Monday, April 5, 2010

No fast-track education in Japan


It's back to school in Japan, and back to the perennial questions:

• How to find enough teachers able properly to handle English-language classes in primary schools? (Answer: nearly impossible.)

• How to improve foreign-language education generally? (Cut back on high school teaching and concentrate intensive advanced teaching on those who really want it — at university level.)

• How to motivate university students in a nation where employers ignore study results? (Sack weak teachers and make universities fail poor students.)

• How to improve the university entrance-exam system? (Provide provisional entry for students with below passing marks and let them continue if their first-year results are good, as my university does successfully.)

A key problem remains largely ignored — accelerated education for children with strong abilities in math and science. In the West it is taken for granted they should be allowed to enter university early; Oxford University once made waves by admitting a 12-year-old math genius. China and Taiwan both encourage early entry. Meanwhile, Japan continues to feel that no one under age 18 should be allowed to enter university.

In the early 1990s the former president of Chiba University, Kosaku Maruyama, managed to get grudging approval from the Education Ministry to experiment with early entry for bright 17-year-old math and science students. But the conditions were severe — special rules for selection, special care after entry, etc. etc. On one of his several selection committees I saw close up the waste of time and effort involved.

After a year of nationwide searching we had found only three candidates able to meet the ministry's fussy standards. Maruyama was forced to drop the scheme.

Soon after, on former Prime Minister Keizo Obuchi's year 2000 national people's congress on education reform, I was able to revive the idea. Other members quickly agreed. Former Education Minister Nobutaka Machimura, joined us to ask why 15-year-old entry should not be allowed. When Education Ministry bureaucrats present protested that early entry would be against the law, Machimura barked: "Well, change the law." A year later the law was changed, but only to allow 17-year-old entry.

Even so, very few universities have wanted to test the waters, partly because the ministry's strict conditions remain in force. Japanese children in their mid-to-early teens may be carving out reputations for themselves in international sports. But for Japan's education bureaucrats, early university entry is so fearsome that special care and attention remain mandatory.

What the bureaucrats really fear, I suspect, is that their carefully controlled high school education systems might be slightly disrupted if students could leave a year early to go on to university. They also share Japan's general bias against intellectual excellence and in favor of imposed egalitarianism. But whatever the reason, the damage caused by these barriers to fast-track education is enormous.

For example. the chance of early university entry would be the ideal study incentive for bright children frustrated with the slow pace of school education. It would also help the much-needed diversification of university education: Instead of wasting third year at high school cramming for entry to an elite university, bright kids in second year could aim to enter good regional universities, like Chiba.

Early entry would allow use of the gap year system now common in the West where students can spend their pre-university year traveling the world, doing volunteer work and generally discovering who they are and what they want to do in life. But most of all, accelerated science and math education would help Japan overcome its growing science and technology gap not just with the West but also with the rest of Asia.

American sources tell repeatedly of how bright Chinese, Koreans and Indians are flooding into their higher education and research units while young Japanese remain at home. Some well-known computer and pharmaceutical companies have moved their research operations from Japan to China.

In 2004 the Nihon Keizai Shimbun reported breathlessly about a Japanese student who had won a scholarship to the elite Massachusetts Institute of Technology for doctoral research in physics at the incredibly young (for Japan) age of 22. Explaining the feat, he said how lucky he was to have been able to enter university in Japan at 17.

Without that chance he would probably have gone on to Tokyo University and ended up as yet another useless elite bureaucrat, he had said.

As I read through that article I suddenly realized who he was — one of the three we had selected for Chiba University a few years earlier. Was anyone in that hide-bound Education Ministry interested? I doubt it.


日本にはないファースト・トラック教育

 いま日本は新学期、そして毎年おなじみの問題の登場である。

小学校で英語の授業をまともにこなせる教師をいかに確保するか。(答え:ほぼ不可能)

・ 外国語教育全般をどう改善するか。(答え:高校レベルの学習を減らし、本当にやりたい者を対象に大学レベルで集中的に先進的方法で教える)

雇用者が大学での成績を見ない国において、学生のモチベーションをいかにして高めるか。(答え:弱い教師を辞めさせ、怠ける学生を落第させる)

・ 大学入試制度をどう改革するか。(答え:私の大学で成功しているように、合格ライン下の学生に暫定入学を許し、一年間の成績がよければ、正規生として進級させる)

