Insults reserved for Islam

Recently, when a Danish newspaper published cartoons offensive to Muslims, Muslim protests met claims that our Western democracies had to uphold the sacred principle of free speech. Under no circumstances could we Westerners be expected to give up that important right simply because others objected to being criticized or insulted.
But wait a moment. Don't our Western democracies ban racial criticisms and insults? What happens to our sacred principles and rights then?
Indeed, even as the debate over the Danish cartoons was under way, an anti-Western Muslim in Britain was sentenced inter alia to 21 months imprisonment for allegedly inciting racial hatred against us Westerners.
And now in the United States and Australia, even speech favoring alleged Islamic enemies can be punished. So what are we to conclude -- that it is OK to disparage people for their religion, but not for their politics or race?
One wonders how educated Muslims view this contorted logic, particularly since it is contradicted by the brutally racist conduct of U.S. and British soldiers in Iraq.
As for the limp-wristed apologies for that conduct coming out of London and Washington, we all know that, if not for the incriminating videos and photos, those atrocities would have remained unpunished. Indeed, it is quite likely they would still be continuing.
In Vietnam, even worse atrocities continued happily for 10 years without any of our governments or media getting very disturbed. Racial contempt for occupied peoples is buried deep in the psyche of the Western soldier.
But getting back to the elevated world of what we in the West say rather than what we do -- the reason we oppose, at least in principle, racial insults is that race is an important part of our identity. We have a long history of racial brutalities, hatreds, discriminations toward each other. So today we have no choice but to try to put a lid on remarks that try to inflame or justify them.
Now turn to Muslim societies. For them religion rather than race is more important for identity. One reason is that they have a powerful religion -- Islam -- that provides a seemingly coherent code of both spiritual and temporal conduct. The global spread of Islam is one result. True, there are factional differences -- Shiite versus Sunni, for example. Even so, all Muslims accept that there is one source of ultimate truth (Mecca) -- something that cannot be said of our fractious Western religions.
The remarkable way Muslims manage to sublimate racial differences for the sake of religion is one result. The sight of millions of Muslims from all nations, rich and poor, all clad in identical white robes, all living and praying together for days on end to complete their Hajj obligations at Mecca, is proof. Could any of our Western religions claim to overcome racial differences as easily?
In short, while we in the West, and Japan, still cling to the tribalistic concept of race as the basis for identity, and are sensitive to any criticisms in this area, the Muslim peoples have moved on to the concept of religion as the basis of identity and are equally, if not more, sensitive to criticisms in this area.
At the very least, to ridicule Muslims for their sensitivity to religious insults while we busily jail people in our own societies for racial insults is not a very impressive example of our allegedly superior Western values in action. But the chances of this penetrating the closed, ethnocentric minds of our anti-Muslim pundits is close to zero, I am afraid.
The same biases pollute our media. Islamic militants fighting to rid their country of Western occupation armies are automatically denounced as "terrorists" (even if not too many years ago they were embraced as "freedom fighters" when they opposed Soviet occupying forces). Those willing to sacrifice their lives in the process are denigrated as deranged, cowardly, fanatical.
Nazi Germany in its efforts to suppress guerrilla and resistance forces in occupied territories would have used such vocabulary proudly.
True, the U.S. says it wants democracy for the Muslim peoples, yet it imposes bans whenever fair elections return or threaten to return Islamic movements it does not like -- Algeria, Iran and now Palestine. Meanwhile it retains close links with regimes that it likes but which refuse elections. It is like American industrialist Henry Ford saying his customers could have any color car they wanted, provided it was black.
The Islamic peoples are not fools. How much longer do we expect them to put up with this kind of self-serving nonsense?
Following the Hamas victory in the recent Palestine elections, we were treated to endless media warnings about the victory of a terrorist organization calling for the destruction of the Israeli state. The allegedly impartial BBC was as guilty as most. Soon afterward, though, the same BBC did give us an impartial documentary that made it clear that Hamas was the only political force offering concerned and noncorrupt government for the Palestinian people, and that its anti-Israel attitude owed much to Israeli defiance of U.N. resolutions condemning takeovers of Palestinian territory and the expulsions of Palestinian people.
More than anything else, it is this inability to realize cause and effect -- that if people lose their rights and their territory by force then they have no alternative but to retaliate with force -- that underlies Muslim anger against the West.
If I were to exercise my right of free speech and suggest that maybe use of force is justified in freedom-loving Australia, I would be jailed, to the applause of the very people who demand the right to insult and use force against Muslims. How hypocritical can you get?
