Japan Times Thurs. Nov.1, 2007
Trumped up war on 'terror'

My French aunt died the other day. She was lovely woman. But sadly she was also a terrorist.
Born British, she had married a member of the French World War II Resistance forces fighting the Nazi occupation of their country. He had been betrayed by another Resistance fighter under Nazi torture, himself tortured and then killed. She had survived the next three years in a German slave-labor camp.
At the war's end, she was brought back to France as a heroine. But the fact remains that she and others in the Resistance had used violent, undercover force against the established authorities. By today's standards that is "terrorism." And that is what the Nazis thought too.
The world was not always so mixed up. In the past the right of people to use force to oppose perceived injustices by oppressive regimes was generally recognized.
Even if they opposed regimes we liked, we at least called them insurgents or guerrillas. Now they are automatically called "terrorists" unless, of course, they oppose regimes we dislike, in which case they are called "freedom fighters."
Afghanistan used to be the classic example, with the former Taliban anti-Soviet "freedom fighters" transformed into "terrorists" the moment they became anti-U.S. Today we have an even more extreme example in northern Iraq where, as the New York Times points out, the U.S. condemns the PKK Kurdish guerrillas there fighting against Turkey as terrorists at exactly the same moment as it quietly supports the same guerrillas when they are fighting against Iran.
The damage is not just linguistic. Once you denounce people as "terrorists" you do not have to consider their motives. By definition they become crazed fanatics deserving cruel suppression. Even torture is permitted. The idea that they may include people of genuine conscience and bravery, like my aunt, can be dismissed.
Japanese media are probably the worst offenders.
Currently they talk endlessly about something called the antiterror law. In fact, much of the debate is over whether fuel supplied to U.S. warships in the Indian Ocean was once diverted from Afghanistan for use in Iraq. There is almost no mention of the "antiterror" results in Afghanistan — villages bombed with heavy losses of civilian life that even the pro-U.S. Afghanistan regime deplores.
True the Japanese can be excused if they do not realize the pejorative "have you stopped beating your wife" implications of the word "terror." But we English-speakers have less excuse. By denouncing as "terror" the resort to force by Northern Ireland's Catholic minority seeking justices, London managed to delay for more than 20 years the negotiations needed to resolve the situation.
Violence by the authorities against the IRA "terrorists" simply led to increased IRA violence against the authorities. A typical vicious circle got under way, similar to what we have seen repeatedly in a host of tragic guerrilla war situations everywhere from Aceh and Sri Lanka to Chechnya and Colombia, and which the authorities invariably denounce as "terrorism."
Ironically, one of the few examples of genuine terrorism in recent years was in Japan — the sarin gas attacks by Aum fanatics. Before that we had the wartime Japanese bombing attacks on Chinese cities and the U.S. fire-bombing attacks on Japanese cities, both of which came close to the true definition of terror — indiscriminate destruction of civilian life and facilities for no purpose other than hatred and revenge.
Al-Qaida attacks on the United States are described as terror. In fact they were a new form of global guerrilla war with a clear purpose — removal of the U.S. presence from the Middle East to allow the creation of a unified Islamic state.
If this fact was properly realized it is quite likely the U.S. could have come up with effective countermeasures. Instead the crudely emotional U.S. backlash to so-called 9-11 "terror" has already begun the global escalation needed to help the "terrorists" reach their objective
The biases continue. The world is right to be upset over Darfur, though there are also elements of a civil war situation there. In Somalia today far worse is happening. But since the hundreds of thousands of starving refugee victims of indiscriminate U.S.-backed air attacks are described as Islamic "terrorists," few care.
Yet those so-called Somalia "terrorists" enjoyed far more popular support than the rival U.S.-backed warlord regimes. They were the only people who could provide Somalis with desperately needed law and order, noncorrupt government and social services. Their only sin was that they were strict Islamists.
In Lebanon and Gaza, the pro-Islamist forces — Hezbollah and Hamas — have enjoyed similar popular support and for much the same reasons. But they too are designated as "terrorists" because, as in Northern Ireland, they too have felt they had no choice but to resort sometimes to force against perceived injustices. Israel's attempts to retaliate in Gaza by starving Hamas into submission hardly seem appropriate for a nation whose own people suffered similar treatment from the Nazis in the 1945 Warsaw Ghetto.
In the past, when might was right, we could ignore the rights and wrongs of these kinds of disputes. But today the people who believe they are wronged have the technologies to retaliate.
To describe their often self-sacrificing attacks as cowardly terrorism while the people who drop 227-kg bombs, white phosphorous and cluster bombs on them are brave warriors in the war against "terror" is less than convincing.

