Thurs. Feb. 5, 2009
What's wrong with the way English is taught in Japan

The good news is that Japan's education bureaucrats realize that despite six years of middle and high school study many Japanese are still unable to speak English well. The bad news is that the bureaucrats plan to solve this problem by giving us more of what caused the problem.

True, there is nothing wrong with the move to have primary schools provide two or more years of basic English, mainly simple conversation, writing and songs. However, qualified teachers are few and the primary school curriculum is already crowded. But the main problem, teachers say, is that any benefits gained disappear rapidly once students move on to middle school. Children are bewildered by the sudden shift from living English to textbook English.

The bureaucrats focus on high school teaching. They say they want more English vocabulary to be taught, and will require Japan's large army of middle and high school English-language teachers to speak more English in the classroom. But is making Japan's children listen even more to the poor accents and pronunciations of their English-language teachers likely to improve things?

The bureaucrats plan to have these teachers take intensive spoken-English improvement courses. But if as an adult you speak a foreign language badly you tend to stay that way forever. In any case it will probably do little to cure teachers from their bias toward grammar and translation-based learning.

Japan seems not to want to realize the harm caused by having young students spend six years listening to bad English. Some say that if the world is happy with Indian or Singapore English then it should accept Japanese English. But these other varieties of English are standarized and fluent. Listening to them is no harder (sometimes easier even) than listening to the accents and dialects of British English.

Japanese English on the other hand ("Japlish" as some call it) is a hodgepodge of accents and pronunciations thrown together and spoken haltingly. It is hard on both the ear and the patience. More importantly, most Japlish speakers find it very hard to process English spoken at normal speed. Normal conversation is almost impossible.

Many blame problems on alleged differences between English and Japanese — grammar, word order, pronunciation, etc. But Korean is close to Japanese linguistically, and many educated Koreans can handle English well. Ironically, a major reason the bureaucrats are trying to improve English teaching in Japan is the sight of Koreans and other Asians, Chinese especially, able to handle the English of conferences and business negotiations far better than Japanese opposite numbers.

The bureaucrats think they can get the same results by meddling with the school curricula. But ask any foreign national teaching English in Japan and he/she will say the main problem is not curricula but the lack of student motivation. Unlike in South Korea, China and much of the rest of Asia, English ability is not as important for future careers. Motivation is bound to be weak.

Another reason could be the same island isolation and cultural self- satisfaction that makes the British notorious for their poor schoolboy French. For many Japanese, six years of forced English education simply produces the so-called English allergy — a determination to learn no more than is needed to pass exams, and an urge to forget everything once the exams are over. Even those who do try hard to learn can easily end up as damaged products.

Language learning is not like math or history — the mere accumulation of facts and data. With language the memory operates at two levels. One is what I call conscious memorization — mastering enough of the grammar, vocabulary, etc., to be able to translate and put sentences together. But at some stage the language has to be moved to the subconscious and that can only happen with strong motivation and good learning techniques — repetition, realistic conversation, good listening materials and so on. Only at this subconscious level can you retain vocabulary and speak the language naturally.

For most Japanese, however, the language remains at the conscious level, which guarantees permanent poor speaking ability, poor listening ability and poor memory retention. (As confirmation, some very interesting research by a Hamamatsu-based professor once showed that the part of the brain used by Japanese who had learned English naturally was quite different from that used by English speakers educated at Japanese schools.)

Japan should rethink the entire basis of its English education. Does every high school leaver really have to know English to university entrance exam level? A case can be made for having all middle school graduates (age 15) be able to read basic English and handle simple conversation. But at high school, English should be an elective, hopefully limited to only a motivated minority. Freed from the many hours now wasted on ineffectual English study, other students would be able to devote much more time to the many other subjects which teachers claim receive far too little attention — science, math and current history especially.

If Japan wants to match the best in the rest of Asia, English education should be concentrated at university level. Ideally university entrants should be given the chance to study English, or any other foreign language, intensively for four years as one leg of a double major or a major/minor combination. Those who do choose language study will by definition be motivated since they have done so either because they like the language or feel it will be important for future careers. Universities also have access to the best teachers and materials.

