Monday, May 28, 2007

'SECRET' GOSSIP ABOUT IRAQ
More compelling than common sense

The following statement appeared in an article on the opinion page of The Japan Times in July 2003: "The main result of the U.S. action (in Iraq) will probably be to turn a nation free from al-Qaida links into yet another hotbed of anti-U.S. 'terrorism,' and to push one of the few secular Middle Eastern societies into the embrace of Islamic extremists."
I don't want to sound like an "I told you so" pundit. But having authored the above and having also predicted in these pages that claims of Iraqi weapons of mass destruction and al-Qaida connections would prove false, I think I have some credentials.

I also predicted that, as in Vietnam, having large numbers of gun-happy, culture-ignorant U.S. troops in an Iraq controlled by America's cumbrous, cowboy (good guy vs. bad guy) and body count-obsessed military bureaucracy would guarantee eventual defeat. For every person killed, three more would want to take his or her place. It would also delight al-Qaida militants who would no longer have to go all the way to the U.S. to wreak hatred on Americans.
In all of these predictions I was relying entirely on common sense and publicly available information. So if, like quite a few others, I could get it right, why did the combined weight of a $ 40 billion U.S. intelligence operation get it so wrong?
In the wake of revelations by former CIA chief George Tenet, many are blaming the "yes" men (and women) in the U.S. bureaucracy — people who seek power and promotion by going along with their bosses. But often the bosses have no idea of where they are going.
The problem goes deeper. Ultimately it is the ability of sane human beings to believe nonsense simply because it is stamped "secret" and is being waved before their eyes. It is the people with the "secret" stamp that control things, and we all know where they want to be going.
Take for example the claims that Iraq was seeking to make nuclear weapons — the famous "mushroom cloud" warning by Condoleezza Rice, then national security adviser. To anyone who knew anything about nuclear weapons, the likelihood that sanction-bound Iraq could develop nuclear weapons was zero. Yet an intelligent former university academic was willing to risk her name and reputation to support this nonsense.
To anyone who knew anything about the reports of the U.N. inspectors in Iraq, the idea that Baghdad was secretly preparing other WMD was equally ludicrous. To anyone who knew about the open hostility between al-Qaida and Iraq, the claim that Iraq was harboring al-Qaida "terrorists" was equally ridiculous. Yet even an experienced soldier in the shape of former U.S. Secretary of State Colin Powell was prepared to go along with this nonsense simply because it was being pumped in by dubious intelligence sources. As he later admitted, he had been duped.
Over in Vietnam in the 1960s we saw much of the same — in that case the claims that the civil war there was Beijing inspired and the first step in China's plan to take over the rest of Asia.
To anyone who knew anything about traditional Chinese-Vietnamese hostility (the two nations were later to go to war with each other) and Vietnam's pro-Moscow tilt in the Sino-Soviet dispute at the time, it was obvious that if Hanoi was acting on behalf of any outside power (also unlikely), it would be Moscow rather than Beijing. Yet in October 1964 I found myself sitting behind one of those green baize tables in the Kremlin while an Australian foreign minister, Paul Hasluck, unveiled a strategy developed in the deranged minds of Canberra and Washington planners to persuade Moscow to join the West in restraining Chinese "aggression" in Vietnam.
The reply from Soviet Prime Minister Alexei Kosygin was classic. Far from restraining Beijing, he said, he would be delighted if his Chinese colleagues would do much more to support the Vietnamese people in their very legitimate struggle against U.S. imperialism. But this knockback did little to dent Hasluck's or Canberra's delusions. After all, they had all those secret briefings and documents confirming Beijing's evil intentions. The war continued 10 more years. Two to 3 million had to die before reality could set in.
Currently Canberra is celebrating the 50th anniversary of a 1957 trade agreement opening Australia to Japanese imports. Yet in 1975 the same Canberra, on the basis of blatantly spurious spy information, rejected a draft agreement of friendship and commerce proposed by Tokyo. The spies had said they had inside information that a sentence in the draft calling for both sides to provide "fair and equitable" treatment was in fact part of a Japanese plot to gain control of Australian resources. On the committee to consider the draft, I was in a minority of one in trying to point out the nonsense involved in this claim. Later Canberra did sign a treaty that included the same sentence and, so far, it has not suffered any Japanese plots.
Australia's former ambassador to Japan, John Menadue, later summed it up well in his memoirs: "They (the spies) are, however, adept in doling out juicy bits of information that are often untested but draw one into the inner circle of people with privileged information, a twilight world of secrets and gossip."
This "inner circle" complex — the belief that the insiders have all the secret information and tools required for success and do not need any input of common sense from outside — helps explain the irresponsibility with which the Iraq situation has been handled.
Who remembers the name of the man sent by Washington to run Iraq in the crucial few months after its "shock and awe" victory? Clue: He was a former run-of-the-mill soldier turned consultant to a large U.S. arms company. More clues: His only seeming qualification for the job was close friendship with the Pentagon neocon inner circle and the then Pentagon chief Donald Rumsfeld.
Final clue: His name has been entirely forgettable — Jay Garner. He survived only one month in his job. Iraq collapsed into chaos soon after, as some of us had predicted.

