the small-town TV crime reporter who gained fame and scoops by arranging crimes himself. He could then rush out and interview the victims well before rivals. But eventually his scoops caught up with him and he ended up in jail.

Jail is where a lot of the Japanese media should also be. Prime ministers are their favorite victims. They hover like hungry vultures waiting for a moment of weakness, often through the negative opinion poll ratings that they themselves organize.

Then they attack. The more they attack the more the favorable poll ratings decline. Then when the figures get down below the 30-percent level they move in for the kill and begin to call for a change of prime ministers.

True, and unlike with the Brazilian reporter, they have to share their "scoops" with fellow vultures. But they get a double dip. They get to fill many column inches of reportage on the way down. And they fill even more column inches on the way up, as the race gets under way to find, elect and install a new prime minister.

Much the same process is now under way around prime minister, Yukio Hatoyama, trying desperately to find a replacement for U.S. Marine Air Station Futenma in a nation where few will accept U.S. bases in their location.

Meanwhile, the United States says it will not accept any alternative that does not meet its own demands and that the population in the proposed location will not accept. Anywhere else in the world the media would sympathize with a leader put in this impossible position. Some would even ask why Japan has to accept the bases in the first place. But not in Japan.

It is taken for granted that failure to meet U.S. demands before the end-of-May deadline should automatically push the prime minister into a resignation dilemma. The fact that many in Washington have a vested interest in seeing the pacifist, Asia-first, Hatoyama removed is also ignored.

Nor do any in the media seem to want to expose the hypocrisy of the former ruling Liberal Democratic Party on this issue. The LDP was unable for years to overcome local resistance to build — at Henoko, Okinawa — the alternative site that the U.S. wanted. But it encourages local resistance to a Hatoyama plan for another alternative site in nearby Tokunoshima, and then uses that resistance as yet more proof that Hatoyama should resign for failing to satisfy U.S. demands. The phoniness of the indignation with which the LDP leader, Sadokazu Tanigaki, attacks Hatoyama on the issue is ignored.

Maybe there were a few obscure ex-Soviet or ultraright Latin-American republics that allowed the fate of their prime ministers to be decided by the whims of a foreign power. But this is Japan. Is it supposed to lower itself to that same levels of degradation?

We are told the alternative base is needed for Japan security. But the main activity of the Futenma helicopters to date has been support for U.S. adventures in Vietnam and Afghanistan. What is that supposed to do for Japan security? It is said to deter Chinese military action against Taiwan. And what if that in turn becomes a major incentive for China to develop its military power? China will be around long after the U.S. has lost military interest in this part of the world.

And so it continues. The media make much of opinion differences within Hatoyama's ruling Democratic Party of Japan, in particular the failure to gain Cabinet unanimity on several domestic issues. But it is basic Democracy 101 that within any functioning government there should be differences of opinion and debates to solve them. I once worked in an Australian government where Cabinet debates would last hours and could only be resolved by razor-thin voting majorities in the Cabinet room itself. Meanwhile, democratic Japan is supposed to operate like some tin-pot autocracy boasting national unity.

The government is criticized by the same media for going back on some of its earlier idealistic promises. But it has done so mainly because it now realizes the need for more stimulus to the economy and for the income to finance it. Meanwhile, the same media criticize the government for failure to stimulate the economy and to find the income needed to improve the nation finances.

Japan deserves better than this. At the very least it deserves something better than a small-town Brazilian crime reporter play-acting.
総理につきまとうメディアという禿鷹

 ブラジルのある小さな町でのテレビの事件記者の話だが、彼は自分で犯罪を仕立ててそれをスクープし、有名になった。ライバルよりずっと早く現場に駆けつけ被害者にインタビューしていた。だが終には、そのスクープに足をとられ、刑務所行きとなってしまった。

 刑務所は、日本のメディアの多くも入るべき場所だ。彼らの格好の餌食は総理大臣だ。獲物が弱るのを待って上空を旋回する飢えた禿鷹のように、自分たちが仕掛けた総理の不支持率が拡大するのを待ち構える。