Many seem to think that languages have to be learned when one is young, well before university. But as someone who has spent most of his adult life learning foreign languages, three of them difficult languages, I disagree. Motivation and materials are the key. Concentrated study by motivated university students with access to good teachers and materials can give far better results than anything coming out of Japan's middle and high schools.

Graduates from these kinds of combination courses — business and Japanese for example — are coming out of Australian and U.S. universities with surprising ability. They quickly improve even more once they live the language abroad. Many had not even begun the study until they were 18. If they begin earlier so much the better. But it is not crucial.

Needless to say, this scheme would allow Japan's universities to provide combination courses using the other languages equally important for Japan's future but now badly neglected, Chinese especially.

Note: On an Education Ministry committee set up in 2002 to discuss ways to improve English teaching in the schools, myself and some others argued as above — that the focus should be on university rather than high school teaching of English. The bureaucrats not only ignored our ideas; they turned round and made a foreign language, mainly English of course, compulsory at the high school level. When will they ever learn?

Discuss this Article

日本の英語教育は何がまちがっているのか


 日本人は中学高校と6年間英語を学んでいるにもかかわらずまともに英語を話せる人が少ないということを日本の文部官僚たちが理解したこと、これは一つよいニュースだ。悪いニュースは、この問題を解決しようとして、官僚たちはこの問題の原因となったあやまりをさらに重ねようとしていることだ。

 たしかに、小学校で簡単な会話、書くこと、歌などを中心とした基礎的英語を2年間またはそれ以上の期間教えようという計画は、それ自体悪いことではない。とはいえ、資格のある教師が少なく、小学校のカリキュラムはすでに満杯だ。だが一番の問題は、教師たちによると、そこで得られるはずの何がしかの成果も、子供が中学へ進むと急速に消えてしまうということだ。子供たちは生きた英語から、いきなり教科書中心の英語への転換に戸惑ってしまう。

 官僚たちは高校英語を重視する。彼らによると、もっと多くの単語を覚えさせる、日本の中学高校の英語教師大軍団に授業の中でもっと英語を使わせる、という。だが、日本人英語教師のヘンな訛りや発音をさらに注ぎ込むことが、事態の改善に役立つか。

 官僚によると,教師たちに話し英語改善のインテンシブ研修を受けさせる計画という。ところが、すでに大人になっていて外国語がうまく話せない場合、それは永久に直らない可能性が強い。いずれにしろ、その研修で教師たちが文法や和訳中心の学習法への傾斜を修正することは、おそらくあまり期待できない。

 日本では、若い頭脳にヘンな英語を教える弊害について、考えるのを避けたがっている。インド英語やシンガポール英語が世界中で通用しているのだから、ジャパニーズ英語も通用させるべきだという人がいる。だがこれらのバリエーション英語は、すでに一般化されており、流暢なものだ。それを聞くのは、ブリティッシュ英語の方言のなまりを聞くのと比べてとくに聞きづらくはない(かえって聞きやすいことさえある)。

 ところがジャパニーズ英語は(ジャピッシュとも呼ばれる)つぎはぎの訛りや発音がごっちゃにされ、しかも途切れ途切れに発せられる。耳にも、そして忍耐にも辛いものがある。さらに重要なのは、このジャピッシュの人たちの大半は、普通の速さで話される英語を処理できない。通常の会話がほとんど不可能になる。

 この問題の原因を、いわゆる英語と日本語の違い  文法、語順、発音など のせいにする人が多い。だが韓国語は言語学的に日本語に近いが、教育ある韓国人の多くは英語をうまく使いこなしている。皮肉なことに、文部官僚が日本の英語教育を改善しようとしているのは、国際会議や商談の場で韓国人、他のアジア人とくに中国人が日本人より英語を巧みに使いこなしているのを見てのことだ。

 官僚たちは学校のカリキュラムを変えることで彼らと同じような成果を挙げられると考えている。だが日本で英語を教えている外国人が一様に言うのは、問題はカリキュラムではない、生徒のモチベーション不足だ。韓国や中国、アジアの他の国と違い、日本では英語能力は将来の仕事にとってそれほど重要ではない。モチベーションは当然弱くなる。

