Thursday, November 12, 2009
APEC remains toothless

The Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) grouping will hold its annual summit meeting in Singapore this weekend, with the leaders of its 21 member-nations expected to attend. But do we really need yet another high-level global talk-fest?
In July we had the Group of Eight annual summit meeting of leaders from the world's allegedly main industrial nations. In September we had the Pittsburgh summit meeting of G20 national leaders to talk about finance, and an Istanbul meeting of G7 finance ministers also to talk about finance. This coincided with the U.N. General Assembly opening, which also demanded the presence of national leaders.
Meanwhile, the various meetings based on the 10-member Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) also demanded the attendance of national leaders. Now we have APEC. When do these national leaders ever get down to the business of running their countries?
Worse, much of this activity has outdated Cold War origins. The G8 — originally the G-6 but then the G7 a year later when Canada was admitted in 1976 — owes its existence to rivalry between hawkish U.S. academic Zbigniew Brzezinski, with his Trilateral Commission of opinion leaders in Europe, North America and Japan, seeking in 1973 to counter what he saw as then U.S. Secretary of State Henry Kissinger's dangerously soft policies toward Moscow. This motivated Kissinger to organize his own group — the G7 of the six main Western governments and Japan — to show that he too could be anti-Moscow.
The Trilateral Commission has since faded somewhat. But the G7 survived, with Moscow also invited to join once it ceased to be an alleged menace. The G7 became G8, though finance minister meetings remain G7 and the G8 is being supplanted by the G20, which includes almost every nation with economic clout. But some now say the G20 is too big and a G4 — the United States, China, Japan and the European Union — should be the main focus. Either way, the G8 seems finally on the way out.
APEC had similarly confused Cold War origins. Maybe it too should be on the way out. Back in the '60s, Japan's leftwing used to argue that Japan had to look back to Asia, that the markets and resources of China and the Soviet Union were crucial to Japan's economic recovery. A right-leaning Japanese economist, Kiyoshi Kojima, argued that Japan should look east, to the Pacific Basin, and create a Pacific Free Trade Area (PAFTA) based on the U.S., Canada, Australia and New Zealand.
I was in Japan at the time, involved with Kojima, and the idea that the rich Anglo-Saxon nations of the Pacific would want to throw open their markets just to get Japan's Cold War friendship seemed quite unrealistic. But with the help of some other Australian university people Kojima was able to morph PAFTA into an academic discussion group called Pacific Free Trade and Development, together with the Pacific Basin Economic Cooperation Council — a forum for businessmen. Finally we had the quasi-official Pacific Economic Cooperation Council, where both the academics and the businessmen could come together for more discussions, this time with bureaucratic and political endorsement.
Meanwhile, Japan's Foreign Ministry, remembering that Japan was supposed to be part of Asia, was promoting the Asian and Pacific Council and various specialist groups that hopefully would see the noncommunist Asian nations brought together. But vagueness of purpose, and Asian suspicions of Japanese leadership ambitions, left them weak.
Eventually official Japan, with Kojima still at the helm, began to push for an Asia-Pacific grouping — APEC — which would pull all these efforts together. And to avoid those continued Asian suspicions, a very willing Canberra, which has since claimed full credit for APEC creation, was asked to be the official sponsor.
Kojima's fingerprints remained heavy. To retain his original Pacific Basin orientation, APEC has had to include selected Latin Americans — Mexico, Chile, Peru. It also tried for as long as possible to exclude communist Asia. But reality prevailed and we now have Russia (which never saw an Asian grouping it did not like), Beijing and even the once detested Hanoi included (originally APEC was supposed to provide international legitimacy to Saigon). But Taiwan stays included, as an irritant to Beijing.
APEC is sometimes described as an organization in search of a meaning. And rightly. Committees and subcommittees proliferate, but do little. Its summit meetings have become ever more pretentious, and toothless; even its members ignore its ritualistic calls for more free trade. It is a tribute to the ease with which bureaucrats and academics can feed endlessly from the inert bodies of international organizations that, once established, cannot be mercifully extinguished.
Even its networking merits are duplicated by the various moves for a more purely Asian grouping that began 40 years ago with the creation of ASEAN, later expanded to ASEAN plus three (China, Japan, South Korea) and now further expanded into an East Asia Summit to include India, Australia and New Zealand.
Meanwhile, we have had former Prime Minister Shinzo Abe's scheme for an anti-China grouping of Asian democracies that would include India, Australia and New Zealand, and have links to the North Atlantic Treaty Organization, or NATO (which never saw a military involvement it did not like). This has now been supplanted by Prime Minister Yukio Hatoyama's scheme for an East Asia Community centered on Japan, China and South Korea, and including possibly an insistent U.S. (which never saw an Asian grouping it did not want to dominate).
Meanwhile, some hawks in Japan want an Asia-Pacific grouping with teeth, to talk about something called "regional security" and centered on such former Cold War worthies as the U.S., Australia, South Korea and NATO. (Memo to Beijing: Do not even bother to apply for this one.) Finally we have Canberra's call for an ill-defined Asia-Pacific community to include everybody. Where will it all end?

