Never give an inch to China


Tokyo's propensity for getting into territorial and maritime boundary disputes with its neighbors seems large. And if the disputes with China escalate any further, they could make the recent confrontation with South Korea over the Takeshima islets (Dokdo in Korean) look tame.
Tokyo insists that the median or equidistance line between the Ryukyu Islands (Okinawa) and the Chinese mainland is the boundary of its exclusive economic zone (EEZ) in the East China Sea. But Beijing says the continental shelf should be the basis for deciding the EEZ boundary. This shelf extends all the way to the Okinawa Trough, or well within the EEZ claimed by Japan. As a compromise Beijing calls for joint undersea development in the disputed area, until rival boundary claims have been settled.
However, Tokyo claims sole right to develop potential oil and gas reserves within its claimed EEZ. It objects even to a Chinese gas development on the Chinese side of that claimed EEZ, on the grounds that gas could be leaking from Japan's claimed EEZ area. Gunboats are threatened when it senses any challenge to its claimed rights.
Tokyo insists that the 1982 U.N. Law of the Sea Convention (UNCLOS), which created the 200 nautical-mile EEZ concept, supports its position. But UNCLOS simply says that international law should be the basis for deciding conflicting EEZ claims, and international law has yet to give a clear verdict. In the past it endorsed the continental-shelf approach. But recently it has begun to favor the median- or equidistance-line approach. However, it also goes on to say that any equidistance approach should also be "equitable" to both sides.
One example of equity was the recent Libya/Malta maritime boundary agreement where Libya was favored because of its greater landmass. In this, as in several other similar cases, the International Court of Justice has ruled that "the equidistance line is not mandatory or binding" -- that the "proportionality of coastlines" is also a factor. Given its large coastline facing the East China Sea, this ruling would seem to favor China.
The recent Australia-East Timor maritime boundary agreement also suggests the equidistance rule is not as rigid as Tokyo claims. The continental shelf was the basis for the original Australian-Indonesian boundary agreement reached back in 1972. It favored Australia greatly since the Timor Trough, which defines the shelf, runs close to the Indonesian/Timor coastline. But when extensive oil and gas reserves were found on the shelf and East Timor became independent, there were demands that the equidistance approach should have been used.
Canberra refused. But, as a concession, it has now agreed to revenue sharing from some oil and gas reserves between the equidistance line and the original continental shelf line -- a position very similar to what China proposes today in the East China Sea.
An even stronger precedent was created by Tokyo itself in its 1974 maritime border agreement with South Korea. Both sides used to have rival equidistance and continental shelf claims for their maritime border south of Cheju island, with Seoul's continental shelf claim extending close to Japanese territory. Then in 1974 both sides agreed to disagree, and to decide the matter some time in the future -- the year 2028 was mentioned. In the meantime they agreed to joint development in the area between the two claimed lines, just as China has sought in the East China Sea.
That 1974 agreement was confirmed as late as August 2002, with an agreement for an oil co-exploration project on the continental shelf between the two nations. This was in accord with the 1982 UNCLOS, which says specifically that in cases of disagreement "the States concerned shall make every effort to enter into provisional arrangements of a practical nature." Tokyo's hardline approach today toward China would seem to contradict that principle.
Ironically, as late as 1994, Tokyo agreed to joint fisheries exploitation with China and South Korea in the East China Sea pending what it then agreed was the need for final EEZ delimitations. But today it insists that the Japan-China EEZ boundary has indeed been delimited -- not by negotiation but by unilateral fiat.
Tokyo takes an equally hard line in its Senkaku Islands dispute with Beijing -- a dispute in which both Beijing's and Taiwan's claims are not without validity. They would have even more validity under Beijing's continental shelf approach.
In its insistence that it is entitled to a 200 nautical-mile EEZ in every direction from a minuscule and remote Pacific rock it calls Okinotori Island, Tokyo's EEZ preoccupation gets out of control. Apart from anything else, it flies in the face of Article 121 (3) of UNCLOS, which states clearly that small rocks and even uninhabited islands cannot have an EEZ.
Part of the problem is the ease with which Japan's positions harden when disputes are subjected to publicity. For a while there were signs that Foreign Ministry moderates were willing to go along with Beijing's 1970s' suggestion that the Senkaku Islands ownership dispute shelved for the next generation to solve. Okinotori barely existed in the minds of Japan's planners.
But Japan's rightwingers, led by the ultra-hardline Tokyo governor, Shintaro Ishihara, have put an end to all that. Now every claim has to be pressed to the maximum, or else.
As we have seen in the commentary following the Takeshima confrontation, Japanese public opinion seems unable to comprehend that there can be two sides to a dispute, especially when territory is involved. The media and the commentators take it for granted that Japan's claims are totally correct and the other side is being quite unreasonable. Even the supposedly impartial NHK forgets to use the word "claimed" when it reports these disputes. The potential for more ugly confrontations continues.