Discuss this Article

イラクを巡る
マル秘ゴシップ─ 常識よりも強い影響力

 
20037月のジャパン・タイムズ「オピニオン」欄の記事の中に、次のような文があった。:“イラクにおけるアメリカの行動の主な結末はおそらく、アルカイダと無関係だった国を、また新たな反米テロリズムの温床に作り変え、中東には珍しかった非宗教国家をイスラム過激派の息のかかった国にしてしまうということだろう
 私のいったとおりになったと預言者ぶるつもりはない。だが、上記の文の筆者として、また本紙面でイラクの大量破壊兵器所持とアルカイダ・コネクションの主張は嘘だったと判明するだろうと予言したものとして、少しものを言う資格があると思う。
 私はまたこうも予言した。:硬直的で、西部劇(善玉対悪玉)タイプの、死体数えに取りつかれた軍事官僚主義にコントロールされた、拳銃マニアで文化音痴のアメリカ軍を大量にイラクに投入することは、ベトナムの場合と同じように、最終的には敗北に終わるだろう、と。殺された
1人の背後に、その後を継ごうとするものが3人生まれる。それはまた、アメリカ人に対する憎しみをぶちまけるためにはるばるアメリカまで行く必要がなくなり、アルカイダ戦士は喜ぶだろう、と。
 こうした予言は全て、私の常識と一般に入手可能な情報のみに基づいたものだ。だから、他にもかなりの人々がやったように、私が正しく言い当てたとすれば、なぜ、総額で
400億ドルもの金をかけたアメリカの情報組織が、それほどの間違いを犯したのか。
 元
CIA主任ジョージ・テネットによるすっぱ抜きの後で、アメリカ官僚組織の中のイエスマン(またウーマン)─ 権力と昇進を得るためにはボスと同じ道を行こうとする人─ を非難する声が強かった。だがボス自身が、自分たちがどこへ行くのか分かっていないことが多い。
 問題はもっと深い。突き詰めれば、これは、正気の人間がナンセンスを、単に
マル秘のスタンプが押されているから、そしてそれが目の前にチラつかされるからといって、そのナンセンスを信じてしまう能力が問題だ。事を管理しているのは、このマル秘のスタンプを持っている連中で、彼らがどこへ向かいたがっているか我々みんな知っている。
 因みに、イラクが核兵器を持つことをたくらんでいるという主張─ 当時国家安全アドバイザーだったコンドリーザ・ライスによる有名な
きのこ雲警報─ をとってみよう。核兵器について少しでも知っている者から見れば、制裁下にあったイラクが核兵器を開発している可能性はゼロだった。にもかかわらず、インテリで以前は大学の学者だった人間が、自分の名前と名誉にかけて、このナンセンスを支持したわけだ。
 イラクにおける国連査察官の報告について少しでも知っている者には、イラク政府が密かに他の大量破壊兵器を製造しているという考えは、同様に馬鹿げていた。アルカイダとイラク間の公然たる敵対関係について知っている者にとって、イラクがアルカイダ
テロリスト養成に手を貸しているとは、同様に馬鹿馬鹿しいことだった。にもかかわらず、アメリカの前国務長官コーリン・パウエルというベテランの兵士でさえ、単にそれが怪しげな情報ソースから注ぎ込まれたという理由から、このナンセンスに進んで同調した。後で本人が認めたように、彼はだまされたのだ。
 
