Wednesday, Aug. 26, 2009

First ban the hawks, then the bomb


This year's Hiroshima atomic bombing anniversary saw more demands for the abolition of nuclear weapons. It is a worthy goal. But does it make sense? People genuinely keen to rid the world of nuclear weapons need first do something about the hawks and hardliners whose actions often make nuclear weapons inevitable. Japan would be a good place to start.

The coming 50th anniversary of the notorious U-2 incident should be reminder. The incident involved a U.S. spy plane that crashed deep in the Soviet Union on the eve of the May 1960 four-power talks that could well have seen an end to the Cold War. The Soviets claimed to have shot the plane down, though it flew well above the range of the best Soviet rockets. Others have a more sinister view — that the crash was triggered by a bomb planted in the plane's rear by CIA hawks determined to disrupt these four-power talks.

Either way, the CIA people who organized the flight must have known it would throw a spanner in the prolonged efforts by Soviet leader Nikita Khrushchev to reach detente with the West, and Japan. Khrushchev tried desperately to get a face-saving apology for the incident from then U.S. President Dwight Eisenhower. But that too was blocked, this time by the Washington hawks. As a result the Cold War was to roll on for another 30 years, forcing Moscow to cling to nuclear weapons for protection and China to develop its own weapons. The hawks and hardliners of both sides have been feeding off the confrontation ever since.

Ironically it is Japan that claims the strongest right to demand the abolition of nuclear weapons amid the most glaring examples of dangerously prolonged hawk-fueled confrontations. One is the Northern Territories dispute with Moscow over ownership of small islands at the southwestern end of the Kuril archipelago.

Khrushchev, in yet another detente-seeking move, had in 1955 promised Tokyo's negotiators the return of the two territories they long sought — the Habomai and Shikotan islets. Alarmed that this concession could weaken popular support in Japan for Tokyo's Cold War alliance with Washington, Tokyo conservatives and U.S. hawks colluded arbitrarily to expand Japan's demand to include two more islands — Kunashiri and Etorofu — even though Tokyo had in an October 1951 Diet statement admitted that those two islands were included in the Kuril Islands over which Japan had renounced all right, claim and title in the San Francisco Peace Treaty just four years earlier.

(The account of these extraordinary moves can be found in the little-known book, "Moscow ni Kakeru Niji" (Rainbow over Moscow), by chief Japanese negotiator Shunichi Matsumoto).

A similar volte-face occurred in the renewed 1956 negotiations on the issue, and for similar reasons. As a result Tokyo-Moscow relations have already remained log-jammed for more than 50 years, and another 50 years seems likely.

The current dispute with North Korea over nuclear and rocket development is yet another example. North Korea has long seemed willing to abandon nuclear ambitions if it can get the recognition and aid from the U.S. and its allies that would make nuclear arms unnecessary. In 1994, an agreement promising all this was finally reached with the Clinton regime, only to be promptly reneged upon by hawks and hardliners in the incoming Bush regime convinced that North Korea was on the point of collapse anyway. North Korea did not collapse, and went back to nuclear and rocket development.

For a while it seemed as if the six-party talks, with Japan and the U.S. included, would solve the problem. But at several stages, when agreement has seemed possible, U.S. hawks were able to delay or frustrate progress. Now it is Japan's turn with Tokyo using the abductee issue to impose sanctions and refuse promised oil deliveries. This, in turn, has encouraged North Korea to go back to nuclear and rocket development, which encourages more Japanese sanctions. This deadlock could go on forever.

The similarities with the U-2 affair are strong. Just as Khrushchev had laid the groundwork for the 1960s four-power conference by his 1959 Camp David talks with Eisenhower, Prime Minister Junichiro Koizumi with his dramatic visit to Pyongyang in 2002 laid the groundwork for a resolution of Japan-North Korea differences with a promise of aid and diplomatic recognition in exchange for freeze on rocket development and a return of five people abducted from Japan back in the '70s and '80s.

But even before the ink was dry on the agreement, Japan's hawks led by then deputy Cabinet secretary, Shinzo Abe, swept into action — breaking promises involved in the return of those five abductees, demanding the return of more alleged abductees and then undertaking what two Western scientific magazines have denounced as a fake DNA test to launch an emotional propaganda campaign claiming that one abductee, Megumi Yokota, said to have died was in fact alive and held forcefully in North Korea. This in turn set up the logjam in relations very similar to that in the Northern Territories dispute.

