North Korea prefers Bush?

Japan's distress over the rapid progress in U.S.-North Korean talks for normalization of relations is palpable. The government as well as the mainstream media seem united in hopes that Washington will delay normalization until North Korea meets Japan's demands over the abductee issue -- the return of a claimed 12 abducted Japanese additional to the five returned in 2002, and said to be still alive in North Korea.
Few seem to want to realize one reason why the United States is now so seemingly willing to ease its formerly hostile attitude to North Korea: that Washington is finally discovering that Pyongyang is still quite willing to abandon its nuclear ambitions once the U.S. begins to stick to its long-forgotten 1994 promises to normalize relations and assist North Korea's energy requirements.
Even less is there any realization of an even more important factor possibly at work -- namely, the strong hints now surfacing that Pyongyang is eager to embrace Washington as a way to distance itself from Beijing and possibly even from Seoul.
Any move along these lines would mean a complete revamping of the political and security situation in Northeast Asia. Tokyo might want to ignore this possibility because of the damage it would do to its own plans for alliances and armaments to meet the perceived North Korean threat. But why does the rest of Japan remain so impervious to something that is already the subject of open speculation in the U.S. media?
Hints that Pyongyang is anxious to free itself from the Chinese embrace have been around for quite some time. Perhaps the strongest was the extraordinary reception given to former U.S. Secretary of State Madeleine Albright on her pathbreaking visit to Pyongyang in October 2000. A senior Chinese delegation was also in town at the time. One reliable source has said the Chinese were furious over the lack of attention they received as a result.
Also hurtful is North Korea's reluctance to show gratitude for the economic aid it receives from China, and in particular for the crucial way Chinese troops helped to force back U.S. forces moving deep into North Korea during the 1950-53 Korean War. According to one frequent visitor to North Korea -- Italian journalist and documentary producer, Pio d'Emilia -- war museums in North Korea pay little attention to the Chinese role.
In seeming retaliation, he says, the Chinese have recently placed in a war museum at Dandong near the the North Korean frontier a copy of a 1950 handwritten letter from then North Korean leader, Kim Il Sung, begging the Chinese leader, Mao Zedong, to send troops urgently.
In the six-party talks leading to the current talks on normalization, nuclear and other questions Beijing has been surprisingly neutral toward its communist neighbor, voting even for U.N. sanctions after North Korea's recent nuclear test explosion. The assumption that the two communist neighbors should automatically support each other seems dead.
The Korean people have a tradition of seeking to ally with a strong power to protect themselves from other and rival powers. Many, including Albright, former Prime Minister Junichi Koizumi and even Prime Minister Shinzo Abe have spoken about North Korean leader Kim Jong Il's rationality and quickness of thinking. There are many reports of his liking for Western culture. The idea that he could suddenly volte-face and seek to be accepted on the world stage as a friend of the U.S. is far from impossible. Certainly he shows little liking for China and its culture.
The North Korean regime is also very sensitive to "face." By opening to the U.S., Kim also bypasses the humiliating admission of inferiority to his southern neighbor. Face also seems to underlie Pyongyang's seeming lack of gratitude for the generous economic and other aid it receives from South Korea and others.
Many, in Japan especially, have assumed that the reclusiveness and backwardness of the North Korean regime, would rule out any opening to the West. But in 1972 the equally backward and reclusive Chinese regime of Mao Zedong opened its arms to U.S. President Richard Nixon. One of the advantages of being a communist dictator is that you can change course rapidly, and in whatever direction you want.
That Japan still seems unable or unwilling to grasp these possibilities is a measure of many things. One is its chronic weakness in diplomatic strategy and tactics. Another is the anti-North Korea emotion whipped up here over the abductee issue. Even Pyongyang's insistence that at least one of the claimed 12 abductees -- Megumi Yokota -- is dead, and that this can be easily proved if Tokyo cooperates, is being ignored.
Kim can suddenly push his rigid society in a pro-U.S. direction if he chooses to do so. If that happens, and as with the sudden U.S. move to China in 1972, once again Tokyo will be left trailing in the dust, complaining bitterly.

Discuss this Article

北朝鮮はブッシュのほうが好き?



