Thursday, April 9, 2009

Australia and Afghanistan

So Australia's Labor Party prime minister, the Chinese-speaking Kevin Rudd, has promised Australia will stay the course with the United States in Afghanistan right to the very end. That's interesting. Canberra once also promised the U.S. it would stay in the Vietnam war till the very end. "All the way with LBJ (then U.S. President Lyndon Baines Johnson)" was the slogan, and we all saw what happened there. Afghanistan will probably go the same way, even if our military/intelligence experts say otherwise.

But first some personal experiences. Back in 1959, I was to precede Rudd as the first postwar Australian diplomat to be sent to Asia to learn Chinese. En route I took a bus across the Mekong delta to Saigon; Canberra's intelligence experts had told me that the area was safe from communist "bandits." Yet my bus was the last to cross the delta; almost the entire area already was under the Viet Cong control. And the Vietnam war had not even started. It was my first lesson in how our experts get it wrong in Asia.

The next lesson came a few years later during a Moscow posting. I had met with famous Australian correspondent Wilfred Burchett, who had virtually been expelled from Australia as a "traitor," partly because his highly accurate reports on Asia based on procommunist sources conflicted with the far less accurate reports by rival journalists relying on Western intelligence sources.

Burchett had just returned from a visit to the procommunist controlled areas of South Vietnam, bringing back the photos that proved that those "bandits" — the Viet Cong — were in fact a trained, dedicated force. He said they had even been able to take him all the way to a procommunist village at the very edge of the Saigon military airport.

Australian and U.S. intelligence experts pooh-poohed the report, claiming there was no way the Viet Cong could be near the airport area. Shortly after, rockets fired from that village landed on the military airport.

It has been the same over Afghanistan. Our military/intelligence experts simply do not know what is happening there. Few know the country; even fewer the language. There, as in Vietnam, Australia will almost certainly be sucked into a quagmire.

Why has the intelligent and moderately progressive Rudd allowed himself, like U.S. President Barack Obama, to be dragged into this disaster waiting to emerge? In Australia's case the problem begins with yet another disaster created by our Western military/intelligence hawks — the 1965 massacre of over half a million leftwing and progressive Indonesians.

At the time Canberra's hawks thought that it was a great idea, claiming it improved "security." In fact, it created the ideological vacuum now being filled by Islamist extremists who already have targeted Australians in Indonesia for attack. Australia's fear of future Islamist threats from Asia is now on a par with U.S. al-Qaida fears. Hence the decision to get involved in Afghanistan.

Another reason is the ease with which progressive politicians, including even Obama it seems, are seduced by the military/intelligence hawks around them. I worked for a time as policy adviser to another Labor Party administration in Canberra — the Whitlam government of the early 1970s, which also came to power promising radical and progressive change.

But it, too, was soon to be slave to the bad advice from its military/intelligence hawks — that it should support the U.S. puppet Lon Nol regime in Cambodia, that it should permit and even assist the ruthless Indonesian takeover of East Timor, that it should avoid quick relations with the new Hanoi regime, and so on.

They even managed to persuade Gough Whitlam and the people around him to reject the treaty of friendship and cooperation Whitlam had wanted so badly with Japan, claiming Tokyo would use it to try to dominate the Australian economy. (It was left to the subsequent and conservative Fraser administration to conclude the treaty. So far there are no reports of Australia being dominated.)

We see the same thing over Afghanistan. The "lie and deny" machines of the military hawks operating out of the Pentagon tell us that all goes well there, that its military does not torture or kill civilians, that it is cooperating closely with the Kabul administration to end to corruption, that just a few more thousand troops and a coalition of the willing will solve all problems.

Then as the rot spreads — to Cambodia and Laos in the case of Vietnam; to Pakistan in the case of Afghanistan — we are told how it will be checked by bombings: B-52s in Cambodia and Laos, drones in Afghanistan.

