Monday, July 16, 2007
NOT TO BLAME FOR 'BUBBLE'
Miyazawa knew economics
Obituaries for former Prime Minister Kiichi Miyazawa, who died recently at age 87, agreed that he was a statesman and a genuine internationalist. But some — those from Nikkei, Japan's leading economic media group, especially — also criticized him as a Keynesian economist responsible for Japan's economic troubles in recent years. It is time to set the record straight.
Miyazawa was finance minister in the crucial pre-"bubble" years of 1986-88. At the time the yen was appreciating wildly in the wake of the 1985 Plaza Accords (it was to more than double in value against the dollar). Endaka fukyo — recession induced by the high yen — was a favorite media topic. Meanwhile, Washington was pressuring Japan to boost its economy as a way of reducing its trade surplus.
The obvious answer was for Japan to boost domestic demand by expanding government spending — the Keynesian approach. In so doing it would not only reflate its weakened economy; it would also ease the pressure to export and curb the yen's rise in the process — three birds with one stone. That is what the Keynesian, demand-oriented Miyazawa wanted to do. (As a young bureaucrat in the early 1940s, Miyazawa had studied the works of my father, economist Colin Clark, who had worked with Keynes at Cambridge).
But by this time the anti-Keynesians were beginning to dominate economic policymaking worldwide. Using public funds to boost economies was being criticized. The monetarist approach — the easing of the money supply and low interest rates — was favored. It was this monetarism, not Miyazawa Keynesianism, that triggered the excessive rise in asset prices of the late '80s now known as the "bubble economy." To make things worse, Miyazawa's successors foolishly delayed the monetary tightening needed to kill the bubble. Japan has been living with the consequences ever since.
In 1991 Miyazawa was made prime minister. He realized better than most the snowballing, demand-crippling effects of bubble collapse. But his proposal of an emergency injection of several trillion yen to save the banking system was killed by the free market, anti-interventionist fundamentalists, especially Keidanren, Japan's most influential business federation. When, a decade later, the government had to inject many trillions of yen to save the banks, Keidanren did not object.
Despite this setback, Miyazawa's prime ministership saw a return to the fiscal demand-stimulating policies needed to revive the economy. By the mid-'90s the economy was well on the way to recovery. But the advent of the Hashimoto administration in 1996 saw the anti-Keynesians back in the saddle. The grinding recession that followed, then continued well into the years of the even more anti-Keynesian regime of former Prime Minister Junichiro Koizumi, was the direct result. The only uptick in the economy came during the brief Obuchi and Mori administrations in between, while Miyazawa was again finance minister.
Miyazawa's misfortune was to be caught up in two mistaken attacks on the Keynesian demand-oriented principles that had guided Japan's successful economic management for decades. One criticism said that they had caused the stop-start stagflation of the postwar Anglo-Saxon economies. That was true to a point, but that particular abuse of the Keynesian approach was due to the special problems with those economies — excessive consumption and inadequate supply. Japan's problems were the exact opposite — excessive supply and inadequate demand. For much of the time, anything that boosted demand, including greater government spending, was welcome.
The second attack focused on the increase in Japan's official debt as a result of past government spending. But that in turn was due to Japan's excessively high level of personal savings forcing high levels of government spending to fill the demand gap. It could have and should have been solved by a more efficient tax system. Besides, sensible public spending to reflate a broken economy can actually reduce official debt by rapidly increasing tax revenues. Anti-Keynesian policies to reduce official debt by cutting government spending can actually increase the debt, as we saw only too painfully during the Koizumi years.
The 1997 Asian financial crisis saw Miyazawa's economic wisdom frustrated once again. He proposed an Asian monetary fund backed by Japan to rescue the weaker Asian economies. The United States, ever sensitive to any threat to its Asian hegemony, insisted that the International Monetary Fund with its economic fundamentalist approach should do the job, which it did, to the benefit of many U.S. investors and few Asian economies.
Miyazawa's achievements went beyond the economy. Like many of his generation, he was a firm admirer of postwar America for helping Japan recover and discover democracy. But he also wanted closer links with Asia, including China. While approving the use of Japanese troops abroad for peacekeeping purposes, he remained a firm pacifist to the end. He was a man of balance for his times.
He was criticized for involvement in the so-called Recruit scandal. In fact, that nonscandal was simply an attempt by the Recruit company to make sure its issues of new shares went into the hands of responsible people it liked rather than the usual collection of gangsters, speculators and corrupt securities companies that dominated new share issues at the time. The fact that many of its share recipients made profits was largely because almost-new shares issues were profitable in Japan's go-go stock markets at the time.
Miyazawa was pushed out of the prime ministership in 1993 by an ever power-hungry Ichiro Ozawa wielding the so-called electoral reform issue. In fact, by opposing the single-seat constituency "reform," Miyazawa was trying to preserve the valuable role of independents and the smaller political parties. The result of those so-called reforms is what we see today — the domination of Japanese politics by two Tweedledee-Tweedledum political parties and a semi-religious party able to mobilize supporters easily. Japan's uncritical love affair with the word "reform" has continued ever since.