 米朝会談が両国関係正常化の方向へ急進展していることで、日本が困惑しているのは明らかだ。日本の政府、主要メディアも一致して、北朝鮮が日本の拉致問題要求─ 2002年に帰国した5人に加え、まだ北朝鮮に残り、生存していると日本が主張している12人の被拉致者の帰国─ を呑むまでは米政府が関係正常化を引き伸ばすだろうと、望みをかけているようだ。
 アメリカがなぜ今になって、北朝鮮に対して従来の敵視姿勢を和らげようとこれほど前向きになったように見えるのか、そのひとつの理由を、多くの人が認めたくないようだ:つまり、北朝鮮はアメリカが長く忘れ去っていた
1994年の約束─ 関係を改善し、北朝鮮のエネルギー不足を援助するという約束─ を守る方向へ進むならば、北朝鮮政府は今でも喜んで核開発の野心を捨てる用意があることに、米政府はようやく気づいたということだ。
 またさらに重要な要因が働いているかもしれないと認識する人はさらに少ない。─ つまり、北朝鮮政府が、中国とまたもしかして韓国とも、距離をとりたいための方策として米政府に接近したいと考えていると思われる強い兆候が浮かび上がっている。
 この線に沿ったあらゆる動きが、北東アジアにおける政治、安全保障状況の完全な手直しを意味するだろう。日本政府はこの可能性を無視したいかもしれない。というのは、それが自身の、いわゆる北朝鮮脅威に対抗するために同盟し武装するという計画にダメージを与えるからだ。だが、日本の他の人たちは、なぜ、すでに米メディアでも公然と取りざたされているこの問題について、鈍感でいられるのだろうか。
 北朝鮮が中国の抱擁から自由になりたがっているヒントは、かなり前から散見できた。最大のものはおそらく、
200010月米国務長官マドレーヌ・オルブライトがピョンヤンを訪問したときの異例の歓迎振りだろう。当時、中国要人の訪朝団も同地に滞在中だった。信頼すべき筋によると、そのせいで冷遇されたと、中国側は怒っていたという。
 また北朝鮮が中国から受けた経済援助に対してあまり感謝を示したがらないことも中国を傷つけている。特に、
195053年の朝鮮戦争時に米軍が北朝鮮へ深く侵入するのを阻止するために中国軍が中心的な役割を果たしたことについても同じだ。北朝鮮へよく行っているイタリアのジャーナリスト/ドキュメンタリー・プロジューサーのピオ・デミリアの話によると、北朝鮮の戦争記念館では、中国の役割は大きく取り上げられてはいないという。
 彼によると、中国はその仕返しでもあるかのように、当時北朝鮮指導者だった金日成が至急軍を派遣してほしいと、中国指導者毛沢東へ懇願した
1950年の自筆の手紙のコピーを、北朝鮮国境に近いダンドンの戦争記念館に、最近展示しているという。
 最近関係正常化、核問題ほかがまとまりつつある
6カ国協議で中国政府は、北朝鮮の最近の核実験のあと国連の制裁にも賛成するなど、共産主義の隣国に対して意外と中立的である。
 この二つの共産主義的隣国が自動的に支えあうはずという前提は消えたようだ。 朝鮮人民には、強い国と同盟して、他の敵やもうひとつのライバル勢力から自分を守ろうとする伝統がある。多くの人が、オルブライト、小泉前首相、さらには安倍晋三首相でさえ、北朝鮮の指導者金正日は合理性があり、頭の回転が速いという印象を語っている。彼が西側の文化を好むという報告は多い。彼が突然回れ右して、世界の舞台でアメリカの友人として受け入れてもらおうとすることも、決してありえないことではない。確かに彼が中国や中国文化をあまり好きであることは示していない。
 北朝鮮政権はまた、
面子に非常に敏感だ。アメリカに対し開国することでキムは、南の隣国である韓国に対する劣性をみとめるという屈辱を回避できる。北朝鮮が韓国その他から受けている多額の経済援助に対して感謝の念が足りないように見えることの根底には、やはり面子があると思われる。
 多くの人が、特に日本では、北朝鮮政権のひきこもり性と後進性のゆえに西側に対し開放することはあり得ないとみなしている。だが
1972年、同じように後進的でひきこもり的な毛沢東政権が米大統領リチャード・ニクソンをもろ手を挙げて迎えた。共産主義的独裁者であることのアドバンテージのひとつは、コース変更をすばやく、しかも自分のやりたい方向に自在にできることだ。
 日本がこうした可能性を認識できない、又はしたくないという事実は多くのことを示唆している。一つは、外交戦略や戦術の慢性的弱さだ。もう一つは、目下の拉致問題をめぐって煽られている半北朝鮮感情だ。日本が
12人としている被拉致者の少なくとも一人(横田めぐみ)が死亡したという北朝鮮の主張さえ、そしてそれは日本政府が協力すれば簡単に証明できると思えるにもかかわらず、無視されたままだ。
 しかし、金正日は、その硬直的な社会を親米的方向へ急転回させる可能性がある。そうなった場合、ちょうど
1972年アメリカの中国急接近のときと同じに、日本政府は取り残され、文句たらたら後塵を拝することになりはしないか。