Taiwan-China ties may be on a rocky course
BY GREGORY CLARK
JUN 29, 2016


The criticisms of Beijing’s alleged island-grabbing activities in the South China Sea overlook what some would see as the biggest island-grab of them all — the United States’ move in June 1950 to put the Chinese island of Taiwan under its wing.

On Jan. 5, 1950, shortly after the Republic of China (ROC) government under Chiang Kai-shek, had fled to Taiwan following its defeat by communist forces on the Chinese mainland, U.S. President Truman issued the following statement: “The United States government will not pursue a course which will lead to involvement in the civil conflict in China.”

In other words, the U.S. would not oppose Beijing’s effort to conclude its civil war with the ROC by attacking and taking over Taiwan, then seen as belonging to China.

But then just five months later, on June 27, 1950, Truman reversed himself: “I have ordered the 7th Fleet to prevent any attack on Formosa (Taiwan).”

Taiwan has remained a U.S. semi-protectorate ever since, even though the U.S., like all other nations recognizing Beijing, has had to state that it sees Taiwan as part of China.

Washington’s policy switch over Taiwan was remarkable, even if understandable. June 25, 1950, marks the outbreak of the Korean War. In the context of the Cold War a move to keep Taiwan out of communist hands was probably inevitable.

But Beijing would not want to see things in that light. It had done nothing to create the Cold War. One result of the U.S. move was that the regime had to abruptly stop its efforts to move troops into southern China for the attack on Taiwan that Truman had indirectly approved only five months earlier.

True, thanks to this policy switch Taiwan was to enjoy the spectacular economic development denied to mainland Chinese for the next four decades. It was to be spared the insanity of the Great Leap Forward and Cultural Revolution policies that Beijing was to impose on its own citizens during many of those years.

But it was also to lead to the instability that has dogged East Asia for more than half a century. Beijing’s initial hope for normal relations with the U.S. disappeared when it found it had no choice but to enter the Korean War to keep U.S. troops away from it borders. U.S. encouragement through the ’50s for ROC guerrilla attacks in mainland China led Beijing twice, in 1954 and 1958, to attack ROC-held islands close to the mainland coast. These attacks led to U.S. threats of nuclear retaliation which, my research says, led Moscow in 1959 to cancel its promise of nuclear development aid to Beijing. This in turn led to Beijing’s protracted ideological dispute with Moscow, which in turn led many in the West to see the Chinese as the “bad communists” and the Vietnam civil war of the 1960s as Chinese aggression that had to be stopped by U.S. intervention (in 1964 I was sole witness to a bizarre top-level Kremlin meeting where an Australian foreign minister, acting on behalf of the U.S., tried to persuade the “good communists” in Moscow to join the West in Vietnam to stop that Chinese “aggression.” One wonders what they say in Canberra today.)

Throughout all this period the existence of a Taiwan government claiming the right to represent China internationally remained a top foreign policy obsession for Beijing.

Today, thanks to the pingpong diplomacy initiatives by former Chinese Premier Zhou Enlai in the early ’70s (in which as a correspondent for an Australian newspaper I played a small role, over Canberra’s opposition), China has finally opened to the West, the U.S. has finally accepted that the ROC should not attack China, and talk of Taiwan independence from China has finally died down. Beijing in turn goes out of its way to be nice to Taiwan, threatening the use of force only when a Taiwan leader talks of independence from China. At all mainland ports of entrance Taiwanese are treated on the same basis as arrivals from Hong Kong and Macau. There are now around 1 million Taiwanese living, working and studying in China, and some 4 million mainland Chinese tourists visiting Taiwan annually. If these policies continue, Taiwan could serve as a model for how to end most civil wars, including Iraq and Syria: forced separation of the warring factions, followed by gradual reconciliation if and when the factions realize they are better off cooperating than fighting.

