Tuesday, May 12, 2009

Northern Territories dispute lives on self-righteous deadlock


Visits to Japan by Soviet and Russian leaders over the years have done little to break the Northern Territories deadlock — Moscow's refusal of Tokyo's demand for two large islands at the southern end of the Kuril Island chain occupied by Soviet troops in 1945, as a condition for a peace treaty with Moscow.

Is the visit this week by Russian Prime Minister Vladimir Putin likely to change things?

The problem goes back to the San Francisco Peace Treaty between Japan and most of its World War II enemies signed in 1951. Article 2 (c) of the treaty states unequivocally that in addition to the southern half of Sakhalin, Japan also renounced all right, claim and title to something called the "Kurile Islands."

At the time it was well known that the Japanese prime minister, Shigeru Yoshida, was unhappy about having to sign away the Kurils — especially the southern portion, which historically had long been under Japanese control. He had done so under strong U.S. pressure, with the chief U.S. delegate, John Foster Dulles, going no further than to admit that there could be some dispute over legal ownership of a small group of rocky islands called the Habomais at the very southern end of the Kurils and which together with another small island nearby, Shikotan, had traditionally been part of Hokkaido. It was taken for granted that the main southern Kuril islands of Etorofu and Kunashiri were included in the Kurils that Japan had to renounce.

But today, Tokyo insists that the "Kurile Islands" it renounced in 1951 never included these four southern Kuril islands or island groups, now called the Northern Territories. This, despite the fact that the media, Yoshida's memoirs and published maps at the time all confirm the loss of this territory. Even more convincing is the fact that on Oct. 19, 1951, the then head of the Foreign Ministry's Treaties Bureau, Kumao Nishimura, in response to a Diet question directed at Yoshida, admitted on the record that Etorofu and Kunashiri were included in the Kurils that Japan had renounced earlier that year.

On the face of things the case was closed and dismissed. But Tokyo today is so certain of its claim that it refuses not only a peace treaty with Moscow but also a range of business and other contacts with its northern neighbor, some of which would do much to revive the weak Hokkaido economy. As for the Nishimura statement, various Japanese authorities later claimed it was a "mistake," or "made only for domestic purposes," and, in any case, withdrawn 10 years later.

The confusion does not end there. In 1955 Tokyo began negotiations with Moscow for the return of the Habomais and Shikotan. As a conciliatory gesture, Moscow agreed, provided Japan dropped military alliances aimed at the USSR. But rather than accept this concession, Tokyo hardliners immediately upped the demand to include Etorofu and Kunashiri. Moscow was not impressed.

To break the deadlock Tokyo then sent Foreign Minister Mamoru Shigemitsu to Moscow to negotiate the long-delayed peace treaty. Shigemitsu came to realize the weakness of Japan's four territories demand and backtracked to the original two territories demand (Shikotan and the Habomais), only to be told by Dulles, who in 1951 had forced Yoshida to renounce Japan's claim to all the Kurils, including the southern Kurils, that the United States might not have to return Okinawa to Japan if Tokyo dropped its claim to Etorofu and Kunashiri. That, plus the nationalist reaction in Tokyo when news of the shift back to the two territories demand was leaked, forced Shigemitsu to backtrack once again. Moscow again refused the four territories demand. The only result was the 1956 Declaration in which Moscow renewed its promise to return the Habomais and Shikotan once a peace treaty was signed.

Tokyo has since consistently refused a peace treaty, claiming it has to have all four territories. Even compromise suggestions over the years that Japan should accept the two territories promised in 1956 in exchange for a promise to continue negotiations on the other two — Etorofu and Kunashiri — are rejected, mainly by the Foreign Ministry's anti-Moscow hardliners.

The most recent effort at compromise came during the prime ministership of Yoshiro Mori (2000-2001). A small group keen to see better relations with Moscow came up with what they called the "two island plus alpha solution" (alpha was never clearly defined). This was an agreement for joint development of the other two territories, return of part of those territories (the so-called 3.5 solution — three territories plus half of the largest territory) and recognition of residual Japanese sovereignty. For a while there seemed a real chance of a positive response from the Russian side, with some help from the flexible, Japan-sympathetic Russian ambassador in Tokyo at the time, Alexander Panov.

But when Junichiro Koizumi replaced Mori in 2001, the Foreign Ministry and other hardliners struck back. The "Russian school" in the Foreign Ministry was purged. A Foreign Ministry Russian expert, Masaru Sato and the activist Hokkaido politician, Muneo Suzuki, were arrested on rather flimsy corruption charges. Their mentor in pushing the two island plus alpha solution, senior Foreign Ministry official Kazuhiko Togo, describes vividly in his recent book how he felt he had to go into semi-exile abroad to escape arrest (he has since returned to Japan, without arrest). At the time, as a member of the Koizumi-appointed Foreign Minister Makiko Tanaka's private advisory group, I too could feel strongly the sudden shift in attitudes, with the normally moderate Tanaka accepting unquestioningly the views of the hardliners.

