Tuesday, October 20, 2009
Western media stoking conflict

A little more than a year ago, Russia and Georgia were at war over Georgia's small autonomous republic of South Ossetia. We now have two authoritative reports — one from late 2008 by the Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE) and the other just released by the European Union — which agree that the war was launched by Georgia, not Russia. Georgian troops suddenly attacked Tskhinvali, the South Ossetian capital, on the night of Aug. 7-8, 2008, and Russia then retaliated with force.

Yet at the time of the conflict, U.S. and British officials and media were almost unanimous in condemning Moscow. According to U.S. Vice President Dick Cheney, "Russian aggression must not go unanswered."

The Washington Post called on the United States and NATO to "impose a price on Russia." In the same paper, the politically connected American commentator Robert Kagan said Russia's actions in Georgia resembled the Nazi invasion of Czechoslovakia in 1938.

British Foreign Secretary David Miliband, writing later in the London Times, compared it to the Russian invasion of Czechoslovakia in 1968.
Both the London Times and the Financial Times were scathing in their editorials.

True, both the EU and OSCE note long-festering problems in South Ossetia. Moscow had done little to discourage the pro-Russian Ossetian majority there from seeking independence from Georgia and the resulting frictions with the Georgian minority. But both reports also confirm the one-sidedness and viciousness of the eventual Georgian attack.

According to the senior OSCE representative in Georgia, when the war broke out, "it was clear to me that the [Georgian] attack was completely indiscriminate and disproportionate to any, if indeed there had been any, provocation." Some see the subsequent Russian attack into Georgia as excessive. But was the 1991 U.S. attack into Iraq to punish Baghdad for its attack on Kuwait and to weaken its capacity for further attacks excessive?

The rush to anti-Russian judgment in the South Ossetia affair was dangerous. The Russians themselves knew what happened — a number of their officials had been killed outright the night of the Tskhinvali attack. Does anyone gain from these seemingly deliberate distortions of events?

Sadly, this kind of question is usually the last to be asked in this kind of situation. It is assumed automatically that our side is in the right and theirs is wrong, that our hearts are pure and theirs much more dubious.

I first saw these conflict-creating distortions at work, back in October 1962, when I was China desk officer in Canberra. Indian forces had launched a border attack into the Thagla Ridge of China — an incident that closely resembled the South Ossetia affair. I had the maps and on-the-spot information that made it clear India was at fault.

None of this made any impression on the powers that be. They had decided that China's subsequent and forceful retaliation against India was unprovoked aggression, and that was that. The media and other opinion-making agencies went along with them. Severe damage was done to any attempt at an intelligent policy toward Beijing.

As Henry Kissinger later admitted, the image of inherent Chinese aggressiveness created by this distortion did much to influence the U.S. decision to intervene with force in Vietnam. Today, more than 40 years later, that image still bedevils Sino-Indian relations.

In 1964 we were told that North Vietnam had threatened U.S. warships in the Tonkin Gulf, when in fact it was the other way round. That fiction would allow further Vietnam intervention.

Then came the 1989 Tiananmen affair with Beijing accused of massacre when in fact the fighting, and the killing,
began when anti-regime citizens attacked initially unarmed troops sent to end students' long occupation of Beijing's central square.
For much of the 1990s we had the obviously concocted claims about the Iraq of Saddam Hussein harboring weapons of mass destruction. American and British media in general went along with the fiction. We now see the dreadful results.

In Kosovo the ethnic cleansing of Serbs and other minorities by ethnic Albanians was turned 180 degrees to become Serbian ethnic cleansing of ethnic Albanians. That distortion would allow NATO to bomb Serbia, the U.S. to gain yet another military base overseas, and the ethnic Albanians to complete their cruel expulsions of Kosovo minority peoples.

We are seeing more of the same over Iran. The nations that today demand that Iran turn into our kind of democracy are exactly the same as those that intervened back in 1953 to prevent Iran from turning into our kind of democracy. Iran has been struggling with the consequences ever since. Iran, unlike Egypt or many other U.S. friends in the Middle East, at least holds elections.

American media indignation over the tragic Darfur refugee situation led to the Sudanese government being accused of war crimes, even though the problems there were created by a genuine civil war situation.

In Somalia we have a far worse refugee situation. For more than a decade, that nation has been thrown into chaos, mainly by the U.S. as it supported warlords, semi-puppet governments and a brutal foreign intervention to suppress any forces seen as anti-U.S. or pro-Islamist. Refugee children are said to be dying in the thousands. Do we hear any talk of war crimes there?

How many more people must suffer before our media and officials begin to do their homework and discover the need for impartiality in foreign affairs?

西側メディアは紛争の火を煽る

 一年少し前、ロシアとグルジアは、グルジアの小さな自治共和国南オセチアをめぐり戦争状態にあった。今われわれの手元に、二つの権威ある報告書 一つは2008年末のヨーロッパ安全協力機構(OSCE)によるもの、もう一つはつい最近のヨーロッパ連合(EU)によるもの があり、両報告とも、この戦争はグルジアが始めたもので、ロシアではないことで一致している。2008年4月7/8日の夜グルジア部隊が、南オセチアの首都ツヒンバリを突然攻撃し、それに対してロシアが武力報復したものだ。

 だが、紛争当時は、アメリカ・イギリス当局者とメディアは、ほぼ異口同音にモスクワを糾弾していた。アメリカ副大統領ディック・チェニ-は、ロシアの暴挙には報復せざるを得ないといった。

