Monday, Oct. 27, 2008

West ganging up on Russia
Russian Translation by Andre Fesyun

Western reports say Russia is in deep trouble because foreigners are fleeing its stock market following the recent conflict in Georgia. Maybe so. But none of this was very visible to me on a recent Moscow visit.

Shops cater to the newly rich on central Moscow streets that 10 years ago were lined with beggars and peddlers. Construction trucks clog the 12-lane Moscow ring road built well into the countryside. A subway system shuttles hordes of commuters at minute intervals into central Moscow from high-rise developments across that countryside. High wages attract workers from former Soviet republics. The dynamism is almost as palpable as in China.

True, the stock-market collapse was impressive. But it hurt few other than a handful of speculators and the get-rich-quick oligarchs given dominant shares in the economy during the disastrous Yeltsin years.

What hurts the Russians is how the West seems to have ganged up against them, first with NATO's push into East Europe and then accusing Moscow of aggression simply because it came to the rescue of South Ossetia in August.

Nor was it the first attack. In the early '90s both South Ossetia and the equally disputed Abkhazia had to fight bitter wars with Georgia to retain the autonomy granted them in Soviet years. Both mini-wars ended with U.N.-brokered settlements under which peacekeepers, mainly Russian, were installed.

Then on Aug. 7-8, Georgian troops suddenly attacked the South Ossetian capital and 16 Russian peacekeepers were killed outright in their beds. Many more Ossetians died (1,600 was the figure given me by the Moscow Diplomatic Academy).

Given that many South Ossetians have Russian passports and were liable to severe ethnic cleansing, a strong Russian counterattack was inevitable and justified.
So why is none of this recognized in the West? the Russians ask. It is not as though the facts were hard to find. But even as U.S. and British journalists were filing their detailed on-the-spot accounts of what had actually happened that night, their editors were grinding out the "punish Russian aggression" mantra. The Washington Post says the Russian goal is the overthrow of the pro-West Georgian government. If so, why did the Russian troops leave Georgia once they had stabilized the situation?

To someone like myself who lived and worked in Moscow at the height of the Cold War, the distortions are sickeningly familiar. First the West would do something ugly — invade Cuba, send U2 flights across the Soviet Union on the eve of breakthrough talks, brutalize Indochina. The angry Soviet reaction would then be used to justify the West's original atrocity, plus further atrocities. The Soviets would then use this to justify their atrocities. Even young children playing kindergarten tit for tat seemed to understand cause and effect better than most of our U.S.-British policymakers.

The Russians with whom I talked seem to have given up on the United States and Britain and are pinning their hopes more on the Europeans for understanding. While some West Europeans now do admit the attack by Georgia was a mistake, they insist that the Russian response was excessive, and that recognizing Abkhazia and South Ossetia as independent republics was illegal.

Excessive? Illegal? Then what was the European determination to bomb Serbia en route to having Kosovo forcefully detached from Serbia and recognized as an independent republic? Here the hypocrisy and double standards make even kindergarten tit-for-tat look good. Complaints about the suffering of Georgians now being expelled from South Ossetia fade into nothing compared with the sufferings of Serbs and other minorities ethnically cleansed from Kosovo by the now dominant ethnic Albanians, and which the West supported.

Complaints against Russian behavior in Chechnya seem more appropriate. But the West was largely silent there; those suffering were pro-Islam and not pro-West. Most of the Russians I have met have been equally silent. Double standards are not a Western monopoly, it seems.

Future trouble looms. Soviet era ideology endorsed the mixing of populations within loosely defined constituent republics. So in Soviet days South Ossetia and Abkhazia were bundled in together with Georgia proper despite strong ethnic differences. It was all supposed to help create a new Soviet identity of multicultural togetherness. But now all that is being undone as those constituent republics set out to create their own identities — much as happened after the breakup of the former Yugoslavia, incidentally, with the very painful results we have seen since. South Ossetia was one result.

