So much for Abe's reconciliation policy

By GREGORY CLARK

Remember all that talk just a few months back about how Prime Minister Shinzo Abe, unlike former Prime Minister Junichiro Koizumi, was embarked on a policy of reconciliation with China?
Well, you can forget that now. Indeed, you should have forgotten it then. Even before visiting Beijing in October in his alleged bid for improved relations, Abe was embarked on policies that should have done far more to antagonize Beijing than Koizumi's heavily criticized visits to Tokyo's Yasukuni Shrine.
In his book published last year, "To be a Beautiful Country," Abe calls for a Japan-India-Australia alliance in Asia. Allegedly based on shared values (Indian castes, Japanese gangsters and Australian beer drinkers?). The target of that unlikely grouping is clearly China. And if this is not enough, he and the people around him talk openly about the Japan-U.S. alliance as another weapon to oppose China.
Defense and diplomatic officials from Japan and the United States will soon begin examining various scenarios for a confrontation with China over Taiwan. Tokyo still lobbies the Europeans to continue their ban on arms sales to China. A key aim of Abe's recent visit to Europe was to forge closer ties with the North Atlantic Treaty Organization, which increasingly seeks to be a U.S. ally in Asia. Yet now that Abe is prime minister, Beijing says it plans to revive the top-level exchanges of visits that were denied during the Koizumi era because of those Yasukuni visits.
In Japanese it is called "fumi-e." It is the demand for a complete concession on one particular issue as a condition for any movement in other areas. In the past Beijing succeeded greatly with its demand for a complete break in relations with Taiwan as the prerequisite for any nation, including Japan, wanting to have normal relations with China. Toward Japan today, it seems to have wanted to use the Yasukuni issue for the same fumi-e role.
It was a curious choice. For many Japanese, and not just the ultraright, Beijing's view of Yasukuni visits as a proof of Japan's militaristic intent can be debated. Much depends on the question of Yasukuni's alleged enshrinement of convicted class-A war criminals. But this in turn depends on a number of other delicate questions -- whether the convictions handed down by postwar Tokyo war-crimes tribunals were correct, whether the tribunals were justified in the first place and even whether Japan's decisions to attack its various neighbors were, by the standards of the day, war crimes to begin with.
To many Japanese, Beijing's choice of Yasukuni visits as a kind of fumi-e smacks somewhat of unfair intervention in Japan's domestic affairs. True, the main reason for that choice was Beijing's rather strained efforts to absolve the Japanese people of blame for wartime atrocities, to pin the blame entirely on those class-A war criminals. In other words, it was trying to do Japan a favor, which, incidentally, Japan did not deserve. Even so, if Beijing had not been so single-minded in deciding where war guilt lay, Yasukuni would have been less of a problem.
But the main problem for Beijing lies elsewhere. For in having seemingly persuaded Abe to fumi-e over Yasukuni, it is now obliged to accept his other policies, most of which are far more inimical to China's interests than Yasukuni visits.
Whether it is on education, textbook revision, the emperor system, relations with Taiwan or any of the other touchstone ideological issues facing Japan, Abe belongs to the very far right on his ruling Liberal Democratic Party.
A key tenet of this far right is that Japan is destined to confront China in Asia. Abe has surrounded himself with defense and foreign-policy advisers who make no secret of their hostility to China. Among them is former diplomat and prominent rightwing ideologue Hisahiko Okazaki, who is quoted by Time Asia as saying: "The balance of power will be between the U.S.-Japan alliance and China. China has to deal with this reality. We have to be prepared for war." Is Beijing really doing itself a favor by seeming to want to accept the presence and attitudes of these people?
The other leg in the Abe foreign policy that should be worrying Beijing a lot more is Tokyo's determination to confront North Korea by all means. In the six-party talks aimed to halt North Korea's nuclear and missile development, Japan has consistently sided with the U.S. hawkish positions that in effect justify North Korea's nuclear and missile developments. This is then used to justify a significant upgrading in Japan's military spending and Japan-U.S. military cooperation.
