Pack journalism can be lethal

Some call it pack journalism. It is also lazy journalism.
Instead of checking facts, the media prefer to follow what others are saying. And what others are saying is often inspired by establishment hardliners seeking to impose their agendas with the help of bogus news agencies, subsidized research outfits and hired scribblers.
Beijing is a frequent victim. One example is the pack journalistic myth of a Tiananmen Square massacre of students in 1989. All one needs to do to get the true story is insert "Tiananmen" into Google and read the reports at the time from none other than the U.S. Embassy in Beijing.
You will discover that the so-called massacre was in fact a mini civil war as irate Beijing citizens sought to stop initially unarmed soldiers sent to remove students who had been demonstrating freely in the square for weeks. When the soldiers finally reached the square there was no massacre. There were in fact almost no students.
As evidence of its alleged heavy-handed approach to Taiwan we are often told how Beijing labels that territory as a "renegade province." We are never told the source of the term, because it almost certainly does not exist (I read and speak Chinese and have never come across it). What Beijing does say is that there is only one China, and that Taiwan is part of that China. But the fact that all the major powers, including the United States, have agreed to or acknowledged that claim finds little mention in the international media. Beijing is almost always portrayed as unilaterally and forcefully laying claim to the island.
The death of former Yugoslav and Serbian leader Slobodan Milosevic saw pack journalism at its worst. "Butcher of Belgrade" was the favorite accusation. Few were interested in the background, which begins with the fact that during the wartime German occupation of the former Yugoslavia, up to one million resisting Serbs were butchered by the Nazis and their fascist Muslim and Croatian allies -- the Ustashi -- whose brutalities were said to have shocked even the Nazis.
The post-1945 communist regime did all it could to dampen the resulting ethnic hatreds. Even so, sporadic attacks on Serbs by Ustashi fanatics continued. Then came the premature recognition by the West of Croatia and Bosnia as independent states in 1991/92. This meant the large Serbian minorities in both regions would have to accept the rule of their former oppressors. Bitter hostilities were inevitable, with the Serbian so-called "ethnic cleansing" in many cases being part of an effort to recover the towns and villages from which they were so cruelly expelled before 1945.
True, there were also atrocities by not only the Serbs. One of the worst was the brutal expulsion of some 500,000 Serbs from the Krajina region of Croatia -- an act of genuine ethnic cleansing that attracts little attention from anti-Serb critics, as does the fact that prior to the much-mentioned expulsion of 7,000 Bosnian Muslims from the former Serbian town of Sebrenicia, with some massacred, there had been systematic massacres of Serbs in the surrounding villages.
The true "butchers" in Yugoslavia were the U.S., British and German planners who orchestrated the break-up of this once ethnically stable nation. Their aim: to weaken Serbia, seen as pro-Moscow, and to extend Western influence into a formerly neutral area of Eastern Europe. The planners must have known how past ethnic hatreds would surface. For as we see in Iraq and Dafur today, when deep-seated ethnic or religious differences within a nation are triggered, atrocities and even mass exterminations are inevitable.
Every civilian, on the other side, has to be seen as a real or potential enemy. Atrocities can only be ended by forceful separation of the rival groups. But in Bosnia, the U.S. opposed separation through till 1995, claiming remarkably that it might create a precedent for ethnic division in the U.S. The U.S., incidentally, was the first to practice Dafur-style scorched-earth policies with its free-fire-zone policies during the Vietnam conflict.
The attempts to blame Milosevic for the Kosovo conflict were even more biased. We now know that as early as the 1980s, the U.S. and Britain were encouraging and training ethnic Albanian extremists of the Kosovo Liberation Army (KLA) to undertake guerrilla war against the Serbian presence. Somehow the legitimate Serbian military resistance to these attacks was supposed to be yet another form of "ethnic cleansing." We were supposed to believe that the Serbian 10 percent minority was determined to cleanse Kosovo of its 90 percent ethnic Albanian majority.
Ironically "ethnic cleansing" was a term originally invented by the KLA to describe its goal of driving all Serbs out of Kosovo -- a goal it has now largely achieved with the help of the West. The trigger for much of the anti-Serbian demonization was a speech Milosevic made in Kosovo in 1989. It is described repeatedly as a racist manifesto calling for a Greater Serbia state. No one seems to have bothered to read the speech. If they did they would see that in fact Milosevic was calling for racial tolerance to cope with the tense situation created originally by deep-rooted and long-standing ethnic Albanian hostility to the Serbian presence in Kosovo -- a presence that had once been strong in this former Serbian homeland but had been greatly reduced by pro-Nazi Albanian wartime rampages against Serbian villages.