1960年代ベトナムについても、これとよく似たことが起こった。─ あの場合の言い分は、現地での内戦に対し中国が糸を引いている、中国がアジア全域を制圧する計画の第一歩だ、というものだった。
 中国人とベトナム人の伝統的な敵対意識(この
2国は後に対戦することになる)について、また当時中ソ論争のなかでベトナムはソ連寄りの立場を取っていたことを少しでも知る者にとって、仮にベトナム政府が何らかの外部勢力の指示で動くとしたら(これまたあり得なさそうなことだが)それは中国政府ではなくソ連政府の方であろうことは明らかだった。ところで、196010月私自身オーストラリア外務大臣ポール・ハスラックと同席し、クレムリンの緑のフェルトを敷いたテーブルに座っていた。その席でハスラックは、キャンベラとワシントンの政策立案者が血迷った頭でひねり出した戦略─ ベトナムにおける中国の侵略に歯止めをかけるために西側諸国と歩調を合わせるようにソ連政府を説得しようとする戦略─ を持ち出したのだった。
 ソ連の前首相アレクセイ・コスイギンの答えは、見事だった。中国政府を抑えるどころか、アメリカ帝国主義に対するベトナムの非常に正当な戦いを、中国の同僚たちがもっともっと支援してくれたらうれしい、というものだった。だがこの肩すかしも、ハスラックやオーストラリア政府の妄想を砕くものではなかった。結局彼らは、中国の邪悪な意図を
確認したこれら多くのマル秘メモや文書をもっていたのだ。その戦争は10年以上引き続いた。真実が力を得るまでには、2300万の人命が失われることが必要だった。
 オーストラリア政府は現在、オーストラリアから日本への輸出の道を開いた
1957年締結の貿易協定50周年記念を祝っている。だが1975年にはその同じオーストラリア政府が、明らかにでたらめなスパイ情報に基づいて、日本政府から申し入れのあった友好通商協定のドラフトを拒否している。スパイたちの言い分は、ドラフトにある、両国が公正で平等な取り扱いを提供することを求めた一文が、実はオーストラリアの資源をコントロールするための日本の陰謀の一環だという内部情報がある、ということだった。ドラフト検討委員会ではこの主張のナンセンスさを指摘しようとした少数派はたった一人、つまり私だった。後になってオーストラリア政府は、この文面と同じものを入れた協定に調印したし、今までのところ日本の陰謀の被害は見えていない。
 前駐日オーストラリア大使ジョン・メナデューは回顧録で、これらを適切に総括している。
:“しかしながら彼ら(スパイ)は、しばしば未確認だとはいえ、特権的情報を持った同士の仲間内の世界、秘密とゴシップの薄暗い世界へ、人を引き込むような、おいしそうな情報を作り上げることに熟達していた、と。
 この
仲間内組織─ 内部のものが、成功に必要な道具として、マル秘情報を独占し、、外部の常識を注入する必要はないという信念─ はイラク情勢にまつわる無責任さを理解するカギだ。
 イラクにおけるショックと圧倒
作戦の勝利に続く数ヶ月の大事な時期に、イラクを統治するためにアメリカ政府から派遣された男の名前を誰か覚えているだろうか。ヒント:もと平凡な兵士で、アメリカの大手兵器製造企業のコンサルタントに転進した人物。第二ヒント:彼がその仕事につく資格があったとすれば、彼がペンタゴン内部のネオコンの内輪グループやペンタゴンの長官ドナルド・ラムズフェルドと親しかったということだけだ。
 最終ヒント:彼の名は完全に忘れられている。答えは、ジェイ・ガーナー。彼はそのポストにたった
1ヶ月しか生き残れなかった。その後まもなくイラクは大混乱に陥った。我々何人かが予言したとおりになった。
[筆者は前オーストラリア外交官、オーストラリア政府総理大臣内閣府コンサルタント(次官級)]