Monday, Dec. 8, 2008
Mumbai and Kashmir: What goes around, comes around

We were all shocked, rightly, by the Islamist attacks in Mumbai. But how many or us were equally shocked by earlier reports about the discovery of unmarked graves in Kashmir?

According to one account (World Socialist Web Site):

"The Indian government is refusing to investigate credible reports that up to a thousand unmarked graves have been found in the north Indian state of Jammu and Kashmir."Kashmiris and Indian and international human rights organizations have long maintained that India's security forces have systematically 'disappeared' thousands of persons accused of supporting the anti-Indian insurgency in Kashmir, India's only majority Muslim state.

"The grisly discovery of 940 unmarked graves was made public in a report published in late March by the Association of Parents of Disappeared Persons. It has campaigned against the Indian government's callous refusal to investigate the thousands of disappearances that have occurred over the past two decades at the hands of Indian security forces."

These and other abuses against Kashmiri Muslims have been known for decades. Occasionally voices of conscience call on the Indian government to rein in its army and security forces there. But the disappearances and killings continue. New Delhi continues to ignore the U.N. 1948 resolution calling for a plebiscite in Kashmir so that the predominantly Muslim population there can decide whether it wants to join Pakistan or create its own independent unit. Should we be surprised if young Islamists want to retaliate, by any means possible?

Commentators horrified by the Mumbai attack warn about an escalating global terrorist threat. They demand that Pakistan take severest measures against its Islamic militants. But how many realize they may be creating more Mumbai tragedies in the process? Presumably the Indian Army and security forces in Kashmir will be given even freer rein to hunt down alleged Islamic extremists. Pakistan will be pushed into even greater turmoil and repression. More militants seeking even greater revenge are bound to emerge. In this case who has created the "terrorist" threat?

Mumbai is not the only example of this senseless cycle of violence and counter-violence in action. Whether in Colombia or the Philippines, Sri Lanka, Afghanistan, Iraq and a host of other conflicts we see only too clearly how the uncontrolled brutality of armies and security forces sets in train escalating cycles of hatred and revenge just as ugly as what we have seen in Kashmir and now in Mumbai.

Take Colombia for example. It, too, has its sorry record of disappearances and killings of dissidents, but in the tens of thousands. We now discover that the military there has even resorted to killing innocent farmers and pretending they were guerrillas, simply so that it can boost its claims to be killing the guerrillas forced to flee to the jungle to escape the previous disappearances and killings. If the survivors of the present round of killings join the guerrillas would they really qualify as the "terrorists" that the United States and others say should be exterminated?

The violence/retaliation cycle that leads to tragedies such as 9/11, Colombia or Mumbai can only be stopped by setting the original injustices right. Unfortunately there are too many people in the world's militaries and security forces with a vested interest in not doing just that.

And there are too many opinion and policymakers either too biased, bought or ignorant to do just that. Take the situation that has developed in Somalia for example, and compare it with the Sudan. We are outraged, rightly, by the human suffering in Sudan's Darfur region. We are told the Sudanese government and its Islamist supporters should be held responsible, even though it is clear that a complex civil war is under way there in which all sides share blame. The International War Crimes Tribunal has been called in to prosecute Sudan's leaders.

Now turn to Somalia. There the suffering is almost as great as in Darfur. But the horror there today has no civil war rationale. It is the direct result of the U.S. refusal to accept the popularly supported Islamist regime that emerged from the previous civil war. As a result thousands have died and millions have become refugees. A gun-happy Ethiopian Army was called in to wreak even greater havoc. But the international opinion so stirred up over Darfur shows little interest. There is no talk of the U.S. being dragged before an International Criminal Court. If Islamists angered by the injustice of it all launch another Mumbai-style attack in some part of the world who is really responsible?

By all means be angered over Mumbai. By all means be upset over Darfur or the hostages held by guerrillas in Colombia. But realize that these are not the only atrocities around us. And realize also that they have their causes, and that a major cause is the inability of our societies to do anything about the brutal militaries that we spawn in the name of crushing the "terrorism" that they, the militaries, help create.

Discuss this Article
ムンバイとカシミール 因果はめぐる

ムンバイでのイスラム主義者による攻撃にはだれもが衝撃を受けたのは当然だ。だがこれに先立つカシミールでの無名墓発見の報道に、これと同じ衝撃を受けた人はどれほどいるだろうか。

ある報道(WSWS)によれば:

 北インド、ジャム・カシミール州で1000にも上る無名墓が見つかったという信憑性の高い報道について、インド政府は調査するのを拒んでいる。

 カシミールの人々、そしてインドや国際的人権組織は以前から、インドの治安部隊が、インド唯一のムスリム州であるカシミールで反インド的蜂起の支持者とみなされた数千名を組織的に行方不明にしていると主張してきた。

