English should be an elective

By GREGORY CLARK
The debate over whether Japanese children should be taught English at primary school deserves better consideration than it is getting.
Currently Japanese school children begin to learn English at age 12 in middle school. The teaching continues in high school for another three years, with often a year or two at university to follow. But the results, as the world knows, are not very good. Some note the superior English-speaking abilities of other Asian peoples, most of whom begin to learn English in primary school. They want to see the same in Japan.
But the conservatives in the ruling Liberal Democratic Party and elsewhere claim primary-school English will damage the minds of young Japanese still trying to master their own language -- a claim that leaves unexplained the lack of any apparent damage to the many bilingual or trilingual children around the world, and in Japan.
True in Japan's case there are valid arguments against primary-school English. One is lack of time since children also have to master enough Chinese ideographs for reading by age 12 (though the Chinese seem to get round this problem easily enough). Another is the lack of good teachers; holding the attention of young children for the few hours a week allowed for primary-school English is not easy. But the main argument, surely, should be the greater need for greater efforts to improve English teaching after the age of 12.
A constant complaint among English teachers here is lack of student motivation. But in a large, monolingual society where careers usually do not depend on foreign-language ability, students are bound to be unmotivated. They will ask why they need to spend six years to learn a difficult language like English to the very high level needed for difficult, mainly written, university entrance exams.
In the West it is taken for granted that the serious teaching of difficult foreign languages -- Chinese, Japanese and Russian for example -- should be done at the tertiary level. Here motivation is guaranteed, since students choose to learn these languages, either out of interest or for their future careers. They are not forced to do so. At that level they can usually be supplied with good teachers and facilities, unlike in most middle and high schools. And unlike in the Japanese high school, they also have the time and the extra motivation needed to master the spoken language as well.
We see the results with the young Americans, Australians and Europeans coming to Japan. After three to four years of concentrated study at university, usually as part of a double major or major/minor university course, they are often speaking much better Japanese than most Japanese are speaking English after six years of school study. The conclusion should be obvious -- get serious language study out of the schools and into the universities.
A related problem is the recent discovery that many high schools deliberately avoid teaching compulsory subjects, such as world or Japanese history, to allow students to concentrate on other subjects crucial for university entrance -- especially English, which absorbs seven or more hours a week in the classroom plus any amount of time in prep schools.
Without the need to focus on English, students would have much more time to study not just the compulsory subjects being avoided, but also other subjects like math and science, which would do much more good both for the students and Japan than the three years of bad
juken (entrance exam) English education they are currently being forced to undertake.
Japan needs to revamp its entire system of English-language teaching. It needs to accept that there is no need for the entire high-school population to be made to learn English to the standard needed for university entrance. Three years of basic English at middle school, supplemented perhaps by some primary-school English, should be enough for most as an introduction to the language.
At high school, only those genuinely interested in learning more English should continue. In other words English should be an elective subject, just as it should be in university entrance exams. Then having entered university the students should be allowed to do the language of their choice as a major or minor in a double specialization program.
Currently students are supposed to spend their first two university years in general studies, including a language. But the year or two of language study is generally very superficial. Greater use of the double specialization concept would not only provide a basis for more serious language study, but for those who choose not to do a language -- who choose to do, say, business and law -- it would, as in the West, give students a broader education and more time to choose their specialization. For those who do want to do a language, it would provide a much wider range of choice.
True, most would choose to do English. But a significant minority would opt for other important languages, Chinese especially, which some universities would no doubt choose to offer.
Currently those who want to study foreign languages seriously have to do so either abroad or in four-year specialist courses that leave them with little job-seeking qualifications. The double major or major/minor approach used in the West gets around this problem since the four years of intensive language study is usually combined with four years studying a job-relevant discipline.
Someone studying say Japanese and business, for example, or Chinese and law, would have every reason to want to study the language seriously, knowing that he or she could well end up using the language of their choice employed in the area of their choice in the country of their choice. As I know from personal experience, that can be a very powerful incentive.