APECは歯がないまま

 APEC(アジア太平洋経済協力)加盟国が今週末シンガポールで、年次首脳会議を持つ予定で、21加盟国の指導者たちが顔を合わせることになっている。ところで、このようなハイレベルのグローバルなおしゃべり大会が、また一つ、本当に必要なのだろうか。

 7月にはG8、いわゆる主要先進8ヵ国指導者の年次首脳会議があった。9月にはG20のピッツバーグ首脳会議があり、各国の指導者が金融財政問題について話し合い、また同じ9月イスタンブールのG7の金融財政担当大臣会議では金融財政問題を話しあった。これは国連総会開会式とも時期が重なり、ここにも各国の指導者が出席する必要があった。

 一方、ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟10ヵ国の関係する会合が数々あり、そこにも各国の指導者の出席が必要とされた。そして今APECである。一体いつ、各国首脳たちは自分の国の運営という仕事を腰をすえてやるのだろう。

 さらにまずいことに、こうした活動の多くは、今は時代遅れの、冷戦に起源を持つものだ。G もともとG6だったが1年後の1976年にカナダが加わりG7になったもの はその存在の起源はアメリカのタカ派的学者ズビグネフ・ブレジンスキーの、当時のアメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーへの対抗意識から生まれたもので、彼は1973年当時の米国務長官ヘンリー・キッシンジャーのモスクワに対する柔軟な政策に危機感を募らせ、ヨーロッパ、北米、日本のオピニオンリーダーからなる日米欧三極委員会を組織して対抗しようとしたのである。これに刺激されたキッシンジャーが、自分も反モスクワになれるという証明に、自分のグループG 西側主要6カ国に日本を加えたG を組織した。

 三極委員会はその後、何とはなしに影が薄れた。だがG7は生き残り、モスクワがいわゆる脅威でなくなった時点で参加を招待され、G7はG8となったが、金融財政担当大臣の会合はG7のままだった。そしてG8は、経済に影響力を持つほぼ全ての国を含めたG20にとって代わられようとしている。だがG20は大きすぎる、G アメリカ、中国、日本、そしてEC─ に絞るべきとの声が出ている。いずれにしろ、G8はようやく終盤を迎えたかに見える。

 APECも、同様に冷戦時代に根源を持ち混乱している。これも同じく、消えていくべきものかもしれない。1960年代当時、日本の左翼は、日本はアジアに目を向けるべきだ、中国やソ連の市場や資源は日本の経済回復に不可欠だといっていた。右寄りの経済学者小島清は、日本は東を見るべき、環太平洋に目を向けるべきだ、そしてアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド中心とした太平洋自由経済圏(PAFTA)をつくるべきだと唱えた。