Discuss this Article

テロとの戦いを拵えて


 私のフランスの叔母が先日亡くなった。可愛い女性だった。ところが悲しいかな、彼女はテロリストでもあったのだ。
 叔母は英国生まれだが、結婚相手は、第二次大戦中に祖国フランスを占領したナチスに抵抗したレジスタンス戦士だった。ほかのレジスタンス戦士のナチスの拷問による裏切りで、彼も拷問され、殺された。叔母自身も、その後3年間強制労働キャンプに入れられたが、生き延びた。
 戦争が終わると、彼女は英雄としてフランスに戻った。とはいえ、彼女やレジスタンスの仲間が、体制側当局に対して暴力的、秘密的な手段を取ったという事実は残る。
今日の定義では、それは
テロリズムだ。ナチスもそう考えていた。
 世界がいつもこのようにおかしい考え方をしていたわけではない。以前は、抑圧的政権による不正義で痛めつけられたものが抵抗して武力に訴えるという人民の権利は、一般に認められていた。
 たとえ彼らが、我々が好む政権に反対しているときでも、少なくとも反乱者とか、ゲリラという呼び方をした。ところがいまは、こういう人間を自動的に
テロリストと呼ぶ。だがもちろん、彼らが我々が嫌う政権に反対している場合は別で、その場合は自由の戦士と呼ばれる。
 アフガニスタンがその典型的な例だった。以前は反ソ連
自由の戦士だったタリバンが、反米になった途端、彼らはテロリストになった。今日さらに極端な例が北部イラクに見られる。ニューヨークタイムスが指摘するように、アメリカは、そこでトルコと戦っているPKK(クルド労働者党)クルド人ゲリラをテロリストと非難する。そして全く同時に、その同じゲリラがイランに対して攻撃を仕掛けているのを密かに後押ししている。
 このことのダメージはことばのダメージにとどまらない。一旦人間にテロリストのレッテルを貼れば、もう彼らの動機について考える必要がなくなってしまう。定義によると、彼らは常軌を逸した狂信者となり、情け容赦なく弾圧するべき対象となる。拷問さえ許される。彼らの中には、たとえば私の叔母のように、純粋で良心的で勇敢な人びとも含まれているという考えは排除される。
 日本のメディアはもしかすると最悪の犯罪者かもしれない。
 目下彼らは、さかんに反テロ法というものについて語っている。だが実はこの論争の大半はインド洋上の米戦艦に対する燃料供給が以前にアフガニスタン以外にイラクでの活動にも向けられたかどうかに集中している。アフガニスタンにおける
反テロ活動の結末(親米のアフガニスタン政権でさえ嘆いているように村が焼かれ多くの市民の命が失われたこと)への言及は皆無に近い。
 たしかに日本人は、
テロということばの持つもう女房なぐりはやめたのか的な頭ごなしのきめつけの語感を認識しないとしてもやむをえないかも知れない。だが我々英語圏のものは、言い訳の余地は少ない。正義を求めている北アイルランド・カトリック系少数民族による力の行使をテロときめつけることで英政府は、問題解決に必要な交渉を20年以上先延ばしにした。
 IRA
テロリストに対する英当局の暴力は、当局に対するIRAの暴力をさらに拡大しただけ。典型的な悪循環になった。これは、当局側が一様にテロリズムと告発しているアチェやスリランカからチェチェンやコロンビアにいたるまで、何度も繰り返されてきた一連の悲劇的ゲリラ戦争についても同じだ。
 皮肉なことに、近年の数少ない生粋のテロの一つは、日本で起きている
 オウム狂信者たちによるサリンガス攻撃。さらに遡れば、日本軍による戦時中の中国諸都市の爆撃、米軍による日本諸都市の焼夷弾攻撃、ともにテロの真の定義 憎しみと復讐以外に目的を全く持たない、市民生活を施設の無差別破壊 に近いものだ。 
 米国に対するアルカイダの攻撃はテロと呼ばれる。だが実はそれは、明らかな目的を持った、グローバルなゲリラ活動の新しい形態だった。
 つまり、統一イスラム国家建設に向けて中東からアメリカの存在をなくすこと、だった。
 仮にこのことが正しく理解されていたならば、アメリカも有効な対抗策が打ち出せたかもしれない。ところがそうなる代わりに、いわゆる
9.11“テロに対するアメリカの感情むき出しの巻き返し反応は地球規模の拡大の一途をたどっているが、それは、テロリストたちの目的達成のための後押しとして必要なものだ。
 このような偏見はいまも続いている。ダルフールのことを怒るのは正しい。だがそこにはまた、内戦といえる状況も生まれつつある。ソマリアでは、はるかにひどいことが起きている。だがアメリカが支援する無差別空爆の犠牲者、数十万の飢えた難民はイスラムの
テロリストというレッテルを貼られて、人々の関心は薄い。
 ところが、これらのソマリア
テロリストは、対立しているアメリカ支援の軍属政権よりはるかに大衆の支持を受けている。ソマリア人が最も必要としている法と秩序、清潔な政府、社会サービスを提供できるのは彼らしかない。彼らの唯一の罪は、厳格なイスラム教徒であることだ。
 レバノンとガザで、親イスラム勢力
 ヒズボラとハマス- が同じように人民の支持を得ているのも、ほぼそれと同じ理由からだ。だが彼らもまた、北アイルランドと同じで、自分たちを苦しめる不正義に対して時には武力で対抗するほか手立てがないと感じているために、テロリストというレッテルを貼られている。イスラエルがガザでハマスを飢えさせて屈服させようとする報復措置は、1945年ワルシャワ・ゲットーでナチスから同じような扱いを受けて同胞が苦しめられた民族としては、決して適切なやり方とはいえない。
 過去において、力が正義であった時代、この種の議論の正否は問題外だった。だが今日、不当な扱いを受けていると信じた人々は、それを正す技術をもっている。
 しばしば自己犠牲を伴う彼らの報復的攻撃を、卑怯な
テロリズムと呼び、その一方で、227kg爆弾、黄燐爆弾、クラスター爆弾を彼らの上に落とす人間をテロとの戦いの勇敢な戦士と称えることは、どうにも説得力がない。