Each August Japan's shrinking group of progressive TV directors are allowed to air retrospectives on Japan's foolish march to war with China and eventual annihilation by the U.S. A constant theme is the ease with which the prewar hawks and militarists could through state power, propaganda and media manipulation mesmerize a nation into self-destruction. The few who would oppose were terrified into silence through the threat of arrests and imprisonment.

Has Japan changed since then? The few who have tried to find compromise solutions to the Northern Territories dispute have been attacked as traitors to the nation, discredited, forced into semi-exile and in some cases indicted on seemingly trivial charges.

Over North Korea, rightwing elements have organized bomb threats against moderates, and character assassination against critics. Tokyo maintains a special 35-person unit with a large budget to organize events and propaganda to keep the abductee issue alive (It does likewise with the Northern Territories issue).
The media and the commentators have been cowed or persuaded into silence. The one influential commentator to publicly throw doubts, Television Asahi's Soichiro Tahara, was soon sued for damages.

Tokyo now seems to want to use the North Korea issue to create an alleged military threat allowing it to push further for the militarization and even nuclear armaments that Japan's hawks and conservatives have long sought.

If the Hiroshima organizers really want to abolish nuclear weapons they should start at home by exposing and criticizing the hawks and hardliners in their midst. Ban the hawks, not the bomb, should be the slogan. Determined efforts are needed to stop those hawks from doing even more damage.

まずタカ派禁止、そのあとで原爆禁止

 今年の広島原爆記念日には核廃絶の要求がいっそうの盛り上がりを見せた。それは立派な目標だ。だがそれははたして意味があるだろうか。世界から核兵器を本当になくしたいと考えるなら、まず、核兵器の存在を避けられないものにするような行動をよくとるタカ派や強硬派を何とかするべきだ。日本はそれを始めるにはよい場所だ。

 まもなく50周年を迎えるあの悪名高いU2型機事件がそれをよく物語っている。あの事件は19605月、冷戦終結をもたらす可能性の強かった4ヵ国会談の前夜に、アメリカのスパイ機がソ連領内深く進入し墜落した事件。同機はソ連の最高性能ロケットの射程をはるかに越える上空を飛んでいたにもかかわらず、ソ連はその飛行機を撃墜したと主張した。また別なさらに不吉な見解はいう 4ヵ国会談を破綻させる腹を決めていたCIAタカ派によって、同機の後部に爆弾が仕掛けられそれが引き金となって墜落したというもの。

 いずれにせよ、この飛行を仕組んだCIAの連中は、これが西側と日本とのデタント実現を目指していたソ連首相ニキタ・フルシチョフの息の長い努力を妨害することになると知っていた。フルシチョフは面目を保つために、当時のアメリカ大統領ドワイト・アイゼンハワーから事件への謝罪を取りつけようと必死に努力した。だがこの努力もブロックされ(この場合は、ワシントンのタカ派によって)、その結果、冷戦はこの先さらに30年間も続くことになり、ソ連は自衛のため核兵器にこだわり、中国は自力で核兵器を開発するに至る。それ以来、両陣営のタカ派・強硬派はお互いにその対立から甘い汁を吸い続けた。

 皮肉なことに、危機的に長引くタカ派扇動による対決の最も生々しい例のただ中にあった日本が、核廃絶を求めるいちばん強い権利を持っているのはわれわれだ、と主張していたのである。その一つがクリール群島の南西の端にある小さな島々の所有を巡るモスクワとの北方領土紛争である。

 フルシチョフは、もう一つのデタントを求める行動として、1955年東京との交渉相手に、彼等が長く求めていた二つの領島ハボマイ、シコタン の返還を約束したのである。この譲歩が、ワシントンとの冷戦同盟関係に対する日本国民の支持を弱めることを恐れた日本の保守派とアメリカのタカ派は、急きょ日本の要求を拡大して他の2 クナシリ、エトロフ (この2島は、ほんの4年前のサンフランシスコ平和条約で日本がすべての権利、権限、請求権を放棄したクリール諸島に含まれていることを、195110月の国会答弁で確認したばかりなのだが)を加えることを企んだ。(この異常な豹変については、日本の交渉団長松本俊一の「モスクワにかける虹」というあまり知られていない著書に詳細が述べられている。

