Friday, Feb. 27, 2009

Econ lessons from Japan


Searching the reasons for Japan's "lost decade" — the deflation and stunted growth said to have plagued Japan ever since the collapse of the "bubble economy" in the early 1990s — has long been popular among U.S. and British commentators seeking an answer to the West's current economic problems.

The interest is welcome. But some of the results are bizarre. Almost all the main U.S. media, the conservative Wall Street Journal in particular, have run articles saying the blame lies with Japan's postbubble, Keynesian-style infrastructure spending.

Do these people have the slightest idea of what has been happening in Japan? Japan's economy prospered in the brief periods of increased infrastructure spending. It collapsed when this spending was cut. To argue that the collapse was because of the spending is like saying food is bad for you.

In 1992, after the bubble collapse, Tokyo quickly expanded public works spending to kick-start the economy. The policy was so successful that a mere four years later, Japan's annual GDP growth at 4 percent was the highest of all the world's advanced economies. If the growth had continued, most bank bad loan problems would have disappeared. As the bankers put it, "a rising tide floats many stranded boats."

But with the Hashimoto regime (1996-98) all this came to a shuddering halt. Fiscal discipline was demanded. Public works spending was slashed. In a move that mirrored the disastrous collapse of Lehman Brothers in the United States, market fundamentalists allowed Yamaichi Securities to go into bankruptcy. From there on it was downhill all the way, until Prime Minister Ryutaro Hashimoto was bundled out of office for economic failures.

The Obuchi and Mori administrations — 1999-2001 — saw a reversion to economic stimulus through public works spending. The Nikkei stock market index surged to over 20,000 in just three years. But once again progress was stopped in its tracks by the return to fiscal discipline policies and public works cuts under the administration of Junichiro Koizumi. In just one year the Nikkei collapsed to around 7,000. Growth since has been anemic, relying heavily on expanded exports.

In short, there has been a clear correlation between fiscal stimulus policies causing growth and fiscal discipline policies causing decline. Japan's so-called lost decade was not lost. Its very real possibilities for recovery and growth were thrown away by people obsessed with the size of government debt (which ironically their policies managed to increase — by ¥200 trillion in the Koizumi years) and a need to emulate U.S market-fundamentalist policies that eventually did the damage to the world economy we see today.

Today most in the West and Japan seem finally to have realized the need for fiscal stimulus policies. But conservative centers of resistance hold out. Most of this spending will be wasted they say, and the main result will be to increase national debt and postpone recovery, as we allegedly saw in Japan. Hence those "food is bad for you" articles in the U.S. media.

But Japan with its chronic lack of consumer demand was and remains a very special case. Regardless of whether Tokyo spends or not, national debt tends to increase. Skillful policies that encourage consumer spending and increase government revenues simultaneously are clearly beyond the wit of the government planners, most of whom do not even begin to realize the chronic problem of lack of consumer demand.

In this situation arguments for the government to issue currency or for the Bank of Japan to issue interest-free bonds are compelling, especially since Japan is in little danger of creating uncontrollable inflation. But that too seems beyond the wit of the planners. Lack of wit caused the lost decade, and will continue to cause many more lost decades.

Indeed, we now have the amazing sight of Koizumi, angered by growing willingness to rethink the meaningless policy of post office privatization he sold so successfully to a mesmerized public, coming out against even the current policy of small cash handouts to registered citizens.

For those on the stimulus side of the economic debate, such handouts, while messy, are much the easiest way to inject desperately needed demand into the economy. Already we have the example of how the Taiwan economy has been revitalized in this way. It is a tribute to the ease with which Japan was also mesmerized by Koizumi "structural reform" slogans that some even welcome his return to the political scene.

The other main center of conservative resistance in Japan has been the powerful Nihon Keizai Shimbun media stable. Nikkei seems to have moved somewhat from the heady Koizumi days when it lambasted Keynesian economics as an "anachronism." But while reluctantly admitting the need for stimulus policies, its calls for longer-term strategies to avoid waste.

Conservatives do not seem to realize the cumulative spiral nature of the current economic downturn — how a fall in one area triggers falls in other areas that worsen the original fall and so on. To cut the vicious circle, action must be immediate, even if there is some waste. Talk of the long term is fatal. For a while earlier this year it seemed as if governments were ready to move quickly, and stock markets rebounded immediately. Then the delays and fumbling set in, leaving us all in a deeper mess than before.

China does realize these simple Keynesian truths. By rapidly pumping funds, mainly into infrastructure projects, its economy already shows signs of recovery. Meanwhile, Japan still has to make up its mind what it wants to do. Promised stimulus moves are still delayed by bureaucratic and Diet inertia.

As ever, Japan seems to want to wait for global economic recovery to boost the exports it needs for its own recovery, while China turns to domestic demand for stimulus. Increasingly Japan's negative role in the world economy will be compared with China's positive role. Downgrading of Japan's political role — "Japan Passing" it is called — will follow soon after.

"Nippon Chinbotsu (Japan Sinking)" was a wild fictional best-seller in the 1980s. Then, the cause was said to be tectonic action. Today, lack of fiscal action is making it an ugly reality.