Discuss this Article
Mon. 16 July, 2007
バブルの責任なし 宮沢は経済学を知っていた
 最近87歳で亡くなった宮沢元首相への追悼文は一様に、彼はステーツマンといえる政治家であり真の国際主義者だったと称えている。だがそれと同時に、とくに日本の代表的経済メディア・グループである日経系のものの中には、日本を近年の経済的困難に陥れた責任のあるケインズ派エコノミストとして、宮沢を批判しているものもある。今、その誤解を正すべき時だ。
 宮沢は
198688年という、バブルに先立つ大事な時期に、大蔵大臣を務めた。当時円は、1985年のプラザ合意の後、猛烈に値上がりしていた。(対ドル価値で2倍以上になった)円高不況高い円が招く不況 はメディアの格好のテーマとなった。一方アメリカ政府は、貿易黒字を減らすために国内経済を活性化させよ、と日本に圧力をかけていた。
 日本にとっての答は明らかに、財政支出を拡大することによって内需を高めること
 つまりケインズ的アプローチ だった。そうすることで弱った経済を元気にするばかりでない:それはまた輸出圧力を和らげ、その過程で円の高騰を逸らす 一石三鳥だった。それが、ケインズ主義者であり需要主導派である宮沢がやりたかったことだ。(彼は、若い官僚だった1940年代初期、ケンブリッジでケインズとともに仕事をしたエコノミストである私の父コーリン・クラークの業績を勉強していた。)
 ちょうどこの頃、反ケインズ主義が世界各地の経済政策策定に影響力を強めてきた。経済活性化のために公共資金を使うことは批判された。マネタリスト的アプローチ
 通貨供給を緩め金利を低く抑える が好まれた。今日バブル経済という名で知られている80年代末の資産価値の行過ぎた高騰を招いたのは、このマネタリズムであり、宮沢のケインズ主義ではない。
 さらに悪いことに、宮沢の後任は、バブルに歯止めをかけるのに必要な金融引き締めを遅らせるという愚を犯した。日本はそれ以来ずっとその後遺症に苦しんでいる。
 
91年に宮沢は首相になった。彼は、バブル崩壊の雪だるま現象、需要を殺す効果を、人よりもよく知っていた。だが彼の、銀行制度救済のため数兆円に及ぶ緊急資金投入の提案は、自由市場・非介入原理主義者、とくに日本最大の影響力を持つ経団連によって退けられた。10年後に政府が銀行救済のため何兆円もの金を投入しなければならなかった時、経団連は反対しなかった。
 この逆風にもかかわらず、宮沢政権時代は経済活性化のために財政上の需要刺激政策を再び採用することに成功した。
90年代央には経済はしっかり回復軌道に乗っていた。ところが96年に橋本政権に変わると、またまた反ケインズ派が戻ってきた。その直接の結果は、痛ましい不況であり、それは、いっそう反ケインズ的な小泉純一郎政権時代へ、連続した身を削るような不況となった。その期間中で唯一の経済の回復は、短い小渕政権と森政権時代に宮沢が再び大蔵大臣を務めた時のことだった。
 宮沢の不運は、日本経済のマネジメントを数十年にわたって成功裡に導いてきたケインズ流の需要主導原則に対する二つの間違った攻撃に巻き込まれたことである。一つの批判は、これらの原則は戦後アングロサクソン経済の断続的スタグフレーションの原因となった、という。これはある程度まで真実だ。だがここに見られるのは、アングロサクソン経済に特有な問題
 つまり過剰消費と供給不足 に由来する、ケインズ的アプローチの特殊な濫用だった。日本の問題はその正反対 過剰供給と需要不足である。多くの場合、需要を奨励するものなら、政府の支出拡大でも何でも歓迎だった。
 第二の攻撃は、過去の政府支出による日本の公的債務の増大に集中した。だがこれもまた、日本の個人貯蓄率が高すぎることから、需要ギャップを埋めるために必然的に政府支出を高いレベルまで押し上げるしかなかった結果生じたものだ。これはより効果的な税制によって解決することができたし、そうするべきだった。その上、崩壊した経済を立て直すために適切な公共投資を行うことは、税収を急激に増やすことによって、実際には、公的債務を減らすことができる。ところが政府支出を削減することによって公的債務を減らそうという反ケインズ的政策は、現に、小泉時代に痛々しく見せつけられたように、債務を増やす可能性があるのだ。
97年のアジア金融危機の際、宮沢の経済学的知恵は、またしてもフラストレーションを味わった。彼はアジア通貨基金に対し、日本も支援するのでアジア弱小経済を救済しようと提案した。自らのアジア覇権に対するいかなる干渉にも神経質になっていたアメリカは、IMFが経済原理主義的アプローチによってその役割を果たすべきだ、と主張した。そしてその通りになり、結果は、利益を得たのはアメリカの多くの投資家でアジアの経済にはほとんど利益はなかった。
 宮沢の業績は経済にとどまらない。彼の多くの同世代と同じく、戦後日本が復興し民主主義を発見するために、アメリカが手助けしてくれたことに対し、確固たる賛辞を惜しまない人だった。けれども彼はまた、中国も含めアジアとのより緊密な関係を求めた。平和維持目的で日本軍を海外に派遣することを認めた一方、最後まで断固たる平和主義者だった。あの時代に、彼はバランスのとれた人物だった。
 彼はいわゆるリクルート・スキャンダルに関係していると批判された。実はあの非スキャンダルは、単に、リクルート社による新株発行が、いつもの例で、当時新株発行を牛耳っていたギャングスター、スペキュレーター、腐敗した証券会社連中の手に渡るよりは、自分たちが選んだ責任ある人々の手に行く様にしようと試みただけだ。その株を受取った人の多くが利益を上げたのは主として、当時の日本のゴーゴー株式市場においてほとんどの新株発行は利益を生むものだったからである。 
 宮沢は
93年に、いわゆる選挙改革問題を武器にした野心家小沢一郎によって、首相の座を追われた。実際、一人区改革に反対することによって宮沢は、無所属や小政党の貴重な役割を保持しようとしていたのだ。これらのいわゆる改革の結果は、今我々が見るとおり。 支持者を動員しやすい二つのシャム双子政党と一つの半宗教的政党の支配である。改革ということばと日本人の無条件なラブラブ関係はそれ以来続いている。