The way the Abe camp has heavily exploited the abductee issue to gain public support for its anti-Pyongyang policies is part of the same picture.
Abe and his rightwing supporters moved quickly to deny Koizumi's September 2002 triumph in having five former abductees freed from North Korea; it began to insist that Pyongyang had to liberate many more alleged abductees, including those Pyongyang insists do not exist or are dead. Koizumi had long realized that direct talks, not confrontation, were needed to resolve these questions. The Abe line is to refuse any such talks outright. Meanwhile, nonresolution of the issues is used as a key justification for Japan's anti-Pyongyang hardline military and other policies.
The extraordinary pomp and ceremony associated with the recent upgrading of the former Defense Agency to Defense Ministry, the growing influence of the military in policymaking, Abe's determination to gain permanent legal approval for use of the Japanese military in any part of the world, the emergence of a corrupt military-industrial complex, the crude attempts to manipulate public opinion over North Korea -- all these things say volumes about Japan's current leadership.
These are people who are in love with the military and its trappings, and are determined to find the enemies needed to keep the military employed. To me, that sounds a lot more worrying than whether a Japanese leader -- out of conviction, nostalgia or plain bloody-mindedness -- decides he wants to visit a Tokyo shrine.

Discuss this Article
安倍の和解政策はそんなもの

小泉純一郎前首相と違って、安倍晋三首相は中国と和解する政策に乗り出した、ともてはやしたほんの数ヶ月前の騒ぎを覚えているだろうか。
 だが、それはもう忘れていい。ほんとうは、あの時点で忘れてよかったのだ。中国との関係改善を目指したといわれた
10月の北京訪問だが、すでにそれ以前に安倍は、小泉が厳しく反発された靖国神社参拝よりはるかに大きく中国を怒らせるものとなるはずの政策をスタートさせていた。
 昨年出版された著書「美しい国へ」の中で安倍は、アジアで日本、インド、オーストラリアの同盟を作ろうと呼びかけている。
3国が共有する価値観に基づいてというのだが(インドのカースト、日本のやくざ、オーストラリアのビール飲みのことか)、このおかしなグルーピングの標的は明らかに中国だ。そしてそれでもまだ足りないというように、彼とそのグループは公然と、中国と対峙のさらなる武器としての日米同盟を語っている。
 日米の防衛、外交関係担当者が、まもなく台湾をめぐって中国と対決するためのシナリオをあれこれ検討し始める予定だ。日本は、ヨーロッパ諸国が中国への武器輸出禁止を継続するようにロビー活動を続けている。先ごろの安倍のヨーロッパ訪問の最大の目的は、最近とみにアジアにおいて米国との同盟関係を強めたがっている