 当時私は日本に居り、小島と関わりを持っており、太平洋の富めるアングロサクソン諸国が、単に冷戦構造の中で日本の友好を得るために市場を開放するという考えはひどく非現実的に思えた。だが小島は、他のオーストラリアの大学人らの賛同を得て、PAFTAを、環太平洋経済協力委員会 財界人フォーラム と合わせて、「太平洋自由貿易と開発」と呼ばれるアカデミックなディスカッショングループに変貌させることに成功した。そして最後に、半ば公的な太平洋経済協力委員会が設立され、今度は官僚と政治家の後押しの下に学者と財界人が集まってさらに議論する場が生まれた。

 一方日本外務省は、日本がアジアの一部でもあることに気付き、アジアの非共産主義諸国を結集する期待が持てそうな、アジア太平洋委員会(APC)などのさまざまなスペシャリスト・グループ作りに熱心になった。しかし、目的の曖昧さと、主導権を握ろうとす
る日本の野心に対しアジア諸国が警戒心を持ったため、それらは弱体化したままだった。

 やがて日本の当局は、依然として小島が取り仕切る中で、これらの努力を一本化して、アジア太平洋グループ化 APEC─ へ向けて集中し始めた。そしてアジア諸国から引き続き警戒の目で見られることを避けるために、非常に熱心だったキャンベラ(それ以後APECは自分のアイディアだと主張している)を公式のスポンサーに依頼した。

 小島の指紋はくっきりと残った。かれの最初の環太平洋という方向性を残すために、APECはいくつかのラテンアメリカの国々 メキシコ、チリ、ペルー を選んで受け入れなければならなかった。またAPECはできる限り長く共産圏アジアをを排除しようとした。だが現実は抗いがたく、今ではロシア(ロシアが参加したがらなかったアジアのグループ化は未だない)、北京、そして一時は嫌われていたハノイまで(もともとAPECはサイゴンに国際的正統性を与えるはずの組織だった)含められた。だが台湾は、中国の苛立ちにもかかわらず、ずっと居続けた。

 APECは時には、意味を模索している集団と表現される。それは正しい。委員会や下部委員会がはびこる中で、実績は少ない。APEC首脳会議はますます威張りくさったものになり、歯が抜かれたものになった; 加盟国自身でさえ自由貿易を推進しようというお題目的なスローガンを無視している。それは一旦出来上がってしまえば、かわいそうだから死なせてやろうという慈悲もないままに惰性で生き続ける諸々の国際機関の組織体から、官僚や学者がやすやすと、際限なく甘い汁を吸い続けていることの証しなのである。

 ネットワーク作りというAPECの利点さえも、40年前ASEAN創設とともに始まった、より純粋にアジアを集団化しようとするさまざまな動きと重複している。─ASEANは、後にASEAN+3国(中国、日本、韓国)そして今ではインド、オーストラリア、ニュージーランドまで加えて東アジアサミットのかたちに拡大された。

 また一方、安倍晋三元首相が目論んだ、インド、オーストラリア、ニュージーランドも含めNATO(北大西洋条約機構)(NATOの肯定しない軍事介入は未だない)にリンクさせた、アジアの反中国民主主義国家を組織する計画がある。この計画は今、鳩山由紀雄首相の東アジア共同体(日本、中国、韓国を基軸として、またおそらくは、参加に固執するアメリカ(アメリカが支配権を握ろうとしないアジアのグループ化は未だない)をも含めた計画が取って代わろうとしている。

 また一方、日本のタカ派の一部は、歯を持つアジア太平洋グループ化に意欲を燃やす。それは、前の冷戦時代の有力国、アメリカ、オーストラリア、韓国、そしてNATOを中心とする組織で、地域の安全という名の何物かを議論しようとする場である。(北京へのメモ: この組織に参加しようなどとはユメユメ考えるな) そして最後に、キャンベラが提唱している、アジア太平洋圏の全国家をまとめようという漠然とした呼びかけがある。これら一切合財、一体どこへ行き着くのか。

(筆者は国際教養大学副学長、前オーストラリア外交官)