Discuss this Article
イスラム向けリザーブ侮辱

 最近デンマークの新聞がイスラム教徒を怒らせるような漫画を掲載したとき、イスラム教徒たちによる抗議は、われわれ西側デモクラシーは言論の自由という神聖な原則を擁護しなければならない、という反駁を受けた。単に相手側が批判されたとか侮辱されたと抗議したくらいでは、われわれ西側社会は何があってもその重大な権利を放棄してはならないということだった。
 だが、ちょっと待って。われわれ西側人のデモクラシーは、人種的な侮辱を禁じているのではなかったか。われわれの神聖な原則や権利はどこに行ってしまったのだ。
 現に、その一例として、デンマーク漫画をめぐる論争が進行している最中でさえある英国在住反欧米的イスラム教徒が、われわれ欧米人に対する人種的憎悪を煽ったとして、
21ヶ月の投獄を宣告されている。
そしていま、アメリカやオーストラリアで、いわゆるイスラムの敵に好意的な話しをしてさえ、有罪にされそうなありさま。 となると、ここから出てくる結論は、宗教で人をさげすむのはよいが、政治や人種で人をさげすんではいけない、ということか。
 この歪曲した論理を、教育のあるイスラム教の人々はどう見るか、とくに、イラクでのアメリカ兵やイギリス兵による人種主義的暴力行為がこの論理とも矛盾しているのを見て。
 それらの行為について、ロンドンやワシントンから弱々しいお詫びが発せられたが、もしあの証拠ビデオや証拠写真がなかったら、何も知られず闇の中だったろうことは誰にでも分る。実際、ああいうことがいまも続いている可能性は大である。
 ベトナムでは、さらに悪質な暴虐が、われらが政府やメディアから半ば無視されたまま、平気で
10年も続いた。占領された人々への人種的蔑視は、西側兵士の心理の中に深く根を張っている。
 ところで、実際の行動はどうあれ、われわれ西側が自任しているいわゆる
高尚な世界へ話を戻そう。 われわれが、少なくとも原則上は、人種的侮辱に反対する理由は、人種がわれわれのアイデンティティの重要部分を形成しているからだ。われわれには、人種主義に基づく暴力、憎悪、相互差別などの長い歴史がある。だから今日、それらの悪を扇動したり正当化したりする言動にはフタをする以外にわれわれに選択の余地はない、ということだ。
 では、イスラム社会を見てみよう。彼らにとっては、アイデンティティの上で、人種よりは宗教が重要だ。一つの理由は、彼らは、魂と現世行為の両者を密着させる色合いの濃い教えを説く強力な宗教
 イスラム教 をもつからだ。イスラム教が世界中に広まったのはその一つの結果だ。たしかに、派による違いはある。 シーア派対スンニ派、など。それでも、全てのイスラム教徒は、一つの究極の真実の源泉(メッカ)があると理解している。 これは、分裂的なわれわれ欧米人の宗教には当てはまらないことだ。
 イスラム教徒たちが、見事に、宗教のために人種的差別を手なずけているやり方はその一つだ。数百万のイスラム教徒が、あらゆる民族の、富者も貧者も、みな同じような白い衣装をつけ、メッカでハッジ義務を果たすためにともに祈り続ける、絶えることない光景はその証拠だ。われわれ欧米人の宗教が、どれか一つでも、これほど容易に人種の差別を克服していると主張できるだろうか。
 言い換えれば、われわれ欧米人は、また日本人も、アイデンティティの基盤として人種という族的概念にこだわり、この領域の批判には敏感であるが、一方、イスラム教徒たちは、アイデンティティの基盤を宗教へと移行させたために、その領域での批判には、より多くとはいわないまでも同じ程度に、敏感なのだ。
 最小限、われわれ自身の社会内で、人種的侮辱の罪で人を投獄することに懸命になっている一方、イスラム教徒が彼らの宗教への侮辱に対して敏感だとバカにすることは、われわれが自称する
より優れた価値観の社会の現象としては、あまりほめられた事例ではない。けれども残念ながら、このような思考がわれらが反イスラム教徒的独断的評論家たちの閉鎖的、自人種中心的な頭の中に浸透できる可能性はほとんどゼロだ。
 この同じ偏見が、われわれのメディアを汚染している。自分の国から欧米の占領軍を追い出そうと戦っているイスラム武装集団は、機械的に
テロリストと弾劾される。(そんなに遠くない過去に彼らがソ連の占領軍と対峙していた時には、彼らは"自由の戦士"と称えられていたのだが。)その過程で進んで自分の命を犠牲にしようとする者に対しては、錯乱者、臆病者、狂信者などと侮蔑する。
 ナチスドイツなら、占領地におけるゲリラや抵抗勢力の鎮圧のためなら、喜んでこのような用語を使ったことだろう。
 確かに、アメリカはイスラム教徒の人々に民主主義が必要だという。だが、公正な選挙で、自分の気に入らないイスラム勢力の政権が成立する、あるいは成立しそうになると、いつもそれを禁止する
 アルジェリア、イラン、そしていまパレスチナで。 その一方、気に入った政権は、たとえ選挙を拒否するような政権でも、親しい関係を続ける。アメリカ人企業家ヘンリー・フォードがいったように、自分の客は何色の車をもってもいい、それが黒である限り、だ。
 イスラムの人々は馬鹿ではない。これから先いつまで、彼らはこの種の身勝手なたわごとを我慢しているだろうか。
 最近のパレスチナ選挙でのハマスの勝利を受けて
イスラエルという国の破壊を呼びかけるテロリスト組織の勝利について、メディアの果てしない警告を聞かされる。
 公正をもって自任する
BBCも同罪だった。けれどもその直後に、同じBBCが公正なドキュメンタリー パレスチナ人にとってハマスは、国民のことを考え腐敗のない政府を提供できる唯一の政治組織であること、また彼らの反イスラエル感情は、主にイスラエルによるパレスチナ領域占領とパレスチナ人追放を弾劾した国連決議にイスラエルが逆らっているのが原因であること、を明確に示した番組 を放送した。何よりも、この原因と結果の関係 もし人が力ずくで権利と領土を奪われたら力ずくで反撃するより他に方法がないということ を西側の人々が理解できないことが、彼らに対するイスラム人の怒りの底にある。
 もし私が言論の自由の権利を行使して、自由を愛するオーストラリアにおいて武力の行使が正当化されうると示唆したとすれば、私は投獄され、イスラム人たちに対して侮辱し且つ武力を行使する権利を要求するまさにその連中は喝采して喜ぶことだろう。どこまで人間は偽善的になりうるのか。