 ワシントンポスト紙は、アメリカとNATOは、ロシアに代価を払わせろと唱えた。また同紙上で、政治的関わりをもつ米コメンテーター、ロバート・ケイガンは、グルジアにおけるロシアの行動は1938年のナチスのチェコスロバキア侵攻に似ていると語った。

デビッド・ミリバンド英外相は後にロンドン・タイムズ紙に寄稿し、これを1968年のロシアによるチェコスロバキア侵攻になぞらえた。

ロンドン・タイムズ紙もフィナンシャル・タイムズ紙も、ともに強硬な社説を載せた。

さて、EUOSCEも、たしかに両機関とも南オセチアで長いことくすぶっていた問題があったことに言及している。その地の大多数を占める親ロシア的オセチア人がグルジアからの独立を求めていること、その結果少数派グルジア人との間に摩擦を起していることに対し、モスクワはそれを押さえるような行動はあまりとって来なかった。だが両報告書はまた、その後のグルジアによる攻撃が一方的で、容赦ないものだったことを確認している。

グルジア駐在のOSCE代表部の代表者によると、戦争が勃発したときグルジアによる攻撃が完全に無差別で、もし仮に相手からの挑発があったとしても、どんな挑発であれ過剰に破壊的な攻撃だったことは私には明らかだという。そのあとのロシアのグルジア攻撃が行き過ぎだったとの声がある。だが1991年アメリカがイラクに対して行った攻撃、バグダードのクエート攻撃に罰を与えさらに次の攻撃への能力を殺ぐために行った攻撃は、行き過ぎだったか。

南オセチア問題で、性急に反ロシア的判定に走ったことは、危険だった。何が起きたかは、ロシア人自身が知っている 彼らの高官数名が、ツヒンバリ攻撃の夜、いきなり殺害されたのだ。このような作為的とも見られる事実歪曲から利益を得るのはいったい誰か。

残念ながら、この種の状況の中で、このような問いが発せられることは極めて稀だ。われわれの側が正しく相手側がまちがっている、われわれの心は純粋で相手方の心根は大いに疑わしい、という前提が自動的に立てられてしまう。

私がこのような紛争作り出しの歪曲を実際に体験したのは、196210月キャンベラの中国担当デスクにいたときだ。インド軍が中国のタグラ連峰に侵入し国境攻撃を開始した。 南オセチア問題とよく似た出来事だった。私はインドに責任があることを明示した地図と現地報告を入手していた。

ところが、上層部はこれを見ても何の反応も示さなかった。彼らはこれに続いた中国側によるインド側へのやむを得ない反撃について、これは中国が挑発なしに始めた攻撃だと頭から決め込んだ。議論の余地なし。メディアや世論作りに関わる機関がこれに同調した。北京に対し理性ある政策を取ろうとする試みはすべて、ひどい攻撃を受けた。

後にヘンリー・キッシンジャーが認めているように、この歪曲によって生まれた中国は本質的に好戦的というイメージが、アメリカのベトナム戦争介入の決断に大きな影響を与えた。40年以上たった今でも、そのイメージによって中印関係は大きなダメージを受けている。

1964
年には北ベトナムがトンキン湾でアメリカ軍艦を威嚇しているといわれたが、実際は逆だった。この虚構が、ベトナム介入をさらに深める原因となった。
次は1989年の天安門事件で、北京は虐殺を非難されたが、実際は、長期にわたる学生たちの北京中央広場占拠を終わらせるために送り込まれた、最初は非武装の部隊を、反体制派市民が攻撃したときに、乱闘と殺害が始まったのである。

また1990年代の大半にわたり、サダム・フセインのイラクが大量破壊兵器を隠し持っているという、明らかに捏造された主張がまかり通っていた。アメリカとイギリスのメディアは総じてこのフィクションに同調。その恐るべき結果は今われわれの見るところだ。

コソボにおけるアルバニア系住民によるセルビア人ほかの少数民族の民族浄化が180度反転して、セルビア人によるアルバニア系住民の民族浄化とされてしまった。この歪曲のおかげで、NATOによるセルビア爆撃が起こり、アメリカがまた一つ海外軍事基地をふやすことが可能になり、アルバニア系住民がコソボ少数民族の残酷な国外追放をやりおおせたのだ。

イランをめぐっても、同じことがくり返されている。今日、イランに対しわれわれ方式の民主主義を採用せよと迫っている国々は、まさに、1953年に遡れば、イランをわれわれ方式の民主主義にさせないために介入した張本人だ。それ以来イランは、その後遺症と苦闘している。イランはエジプト他多くの中東のアメリカの友人たちとちがい、少なくとも選挙を実施している。

ダルフール難民の悲惨な状況について怒る米メディアの力で、スーダン政府が戦争犯罪の追及を受けているが、実際はそこでの問題は純粋に内戦状態から生まれたものである。

ソマリアでは、これよりはるかにひどい難民状況がある。もう10年以上、主にアメリカによって、この国はカオス状態に落された。反米・親イスラムとみなされたすべての勢力を、軍部の半傀儡政権と外国の介入が抑圧するのを、アメリカが中心となり支援したためである。難民の子供は数千人規模で死んでいるといわれる。そのソマリアに関して少しでも戦争犯罪の話が出されただろうか。

われわれのメディアや当局が、やるべき宿題を確実にやり、外交問題における公平の必要を認識するまでに、一体どれほどの多くの人々が苦しまなければならないのか。

(
筆者は元オーストラリア外交官。長く中国、日本、ロシア問題に関わってきた。)