 さて、肝心な問題が未だ見過ごされたままだ。 数学や科学に秀でた生徒に対する加速教育である。欧米ではそのような生徒は早く大学に入ることができる; オックスフォード大学は12歳の数学の天才を入学させて評判になったことがある。中国や台湾でも早期入学を奨励している。一方日本は、18歳未満の生徒の入学は許可すべきでないというこだわりが支配的である。

 1990年代初め千葉大学学長(当時)丸山工作は、渋る文部省を説得して、試験的に、数学・科学に秀でた17歳の生徒の早期入学を認めさせた。とはいえ、課せられた条件は厳しいものだった 選抜に際し特別なルール、入学後の特別なケア、等々。丸山学長の下でのいくつかの選抜委員会の一つで、私はこの条件のためにいかに多くの時間とエネルギーが無駄にされたか、目の前で体験した。

 一年をかけて全国規模で調査を行った後で、ようやく見つけた、文部省の煩雑な基準を満たす生徒はわずかに3人。丸山学長はこの制度の廃止に追い込まれた。

 その後まもなく、2000年小渕首相(当時)による教育改革国民会議の席で私は、このアイディアを再登場させることができた。他の委員もすぐさまこの提案に賛成した。町村元文部大臣は15歳の生徒がなぜ大学に入ってはいけないのかというわれわれの疑問に同調した。出席の文部省官僚が、早期入学は法律に違反すると抗議したとき、町村は噛み付いた「それなら法律を変えよう」と。一年後に法律は変わった。だが、17歳が認められただけだった。

 それでも、文部省の実施条件が厳しいままだったことも理由のひとつで、これを試してみようとした大学は非常に少なかった。国際スポーツの分野では、十代半ばから十代はじめの日本の子供たちは自分の力で栄光への道を開拓しようとしているようだ。だが日本の教育官僚には、大学早期入学はまるで恐ろしいことのようで、特別の取扱いと目配りが強制される。

 私が思うに、官僚が本当に心配しているのは、高校生が一年早く卒業して大学に入れることになれば、自分たちが周到に管理してきた高校教育をいささか乱すことになるのが嫌なのではないか。また彼らは、日本にいまだに根強い、優秀な頭脳に対する偏見や平等主義を課したがる傾向を共有しているのではないか。理由は何であれ、このファースト・トラックに対する障害はとてつもない弊害をもたらしている。

 たとえば大学早期入学の機会があれば、学校教育のペースの遅さに苦しんでいる優秀な生徒にとって、理想的な学習モチベーションになる。それはまた、いま強く求められている大学教育の多様化にも貢献する: つまりエリート大学受験のための詰め込み勉強で3年間を無駄にする代わりに、優秀な2年生に地方のよい大学(たとえば千葉大学)を目指させることができる。

 早期入学は、いま欧米で人気のギャップ・イヤー制度を使えば、大学入学前の1年間を利用して、世界旅行やボランティア活動に参加したり、また広く自分自身を知り将来やりたいことを探すのを可能にする。だが何よりも、このファースト・トラック方式による加速的な数学・科学教育は、欧米だけでなくアジアの国々と比べても拡大している、日本の数学・科学の立ち遅れを取り戻すために役立つ。

 アメリカのメディアは、中国、韓国、インドの優秀な学生がアメリカの高等教育や研究になだれ込んでいると、くり返し報じている。一方日本の若者は、国内に留まっている。有名なコンピュータ会社や製薬会社が研究施設を日本から中国に移している。

 2004年日経新聞は、ある日本人学生が、(日本としては非常に若い)22歳で米エリート校マサチューセッツ工科大学の物理学博士課程へ奨学金を獲得したことを、驚きをもって報道した。その学生はその偉業について、日本で17歳で大学に入れたことが非常に幸運だった、と語った。

 そのチャンスがなければおそらく東大に入り平凡なエリート官僚になったかもしれない、と彼は語った。

 その記事を読み進んで私は突然、その学生が誰だか気がついた。その数年前、千葉大学への英才入学へわれわれが選んだ三人のうちの一人だった。あの超保守的な文科省の誰か、この話に注目しただろうか。答えはおそらくノーだろう。

(筆者は前秋田国際教養大学副学長、同大経営管理委員会メンバー)