And when the ruthless bombing produces the inevitable reaction — the Khmer Rouge victory in Cambodia and the increasing Taliban influence in Pakistan — we will no doubt be told how maybe it did not matter in the first place. After all, the U.S. was later able to recognize the Khmer Rouge as the legitimate government in Cambodia. Washington once hailed the Taliban as freedom fighters and recognized them as the legitimate government in Afghanistan. In foreign affairs the "experts" can say and do what they like. People will believe them anyway.

Canberra's hawks used to say China was responsible for the Vietnam War, as "the first step" in its push toward Australia! As a result Australia was alone among the Western nations in refusing to join in the 1971 pingpong diplomacy opening to China (it was left to me then a news correspondent in Tokyo to organize a team).

Later Canberra was to switch 180 degrees to embrace Beijing, as China's resource purchases came virtually to sustain the Australian economy. Under Rudd it has moved even closer. But now Rudd is under severe attack from Australia's still viscerally anti-China rightwing, some of whom condemn him as Beijing's running dog.

One thing you can say about us Australians — we never do anything in half-measures. It is always one extreme or the other. Sadly, common sense and humanity easily get crushed in the process.
Discuss this article

オーストラリアとアフガニスタン 

 そうか、オーストラリアの労働党首相、中国語も話すあのケヴィン・ラッドも、オーストラリアはアフガニスタンにおけるアメリカの政策に最後までとことん付き合うと約束したか。これはおもしろい。キャンベラは以前にも、ベトナム戦争のとき、最後の最後までアメリカに付き合うと約束した。LBJ(リンドン・ベインズ・ジョンソン当時の米大統領)とどこまでもがスローガンで、その結果どうなったかは、誰もが知る通り。アフガニスタンも、わが軍事情報エキスパートたちはその反対のことを言っているが、あの時と同じ結末をたどることになるのではないだろうか。
 でも、まずは私の個人的体験から始めよう。今を遡ること1959年、私はラッドの先達として、中国語を学ぶためにアジアに派遣された戦後初のオーストラリア外交官となった。赴任の途上、バスでメコンデルタをサイゴンまで横断した;キャンベラの情報エキスパートたちから聞いていたのは、その辺りは共産主義の匪賊たちからは自由な地域ということだった。だが実際は、私の乗ったバスはデルタ横断の最後のバスになった;その地域はすでにほぼ完全にベトコンの支配下にあったのだ。そしてベトナム戦争はまだ始まってさえいなかった。わがエキスパートたちがアジアについていかにまちがっているかという教訓を学んだ、それが最初であった。
 次の教訓は、その数年後モスクワ駐在の時。有名なオーストラリア人特派員ウィルフレッド・バーチェットとの出会いである。彼は、一つには彼が親共的情報源から取材した正確度の高いリポートが、西側の情報源に依存したライバルジャーナリストたちの正確度のはるかに低いリポートと矛盾していたためもあって、売国奴として事実上の国外追放の身にあった。
 バーチェットはちょうど南ベトナムの親共派の支配下にある地域の旅から帰ったところで、これらの匪賊 ベトコンのこと― は、実際は、訓練された献身的な戦士であることを証明する多くの写真をもち帰っていた。彼らはサイゴンの軍用空港の外れにまで迫っていた親共派の村までずっと彼を案内してくれたという。
オーストラリアとアメリカの情報エキスパートは、ベトコンがその空港の近くまで来ているはずは全くないと、そのリポートを一笑に付した。だがその後まもなく、その村から発射したロケット砲が軍用空港に着弾したのだった。
 アフガニスタンいついても、これと同じだ。つまり、わが軍事情報エキスパートたちは、そこで何が起きているか全然知らないのだ。その国のことさえ、知っている人は少ない;まして、その言葉となると、もっと少ない。オーストラリアは、アフガニスタンでも、ベトナムと同じように泥沼に入り込むことはほぼ間違いないだろう。
 聡明で、中庸の進歩派であるラッドがなぜ、アメリカのバラク・オバマ大統領と同じく、出番を待っているこの災いに引きずり込まれるがままになっているのか。オーストラリアの場合は、わが西側の軍事/情報タカ派が作り上げたもう一つの災い― 1965年インドネシア左派、進歩派50万以上の大量虐殺― から問題が生じたのだ。
 
