Thursday, April 12, 2007

Australia's anti-China pact

Australia does some strange things in its foreign policies. The latest "security" (read "military") tieup with Japan is no exception.
Canberra insists that the tieup has no anti-China implication. But a tieup with a Tokyo beset by anti-Beijing dislikes and fears, and which seeks to recruit even such unlikely candidates as the North Atlantic Treaty Organization and India into a chain of potential anti-China alliances, cannot be otherwise.
Besides, if China is not the target then which country is? North Korea? That bogey is now fast disappearing as Washington comes to realize that the key problem all along was its refusal to live up to its 1994 promise of normalized relations with Pyongyang.
So why is Canberra so seemingly willing to risk its valuable trade relationship with Beijing by linking up with an anti-Beijing Tokyo? China already buys more iron ore from Australia than Japan did in its heyday. Its continued purchases of resource goods are crucial to Australia's economic future.
One answer is U.S. pressure. Australians still see themselves beholden to the nation that saved them from Japanese invasion more than 60 years ago. Washington makes no secret of its desire to have Australia join its former enemy as the southern prong in a western Pacific anti-China grouping.
But it is not just U.S. pressure. Canberra really does seem to believe it can say one thing and do another -- that it can be both pro- and anti-China at the same time. Just a month ago its prime minister, John Howard, was using the current Tokyo cliche "shared democratic values" to justify the tieup with Japan. He was followed by his foreign minister, Alexander Downer, on a recent visit to China insisting that Sino-Australian ties were at their warmest ever.
The departing Chinese ambassador from Australia, Fu Ying, summed it up well when she suggested a certain "lack of transparency" in Canberra's policies to China. One moment Canberra is hinting that its ANZUS treaty obligations would require it to join with the U.S. side in any conflict with China over Taiwan. The next moment it is insisting it would remain neutral. "Murky confusion" would be a better term.
Or lack of maturity. Canberra likes to insist that, thanks to proximity, it is involved more deeply with Asia than any other Western nation. Yet it was left to the distant Scandinavians to try to broker solutions to two of Asia's uglier disputes -- Finland in Indonesia's Aceh province insurgency and Norway in Sri Lanka's Tamil insurgency. Canberra was too busy siding with the government in both disputes. Its determination to keep on side with the corrupt and oppressive former Suharto regime in Indonesia led directly to its toleration for and later open support for Indonesia's 1975 brutal occupation of East Timor. Once again it was left to distant peoples -- the Portuguese and the Latin Americans -- to try to put an end to that atrocity.
During the Vietnam hostilities of the 1960s, Canberra both encouraged and joined in the U.S. intervention, claiming that the insurgency there was fomented by China using Hanoi as its puppet to sweep southward into Asia and threaten Australia. In the 1959 Singapore independence elections it sought actively to prevent Lee Kwan Yew's success, on the grounds that he was a crypto-communist also seeking to expand China's influence in Asia.
This strongly military-centered, anti-China, anti-insurgency bias in Canberra's attitudes to Asia underlies the ease with which it seems to have slipped into its risky tieup with an increasingly military-minded, anti-China Japan. Military and intelligence contacts between the two governments have a long and prolific history, well-chronicled by Australia's leading defense researcher, Desmond Ball*. Sadly the same emphasis is lacking from diplomatic and cultural contacts; Canberra has long been unable to fill its top Tokyo Embassy positions with Japanese speakers, for example.
Indeed, the bias goes back even further, sometimes to the point of contradiction. It began with the ANZUS agreement in 1951, ironically aimed at cooperation with the United States and New Zealand to prevent a revival of Japanese aggression in Asia.
ANZUS is still in force, even as Canberra seeks a "security" tieup with that former enemy against the main victim of Japan's former aggression -- China.
It was followed by Canberra's active role in the ill-fated South East Asian Treaty Organization (SEATO) of the '60s, which provided the rationale for the Vietnam intervention. Anticommunist military tieups with Malaysia and Singapore were also negotiated then. Perhaps the most egregious was the secretly negotiated 1995 "security" agreement with the Suharto regime during Jakarta's vicious suppressions in East Timor and Irian Jaya. That infamous agreement now seems to have been replaced with yet another "security" tieup with Jakarta signed in November, just a few months before the tieup with Japan. Canberra, it seems, has yet to see a military alliance in Asia it does not like.
I served in Canberra during what many see as the one genuinely progressive period in recent Australian postwar history -- the Whitlam regime of 1972-75. But even then the hawks and military continued to dominate foreign policy, for example in Canberra's support for U.S. policies in Cambodia. Today the anti-China bias continues as Canberra tries to prevent Beijing from having influence in East Timor and the south Pacific.
To date, Beijing has remained fairly silent about the Tokyo-Canberra tieup. But things could change. The Chinese seem finally to have realized their mistake in seeing Prime Minister Shinzo Abe as possibly pro-China simply because he seems to have promised to end former Prime Minister Junichiro Koizumi's penchant for visiting the controversial Yasukuni Shrine. Beijing needed only to read Abe's 2006 book, "Toward a Beautiful Nation," to discover his enthusiasm for an Indian and Australian anti-China alliance, and his strong dislike of Japanese diplomats who speak Chinese and know China -- the "China School" despised by Japan's rightwing agitators.
Meanwhile, in Australia, the opinion polls say that following elections likely later this year, the next prime minister could well be a former diplomat who speaks Chinese fluently and knows China well -- Kevin Rudd, the 48-year-old leader of the Australian Labor Party. It will be interesting to hear what he has to say to Abe about China.
Gregory Clark is a former Australian diplomat specializing in Chinese and Soviet affairs, and a longtime resident in Japan. *Desmond Ball's defense research: nautilus.rmit.edu.au/forum-reports/0632a-ball.html

