Thursday, Jan. 8, 2009

Outlook is mixed for 2009

Looking at 2009, the good news is that the global economy is likely to recover much faster than predicted. The bad news is that global politics are likely to deteriorate much more rapidly than most expected.

From the beginning it was fairly clear that economies would pick up once governments and central banks began flooding markets with money. Provided the financial system can be kept intact, all markets eventually find their bottom. The rebound gets under way, as we saw with real estate after the U.S. savings and loan crisis of the late '80s.

But our gloom and doom media experts could only focus on the drama of the day — increasing unemployment, falls in production and bankruptcies. They have yet to realize that these are the results, not the causes, of recessions. Fortunately the panic talk has allowed people like Ben Bernanke of the U.S. Federal Reserve, who have long realized the Keynesian imperative to spend heavily in times of recession, to slip into action with a minimum of conservative resistance. The supply-siders who caused this mess, with their naive beliefs in deregulation, small government and market fundamentalism as economic save-alls, have been left spluttering on the sidelines.

Stock market rebounds have traditionally preceded economic recoveries by some months. The smart investors are already moving in. If the stock-market recovery that began at yearend continues, other markets — commodities, etc. — will follow. We will be left wondering how and why we let ourselves get so media-panicked.

Needless to say, the last to realize any of this will be Japan. It has still to get its recovery package together. Its main economic newspaper, the Nikkei, is still clinging to the slogans from its long and damaging embrace of supply-sider "structural reform" wisdom.

Most have yet to realize that Japan, with its chronic, culturally induced, weak consumer spending, needs Keynesian solutions even more than others, and that if it is short of money it can, several top U.S. economists have vainly tried to advise, just order its central bank to create it. But as usual, it will no doubt do little, and be dragged along by recoveries elsewhere.

Sadly the global political situation shows no sign of similar recovery. The atrocious situation in Gaza will, like Iraq and Afghanistan, further radicalize Islamic opinion around the globe. The so-called moderate Islamic regimes in Egypt and Jordan will come under greater pressure.

Elsewhere, the crudity, cruelty and ignorance involved in trying to suppress militants, especially where the U.S. military is involved (invading Iraq with only 18 Arabic speakers in its ranks!), will also guarantee backlash and spread effects.

Afghanistan seems a lost cause (remember the delight with which the West and its media embraced President Hamid Karzai, now accused of corruption, mainly because he spoke fluent English). Pakistan could well be the next domino, then Somalia, possibly Lebanon. Iraq could well revert to chaos. Meanwhile, Iran and Hezbollah will gain further prestige through defying Israel.

Hopes for change are placed in the new U.S. administration. But already the Obama appointments make it clear that the militarization and Israelization of U.S. policies is beyond reversal.

Do not expect much enlightenment from our superficial Western media. As with the economic crisis, they can only look at what is thrust before their eyes, with little concern for cause and effect. The standard line says the Israeli attack on Gaza was brought on by Hamas launching rockets into Israel. Few want to ask what made Hamas engage in that suicidal rocketing in the first place, namely the the Israeli determination to hobble the Gaza economy, destroy the popularly elected Hamas regime and, as in the West Bank, humiliate its people.

A lot of brave people have been forced to choose death rather than continue to live as Nazi-style unter-menschen. If Gaza revives memories of the brave anti-Nazi Jewish resistance in the Warsaw Ghetto of 1945 I will be surprised. The anti-Islamist bias has sunk too deep.

Every so-called militant or "terrorist" our militaries manage to kill with such gusto leaves wives, families, friends and lovers determined to get revenge. Recently a woman whose Iraqi fiance had been killed by U.S. troops offered herself in grief as a suicide bomber. In the media her action was denounced as a new "terrorist" tactic. Her death was labeled as yet another "statistic" in the so-called war against "terror." ("Terror" is when you resist the invasion or occupation of your country. I wonder what the original U.S. revolutionaries would have said about this definition.)

In March 2008 a quiet, pacifist Palestinian student from a good family in East Jerusalem was so enraged after watching for hours on TV the bodies of women and children being pulled out from yet another brutal Israeli bombing in Gaza that in anger he went out and shot some Jewish religionists nearby before being himself killed. For the BBC he was no more than a "Palestinian gunman." For others he was just another "terrorist." Those in the West have to do better than this.

Discuss this Article


2009
年の展望は明暗取り混ぜて

 2009年を展望して、よいニュースはグローバル経済が予想以上に早く回復しそうなこと。悪いニュースは、グローバル政治が大方の期待以上に急速に暗転しそうなことだ。

 政府や中央銀行が市場に資金を潤沢に注入しはじめれば、諸々の経済は盛り返すことは、はじめからかなりはっきりしていた。金融制度がそっくりそのまま保持されるとした場合、すべての市場はやがて底を見るものだ。1960年代末期のアメリカ預金・ローン危機のときに見たように、反転がはじまる。