Discuss this Article
日本の強硬姿勢 中国には一歩も譲れない
 
 日本は近隣諸国と領土領海境界紛争を起こす性向が強いようだ。そして、もし中国との境界紛争がこれ以上拡大すれば、韓国との竹島(韓国では独島)をめぐる最近の対立など甘っちょろいものに見えることになるかもしれない。
 日本は琉球諸島(沖縄)と中国本土の中間線あるいは等距離線が東シナ海における排他的経済水域(EEZ)の境界線だと主張している。しかし中国はEEZ境界は大陸棚をベースに決定すべきだと主張している。この大陸棚はずっと沖縄海溝まで伸び、日本が自分のものと主張するEEZに大きく食い込んでいる。中国は、妥協案として、食い違う境界要求が解決するまでの間、二つの主張が重なる係争地域における地下共同開発を呼びかけている。
 ところが日本は、自分が主張するEEZ内地域において埋蔵可能性のある石油とガス資源を開発する権利は自分だけにあると主張している。日本は、日本が主張するEEZ外の中国側の地域で中国がガス開発をすることにさえ、そのガスが日本の主張するEEZから漏れている可能性があるという理由で、異議を唱えている。日本は自分が主張している権利に何らかの障害でも感知すれば、軍艦で脅しをかける。
 日本は、200海里EEZのコンセプトを創出した1982年の国連海洋法協定(UNCLOS)は日本の立場を認めていると主張する。しかしUNCLOSは単にEEZ紛争の解決は国際法に基いて行われるべきだといっているに過ぎない。そして国際法はいまだ明確な判断を出していない。以前は、国際法は大陸棚アプローチを支持していた。しかし最近は、中間線あるいは等距離ライン・アプローチに傾きつつある。とはいえ、国際法は引き続きいかなる等距離ライン・アプローチの場合でも紛争国双方にとって公正に決定されなければならないと主張している。
 公正にの一例としては、最近のリビア・マルタ領海境界協定がある。そこではリビアは大陸がより大きいという理由でリビアに有利になっている。この場合に、また他の同様なケースでも国際司法裁判所は、沿岸線の比率もまた要因になることを示すことで、等距離ラインは必ずしも強制的あるいは拘束力を持つものではないという判定を下した。
東シナ海に面した中国の長い海岸線を考えれば、この判定は中国のケースでも同様に中国に優位を認めるものと思われる。
 最近のオーストラリア/東チモール領海境界協定もまた、等距離ラインのルールが、日本が主張するほどに固定的なものでないことを示唆している。1972年に合意された元々のオーストラリア・インドネシア境界協定は大陸棚をベースにしたものだ。その協定は、大陸棚を規定するチモール海溝がインドネシア/チモール沿岸近くを走っているためにオーストラリアに大きく有利になっていた。だが大陸棚で広範な石油とガス資源が発見され、また東チモールが独立したために、等距離ライン・アプローチを採用すべきだという要求が出てきた。
 オーストラリアはこれを拒否した。だが妥協策として、オーストラリアは今では等距離ラインと元々の大陸棚ラインの間にある石油・ガス資源からの収益を分割することに同意した。これは現在中国が東シナ海で提案していることとよく似た方策だ。
 これよりもさらに強力な前例は日本自身によるもので、1974年に韓国と結んだ領海境界協定である。済州島の南の海の境界に関して、両国が等距離ラインと大陸棚という対立した要求をもち、韓国の主張する大陸棚は日本領土の近くまで伸びていた。その後1974年双方が不一致を認め合い、将来この問題について決定する 2028年という数字が示されている ことで一致した。さしあたりは双方主張ラインの重なる地域において共同開発することで合意した。これはまさに中国が東シナ海において提案していることである。
 その1974年協定はつい最近の20028月に確認され、両国間に存在する大陸棚での石油共同開発プロイジェクトで合意している。これは、双方不一致の場合に当該国が現実的な暫定措置で合意できるようにあらゆる努力を重ねることを明記している1982年のUNCLOSに沿ったものだ。中国に対する現在の日本の強硬なアプローチはこの原則と矛盾すると見られるだろう。
 皮肉なことに、ごく最近の1994年に日本は、東シナ海において、最終的EEZ境界画定の必要性では双方合意があったがそれを一時棚上げにして、中国・韓国と漁業共同開発に同意した。ところが現在日本は、交渉によってではなく一方的決定によって、日本と中国のEEZ境界はすでに確定済みと主張している。
 日本は中国との尖閣列島紛争 中国・台湾両方の主張に正統性がないとはいえない紛争 においても、同じく強硬な線を打ち出している。中国の大陸棚アプローチからすれば、彼らの主張の正当性はさらに高まることになる。
 日本が沖ノ鳥島と呼ぶ太平洋の小さな離れ岩礁から全方角に200海里のEEZの権利が日本にあると主張するにいたっては、日本のEEZ固執は手がつけられない。まず何よりもそれは、小さな岩はもちろん無人島でさえEEZを持たないとはっきり規定しているUNCLOSの1213項に公然と反するものだ。
紛争の発表が進展するに従い日本の立場がかんたんに強硬姿勢に転ずる傾向も問題だ。ひと頃は外務省の穏健派が、尖閣諸島の所有権争いは次世代が解決するよう棚上げしようという中国の1970年代の提案に、同調しようとしてきた時期があった。沖ノ鳥島といえば日本の政策者の念頭にほとんど存在さえしなかった。
 ところが極右的な東京都知事市原慎太郎に代表される日本の右派は、そうした状況をまるきり変えてしまった。今では要求という要求は全て最大限に拡大しなければならない、さもなくば、、、となってしまった。
 竹島衝突の後での論評に見られるように、日本の世論は紛争、とくに国境問題がらみとなると、紛争には両サイドがあるといういことが理解できないらしい。メディアや評論家は当然のように、日本の要求が全面的に正しくて、相手側が全く不当なクレームを付けていると決め込んでいる。公正であるはずのNHKでさえこれらの紛争の報道では(日本が)主張するという用語を使うことを忘れている。さらに醜い対決が起こる可能性は続いている。