 これと同じような豹変は、この問題をめぐる1956年の再交渉でも見られる。そして、その理由も同じようである。その結果、東京モスクワ関係は、もうすでに50年間暗礁に乗り上げたままで、さらにもう50年続きそうな気配である。

 北朝鮮との核とロケット開発をめぐる目下の紛争も、もう一つの例だ。北朝鮮は、アメリカとそのグループからの承認と援助が得られれば、核が不必要になるため、核の野心を放棄する意志があることは、ずっと以前から見えていた。こうしたことすべてを約束した協定がついに結ばれる合意が1994年クリントン政権との間に成立したが、どっちみち北朝鮮は崩壊寸前だと決め込んでいた次のブッシュ政権のタカ派・強硬派によって、この合意はすぐさま葬り去られた。北朝鮮は崩壊することなく、核とロケット開発を復活させた。

 日本やアメリカを含む6ヵ国協議で、一時期この問題が解決できるかに見えたときがあった。合意が得られそうになったいくつかの段階で、アメリカのタカ派は交渉の進展を遅らせあるいは妨害することに成功した。いま現在は東京の番で、拉致問題を利用して、制裁を課し約束した石油配給を拒否している。このことが今度は、北朝鮮が核とロケットの開発に戻るのを後押しすることになり、さらにこれが、日本の制裁強化に拍車をかける。このデッドロックは際限なく続くかのようだ。

 これとU2型機事件との類似性は大きい。フルシチョフが1959年アイゼンハワーとキャンプデービッド会談で、60年代の4ヵ国会談の下地作りをしたように、小泉純一郎首相は、2002年に劇的な平壌訪問によって、ロケット開発の凍結と70年代80年代に日本から拉致された人々5人を帰国させることと交換に、北朝鮮に援助と外交的承認を与える約束によって、日本と北朝鮮間の不和解決のための下地を作ったのである。

 ところが、協定のインクもまだ乾かぬうちに、当時の内閣官房長官安倍晋三に率いられた日本のタカ派は即座に行動を起した。これら5人の被拉致者の帰国をめぐる約束を反古にし、さらに多くいるという被拉致者の帰国を要求、さらには欧米の科学雑誌2誌が怪しいと疑問を呈したDNA鑑定を実施、死亡したとされた横田めぐみという被拉致者は実際は健在で北朝鮮に強制抑留されていると主張し、感情的なプロパガンダ・キャンペーンに乗り出した。これが次には、北方領土紛争の場合と非常によく似た膠着状態を作り上げた。

 毎年8月には、日本で数少なくなりつつある進歩的なテレビ司会者たちが登板を許され、日本の愚かな対中国戦争への突入、そしてその後のアメリカによる壊滅について懐古する機会が与えられる。そこで毎回登場するテーマは戦前のタカ派や軍国主義者が国家権力、プロパガンダ、メディア操作を通していかにたやすく全国民に催眠術をかけ自己破壊へ追いやったかということだ。これに反対した少数派は逮捕、投獄という脅しに屈服、沈黙させられた。

 あの時以来、日本は変わったろうか。北方領土紛争に関しては、譲歩的な解決を提案しようとする少数派は国家への反逆者だと攻撃され、信用を傷つけられ、半亡命に近い立場に追い込まれ、場合によっては一見して些細な罪に対して起訴された。
 北朝鮮に関しては、右派的グループは穏健派に対して爆弾を仕掛けると脅し、批判的な人物に対しては人格暗殺を手がけてきた。東京は35人からなる特別班を設け、拉致問題の記憶を喚起するために大きな予算を使ってイベントやプロパガンダを実施している。(北方領土問題についても同じだ)。

 メディアやコメンテーターは沈黙するように懐柔あるいは説得される。公の場で疑問を投げかけた一人の影響力のあるコメンテーターテレビ朝日の田原総一郎は、すぐさま損害賠償で訴えられた。

 いま東京は、北朝鮮問題を利用していわゆる軍事的脅威を作り出し、日本のタカ派や保守派が長く待ち望んでいる軍事化さらには核武装まで、一気に進めようとしている。

 広島の主催者たちが心底、核廃絶を欲するなら、自国のタカ派・強硬派からはじめることが必要だ。原爆ではなく、タカ派禁止をスローガンにすべきなのだ。これらタカ派がよりいっそうの害を拡げるのを止めるには、断固たる努力が必要だ。