 もう一つは、イギリスで学童のフランス語がまずくて有名なのと同じ理由で、島国であり文化的に自己充足的だという理由によると思われる。多くの日本人にとって6年間の強制的英語は、いわゆる英語アレルギーを生むだけだ。試験に通る最低限の英語だけを勉強して試験が終わった途端すべて忘れたいという気持ちが働く。真剣に学ぼうと努力する生徒でさえ、欠陥品になりがちだ。

 ことばの学習は数学や歴史の勉強とは違う。事実とデータを積み重ねるだけではない。ことばに関して、記憶は二つのレベルで働く。一つは、私が意識的記憶と呼んでいるもの  訳したり、文を作ったりするのに十分な文法、語彙などをマスターすること。だがある段階に入ると、ことばは無意識の領域に移動しなければならない。それは強いモチベーションとよい学習テクニック  反復練習、現実的会話、よい聞き取り教材、等々  があってはじめて可能になる。ことばはこの無意識的レベルに達して初めて、あなたの中に定着し、自然に話すことができるようになる。

 ところが大半の日本人にとって,ことばは意識的レべルに留まったままで、そのためいつまでたっても話すのがまずく、聴く力がなく、記憶に定着しない状態になってしまう。(その裏づけとして、浜松のある教授による研究では、自然に英語を学んだ日本人の使う脳の部分は、日本の学校で英語を学んだ人が使う脳の部分とはかなりちがっていた)

 日本の英語教育の仕組みを根底から見直す必要がある。すべての高卒者に、大学入試のようなハイレベルの英語がほんとうに必要か。すべての中卒者(15)が、基礎的な英語が読めて簡単な会話ができるようにするのが、適切だろう。そして高校では英語は選別的に、望ましいのは、モチベーションが高い少数に限定して学ぶ。そうすれば、一般の生徒は、いま不適切な英語のためにムダに使っている多くの時間を、他のさまざまな教科  とくに軽視されているという教師の声が高い理科、数学、現代史など  に当てられる。 

 日本がアジアの他の国のトップと肩を並べたいのなら、英語教育は大学レベルで集中的にやるべきだ。理想的には、入学者に英語(あるいは他の外国語)を、ダブル専攻の一つの柱として、あるいは主/副専攻の一方として、4年間集中的に勉強する機会を与える。語学を選択する学生は、ことばに興味を持っている、あるいは将来のキャリアに重要だと考えるからそうしたわけで、それ自体モチベーションが十分高いことを意味する。その上、大学は最適な教師と教材を提供できる。

 ことばは若いときに、大学に入るよりはるか以前に学ぶべきだと考える人が多いようだ。だが私は、成人してからのほとんどの期間をさまざまな外国語(難度の高い3言語をふくめて)を学んできた経験者として、そうは思わない。カギはモチベーションと教材だ。モチベーションの高い大学生がよい教師と教材で集中的に学べば、日本の中学高校のどんな語学教育をもはるかにしのぐよい成果が得られる。

 このようなダブル専攻 たとえば経営学と日本語   で卒業したオーストラリアやアメリカの大学卒業生は、驚くべき能力を持っている。彼らはひとたび現地に行けば、その言語にすばやく磨きをかけることができる。彼らは多くの場合18歳までその言語を全く勉強していない。もっと早く勉強を開始していたらなおよいだろうが、それは決定的なことではない。

 このシステムだと、いうまでもなく、日本の大学は日本の将来にとって英語同様に重要な、にもかかわらず現在おろそかにされている他の言語、とくに中国語を使った組み合わせコースも提供できる。

 注:日本の学校の英語教育を改善する方策を検討するため2002年に設けられた文科省委員会で、私や他のメンバーは以上述べたような議論を深めた  英語教育は高校よりも大学に重点を移すべきだということであった。だが官僚たちは、われわれの議論を無視したばかりではない;彼らは回れ右をして、高校での外国語教育(もちろん英語中心)を必修にした。まったくいつになったら彼らは分かるのか。