The situation today seems little changed. Koizumi has since hinted that some compromise is possible, but the hardliners seem to remain entrenched. Any hint of any move that might in any way suggest that Japan accepts even remotely Moscow's control over the disputed territory is rejected. One hardliner connected with the Foreign Ministry-supported Japan Forum on International Relations even managed to criticize Prime Minister Taro Aso's recent visit to Sakhalin to welcome the first delivery of badly needed Sakhalin natural gas to Japan. He wrote that it damaged Japan's territorial claims.

On the Russian side the current attitude seems to be one of total resignation. Putin has confirmed Moscow's 1956 declaration, but some say that any further concession, including even the plus-alpha solution, would soon see Japanese nationalists demanding the return of all the Kurils and maybe even southern Sakhalin as well.

Only Japan's Communist Party seems to realize the logical solution, which is to go back to San Francisco and Yoshida's being forced by the U.S. to agree to renunciation. On this basis Japan should make a formal claim to all the Kurils. Sadly, the Foreign Ministry refuses to this day to release the documents that would back up this position, since this would undercut its dubious claim that Japan never renounced those Northern Territories. It would also have to blame Washington and not just Moscow for the loss of the territory.

Even less does Japan seem to be interested in the all-important question of why the notoriously anticommunist John Foster Dulles, at the height of the 1950-53 Korean War, wanted to force Japan to accept Soviet occupation of territory over at least part of which Japan had a reasonable historical claim?

Several explanations are possible. One is that the U.S. did not want to renege on its February 1945 Yalta promise to let Moscow have the Kurils in exchange for a Soviet promise to attack Japan in Manchuria. Such a reneging might have jeopardized Moscow's Yalta promises elsewhere. There are even hints that, at Yalta, Moscow was also promised occupation of northern Hokkaido and was only deflected by a U.S. request to send occupation troops to the Kurils instead (Soviet troop carriers were only two days from Rumoi port in northern Hokkaido when the request was made).

Another says that Dulles was responding to pressure from a then virulently anti-Japan Canberra fearful that any ambiguity over territorial renunciations would provide an excuse for revived Japanese militarism.

A further and very convincing explanation comes from a U.S.-based Japanese researcher who has discovered that in exchange for a Soviet promise not to impose a U.N. Security Council veto of permission for the U.S. military use of Guam*, the U.S. would guarantee its Yalta promise to have Japan renounce all the Kuril Islands. *Correction: For Guam read Micronesia.

If true, and there is every reason to believe it is, the U.S. in one blow managed (a) to gain the Guam bases it needed to maintain its military presence in the western Pacific, and (b) to guarantee more than half a century of Japanese hostility to Moscow and hence continued permission for bases in Japan. Even Machiavelli would have been proud of that deal.

The prolonged affair provides two insights into Japan's rather unusual negotiation style. One, noted also by Togo in his book, is Japan's propensity in negotiations to use any concession by the other side as the basis for further demands, as we saw in 1955.

We have seen the same thing in the North Korean abductee negotiations, with Tokyo using North Korea's surprising 2002 concession to return abductees on conditions as the basis for ignoring those conditions and making demands for more abductees.

The other insight, also seen in other territorial disputes and in the North Korean abductee question, is the seeming belief that in any deadlocked dispute the mere fact of deadlock proves Japan's position is correct and that gritty determination and pressure will somehow force the other side to realize the error of its ways.

Continued negotiation to remove the deadlock is refused, seemingly on the basis that any negotiation, per se, admits there might be some flaw in the Japanese position. It is a strange way to run a foreign policy.

Discuss this article
北方領土紛争は独りよがりのデッドロックへ

 ここ何年ものソ連・ロシア指導者の訪日でも、北方領土のデッドロックを打開できていない デッドロック、つまり195年にソ連軍に占領された千島列島南端の二つの大きな島に対する東京の要求(モスクワとの平和条約を交換条件とした)を、モスクワは拒否している。

問題は1951年、日本と第二次大戦の日本の敵国の大半との間に調印されたサンフランシスコ平和条約に遡る。条約の第二条(c)項に、疑いようもなく、サハリンの南半分に加えて、日本はクリール・アイランズ(クリール諸島)と呼ばれるものすべてに対する権利、権限、請求権を放棄する、と書いてある。

 当時日本の吉田茂首相がクリール諸島を手放すことに とくに歴史的に長く日本の支配下にあった南の部分について 難色を示したことはよく知られている。吉田は、ジョン・フォスター・ダレスを米主席代表とするアメリカの強い圧力の下で、そうせざるを得なかった。ダレスはその時、クリール諸島の最南端にあるハボマイと呼ばれる一群の小さな岩の島 その近くのもう一つの小島シコタンとともに歴史的に北海道の一部だった島 の法律上の所有について疑問の余地があるかもしれないと認めたのみ。クリール諸島南部の主要な島であるエトロフ、クナシリが、日本が放棄したクリール諸島に含まれることは当然の前提だった。