Worse was to follow. Forced to move out of Kosovo or have his country bombed, Milosevic agreed to move provided the respected ethnic Albanian moderate Ibrahim Rugova was put in charge. But the U.S., in the shape of feisty Secretary of State Madeline Albright, insisted on the young, vigorous KLA leader Hashim Thaci. When Milosevic objected to what in effect would be a death or expulsion sentence for any Serbs remaining in Kosovo, NATO launched its vandalistic bombing attacks on Serbia to force compliance. The KLA under Thaci then went on expel more Serbs, Jews and other minorities from Kosovo and to launch attacks into southern Serbia and Macedonia as part of its campaign to create a Greater Albania.
Today Thaci rejects even the role of the United Nations in Kosovo. Meanwhile Serbia, which has seen much of its economy destroyed and has had to absorb close to one million refugees from Croatia, Bosnia and Kosovo, still suffers demonization. Pack journalism is a powerful weapon.

Discuss this Article
パック・ジャーナリズムは時には死に至る毒

それをパック(群れ)・ジャーナリズムと人は呼ぶ。それはまた怠け者ジャーナリズムでもある。
 メディアは、真実を見極めようとしないで他人が言ったことを受け売りすることを好む。そして、他の人が言っていることというのは、得てしていんちき通信社、政府補助金をもらっている研究グループ、お雇いヘボ学者の助けを借りて自らの行動計画を押し付けようと画策する、体制側の強硬派に影響されているものだ。
 中国はよく彼らの標的にされる。その一例が、
1989年天安門における学生虐殺というパック・ジャーナリズム的神話である。その真実を知るためにはただグーグルに"天安門と入れて当時のリポート、ほかならぬ在北京アメリカ大使館のリポートを読むだけでいい。
いわゆる
大量虐殺は実際には、数週間前から天安門で自由にデモを続けていた学生たちを広場から排除するために派遣されたはじめ非武装だった兵士たちを苛立った北京市民らが阻止しようとして起こったミニ内戦だったことが分るだろう。兵士らが最終的に天安門に到達したときには、大量虐殺はなかった。実際には学生たちはほとんど姿を消していた。
 中国の台湾に対するいわゆる強圧的アプローチの証拠として、よく言われるのが,中国はその領土を、
裏切の州とレッテルを貼っているということである。この用語の出所はどこか説明されたことはない。というのは、ほぼ間違いなくこんなことばは元々存在しなかったからだ。(私は中国語を読み話すが、いまだかつてこの用語に出会ったことがない。)中国が実際に言っていることは、中国はただ一つであること、そして台湾はその中国の一部であるということだ。ところがアメリカを含め全ての主要国がその主張に同意した、あるいは認めたということについては、国際的メディアの中でほとんど触れられることがない。そしてほとんど常に中国は、その島に対して一方的で強圧的な要求を持っているとして描かれる。
 元ユーゴスラビアとセルビアの指導者スロボダン・ミロソビッチの死には、パック・ジャーナリズムの最悪の例が見られる。
ベルグラードの屠殺人というのが彼に対するお好みの表現だった。だが、その背景に関心を持つ人はほとんどいなかった。背景の始まりは、戦時中元ユーゴスラビアをドイツが占領していたとき、100万人にも及ぶ対独レジスタンスのセルビア人がナチスとその同盟者であるファシスト・イスラム教徒とクロアチア人(ウスタシ)によって虐殺された。その残虐さにナチスさえショックを受けたといわれる。
 
