Monday, Aug. 27, 2007

Hope for peace in partition?

Why is the world so reluctant to accept partition as the answer to ethnic, religious or political conflicts? The Kosovo conflict may finally be moving in that direction, but only after all sides debased themselves by years of murderous conflict. In Iraq, too, the much-needed separation into three autonomous units — Shiite, Sunni and Kurd — is finally being considered, but again only after years of senseless brutality.

Partitioning seems to raise false images of national surrender and dismemberment — a blot on the precious badge of national sovereignty. But national honor need not be sacrificed. Indeed, separating warring factions today could be the key to national revival and integrity tomorrow.

Taiwan is a good example. Separation from mainland China in 1949 gave the embattled anticommunist Chinese minority the chance to regroup, regain confidence and even do much to educate the dominant majority during the latter's periods of ideological madness. Hong Kong, too, has played a crucial in educating and helping its Chinese parent to revive economically. True, those partitions only came about through historical and geographical accident. And Taiwan's refusal today to accept some reconciliation with the mainland creates problems. But they are significant all the same, today especially.

U.S. President George W. Bush is now using the "Vietnam" argument over Iraq. He says the Vietnam War shows how premature withdrawal of U.S. forces meant handing over victory to the "enemy" in 1975. But with the U.S. now happily trading and dealing with that former "enemy," some might ask why the United States was there in the first place, let alone trying to hang on there after 1975. Besides, if defending the anticommunist Vietnamese — the originally proclaimed U.S. goal — was so important, Vietnam then, like Iraq today, proves the benefits of partitioning.

In the early stages of Australia's Vietnam War some of us in Canberra pushed for what was called the enclave solution. This said that if it was clear the anticommunist Vietnamese could not prevail against their procommunist enemies, the U.S. and its allies would move to create a protected enclave — a little Taiwan — where the anticommunist forces would be able to regroup and recover.

Our idea got to the top levels of the then-opposition Labor Party. But it was ridiculed by both the right and the left, and went no further. Both were certain their side would prevail.

Eventually one side did prevail, but only after 10 more years of napalm, Agent Orange, B-52 bombings and some 2 million deaths. The other side was then left cruelly to fend as best for itself as it could.

In Iraq, fortunately, common sense has arrived a bit earlier, with some in high places already beginning to realize that an Iraq divided into three semi-autonomous units would finally put an end to the internecine killing. It would also allow U.S. politicians and generals to bow out without loss of face — a very important factor in ending mistaken interventions such as Vietnam and Iraq.

True, partitioning has its problems. People have to be uprooted; new political structures have to be created. The India-Pakistan partition in 1947 saw well over 10 million people forced to move from one side to the other in scenes of chaos and atrocity that few would want to see repeated. But much of that was due to the hands-off attitude of the controlling British authorities. With the U.S. military on the ground in Iraq to supervise, that problem can be eased. It would in any case be preferable to the never-ending chaos and atrocity under present U.S. military supervision.

One serious obstacle to partitioning solutions is the idealistic Western belief that peoples warring with each other can somehow be made to live in peace with each other. As former U.S. President Bill Clinton is reported to have said in 1993 when the Vance-Owen proposal for dividing Bosnia into separate autonomies was first proposed: "We are not into maps."

The concept of partitions on ethnic, religious or political grounds was contrary to the American ethic, we were told. Two years later, with the Dayton Accords, the U.S. finally realized it needed very much to be into maps. The de facto division of Bosnia into Serb, Croat and Muslim areas of control has finally brought some kind of peace to that tortured land.

In Kosovo, too, partition is clearly the only answer. Here both sides are separated not just by decades of hostility, but by language and culture also. True, one can understand the objections of the Serbs. Originally they had been a substantial minority in this territory that they see as the fatherland of their culture. But Nazi and other atrocities had whittled their numbers down to around 10 percent. Today it is even less. If they are to avoid complete extermination at the hands of their ethnic Albanian extremist enemy, their only hope is to create a small protected Serbian enclave for themselves.