This is especially so in the case of Taiwan, where what unites is much less than what divides. Indeed, but for some rude and rapid moves by the U.S. in the early 1980s it is quite likely that under the rule of Chiang Kai-shek’s Soviet-educated son, Chiang Ching-kuo (1978-1988), some political reconciliation would have gone ahead long ago.

Contrary to much “black” anti-Beijing propaganda by the usual Western suspects (you can spot the guilty when a writer tells us that Beijing regards Taiwan as a “renegade” province — a term nonexistent in Chinese let alone in criticisms of Taiwan; see foreignpolicy.com), the Taiwanese population is almost as ethnically Han Chinese as is the mainland population. Many still speak the dialects of southern China; the so-called Taiwanese language is in fact the dialect of Fujian province, using the same ideographs and sometimes even the same pronunciations as standard Chinese. In any case successive regimes in Taiwan have gone out of their way to make sure all the younger generations are educated in Mandarin Chinese; you will hear better Mandarin in the streets of Taipei than in Beijing.

But that does not mean the younger generation is pro-Beijing. As time passes the cultural divide between the two widens. The older generation of refugees from the 1949 pro-communist revolution hankering for a return to the mainland is dying out. Younger Taiwanese like their separate identity and Western-style freedoms even if they miss out on the dynamism of today’s mainland China.

Japan now seems about to join the Taiwan-Mainland China imbroglio. The ruling Kuomintang (KMT) party in the ROC government that Taiwan inherited from civil war days, and which in recent years has moved from being violently anti-Beiing to passively pro-Beijing, has now lost power to the more independence-minded Democratic Progressive Party under Tsai Ing-wen. So far Tsai has declined to confirm the so-called 1992 consensus under which the KMT recognized that there was only one China and both sides should move to reconciliation. Beijing has reacted angrily by saying it will cut off communications channels. A return to an earlier era of confrontation is possible. The appointment of senior Japanese-speaking officials to handle relations with Japan and its moves to ease territorial tensions with Tokyo is also significant.

Pro-Taiwan independence people often point to the U.S.-brokered wording of the 1952 ROC peace treaty with Tokyo — that Japan did no more than give up its territorial rights to Taiwan (and the Spratly and Paracel islands also now in ownership dispute). As with Japan’s Kuril Islands renunciation clause in the 1952 San Francisco peace treaty with the Allies, there was no mention of to whom Japan was supposed to pass on the territory it was giving up. If Tokyo was to repeat its Northern Territories performance and begin, like the Taiwan pro-independence people, to insist that ownership of Taiwan has yet to be decided, Tokyo-Beijing hostility would enter a new phase. Already there are some in Japan who like to think along those lines.

台湾―中国のつながりは険しい道のりかもしれない
BY GREGORY CLARK
JUN 29, 2016



南シナ海における中国政府の島の略奪活動疑惑に対する批判は、今までで最も 大規模な島の略奪と見る人もいる出来事を見落とすほどである。それは、1950 6 月に米国が中国の島であった台湾を保護下に置いたという出来事である。


1950 1 月5日、中国本土の共産党勢力による敗北に次いで、蒋介石率いる中

華民国政府が台湾に逃避して間もない頃、米国大統領トルーマンは次のような 声明を発表した。「米国政府は、中国における内戦への介入につながるような 道はとらない。」


言い換えると、米国は、中国政府が中華民国政府との内戦を終結させるために 台湾を攻撃・占領し、結果的に中国の領土とすることに異議を唱えないという ことである。


しかしそれからほんの5ヶ月後である、1950 6 27 日にトルーマンは態度を
一変させたのである。「私は第 7 艦隊に、フォルモサ(台湾)に対するいかなる攻撃にも対処するよう指示を出した。」


台湾はそれ以来、米国も中国政府を認めている他の全ての国と同様に、台湾を
中国の一部として見ていると公言しなければならなかったにもかかわらず、米 国の準保護国として存続している。