Ukraine is another problem waiting to explode. Culturally and linguistically it is very close to Russia and its arbitrary borders include many Russian speakers. Indeed, when we traveled there from Russia in the 1960s it was rather like going from Kanto to Kansai; we had almost no sense of entering a different region.
Soviet Premier Nikita Khrushchev had even decreed that the firmly Russian populated Crimean region with its important naval port of Sevastopol should also be part of Ukraine, no doubt thinking this would help calm lingering anti-Russian feelings among Ukrainians who had suffered under pre-1953 Stalinism.

Today Ukrainian nationalism is killing those hopes as the regime distances itself from Moscow and seeks NATO ties. Any Russian reaction to this seeming betrayal by a former brother region on its borders — even simple demands that Ukraine begin to pay more for the subsidized gas it receives from Russia — meets predictable Western noise about Russian bullying and blackmail.

Meanwhile, similar cultural conflicts are already well under way in the three Baltic States of Latvia, Lithuania and Estonia together with Moldova and some of the former Soviet central Asian republics. Where will it all end?

Discuss this Article
ロシアからの報告 

 西側の報道によると、グルジアをめぐる最近の紛争の後で、われわれ外国人が株式市場から急激に引上げているため、ロシアはいま大混乱になっているという。それはあり得る。けれども、私が最近モスクワを訪れた時には、それらしいものははっきりとは目に付かなかった。
 ほんの10年前には乞食や物売りが列をなしていたモスクワの中心街では、にわか長者がぜいたく品を買っている。田園地帯に深く入り込んだ環状線の12車線道路は建築資材を運ぶ大型トラックで満杯だ。その田園地帯に点在する高層ビル付き開発から、優れた地下鉄網が分刻みで通勤客の群を都心へ運ぶ。高い賃金を目ざして旧ソビエトの各共和国から働きたい労働者が集まって来る。そのダイナミズムはほとんど中国に匹敵するほどに感じられる。もしロシア経済が、いわれているように石油に根ざしているのなら、ロシアは石油が豊富に違いない。
 たしかにあの株式市場崩壊は相当なものだった。だがそのダメージは、一握りの投機家や迷走したエルツェン時代の経済で独占的に富を手にした少数のにわか富豪など、限定的だ。
 ロシア人にとって痛手なのは、西側諸国が一丸となってロシアに向かってくることで、まずはNATOによる東欧進攻しかり、またグルジアからの攻撃を受けた南オセチアを助けに行ったというだけの理由で侵略だと糾弾されたことしかり、である。しかもグルジアによる攻撃はこれが初めてではない。1990年代初め南オセチアと、同じく紛争の的だったアブハジア両国は、ソビエト時代に獲得した自治を守るために、グルジアと困難な戦争を戦わなければならなかった。この二つのミニ戦争は、国連の仲介によって、主にロシア人からなる平和維持隊を置くことで決着がついた。その後今年87~8日の夜、突然グルジア軍が南オセチアの首都を攻撃、就寝中のロシア人平和維持隊16人を公然と殺害した。それをはるかに上回る数のオセチア人が死亡(前駐日ロシア大使アレクサンダー・ポノフが主宰するモスクワ外交アカデミー 今回私はそこで数回の講義を行うために招かれた のエキスパートが私に語ったところでは1600人という)。多くの南オセチア人がロシアのパスポートを持ち、グルジア人による民族浄化の犠牲になる恐れがあったため、ロシア軍の断固たる反撃は避けられない 正当化さえできる ものだった。ではなぜ、こうした事情が西側では認識されていないのか、とロシア人は疑問に思っている。