Discuss this article

日本経済からの教訓

 現在西側諸国が直面している経済問題に対する答えを模索している米英コメンテーターの間で、日本の失われた10”― 90年代初め、バブル崩壊以来日本に蔓延していると彼らがいうデフレーションと、成長の頓挫 の原因探しが、以前から流行している。

 その関心は歓迎すべきだ。だがその結論のいくつかは奇妙なものだ。ほとんどすべてのアメリカの主要メディア、とくに保守的なウォールストリート・ジャーナル紙は、その責任は日本のバブル後のインフラ支出にあるという。

 この人たちは、今日本で何が起こっているか、ほんの少しでもわかっているのか。日本経済はインフラ支出を拡大した短い一時期、活気づいた。この支出が切られた時、崩壊した。その崩壊が、支出が原因で起こったという議論は、食物は体に悪いというに等しい。

 バブルが崩壊した後の92年、日本政府は経済活性化のために公共事業支出を急速に拡大した。その政策は大成功し、たった4年で日本のGDP年間成長率は先進国中最大の4%となった。その成長が続けば銀行の不良債権問題の大半は解消したろう。銀行家たちが言ったように、上げ潮は座礁した船の多くを浮上させる

 ところが橋本政権(96-98)でこのすべてがガタガタと止まってしまった。財政抑制が強要された。公共事業支出はばっさり削られた。米リーマンブラザーズの悲惨な破綻の時とそっくりな動きの中で、市場原理主義者らは山一證券を破産するに任せた。そのあとは、橋本竜太郎が経済政策の失敗で政権を追い出されるまで、一気に下り坂だった。

 小渕と森政権 1999-2001 では公共事業支出を通して経済刺激へ復帰が見られた。日経平均株価指数はわずか3年で2万円以上に急上昇。だがここで再び、小泉純一郎政権の下で財政抑制政策と公共事業削減の復活で、発展は道半ばでストップした。わずか1年で日経平均は7000円の下落。それ以後の成長は、輸出拡大に大幅に依存した無気力なものだった。

 一言でいうと、成長をもたらす財政刺激策と、後退をもたらす財政抑制策には、はっきりした相関関係がある。日本のいわゆる失われた10年は、失われたのではない。この非常に実現性の高かった回復と成長の可能性は、公的累積債務の大きさ((皮肉にも小泉時代に彼らの政策によって200兆円も拡大)にこだわり、今われわれの目前に展開する世界経済のダメージをもたらすに至るアメリカの市場原理主義者たちの政策をまねることに執念を燃やした連中によって、その芽が切って捨てられた。

 今ようやく、西側や日本の大半が財政刺激策の必要性を認識したようだ。とはいえ、それに抵抗する保守的な中核はいまだ健在だ。彼らによるとこの支出は大半がムダであり、彼らによると今日本が陥っているように、公的債務が拡大し、回復を遅らせるだけだと。そこで例の食物は体に悪い式の記事が米メディアに出没するわけだ。

 しかし慢性的需要不足を抱えた日本は、これまで非常に特殊な例だったし、今でもそうだ。政府が支出するしないにかかわず国の債務は増大傾向にある。消費者需要を鼓舞し、同時に政府の歳入を増やすという賢い政策は、明らかに政府の政策立案当局者 (その大半が消費者需要不足という日本の慢性的問題に気付き始めてさえいない)の能力を超えるものだ。

 この状況で、政府が通貨を発行する、あるいは日銀が無利子の債券(公債)を発行するという議論は避けて通れない とくに日本は手の打ちようがないほどのインフレを生む危険は少ないのだから。ところがこれも、政策立案当局社の知恵の範囲を超えるらしい。この知恵の欠落が失われた10年を生んだし、さらに多くの失われた10年がいくつも来るだろう。

 実に、今われわれの目の前で小泉が、かくも巧みに国民を催眠術にかけて売り込んだ郵政民営化という無意味な政策を考え直そうという動きが広がっていることに腹を立て、登録した市民に少額の現金を給付しようとする現政策に反対して、驚くべきシーンを演じている。

 経済論争で刺激提唱派に属する人々の目から見て、このような給付金は、煩雑さはあるにしても、経済に絶対的に必要な需要を生み出すための最も簡単な方法だ。もうすでに台湾がこのような方法で再活性化したのをわれわれは見ている。ところが日本で、今一部の人間が小泉の政治舞台への復帰を求めているということは、小泉がかけたもう一つの催眠術(構造改革というスローガン)がいかに巧みだったかの証明でもある。

 日本における保守的抵抗のもう一つの中核は強力な日本経済新聞メディア集団である。日経はケインズ派経済学を時代錯誤と切り捨てた小泉時代の頑固さをいく分和らげたようである。とはいえ、刺激政策の必要をしぶしぶ認めはしたものの、ムダを切り詰める長期的政策を唱えている。

保守派は、現在の経済的下降が、累積的スパイラル状態になっていること 一つの分野の下落が他の諸分野の下落の引き金となり最初の下落をさらに悪化させる、等々の繰り返し を認識していないようだ。この悪循環を断つために、即刻行動する必要がある、多少のムダが生じるにしても。長期的な話は致命的だ。今年初めの一時期、政府は急いで行動に出ようとしていた。そして株式市場はたちまち上昇した。ところが、それが遅れ、躓いた。そしてすべてが前より深い惨状に落ち込んだ。

 中国は、こうしたシンプルなケインズ流の真実を認識した。そして資金を、とくにインフラ・プロジェクトに急速に注入し、経済はすでに回復の兆しを見せている。一方日本は何をするのか、いまだに決めかねている。約束した景気刺激策は官僚と国会の腰の重さのために遅れている。

 以前にも増して、日本はグローバル経済の回復をじっと待って自国の回復に必要な輸出を伸ばすつもりのようだ。だが中国は内需を刺激剤にしようとしている。いよいよますます世界経済における日本の否定的役割が中国の能動的役割と比較される。日本の政治的役割のランク落ち 日本パッシングと呼ばれる がこれに続くだろう。

日本沈没は80年代の猛烈なベストセラーとなったフィクションだった。その時の沈没の原因は地殻の行動とされた。今日、財政の不行動がそれを醜い現実にしている。

(筆者は秋田国際教養大学副学長、元日銀の学識経験者委員会メンバー)