 だがいま、東京は1951年に日本が放棄したクリール諸島には現在北方領土と呼んでいる南部の4つのクリール諸島あるいは群島は含まれていないと主張する。これは、当時のメディア、吉田のメモワール、刊行された地図すべてがこの領土が失われたことを確認しているという事実にも関わらず、である。さらに説得力があるのは、19511019日の国会で、当時の外務省条約局長の西村熊雄が、吉田に向けられた質問に対する答弁で、日本がその年の初めに放棄したクリールズ(クリール諸島)の中にエトロフ、クナシリが含まれていると公式に認めていることだ。

 通常なら、このケースはそれで終わり、片がついたことであった。ところが今日、東京は自分の要求に絶対の確信を持ち、その結果、モスクワとの平和条約ばかりか、この北の隣人との一連のビジネスや他のコンタクト その中には弱った北海道の経済を活性化させるのに大きな力を持つものも含まれる までも拒否している。

 西村答弁については、後になって、日本の各界のオーソリティーが、あれはまちがいだったとか、国内向けだけの発言だったとかで、いずれにしろ10年後には取り下げられた、と主張する。

 この混乱はそれで終わらなかった。1955年東京はハボマイ諸島とシコタンの返還をめぐってモスクワと交渉を始めた。モスクワは歩み寄りの姿勢を示すために、日本がソ連を標的にした軍事同盟を中止するならこれに同意するといった。ところが東京の強硬派は、その妥協案に同意するどころか、即座に自分の要求にエトロフ、クナシリを含めることにグレードアップ。モスクワはこれを評価しなかった。

 このデッドロックを打開するために東京は、重光葵外務大臣をモスクワに派遣、長引く平和条約交渉に当たらせた。重光は日本の4島要求の弱点を理解するに至り、最初の2島要求(シコタンとハボマイ)へ立ち戻った。ところがすぐ、ダレスから、1951年には南クリール諸島をふくめ日本の全クリール諸島に対する要求を放棄させたそのダレスから、東京がエトロフ、クナシリ要求を取り下げるならば、アメリカは沖縄を日本に返すいわれもなくなろうと宣告された。このことと、2島返還へ軸足を戻すというニュースが漏れての日本国内のナショナリストたちの反発があいまって、重光は再度の後戻りを余儀なくされた。モスクワは再び4島要求を拒否。この時の唯一の結果は、平和条約が調印された時ハボマイ諸島とシコタンを返すという約束をモスクワが確認した1956年宣言だった。

 以後東京は、4島すべてでなければならないとして、平和条約を拒否している。ここ数年間の妥協的提案(日本は1956年に約束されている2島を、他の2島 エトロフ、クナシリ の交渉を引き続き行うという条件で、受け入れた方がよいとする)でさえ、主として外務省の反モスクワ強硬派によって拒否されている。いちばん最近の歩み寄りの努力は、森嘉朗政権(20002001年)の時だった。モスクワとの関係改善に熱心な小グループが考案した、彼らのいう“2島+アルファ方式(アルファのはっきりした定義はまだないが)の提案である。これは他の二つの領土(エトロフ、クナシリ)の共同開発、これらの領土の一部の返還(いわゆる3.5解決 3領土と最大領土の半分)、2島に対する日本の潜在的な主権の確認、の3点を盛り込んだ提案である。

一時期、柔軟な親日的な当時の駐日ロシア大使アレクサンダー・パナフの後押しも得て、ロシア側から前向きな反応が見え、真のチャンスが到来したかと思われた。

 だが2001年、森に代わって小泉純一郎が首相に就任した時、外務省その他の強硬派が巻き返しに出た。外務省内のロシア・スクールは追放された。外務省のロシアエキスパート佐藤優と北海道の政治活動家鈴木宗男が、些細と思えるような収賄の容疑で逮捕された。2島+アルファ方式で彼らの助言者だった外務省高官東郷和彦は、最近の著書の中で、逮捕を逃れるため半ば亡命的な形で外国へ出るしかないと感じた顛末をリアルに描いている(その後彼は逮捕されることなく日本に戻っている)。私は当時、小泉が任命した外務大臣田中真紀子の私的諮問委員会のメンバーとして、通常は穏健派の田中が強硬派の路線を文句なしに受け入れたことで、全体の急な変化を強く感じたものだ。

