Thursday, Jan. 15, 2009

Antiforeigner discrimination is a right for Japanese people

"Japan girai" — dislike of Japan — is an allergy that seems to afflict many Westerners here. If someone handing out Japanese-language flyers assumes they cannot read Japanese and ignores them, they cry racial discrimination. If they are left sitting alone in a train, they assume that is because the racist Japanese do not want to sit next to foreigners. If someone does sit next to them and tries to speak to them in English, they claim more discrimination, this time because it is assumed they cannot speak Japanese.

Normally these people do little harm. In their gaijin ghettoes they complain about everything from landlords reluctant to rent to foreigners (ignoring justified landlord fear of the damage foreigners can cause) to use of the word "gaijin" (forgetting the way some English speakers use the shorter and sometimes discriminatory word "foreigner" rather than "foreign national."). A favorite complaint is that Japanese universities discriminate against foreigners. How many Western universities would employ, even as simple language teachers, foreigners who could not speak, write and read the national language?

Recently they have revived the story of how they bravely abolished antiforeigner discrimination from bathhouses in the port town of Otaru in Hokkaido. Since I was closely involved, allow me to throw some extra light on that affair.

An onsen manager who allegedly had earlier been driven to near bankruptcy by badly behaved Russian sailors had decided this time to bar all foreigners from his new enterprise. The activist then filed a suit for mental distress and won ¥3 million in damages. In the Zeit Gist and letter pages of this newspaper, some have criticized these excessively zealous moves by the activists. These critics in turn have been labeled as favoring Nazi-style discrimination and mob rule. Maybe it is time to bring some reality to this debate.

Otaru had been playing host to well over 20,000 Russian sailors a year, most arriving in small rust-bucket ships to deliver timber and pick up secondhand cars. I visited the wharves there, and as proof I harbor no anti-Russian feeling let me add that I speak Russian and enjoyed talking to these earthy, rough-hewn people in their own language. Even so, the idea of them demanding freedom to walk into any onsen bathhouse of their choice, especially to a high-class onsen like Yunohana, is absurd.

The antidiscrimination activists say bathhouse managers can solve all problems by barring drunken sailors. But how do you apply a drunk test? And how do you throw out a drunk who has his foot in the door? Besides, drunken behavior is not the only bathhouse problem with these Otaru sailors. I can understand well why regular Japanese customers seeking the quiet Japanese-style camaraderie of the traditional Japanese bathhouse would want to flee an invasion of noisy, bathhouse-ignorant foreigners. And since it is not possible to bar only Russians, barring all foreigners is the only answer.

The antidiscrimination people point to Japan's acceptance of a U.N. edict banning discrimination on the basis of race. But that edict is broken every time any U.S. organization obeys the affirmative action law demanding preference for blacks and other minorities. Without it, U.S. President-elect Barack Obama would probably not be where he is today.

Malaysia has also ignored it, with its Bumiputra policy of favoring Malays over Chinese and other minorities. There are dozens more examples of societies deciding to favor one group of people over others in order to preserve solidarity or prevent injustices. A large chain of barbershops in Japan has signs saying service is denied to those who do not speak Japanese. Non-Japanese speakers probably cause much less harm to a business than delinquent Russians. But we do not see our activists in action there.

The activists say there should be action to educate Russian sailors in bathhouse behavior. But do we see any of the activists in the friendship societies where worthy Japanese citizens try to ease problems for foreigners living here? Not as far as I know. Presumably close contact with these citizens would also upset their Japan-girai feelings.

In Otaru the obvious answer from the beginning was to create a seamen's club similar to those that exist in many major ports. But here too the activists were very silent. It seems they prefer to move against weak targets where they can gain publicity with a minimum of effort. One result, either of the intensity of their beliefs or of their self-aggrandizement urges, is the vitriol they pour on those who have criticized their actions.

Sometimes their activism goes beyond even the absurd. Japan has long had a real problem of clever Chinese and Korean criminals taking advantage of Japan's lack of theft awareness to pick the locks and pockets of unsuspecting citizens. But when the authorities try to raise this problem, they too are accused of antiforeigner discrimination. Even companies advertising pick-proof locks are labeled as discriminators if they mention the Chinese lock-picking problem.

Obviously Japan needs precautions against these theft experts. Many, myself included, dislike the fingerprinting of foreigners at airports. But this too is needed to stop criminally minded foreigners from re-entering Japan after they have been caught and expelled. If anything the authorities are too lenient with these people. (Let me add that I also have no anti-China feeling; I speak Chinese too.)

It is time we admitted that at times the Japanese have the right to discriminate against some foreigners. If they do not, and Japan ends up like our padlocked, mutually suspicious Western societies, we will all be the losers.