Partitioning Serbia is not a new idea. It was first proposed back in 1993 by a committee under the former president of Yugoslavia, Dobrica Cosic. Unfortunately it was rejected by then-president of Serbia Slobodan Milosevic. If that partition had gone through, then not only would the vandalistic NATO bombing of Serbia have been avoided, but Serbia would probably have retained much more of Kosovo — around 20 percent — than it is likely to retain today.

But as the Sibylline Books tell us, it is better to take a reduced amount today than nothing tomorrow. And if satisfying Serbian historic nostalgia is important, then the concept of residual sovereignty can also be used — a concept that the international community has used very successfully to ease tensions over Taiwan.

Partitioning in one form or another would put an end to a host of other global problems — Turkey with its unhappy Kurdish minority, Sri Lanka with its Tamil minority, Russia with its Chechen minority, Spain possibly with its Basque minority. But first the concept of absolute national sovereignty has to be modified by the right to autonomy or separate existence within the national boundaries.

Discuss this Article
平和の希望は分割にあり?

 民族的、宗教的、あるいは政治的紛争に関して、「分割」という解決策を受け入れることについて、世界はなぜそんなに消極的なのか。コソボ紛争は今、ようやくその方向に向かう可能性が出てきた。しかしそれは、何年にもわたる血なまぐさい戦いですべての当事者がその評判にさんざん泥をかぶった末ようやくのことだった。イラクでも緊急に必要な三つの自治的単位 シーア、スンニ、クルド への分離がついに検討段階に入るにいたったが、この場合も、この間何年にもわたる無意味な残虐行動が続いた後のことである。
 「分割」は、民族的な降伏、解体
 つまり国家主権という大義を汚す という間違ったイメージを与えるようだ。だが、国家の名誉が傷つくと考える必要はない。かえって、現在戦っている勢力を分離することは、明日の国家の再生と統合のカギだといってもいい。
 台湾がいい例だ。
49年に中国本土と分離させたことによって、追い詰められた少数派の反共的中国人は、再統一し自信を取り戻すことができたし、勝ち残った大多数派勢力が後にイデオロギー的狂気に席巻された時代に、彼らによい教訓を与えることさえできた。香港も、経済的再生という点で、親元である中国に教訓を示し救いの手を伸べるなど、重要な役割を演じた。確かにこれらの「分割」は歴史的、地理的な偶然によってはじめて実現した。また台湾が今日、中国本土と一定の和解を拒否していることは、問題を生んでいる。とはいえ、これらの事例は、とくに今日、それでもなお重要だ。
 ジョージ・ブッシュ米大統領は今、イラクに関して
ベトナムを引き合いに出して議論している。彼は75年に米軍が早すぎた撤退をしたために、に勝利を手渡す結果になったという。だが今アメリカが以前のと喜んで貿易したり付き合ったりしているのを見ると、なぜアメリかは75年以後もベトナムに居残ろうとしたのかはもちろんのこと、そもそも、なぜはじめにあそこに行ったのか、問い質したくもなる。それに、アメリカが最初に主張していた目的として反共のベトナム人を守ることがそれほど大事なら、当時のベトナムは、現在のイラクのように、分離の利点を証明しているではないか。