Discuss this Article
英語は選択に

 日本の子どもに小学校から英語を教えるべきかの議論は、もっともっと注目されていい問題だ。
 現在は日本では中学校から
12歳で英語を学び始める。高校でも3年間英語を学び続け、その後も多くの人は大学でも12年間勉強する。ところがその結果は、世界的に知られているように、いたって芳しくない。他のアジアの人々が英語を話す能力では勝っておりその多くが小学校から英語を学び始めることに注目する人もいる。そこで彼らは日本も同じようにするべきだという。
 ところが現政権党自民党やその他の保守派は、小学校で英語を教えれば、まだ自分の国の言葉の習得途上にある若い子どもの頭脳にダメージを与えると主張している。だが彼らは世界中や日本に多くいるバイリンガルや
3言語も話す子どもたちになんら目立ったダメージが見られない理由について説明していない。
 たしか日本の場合、小学校からの英語教育に反対する議論の中に、傾聴すべきものもいくつかある。一つは子どもたちが
12歳までに相当数の漢字を習得しなければならない決まりがあり、時間不足だというもの(ちなみに中国ではこの問題をすんなり調整しているように見受けられるが)。もう一つは、よい先生がいないー 英語教育に当てられる週に何時間かを若い子どもたちの注意を惹きつけておくのは容易なことではないというもの。だがそれよりも、問題の本質は、12歳以後の英語教育のあり方をどう改善するかという急務にある。
 生徒たちに英語を勉強するモチベーションが薄いというのが、日本の英語の先生たちをつねに悩ましている不満になっている。だが一般に、単一言語の大きな社会では、仕事上も外国語能力が重要でない場合には、生徒たちにモチベーションが薄いのは普通のことだ。彼らはなぜ英語のような難しい外国語を、しかも書き文中心の難しい入学試験が要求する非常に高いレベルの英語を、
6年間も勉強しなければならないのか、疑問に思っている。
 欧米では、難しい外国語
 例えば中国語、日本語、ロシア語などー を本格的に勉強するのは高等教育の段階でというのが当たり前になっている。その段階で、学生がとくに興味を持っているか将来のキャリアの必要性からその言語を自分で選ぶわけで、モチベーションはもちろん高い。強制されてやるのとは違う。この高等教育レベルでは、日本の大半の中学・高校と違って、高等教育ではよい教師とよい設備が整っているのが普通だ。そして日本の中学・高校と違って、大学生ではコミュニケートする手段としての言語をマスターするには欠かせない特別なモチべーションがある。
 その成果が、皆さんご存じの、日本にやってきて働く若いアメリカ人、オーストラリア人、ヨーロッパ人だ。彼らは通常、大学で「ダブル専攻」の一つとして外国語を勉強する。二つの主専攻の一つ、あるいは主副専攻の一つとして、
34年間集中的に日本語などを勉強する。得てして中学・高校で6年間勉強した日本の学生の英語よりもはるかに上手に日本語を使いこなす。この結論は明らかだろう。本格的な言語の勉強を学校段階から削り、それを大学へ移すべきだ。
 これと関連しているのが、最近明るみに出た、多くの高校が意識的に世界史や日本史など必修科目の勉強を削って、大学入試に必要な他の科目に集中していた問題だ。とくに英語は、学校では週
7時間とかそれ以上、さらに予備校では英語にどれだけの時間を費やしているか計り知れない。
 高校で生徒が英語に集中する必要がなくなれば、ないがしろにされてきた必修科目以外にも数学や理科などに向けることが可能になり、
3年間強制的にやらされる受験英語の勉強より、学生本人にとってばかりでなく、日本のために、はるかに大きい利益をもたらすだろう。
 日本は英語教育全体をそっくりやり直す必要がある。すべての高校生がいま大学入試が求めている難度の高いレベルの英語を学ぶ必要はない、ということをまず認めるべきだ。大多数の人にとって、中学校での
3年間のベーシックな英語の勉強、それにもしかして小学校での少しの準備教育で補えば、英語への入門として十分ではないか。
 高校では、英語をもっと勉強したいと真剣に考えている生徒に限定して、続けてもいい。つまり、英語は選択科目にすべきだ。もちろん大学入試でも、同様に、英語は選択にすべきだ。そして大学に入った後は、「ダブル専攻制」の中の主専攻あるいは副専攻として、学生に好きな言語を学ぶ可能性を与える。
 現在は、学生は大学に入って最初の
2年間は一般教養をやることになっており、外国語もここに含まれている。けれども、外国語を12年やるというのは、普通は非常に中途半端なものになる。「ダブル専攻」のコンセプトをもっと活用すれば、外国語の勉強をより充実させる基盤ができるばかりか、外国語をやらない選択をした人には(例えば経済学と法学など)、欧米の場合と同じく、より広い教育を与え、また自分の専門を絞り込むまでにより多くの時間を保証する。外国語をやりたい人には、ダブル専攻方式は言語の選択肢を広げ、熟達度を深める。
 おそらく大半の学生は英語を選ぶだろう。だがそれ以外のかなりの人が、とくに中国語など、いくつかの大学が必ず提供すると思われる他の重要な言語を選ぶことになろう。
 現在は、外国語をしっかり勉強したいと思えば、外国へ行くか、あるいは
4年間語学に特化した専攻コースへ進むことになり、それを取ると就職の資格としては狭くなる。欧米で採用している、二つの主専攻、または主副専攻の組み合わせというこの「ダブル専攻」方式はこの問題を解消している。通常4年間のインテンシブな外国語の勉強は、4年間の職業関連の専門の勉強と同時並行的に行なわれているからだ。
 例えば、日本語と経営学、あるいは中国語と法学をダブル専攻した学生は、その言語をしっかりマスターしたいという意欲を持っていることは間違いない。なぜなら将来は、自分の希望する職業分野で、自分の希望する国に行って、自分が選んだ言語を駆使して仕事をしている自分をイメージすることができるからだ。私は自分の個人的経験から、これは非常に強力なインセンティブになると信じる。