 今日状況はほとんど変わっていない。その後小泉は何らかの妥協は可能だと示唆したけれども、強硬派は依然として強固に居座っているようだ。いかなる方法であろうと、紛争該当地に関してたとえわずかでもモスクワが支配を及ぼすことを日本がいささかなりとも受け入れることを示唆するようなどんなわずかな動きの兆しがあっても、却下である。外務省が支援する日本国際フォーラムと関係ある強硬派の一人は、日本が緊急に必要としているサハリンの天然ガスの日本への初輸送を祝うための麻生太郎首相の最近のサハリン訪問をさえ槍玉に挙げる始末。これは日本の領土要求にとってマイナス効果だ、と彼は書いている。

 ロシア側に関しては、目下の姿勢は完全な諦めだ。プーチンはモスクワの1956年宣言を確認している。しかし、今後どのような妥協をしても(+アルファ方式を含め)日本のナショナリストがすぐまた全クリール諸島の返還を要求してくる、またさらに南サハリンまで要求してくるのが落ちだろうとの声がある。

 日本で共産党のみが、合理的な解決を自覚しているようだ。 つまりサンフランシスコの時点、吉田がアメリカの強要で放棄した時点に立ち返ること。この基盤に立って、日本は全クリール諸島の公式要求を出せばよい。悲しいかな、外務省は今日まで、この立場をバックアップするような文書を公開することを拒んでいる、それをやれば、日本は一度もこれらの北方領土を手放したことはないとする彼らの怪しげな主張のほころびが見えるから。そしてまた、それによって領土の喪失について、モスクワだけでなくワシントンの責任も追及しなければならなくなるからだろう。

 それよりさらに、日本は無関心だが非常に重要な点は、なぜ名だたる反共主義者のジョン・フォスター・ダレスが195053年という朝鮮戦争のピーク時に、(少なくともその一部は日本が歴史的に合理的な主張を持っていると思われる領土に関して)ソ連の占領を受け入れるよう日本に強要したのか、という疑問である。

 いくつかの説明が可能だ。一つは、アメリカは、満州で日本を攻撃するというソ連の約束と交換に、クリール諸島をモスクワに持たせるという19452月のヤルタにおける約束を反古にしたくなかったから、というもの。それを反古にすると、他の部分に関するモスクワの約束を危うくするかも知れなかった。ヤルタにおいてモスクワは、北部北海道の占領さえも約束されたかもしれない兆候があるが、それは、ソ連がアメリカから、占領軍を北海道ではなくクリール諸島に送って欲しいと新たな要請を受けてはじめて逸らされた。(この要請が出された時ソ連の兵員輸送船は北海道北部の留萌港からわずか2日の距離にあった)

 また他の説では、領土放棄に関して少しでもあいまいさが残れば日本に軍国主義復活の口実を与えることになるのを恐れた猛烈に反日的なキャンベラからの圧力に、ダレスが応じたため、という。

 さらにより説得力がある説明は、在米の日本人研究者による発見で、アメリカのグアム島の軍事的使用許可に関し、ソ連は国連安保理で拒否権を発動しないというソ連の約束と引き換えに、アメリカは日本に全クリール諸島を放棄させるというヤルタの約束を守りたかったのだ、というもの。

 もしこれが本当なら、そしてそれが本当である十分な理由があるが、アメリカは一石で、a)アメリカが西太平洋において軍事的プレゼンスを維持するために必要なグアム基地を獲得するb)半世紀以上にわたり日本の反モスクワ感情を維持できる保証を得て、それによって日本における基地使用を認め続けさせる、ことができたわけだ。これはマキアヴェリでさえ自慢できるほどの手腕だ。

 この長引く事の顛末を見ていると、日本の一種特異な交渉スタイルについて二つの洞察が生まれてくる。一つは東郷も注目し著書に書いているが、日本は交渉において、相手側のいかなる妥協についても、それを次なる拡大要求への足掛かりとして利用する傾向がある、ということ(1955年の時と同じ)。

 これと同じことを、北朝鮮拉致問題交渉で見た。東京は、条件付きで拉致者を返すという北朝鮮の2002年の驚くべき譲歩に対し、これらの条件を黙殺した上さらに多くの拉致者を返せという要求の踏み台に利用してしまうのを見た。

 もう一つの洞察は、他の領土紛争にも北朝鮮拉致問題にも同様に見られることだが、デッドロックに乗り上げた紛争において、デッドロックということ自体が日本の立場の正しさを証明している、そして毅然とした態度で圧力を強めることが、なぜか、相手側に自分らのまちがいを自覚させる、と信じ込んでいるらしいということだ。
 デッドロックを打開するために引き続き交渉を重ねることは拒否、つまりこれは、交渉すること自体、日本の立場に何らかの落ち度があることを認めたことになるからという理由かららしいのだ。外向政策を進める上で、これはおかしなやり方だ。
(グレゴリー・クラークは元ソ連専門の外交官、また滞日長い特派員、アカデミック)