 “940の無名の墓の発見というおぞましいニュースは、3月末に「行方不明者の親の会」が出した報告書により判明した。その親の会は過去20年インド治安当局の手によって行われた何千もの行方不明者を調査するのを、固く拒んでいるインド政府に対するキャンペーンを続けてきた。

 カシミール州ムスリムに対するこの、またそれ以外の攻撃は、ここ何十年周知の事実だ。その地での軍や治安当局の暴力を規制することをインド政府に求める良心の声は時々上がっていた。だが、行方不明や殺害は続いていた。カシミールで多数を占めるムスリムが、パキスタンに加わるか、あるいは独立的な組織をつくるかを自分自身で決めるために、カシミールで国民投票をおこなうべきだとした1948年国連決議を、インド政府は無視し続けてきた。若いイスラム主義者が、あらゆる可能な手段を使ってこれに対抗しようとしたとしても、驚くに当たらないではないか。

 ムンバイ攻撃に恐れをなしたコメンテーターたちは、テロリストの脅威が世界中に拡大すると警告する。彼らはパキスタンが国内のイスラム武闘派に対して最大限厳しい対策を採るべきだと要求する。ところが、そうすることは、その過程で、より多くのムンバイ悲劇を生み出すことになるかもしれないことに、気付いている人はどれほどいるか。カシミールのインド軍や治安当局がいわゆるイスラム過激派狩りに、これまで以上にやりたい放題の自由が認められる可能性が強い。パキスタンはさらにひどい騒乱と抑圧の渦の中に巻き込まれることになる。さらに多くの活動家が、さらに大きな報復を目指して立ち上がるだろう。そうなった場合テロリスト脅威をつくったのは誰といえるのか。

 この暴力と反撃暴力の実行という無意味なサイクルの例は、ムンバイだけではない。カシミールで、そして今ムンバイでわれわれが見ていると同じような憎しみと報復の醜い連鎖が、コロンビア、フィリピン、スリランカ、アフガニスタン、イラクを問わず、またほかの多くの紛争において、軍や治安当局の野放しの暴力が、拡大のサイクルを確実に始動させていることは、あまりにも明白だ。

 コロンビアを例に取ろう。コロンビアも反体制派の行方不明や殺害で悪名高く、しかもそれが数万単位である。そこの軍部は、ゲリラと称して罪のない農民を殺すことさえやっている、それも単に、過去に行方不明や殺害の恐れからジャングルへ逃げ込んだゲリラを殺しているのだという自分たちの宣伝を証拠立てたいがためである。もし現在のこの殺しのラウンドを生き延びた人々がゲリラに加わったとしたら、彼らはほんとうに、アメリカその他が絶滅させなければならない主張しているテロリストなるものに該当するのだろうか。

9.11やコロンビア、ムンバイのような悲劇につながる暴力//報復のサイクルは、いちばん最初の不正義を正すことによってのみ、断つことが可能だ。不幸なことに、世界中の軍部や治安部隊の中には、まさにそれを避ける事で既得の利益を得ている人間が多すぎる。

またあまりに多くの世論や政策担当者が、偏見が強いか、買収されたか、あるいは無知のために、それができない。例えばソマリアで展開している状況を、スーダンのそれと比較してみよう。われわれがスーダンのダルフール地区で人々の苦悩に憤激しているのはもちろん当然のことだ。そこでは、複雑な内戦が継続中で、その両サイドに非難すべき点があることははっきりしているにもかかわらず、責任はスーダン政府とイスラム支持者にあるのだ、とわれわれは言い聞かされる。スーダンの指導者たちが弾劾のため国際刑事法廷に引き出されている。

次にソマリアを見よう。ソマリアの受難はダルフールにも匹敵するものだが、ソマリアの恐怖には内戦に付きものの理論的根拠が見られない。前の内戦の結果出現した、民衆の支持を得たイスラム主義政権を、アメリカが受け入れ拒否したための、直接の結果なのだ。その結果数千人が死亡し、数百万人が難民となった。好戦的なエチオピア軍が投入され、混乱に拍車をかけた。だが、ダルフールをめぐって盛り上がっている国際世論は、ここソマリアにはほとんど関心を示さなかった。アメリカを国際刑事法廷に引き出そうという声も上がらない。このような不正義に、イスラム主義者が怒って、他の地域にまた新たなムンバイ事件を起こしたとしたら、誰にほんとうの責任があるのか。

 ムンバイのことを大いに怒るべし。ダルフールや、コロンビアのゲリラに拉致された人質について大いに怒るべし。ただし、われわれの周りの暴虐はこれだけではないことを、肝に銘じるべきだ。そしてまた、ゲリラにはゲリラの原因(コーズ)があること、そしてその最大の原因とは、軍自身がその発生を助けているテロの撲滅の名の下に、われわれが生み出している暴虐的軍に対して、われわれの社会が何もできないという事実であることを、肝に銘じるべきだ。