 そして攻撃開始。メディアの攻撃が烈しくなるにつれて、総理の支持率はますます下がる。そして支持率が30パーセントを切ると、いよいよとどめを刺そうと踏み込んで、総理交代が必要だと言い立てる。

 たしかに、ブラジルの事件記者と違って、彼らは仲間の禿鷹とスクープを分け合わなければならない。けれど彼らは二回利益を得る。下り坂のとき、多くの記事ダネを得る。そして新しいレースがスタートすれば、上り坂ではさらに多くの記事ダネが得られる。

自分たちの所に米軍基地を受け入れてもいいという地域が皆無に近い国で、米海軍基地の代替地を探そうと必至の努力を続ける鳩山由紀雄首相の周りで、いまほぼこれと同じプロセスが進行中だ。

 一方のアメリカは、自分の要求に合致しない場所は受け入れられない、また地域住民が反対している場所は受け入れられないという。世界の他所の国ならどこでも、こんな不可能な立場に置かれた総理にメディアの同情が集まるだろう。そもそも、なぜ日本が米軍基地を受け入れなければならないのか、という疑問を発する人も出てくるだろう。だが、日本では、それがない。

5月末までに、アメリカの要求に応じることができなければ、総理は自動的に、即辞任に追い込まれることは当然とされている。ワシントンでは、平和主義的でアジア最重要視の鳩山首相を追い出すことが自分のプラスになる人が多いことも、無視されている。

 メディアの中の誰ひとり、この件に関して、前自民党政権の偽善を指摘したくないようだ。米軍が求めている代替施設を沖縄の辺野古に建設することについて、自民党は何年にも渡り、地域の反対を収められなかったのである。そしてメディアは近くの徳之島をもう一つの代替地にしようという鳩山の計画へ地域住民の抵抗をあおっている。そしてその抵抗を利用して、鳩山首相が米軍の要求に副えないのだから辞職すべきもう一つの理由ができたと主張する。また彼らは自民党総裁谷垣禎一が、この件について鳩山に怒りをぶつけるという茶番劇を、無視している。

 以前に某CIS(独立国家共同体)あるいはラテンアメリカ極右政権で自国の首相の運命が外国勢力の意のままにされるのを許したことがあったようだ。しかしここは日本である。日本がそのような堕落したレベルにまで身を落すことが求められているのか。

 日本の安全のために代替基地が必要なのだと説明される。だがこれまで普天間ヘリコプターの活動は主としてベトナム、アフガニスタンでのアメリカの軍事的冒険を支えることに向けられている。日本の安全のためにそれが何をすることになっているのか。また台湾に対する中国の行動を抑制するためといわれる。だが順繰りに次には、これが中国の軍事力拡大のインセンティブになるという悪循環を生んでいるとしたらどうだろう。アメリカが地球上のこの地域に軍事的関心を持たなくなった後でも、中国は存在し続けると思われる。

 他にもまだまだ続く。メディアは与党民主党内部の意見の相違を取り上げ、特にいくつかの内政問題で閣僚間の全員一致が得られていないことについて問題視する。しかしどんな政権であれ。意見の相違はあって当然だ。それを解決するために議論を戦わせるのが民主主義の基本中の基本ではないか。私は以前オ-ストラリア政府内で働いたが、閣議室では何時間も議論を戦わせた後でギリギリの多数決で決着することもしばしばだった。ところが民主国家の日本で、まるで国家意思統一を誇るどうしようもない独裁国家のようにことが運ぶことが求められるとは。

また政府は、以前の理想主義的公約の一部を後退させたとしてその同じメディアから批判されている。だが政府がそうするのは、何よりも経済をさらに刺激する必要があり、その実現のために歳入を増やす必要をいま悟ったからである。その一方で、同じメディアが、経済に刺激をもたらしていないといって政府を批判する。また国家財政を改善するために必要な方策を見出せないでいると政府を批判している。

 日本という国はもっとまともなことをやるべきではないか。少なくとも最低限、ブラジルの小さな町の事件記者の自作自演劇よりましなものであってほしい。

(筆者は前オーストラリア外交官)