1945年以降、共産主義政権は万策を尽くし、それがもたらした民族憎悪を消し去ろうとした。それでも狂信的ウスタシによる散発的なセルビア人攻撃は続いていた。その折りも折り西側諸国は時期尚早にもかかわらず199192年クロアチア、ボスニアを独立国家として承認すると宣言した。それは両地域において多数に上るセルビア人少数民族がかつての抑圧者の支配下に入らなければならないことを意味した。厳しい対立が避けられないのは目に見えていた、セルビア人によるいわゆる民族浄化は多くの場合1945年以前に残酷に追放された町や村を取り戻すための彼らの闘いの一環だった。その中では一部虐殺も起こった。
 しかし一方、セルビア人以外の側からの虐殺もあった。その最悪のものの一つは、クロアチアのカラジナ地区から
50万セルビア人の暴力的追放である。 これこそ本物の民族浄化だったが、反セルビア評論家たちからはほとんど注目されていない。またセブレニチアの元セルビア人町から7000人のボスニア人イスラム教徒が虐殺もまじえ追放されたが、これに先立って、その周辺の村々で組織的セルビア人虐殺があったことも、あまり知られていない。
 ユーゴスラビアの真の
屠殺人はアメリカ、イギリス、ドイツ当局者たちで、彼らは以前は民族的に安定していたこの国の分裂を求めて結集した。彼らの目的は、当時親ロシア的と見られていたセルビアを弱体化すること、東欧の以前中立だった地域に西側の勢力を拡大することだった。彼ら当局者たちはどうすれば昔の民族間の憎しみが表面化するか知っていたはずだ。なぜならば今日のイラクやダルフールに見られるように、一国内に深く根ざした民族的、宗教的違を刺激すれば、必ずや虐殺が起こり大量虐殺さえ避けられない。
 反対側の市民がすべて真のあるいは潜在的な敵と見られることになる。対立するグループを強制的に分離しない限り暴虐は止まない。ところがボスニアでは、アメリカが
1995年までずっと分離に反対した。 意外にも、それがアメリカにおけるエスニックな分割の前例になる恐れがあるという理由で。ちなみにアメリカはベトナム紛争で無差別殺戮ゾーン政策でもって、ダルフール式の焦土作戦を実施した最初の国だった。
 これよりさらに偏向しているのが、コソボ紛争に関してミロソビッチを非難しようとする試みだ。
80年代アメリカとイギリスは、コソボ解放軍(KLA)のアルバニア系過激派がセルビア人の存在に対してゲリラ戦を行うことを奨励し訓練していたことは、今ではすでに周知の事実だ。これらの攻撃に対するセルビア軍隊の正当な抵抗を、なぜかこれもまた民族浄化と決めつけた。10%の少数派のセルビア人が残りの90%のアルバニア系多数派住民をコソボから浄化する決意を固めているという説明を、われわれは信じるべきだというのである。
 皮肉にも
民族浄化は元々KLAがコソボからセルビア人を全て追い出そうという目標 西側の後押しで今ではおおよそ達成できた目標 を表現するために発明した用語だった。セルビア人を悪魔に仕立てる反セルビア・デモナイゼーション作戦の引き金とされたのは、主としてミロソビッチが1989年コソボで行った演説である。その演説は、大セルビア主義国家建設を呼びかけた人種主義的マニフェストだ、とくりかえし批評された。演説を敢えて自分の目で読んでみようとする人はいないらしい。実際に読んでみれば、その中でミロソビッチは、コソボにおけるセルビア人の存在 前セルビア人ホームランドであるこの地においてかつては強かった存在、しかし親ナチス・アルバニア人による戦時中のセルビア人村攻撃によって大規模に減少した存在 に対するアルバニア系住民の根深い長年にわたる敵意が生んでいる緊迫状態を和らげるために人種的寛容を呼びかけているのが分るはずだ。
 次にはさらに悪いことが起こった。コソボからの強制立ち退きを迫られ、また国を爆撃されてミロソビッチは、尊敬されているアルバニア系穏健派のイブラヒム・ルゴヴァがリーダーになるなら降板すると同意した。だがアメリカは、やる気満々のマデレーン・オルブライト国務長官が、若く精力旺盛な
KLAリーダー、ハシム・タチでなければといってごねた。コソボにとどまっていたセルビア人にとって死または追放宣告に等しいこの条件に、ミロソビッチが反対したとき、NATOはセルビア人を屈服させるために意図的破壊的セルビア爆撃を開始した。
 タチの下で
KLAは、コソボからさらに多くのセルビア人、ユダヤ人ほかの少数民族の追放に乗り出し、大アルバニア建設のキャンペーンの一環として、南セルビアとマケドニアに進攻を開始した。
 今日、タチはコソボにおける国連軍の役割さえ受け入れようとしない。その間にセルビアは経済の大部分を破壊され、クロアチア、ボスニア、コソボから
100万近い難民を受け入れることを余儀なくされた上、いまだに悪鬼呼ばわりに苦しめられている。パック・ジャーナリズムは強力な武器ではある。