Discuss this Article
外国人差別は日本人の権利

 日本嫌いは、日本にいる欧米人の多くがかかっているアレルギーの一つだ。日本語のチラシを配っている人が、彼らは日本語が読めないだろうと考え彼らに配るのを差し控えると、それが人種差別だと彼らは叫ぶ。彼らが一人で電車に乗ったときそばに誰も人が座らないと、それは人種差別的な日本人が外国人の隣に座りたくないからだ、と彼らは考える。もし誰かが彼の隣に座り英語で話しかけようとすればこれまた人種差別、今度は、彼は日本語が話せないと判断されたのだから、というわけだ。
 普通は、こういう人々は大した害はない。外人ゲットー内で、家主が外国人に部屋を貸したがらないこと(外国人が問題を起こす可能性があるという家主の尤もな心配は無視して)から、外人ということば使い(英語民族の中にも時々フォーリン・ナショナルズの代わりに短縮形で時には差別的なフォーリナーということばを用いる人がいるのを忘れて)に至るまで、あらゆることに不平を言い合っている。よく聞く不平に、日本の大学は外国人を差別している、というのがある。一体いくつの欧米の大学が、その国のことばを話しも、書きも、読みもできない外国人を、単なる語学の教員としてでも、雇っているだろうか。
 最近彼らは、北海道の港町小樽で温泉浴場の外国人差別をいかに頑張って廃止させたかという話を、またもや持ち出した。私はそれに深く関わったいきさつがあり、その件に関して、もう一度光を当てさせていただきたい。
 ロシア人船員たちの迷惑行為で破産寸前に追い込まれたという、ある温泉浴場の主人が、今度再出発した店から外国人一切を排除することに決めた。そうしたら、活動家は精神的苦痛を受けたという理由で訴訟を起こし、300万円の損害賠償を勝ち取った。本誌の「時代思潮」と投書欄にこれら活動家の行き過ぎたしつこさに対する批判が載った。すると今度はこれらの批判した人々が、ナチス流人種差別と暴徒支配に加担するものとのレッテルを貼られた。いま、この論議に現実性を加えるべき時かもしれない。
 小樽は年間2万人以上のロシア人船員 その多くは木材を搬入し中古車を搬出するポンコツ船でやってくる を受け入れてきた。私はその波止場へ行ってみた。そして私が反ロシアでない証拠に、私はロシア語が話せるので、これらの土臭い、素朴な船員と彼らのことばで和気藹々と会話したことを付け加えたい。そんな私でも、この男たちを彼らの気の向くままにどの温泉でも自由に出入りさせよという要求は、とくに「湯の花」のような高級旅館では、ちょっと考えられない。
 反差別活動家は、温泉旅館の主人たちが酔っぱらった船員を排除するだけで問題は解決できる、という。だがどのように飲酒鑑定するか。またドアの中に足を踏み入れた酔っ払いをどうやって追い出すか。それに、小樽のこれらの船員による温泉浴室における迷惑行為は泥酔よりもさらにひどいこともある。伝統的な和式の温泉浴場で、日本的な穏やかな人とのふれあいを求めてやってくる一般の日本人客が、お風呂マナーをわきまえない、騒々しい、外国人闖入者から逃げ出したくなる気持は、私はよく分かる。またロシア人だけを排除するのは不可能なのですべての外国人とするよりほかないと思っても不思議はない。
 反差別の連中は、人種に基づく差別を禁じた国連協定を日本が受け入れていることを指摘する。だがこの協定は、アメリカの諸々の組織が黒人や他の少数民族の優遇を求めるアファーマティブ・アクション(差別修正措置)法に従う度毎に、破られているのだ。その法がなかったら、次期大統領バラック・オバマの今日の姿もなかったろうと思われる。
 マレーシアもまた、中国人や他の少数民族より、マレー人を優遇するブミプトラ政策で、その協定を無視している。団結を維持するためや不正義を防止するために、一つの集団を他よりも優遇する決定を下している社会の例は、ほかに数十にも上る。日本の大手理髪店チェーンの看板に日本語のできない人はお断りと書かれたものがある。日本語の話せない客による被害は不良ロシア人による被害よりおそらくずっと少ないだろうと思われるのだが。しかしわれらが活動家たちはこの点では行動を起こしていないようだ。
 活動家がいうには,温泉浴場でいかに行動すべきかロシア人船員に教える努力を払うべきだという。だがそういう活動家たちは、心ある日本人が対日外国人の暮らしをやりやすくするためにさまざまな取り組みをしている友好団体に一人でも参加しているだろうか。私の知る限りない。これらの人々と親しく交わることは、おそらく、彼らにとってこれまた自分たちの日本嫌い精神を刺激することになるのだろう。
 小樽でやるべきことは、はじめから明らかだった。多くの主要な港町にあるのと同じような船員クラブを作ることだ。だがこの提案にも活動家たちは沈黙したままだ。彼らは、最小の努力で最大の宣伝効果が得られるような、弱い標的に対して行動を起こすことを好むようだ。彼らの信念の強さかあるいは自己顕示欲の強さか、どちらにしろその結果の一つが、自分たちを批判した人々へ浴びせかける罵詈雑言である。
 時には彼らの行動は、理不尽をも超えている。日本は長いこと、日本の盗難に対する無防備さを利用して、中国人や韓国人のベテラン犯罪者が、疑いを知らぬ市民に鍵ピッキングやスリを働くというほんとうの問題を抱えてきた。だが当局がこの問題を取り上げようとすると活動家はまた、外国人差別だとしてそれを糾弾する。ピッキング防止用の鍵を宣伝する会社までが、もし中国人による鍵ピッキング問題に言及でもしようものなら、人種差別者とレッテルを貼られる。
 日本がこうしたベテラン盗賊に対する備えを必要としていることは明らかだ。私を含め、多くの人は空港で外国人が諮問押捺をされるのを嫌う。しかしこれもまた、犯罪のために日本にやってくる外国人が逮捕のあと国外追放になって後に再び入国するのを防ぐために必要なことだ。当局はこういう連中に寛大すぎる。(付け加えるが、ここでも私は反中国の感情を持っていない:中国語も話す)
 ある種の外国人に対し場合によっては差別する権利を、日本人は持っていることを、われわれは認めるべき時だ。日本がそれをしなければ、日本もまたわれわれのような鍵社会、互いに疑いあう欧米社会のようになってしまう。そうなれば損をするのはわれわれみんなだろう。