 ところが、悲観的な予測が好きなわがメディア・エキスパートたちは、失業拡大、生産の落ち込み、破産といった一時のドラマにフォーカスすることしかできない。これらは不況の結果であって、原因ではないことを、いまだに分かっていない。幸い、パニック論議になって、不況時には大量支出が必要というケインズ派の命題をつとに自覚していたアメリカ連邦準備理事会(FRB)のベン・バーナンキのような人々が、保守派の抵抗を最小限に抑えて行動を起こすことができた。この混乱をもたらした、規制緩和、小さな政府、市場原理主義を経済の万能薬と信じる単細胞のサプライサイド経済学派は、いま傍流に置かれてブツブツ云っている。

 株式市場の反転は、伝統的に、経済回復の数ヶ月前に先立って起きるもの。先を見るに敏な投資家はすでに動き出している。年末に始まった株式市場の回復がこのまま続けば、他の市場も― 商品市場ほかも― これに続く。そのときわれわれは、なぜ、いかにして、あれほどメディアに振り回されパニックになったか、あらためて頭をひねることだろう。

 このことを最後まで自覚しないのは、いうまでもなく、日本だろう。日本はいまだに,リカバリー・パッケッジを手にすることができないでいる。日本の主要経済紙である日本経済新聞はずっとサプライサイド派の教義の有害な抱擁から身がほどけずに、“構造改革”というスローガンにいまだにしがみついている。

 日本が、その文化に由来する、慢性的に弱い消費者需要のため、どこよりも強くケインズ流の解決を必要としていること、また(アメリカのトップ・エコノミスト数名のアドバイスを日本は一向に耳を貸さないが)資金不足なら政府が中央銀行に金を作らせるだけでいいことを、大方の人はいまだに理解していない。例によって、他の国の回復に引きずられていくのを、手をこまねいて待つに違いない。

 悲しいかな、グローバル政治状況は、これと同じような回復の兆しは見えない。ガザにおける残虐の現状は、イラクやアフガニスタン同様、世界中のイスラム世論をますます過激化させるだろう。エジプトやヨルダンのいわゆるイスラム穏健派政権にも圧力が加わるだろう。

 さらに、武闘派を弾圧するやり方をめぐる未熟さ、残酷さ、無知は、とくにアメリカ軍が関わっている地域では(軍隊中にアラビア語を話せる人間がわずか18名のみという状況でイラク侵攻を開始した!)、結果は必然的に、巻き返しと波及効果だろう。

 アフガニスタンは、成功見込みのない企てと見える。いまや腐敗を糾弾されているハミッド・カルザイ大統領を西側とそのメディアが喜んで迎えたのは、主として彼が英語に堪能という理由からだったからことを思い起こすべきだ。パキスタンが次のドミノになる可能性がある。その次はソマリアか、もしかするとレバノンかもしれない。イラクは再びカオスに逆戻りする可能性が濃厚だ。一方、イランとヒズボラはイスラエルに対する挑戦でプレスティージをさらに高めると思われる。

 アメリカの新政権には変革への希望が託された。しかし、オバマの人事を見ると、米政策の軍事化とイスラエル化はすでに後戻りがきかないところまで進んでいることを、はっきり示している。

表面的なわが西側メディアに、大いなる英知を期待すべきでない。経済危機と同様、彼らは自らの面前に突きつけられたものしか見ていない。その原因・結果関係には、無頓着だ。彼らの定番コメントは、イスラエルのガザ攻撃は、ハマスがイスラエルをロケット攻撃したからだ、という。そもそもハマスをあの捨て身のロケット攻撃へ駆り立てたのは何か、知りたがらない。 ガザ経済をかたわにし、大衆の支持で選ばれたハマス政権を倒し、また西岸でしたようにその人民を辱める、というようなイスラエルの決意について。

 かつて、多くの勇敢な人々がナチ・スタイルの人間以下の生を行き続けるよりは死を選ぶことを余儀なくされた。ガザを見て1945年のワルシャワゲットーでのユダヤ人の勇敢な反ナチ・レジスタンスを思い起こす人があるとしたら、私には驚きだ。反イスラムの偏見はあまりに根深いからだ。

われわれの軍隊がそんなにも意気揚々と殺し続けているいわゆる武装勢力または“テロリスト”一人一人につき、復讐を誓う妻、家族、友、恋人たちが残される。最近イラク人のフィアンセを米軍に殺された女性が、悲しみのあまり、捨て身の爆撃に志願した。メディアでは彼女の行為は、新たな“テロリスト”の手法だと非難された。彼女の死は、いわゆる“テロ”との戦いにおけるまたひとつの“統計”として処理された。(自分の国への侵略や占領に抵抗するとき“テロ”と呼ばれる。では、アメリカ建国時の革命家たちはこの定義をどう思うか、聞きたいところだ。)

 20083月東エルサレムで、ガザにおける新たなイスラエルによる爆撃から女・子供の遺体が引き出されるのを長時間見ていた、穏健で、育ちのよい、平和的なあるパレスチナ人学生は、怒りのあまり外に飛び出し、近くにいたユダヤ教信者数名を撃ち、そのあと自分も殺された。BBCにとって彼は一人の“パレスチナ人ガンマン”にすぎない。またほかの人々にとって、彼はもう一人の“テロリスト”にすぎない。西側の人間はもう少し反省すべきではないか。