Discuss this Article

オーストラリアの反中国的協定
 
 オーストラリアは外交政策で奇妙なことをやる。ごく最近の日本との
安全保障軍事と読む)提携も例外ではない。
 オーストラリア政府はその提携は反中国を意図したものではないという。だが、反中国的嫌悪感や恐怖心を持ち、
NATOやインドというとんでもない候補者までを、一連の反中国的目論見を持つ同盟に取り込もうとする日本政府との提携は、それ以外のものではあり得まい。
 それに、中国がターゲットでないとすれば、ほかにどこがあるか? 北朝鮮? 北朝鮮悪玉のイメージは、アメリカ政府が、これまで続いてきた問題の核心が北朝鮮との
1994年の関係正常化の約束をアメリカが実行することを拒んできたためだと自覚し始めた現在、急速に消えようとしている。
 だとすれば、なぜオーストラリア政府は貴重な中国との貿易関係を危険にさらしてまで反中国的日本政府と提携しようと意欲を燃やしているようにみえるのか。中国はすでに、日本が最盛期にオーストラリアから買ったより多くの鉄鉱石をオーストラリアから買っている。中国がオーストラリアから継続的に資源を買い続けることは、オーストラリア経済の将来にとって不可欠である。
 一つの答えは、アメリカのプレッシャーだ。オーストラリア人はいまだに
60年以上も前に自分たちを日本の侵略から救ってくれたアメリカに対して借りを感じている。アメリカ政府はオーストラリアが以前の敵国と手を携えて西太平洋反中国勢力に南端のメンバーとして加わることを求め、公然と表明もしている。
 だがアメリカのプレッシャーだけではない。オーストラリア政府は、言うことと為すことが違っていいと、本気で信じているらしい─ つまり、親中国であると同時に反中国であってもいいと。ほんの一月前オーストラリア首相ジョン・ハワードは、目下の日本政府の決まり文句
共有する民主主義的価値観という表現を用いて日本との提携を正当化していた。彼がそういったすぐ後で、彼の政権の外務大臣アレグザンダー・ドーマーは最近の中国訪問で、中国とオーストラリアの関係はこれまでで最も良好だと強調していた。
 オーストラリアでの任期を終える中国大使フー・インは、その状況をうまく総括して
オーストラリア政府の中国政策にはある種の不透明さがあると表現している。ある時点では、オーストラリア政府はオーストラリアのANZUS協定(オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ安全保障条約機構)の故に、台湾をめぐる中国とのいかなる紛争においてもアメリカの側に立たなければならないだろうと示唆している。かと思うと次の瞬間、オーストラリアは中立を保つと主張する。やみくもの迷走という表現がよりふさわしかろう。
 あるいは成熟度に欠けるともいえる。オーストラリア政府は、地理的な近さのおかげでオーストラリアはどの西側諸国よりもより深くアジアに関わっていると強調したがる。ところが、アジアにおけるより醜い二つの紛争において、解決のための仲介の労を遠く離れたスカンジナビアの国々に─ インドネシアのアチュ地方の内乱はフィンランド、スリランカのタミール内乱はノルウェーに─ 任せている。
 オーストラリアは二つの紛争とも政府側に加担することに忙しすぎた。インドネシアでは、腐敗し抑圧的な前スハルト政権の支持を続ける決心を固めており、それが直接に、
1975年のインドネシアによる残酷な東チモール占領を黙認し後には公然と支持することにつながった。その場合もまた、その暴虐を止めさせる努力は遠方─ ポルトガルと南米─ の人々の手に委ねられた。
 