 オーストラリアのベトナム戦争介入の初期段階で、オーストラリア政府内部にいた我々一部の者が、アンクラーヴ(自国の中に入り込んだ他国のとび領土)方式による解決を主張していた。その内容は、親共産主義的な敵に対して反共産主義的ベトナム人が勝てないことがはっきりした場合、アメリカとその連合国がベトナム内部に保護的なアンクレーヴ
 ミニ台湾のようなもの を設け、そこで反共勢力が再編成し再生することが可能にする、というものだった。
 我々のその提案は、当時野党だった労働党のトップレベルまで上げられたが、右派からも左派からも一笑に付され、立ち往生した。現地では両方の側とも、自分たちが勝利すると確信していた。
 最終的には、一方の側がやはり勝った。だがそれまでにはさらに、ナパーム弾、枯葉剤、
B52爆撃に痛めつけられた10年以上の歳月が流れ、200万以上の死者が出なければならなかった。負けた側は冷酷にも、自分たちでどうにかしろとばかり、捨て置かれた。
 イラクの場合は幸い、良識が少し早めに目覚め、責任ある地位にいる人々の一部が、イラクを三つの半自治区に分けることで、内輪の殺し合いを止めることができるだろうと、すでに気付きはじめた。それはまた、アメリカの政治家や軍部がメンツを失うことなく撤退できる道でもある。ベトナムやイラクのようなまちがった介入を終りにするためには、メンツを保った撤退は、大変重要な要素だ。
 確かに、
分割は問題を伴う。人間を移住させなければならない:新しい政治の仕組みをつくらなければならない。47年のインド・パキスタン分割は1千万人以上の人間を一つの側から反対側へ移動させなければならず、二度と目にしたくない様なカオスと残虐の場面が展開した。だがその原因の大半は、当時支配していたイギリス当局の傍観的無責任さによるものだった。イラクでは駐留米軍が監督すればこの問題は軽減できるだろう。いずれにしても、現在の米軍監督下での終わりのないカオスと残虐に比べれば、その方がよいにちがいない。
 分割による解決に一つの重大な障害となっているのは、戦争をしている両サイドはどうにかすれば互いに仲良く暮らせるはずという欧米の理想主義的信念である。
93年に、ボスニアを二つの自治区に分けようというヴァンス・オーエン提案が最初に出されたときアメリカのビル・クリントン前大統領が言ったとされるように、我々は地図はいじらないのである。
 民族的、宗教的、また政治的な基盤に基づいて分割するという概念は、アメリカの倫理に反する、と説明された。その
2年後、デイトン協定が結ばれ、アメリカはようやく、地図をいじる必要があったことを痛感した。ボスニアをセルビア、クロアチア、ムスリム地域に事実上の分割をしたことにより、この痛めつけられた土地にある種の平和が戻ってきたのだ。
コソボにおいても、明らかに、分割は唯一の解決策だ。ここでは、双方が、単に数世紀にわたる敵対関係で対立してきたというだけでなく、ことばや文化も別々だ。確かにセルビア人の反対は理解できる。もともと彼らは、彼らが父祖の地とみなしているこの領域においてかなり大きな少数民族だった。ところがナチスその他の暴虐の結果、その人口は、ほとんど10%にまで落ち込んだ。今日ではそれよりさらに低くなっている。彼らがアルバニア系住民過激派という敵の手による完全抹殺を避けようと思えば、残された唯一の希望は、セルビア人が自分のために小さなアンクラ
ヴをつくることだ。
セルビア分割は新しい考え方ではない。それは最初
93年にさかのぼり、ユーゴスラビア前大統領ドブリカ・コシック政権下の委員会において提案されている。不運なことにそれは、当時のセルビア大統領スロボダン・ミロソヴィッチによって拒否された。もしあの分割が実施されていたならば、NATOによるあの破壊的なセルビア爆撃も避けられただろうし、さらにセルビアは、そのときなら20%程度という、今考えられるよりもさらに多くのコソボの土地を占めることができたと思われる。
だがシビリーヌが示すように、将来全てを失うよりは、いま、減った土地でも手にした方がよい。もしセルビア人の歴史的ノスタルジーを満足させることが大事なら、残存主権という概念
 台湾をめぐる緊張を鎮めるために国際社会が非常に効果的に使った概念 が使える。
地球上には他にも、なんらかの形の分割によって終わらせることができると思われる紛争がいくつかある。
 トルコとその不満なクルド少数民族、スリランカとタミール少数民族、ロシアとチェチェン少数民族、あるいはスペインとバスク少数民族もその例かもしれない。とはいえ、まずは、絶対的国家主権という概念を変えて、自治の権利あるいは国境の枠内での分離的共存を認めることから始めなければならない。
(前オーストラリア外交官・政府で働いた。現在秋田県の国際教養大学副学長)