当時キャンベラのタカ派は、それは治安を改善するからいいことだ、と考えた。だが実際は、その結果生まれたのがイデオロギー的真空で、いまそこにはイスラム過激派が入れ替わり、彼らはすでにインドネシアにいるオーストラリア人を攻撃の標的にし始めている。将来アジアからイスラム主義者の攻撃が来るというオーストラリアの恐怖は、アメリカのアルカイダ恐怖といい勝負だ。アフガニスタン介入の決断もここから生まれた。
 もう一つの理由は、オバマでさえもそうらしいが、進歩的な政治家が取り巻きの軍事情報タカ派にいとも簡単にそそのかされてしまうことだ。私は一時期キャンベラのもう一つの労働党政権の政策アドバイザーとして仕事をしたことがある ― 70年代初め同じように革新的進歩的な変革をスローガンに政権をとったウイットラム政権である。
 だが、その政権もまた、まもなく軍事情報タカ派のまちがったアドバイスのいいなりになってしまった― いわく、カンボジアのアメリカの傀儡ロンノル政権を支持すべし、インドネシアの暴虐的東チモール併合を認め、支援さえすべし、ハノイの新政権との急接近は避けるべし、等々。
 彼らタカ派は、ウィットラムが非常に意欲的だった日本との親善、協力の協定について、それは東京がオーストラリア経済の支配の目論みに利用しようとしている道具だと主張し、ゴフ・ウィットラムと彼の取り巻きを説得して、それを拒否するように仕向けた。(その協定の締結は、この後の保守派のフレーザー政権まで待たなければならなかった。いままで、オーストラリアが支配されているという報告は聞いたことがない。)
 アフガニスタンについても、同じことだ。ペンタゴンから指揮を取っている軍事的タカ派によるウソも方便、否定も方便装置にいわせると、そこでは万事順調に運んでいる、軍部は一般市民を拷問や殺害していないし、腐敗撲滅にカブールの政権と緊密に協力しているし、あと数千の軍隊と前向きな勢力との連携があれば、すべての問題は解決できる、となる。
 やがて、その崩壊状態が拡大する― ベトナムの場合はカンボジア、ラオスへ、アフガニスタンの場合はパキスタンへ― につれて、それは爆撃によって取り締まれる― カンボジアやラオスの場合はB52だった、アフガニスタンの場合は小型無人飛行機だ― と説明される。
 そしてこの仮借ない爆撃が必然的に生む反応― カンボジアではクメール・ルージュの勝利、パキスタンではタリバン勢力の拡大― が現実になると、そもそも最初から問題がなかったのかもしれないとおそらく説明されるのだろう。結局、アメリカは後にはクメール・ルージュをカンボジアの正統な政府として涼しい顔で認めるている。また、ワシントンはかつて、タリバンを自由の戦士と声援を送り、アフガニスタンの正統政府として認めていたのである。外交において、エキスパートは好きなことをいい、好きに行動している。いずれにしろ人々は彼らを信じるのである。
 
キャンベラのタカ派は、かつては、中国はベトナム戦争に責任がある、これは彼らのオーストラリア方面への進出への第一歩であるといっていた。その結果、西側諸国の中でオーストラリアだけが、1971年中国へ門戸を開いたピンポン外交に参加することを拒んでいた。(当時東京で新聞の特派員をしていた私が、にわかにチーム編成をせざるをえなかったのである。)
 
後に、北京の資源買いが文字通りオーストラリア経済を支えるに至って、キャンベラは180度政策転換し、北京を熱く迎え入れることになる。ラッド政権下で親密度はさらに増した。だがいまラッドは、芯まで反中国のオーストラリアの右派から、一部からは北京の走狗とまでいわれ、激しい攻撃を受けている。
 
一つわれわれオーストラリア人についていえることは、われわれは何事もはんぱにはできない、ということだ。一つの極端か、あるいはその対極かだ。悲しいことに、常識とか人間性とかは、その過程でいともたやすく潰されてしまう。