NATOとの関係をより緊密にすることだった。にもかかわらず中国は、安倍が首相になった今、小泉の靖国参拝以来途絶えていた日中トップの相互訪問を再開するつもりという。
 日本語で
踏み絵という。ある特定の問題に関しての完全譲歩を条件に、他のすべての分野を前向きに検討する、それが踏み絵である。過去において中国は、中国との関係正常化を求める日本を含むすべての国に対し台湾との国交の完全な断絶を前提条件に課する方式で、大きな成功を収めた。いま中国は日本に対し、靖国問題に踏み絵の役割を持たせようとしているらしい。
 この選択は奇妙だ。極端な右派だけでなく多くの日本人にとって、靖国参拝を日本の軍国主義的意図の証拠とする中国の見解には議論があるところだ。
A級戦犯を祀っているからというのがそのこだわりの大きな理由だ。だがこの問題の底には、他のいくつかのデリケートな問題 戦犯を裁いた東京裁判の判決が正しかったのか、そもそもあの法廷自体が正当化できるのか、さらには日本が近隣のアジア諸国を攻撃したことさえ当時の基準に基づいて戦争犯罪といえるのか、というような問題 が横たわっている。
 多くの日本人にとって、中国が一種の踏み絵として靖国参拝を選んでいることは、日本の内政への不当な干渉だと見えるところがある。たしかに、中国がこれを
踏み絵に選んだ主な理由は、戦争中の暴虐を日本の一般国民のせいではないとして、これらA級戦犯に全責任を負わせようとする中国の無理をした努力だった。つまり中国は、日本を弁護しようとしていたのだ、もっとも、日本はその弁護に値しないのだが。それにしても、中国が戦争責任は誰にあるのかあれほどはっきり白黒つけることに固執しなかったなら、靖国はこんなに大きな問題にはならなかっただろう。
しかし、中国にとって主要な問題は、他所にある。というのは、一見靖国をめぐる踏み絵に妥協したかに見える安倍を受け入れることによって、中国はいま、彼の他の政策 その大半が靖国参拝よりもはるかに中国の利益に有害な政策
 を受け入れざるを得なくなった。
安倍は、教育問題であれ、教科書改訂問題、天皇制、台湾との関係、またその他日本が直面している試金石的なイデオロギー的問題であれ、彼が所属する自民党の中で最右翼に位置する。
これら最右翼の中心的教義は、日本はアジアにおいていずれは中国と対決しなければならないというもの。安倍は、中国敵視を公然と表明している防衛、外交政策のアドバイザーたちで周囲を固めた。その中には、前外交官で著名な右派イデオローグである岡崎久彦もいる。「タイム・アジア」誌は彼の
日米同盟と中国の間は力の対決になる。中国はこの現実を受け入れなければならない。われわれは戦争に備えて準備しなければならない。という発言を取り上げた。一体中国は、こうしたグループの存在と彼らの態度を受け入れたがっているという姿勢を見せることで、なにか得るものがあると考えているのだろうか。
 安倍の外交政策の中でこれよりはるかに中国が心配するべきもう一つの柱は、あらゆる手段で北朝鮮との全面対決の意志を固めていることだ。北朝鮮の核とミサイルを止めることを目指した
6カ国会議において日本はつねに米国のタカ派的立場を支持したが、それが結果的には北朝鮮の核とミサイル開発を正当化させることになってしまっている。これは次には、日本の軍事化と日米軍事協力を大きく一段階ステップアップするのを正当化するために利用されている。
 もう一つ、安倍陣営がその反北朝鮮政策に対する世論の支持を得るために拉致問題を最大限利用していることも、同じ図式の一例だ。
 早くも安倍と彼の右派支持層は、
20029月に5人の被拉致者を北朝鮮から解放させた小泉の成功を否定する動きに出ている: 彼らがもっと多くいると主張している被拉致者(北朝鮮が存在しないあるいはすでに死亡したと説明している人も含めて)、を解放しなければならないといい始めた。この問題の解決には対決ではなく直接交渉が必要だと、小泉は早くから覚っていた。安倍路線は、こういうアプローチははなから拒絶する。その一方、この問題が解決しないこと自体を、反北朝鮮的、強硬路線的な方向へ、日本の軍事、その他の政策を推し進める口実に利用する。
 最近の防衛庁の省への昇格をめぐる鳴り物入りの行事、政策策定への軍部の影響力の増大、恒久的に合法的に世界中に日本の派兵を可能にすることへの安倍の決意、腐敗した軍部産業複合体の台頭、北朝鮮関連世論操作の露骨な手法 
 すべてが、現在の日本の指導者について多くのことを語っている。
 彼らは、軍隊やその装備が好きでたまらない。その軍隊を失業させないために、敵を見つける必要があるとの信念を持っている。私ならその方をはるかに心配する。日本の一指導者が、信念からか、懐古趣味からか、単に血が騒ぐだけなのか、東京の一神社の参詣に頑固にこだわっていることよりも。