1960年代のベトナム戦争時オーストラリア政府は、その内紛は中国がアジアへ南方へさらに進出しオーストラリアを脅かすために、北ベトナム政府を傀儡として使った謀略だとして、アメリカの介入を煽り、参加した。1959年にはシンガポールの独立選挙に積極的に関わり、リー・クァン・ユーの勝利を阻もうとしたが、それは彼が隠れた共産主義者で同じくアジアにおいて中国の影響力を拡大することを目指しているという理由からだった。
 オーストラリアが、次第に軍国主義的傾向を強め反中国的な日本とのリスクの多い提携へやすやすとはまって行ったかにみえるその背景には、アジアに対するオーストラリア政府の態度に見られるこの強い軍事中心的、反中国的、反内乱的偏向があった。両国政府間の軍事的諜報的接触は長く多様な歴史があり、オーストラリアのトップ防衛問題研究者デズモンド・ボール*によって詳しくまとめられている。悲しいかな、外交的文化的にはそれに見合うような接触はない。オーストラリア政府が長い間駐日大使館のトップの座に日本語の出来る人材をおくことが出来ないことさえしばしばあったことも、その一例だ。
 実際この偏向は、さらに古い時代にはじまったもので、時には自己矛盾にさえ陥っている。それは
1951年、皮肉にもアジアにおける日本の横暴の再発を防ぐためにアメリカ・ニュージーランドと協力することを目的に発足したANZUC協定にさかのぼる。
 オーストラリア政府は、前の日本の暴虐の犠牲者─中国─をターゲットにし、前の敵である日本と
安全保障提携することを目指しているにもかかわらず、ANZUS協定は今なお生きている。それに続いて、不運な道をたどったがベトナム介入の理論的基盤を提供した1960年代のSEATO(東南アジア条約機構)において、オーストラリア政府は積極的な役割を果たした。マレーシア・シンガポールとの反共軍事提携もまたその時期に結成された。言語道断の最たるものはおそらく、1995年インドネシアが東チモールとイリアンジャヤに悪評高い弾圧を行っていた時期にスハルト政権と、ひそかに締結した安全保障協定かもしれない。その悪評高い協定は現在は、日本との提携のほんの数ヶ月前に12月に結ばれたまた別なインドネシア政権との安全保障提携に取って代わられた。オーストラリア政府は、アジアで手当たり次第軍事同盟をやりたがっているかのようだ。
 私は、多くの人が近年オーストラリアの戦後史の中で真に進歩的な時期とみなしている時期─ 
1972-75年ウイットラム政権時代─ にキャンベラで政府の仕事をした。だがその当時でさえ、カンボジアにおける米政策を支持したことに見るように、外交政策を牛耳っていたのはタカ派と軍部だった。今日でも、東チモールや南太平洋において中国が影響力を持つのを阻止する努力が示すように、反中国的偏向は続いている。
 これまでのところ中国政府は、日本政府とオーストラリア政府の提携について一定の沈黙を守っている。とはいえ事態は展開しうる。中国人たちは安倍晋三首相が、小泉純一郎前首相が大きな波紋を呼んだ靖国神社参拝へのこだわりを継承しないと約束したらしいことだけを取り上げて、彼を親中国ではないかと期待したことの間違いについに気付き始めたようだ。中国政府は
2006年出版の安倍の著書「美しい日本へ」を一読するだけで、インドとオーストラリアの反中国同盟への彼の傾倒ぶりを発見しただろうし、彼が、中国語を話し中国に詳しい日本の外交官─ 日本の右派扇動家たちに軽蔑されているいわゆるチャイナスクール─ を強く嫌っていることを知ったはずだ。
 一方オーストラリアでは、世論調査によると、今年後半に可能性のある次の選挙によって、次の首相は前外交官で中国語堪能で中国通のケビン・ラッド─
48歳のオーストラリア労働党リーダー─になる可能性が大きい。彼が中国に関して安倍に何と言うか、興味あるところだ。
(筆者は中国、ソ連専門の前オーストラリア外交官、日本在住歴長い)

* デズモンド・ボールの防衛研究:
* h
ttp://nautilus.rmit.edu.au/forum-reports/0632a-ball/.html