 真実が見えにくいというわけではないようだ。米英のジャーナリストがその夜実際に起こったことを詳細に現地報告していたにも関わらず、編集デスクを通って出てくるものはロシア侵略を罰せよという呪文のくりかえしばかり。ワシントンポスト紙は、ロシアの目標は親西側のグルジア政権を倒すことだという。ほんとうにそうか? もしそうならロシア軍はなぜ、状況が落ち着いたときグルジアを去ったのか。 
 私のように冷戦のピーク時にモスクワに住み勤務した者にとって、歪曲は嫌というほど見てきたもの。最初にわれわれの側が何か汚いことをやる キューバ侵攻、時局打開協議の前夜にソ連上空にU2型機を飛ばす、インドシナ半島の蹂躙。それに怒ったソ連の対応を、我が方は、自分たちの最初の暴虐を正当化するのにすり替え利用し、またそれ以後の暴虐を正当化するのにも利用する。そこでソ連は、それを自分たちの暴虐を正当化するのに利用する。幼稚園で仕返しごっこをやっている幼児たちでさえ、米英政策担当者の大半の人間より原因結果の関係をよりよく理解しているだろう。
 私が話したロシア人たちは、米英にはもうさじを投げて、ヨーロッパに理解を求めていこうと期待を絞っている。そしていま西欧の一部には、グルジアによる攻撃はまちがいだったと認める声も出始めた。だが彼らも、ロシアの対応はやり過ぎだ、またアブハジアと南オセチアを独立した共和国として承認することは違法行為だという。
 やり過ぎ? 違法行為? では、ヨーロッパがセルビアからコソボを強制的に分離し、独立した共和国として認めたその課程で、ヨーロッパによるセルビア爆撃の決断は何だというのか。この偽善とダブルスタンダードを見ると、幼稚園児のしっぺ返しごっこは、よい行いにさえ見えてしまう。今やコソボで支配的勢力となり西側の支援を受けているアルバニア系住民から民族浄化を受けたセルビア人ほか少数民族の苦しみに比べれば、南オセチアから追放されているグルジア人の苦しみの訴えなど、霧の中にかすんでしまう。
 チェチェンにおけるロシア人の行動に対する非難はより正しいものがある。だがこの件については、西側は概して沈黙している; 被害者が親イスラムで、親西側ではないから。私が会ったロシア人の多くも同様に沈黙だ。ダブルスタンダードは西側の専売特許ではないらしい。
今後のトラブルが予想される。ソビエト時代は、ゆるやかに画定されたソ連邦構成共和国内の住民が交じり合うことを、イデオロギーが奨励した。だからソビエト時代は南オセチアとアブハジアは、民族の大きな違いにもかかわらず、グルジア本流と合併させられていた。新しいソビエトの多文化統合アイデンティティ創造という仕事にみんなが手を貸しているという意識だった。ところが今や、構成共和国は自分たちの独自のアイデンティティ造りに乗り出し、すべてはほどけてしまった。 ちなみに、前ユーゴスラビア解体の後に、非常に痛ましい結果が多々生まれたことはわれわれのよく知るところだ。
南オセチアもそのひとつだった。ウクライナももう一つ、時限爆弾を抱えた問題だ。文化的にも言語的にも、ロシアに非常に近く、恣意的につくられたその国境にはロシア語を母語とする人々が多く住んでいる。実際1960年代にわれわれがロシアからその地方へ旅したとき、まるで関東から関西へ行くようなもので、異なった地域に入るという感覚はほとんどなかった。ソビエト指導者ニキタ・フルシチョフが敢えて、ロシア人が圧倒的に多く重要な海港セバストポリを抱えるクリミア地方もまたウクライナの一部とすべきだ、という法令まで出したのは、明らかに、1953年以前のスターリニズム下で苦しんだウクライナ人の中にまだ残っている反露感情を鎮めるのに役立つと考えてのことに違いなかった。今日、ウクライナ政権がモスクワと距離を置きNATOとの接近を求めているのは、こうした希望を殺している。国境を接する元兄弟分の隣国の裏切りとも言える行為に対するロシア人のリアクションは ウクライナがロシアから提供されている補助金付きガスに対しより高く支払うべきだという単純な要求さえ すべて、これはロシアのいじめであり、脅しだと西側の抗議の声に包まれるのも、予想した通りだ。
一方、ラトビア、リトアニア、エストニアのバルト3国、またいくつかの前ソ連邦中央アジア共和国でも同じく、この種の文化紛争がすでに進行中である。これらはみな、一体どういう結果に行き着くのか。