米国政府の台湾を巡る政策転換は、理解できるとは言えても異常であった。1950 6 25 日は朝鮮戦争が勃発した日である。 冷戦という背景を考慮すると、台湾を共産党から遠ざけようとする動きは必然 的だっただろう。

しかし、中国政府は絶対にそのような見方をしようとはしない。中国政府が冷 戦を引き起こした訳ではないからである。このような米国の行動から生じた結 果の一つは、トルーマンがたったの 5 ヶ月前に間接的に承認した台湾への攻撃 を中止するため、中国政府は急に中国南部への進軍をあきらめることを余儀な くされたということである。

確かに、この政策転換のおかげで台湾が次の 40 年間に渡って中国本土にはできなかった華々しい経済発展を享受したというのは事実である。台湾は、中 国政府がそれらの年月の大部分で国民に強要した、大躍進政策と文化大革命と いう狂気を免れたのである。

しかしその政策転換はまた、半世紀に渡って東アジアを悩ませてきた不安定な
情勢を引き起こすことにもつながったのである。米国との国交正常化のための 中国政府の当初の希望は、米軍を国境から遠ざけるためには朝鮮戦争に参加す るしかないと理解した時に消失した。1950 年代を通じた、中国本土における中 華民国政府のゲリラ攻撃に対する米国の奨励は、1954 年と 1958 年に中国政府が 中国本土の海岸線に近い中華民国政府保有の島々を攻撃するという結果を招い た。これらの攻撃は米国による核兵器関連の脅しを引き起こし、私の調査によ れば、1959 年にソ連(現ロシア)政府が中国政府に対して約束していた核兵器 開発援助を取り消す原因ともなったようである。これは反対に、中国政府とソ 連政府の長期に渡るイデオロギー論争をもたらし、そして中国が多くの西 側諸国から「悪者の共産主義者」、1960 年代のベトナム戦争では米国の介入に よって歯止めをかけなければならない「侵略者」というレッテルを貼られるこ とにつながったのである(1964 年に私はたった一人、米国の使命を受けたオー ストラリアの外務大臣が、あの中国の「侵略」を止めるために、「善き共産主 義者」であるソ連政府をベトナムの西側勢力に加わるよう説得しようとしてい
る奇妙なトップレベルのクレムリンにおけるソ連政府会談に立ち会った。今日 のオーストラリア政府は何と言うだろうか。)

この時代を通じて、国際的に中国を代表する権利を主張する台湾政府の存在は 中国政府にとって最も重要な外交政策上の執念であり続けた。


今日、1970 年代初頭の中国元総理周恩来による卓球外交提案のおかげで(私も

オーストラリアの新聞の特派員として、オーストラリア政府の反対に対抗するために少々貢献したのだが)、中国はついに西側諸国に妥協し、米国も中華民国政 府は中国を攻撃すべきでないという事実を受け入れたため、中国からの台湾の 独立の話は収束した。反対に中国政府は、台湾の総統が中国からの独立を唱え たときのみ武力行使を持ち出すなど、過度に台湾に親切にしている。中国本土 の全ての港と空港で台湾人は香港やマカオから到着した人と同じ待遇を受け る。現在では約 100 万人の台湾人が中国に住み、働き、そして留学しており、

400 万人の中国本土からの観光客が毎年台湾を訪れている。これらの政策が 続くようであれば、イラクとシリアを含むほとんどの内戦を終結させる手本と
なり得るだろう。すなわち、もし両国が戦うより協力する方が賢明だと気付い たら、交戦国を引き離し、徐々に和解の方向に持ってくのである。

これは特に台湾のケースにおいてそうである、分裂させる要素の方が統合させ
る要素に比べてはるかに多いのである。本当に、1980 年代初頭の米国によるい くつかの粗雑で急な行動さえなければ、ソ連で教育を受けた蒋介石の息子、蒋 経国(19781988 年)の統治下では、一部の政治的和解はかなり前に進んでい た可能性が高いだろう。よくある欧米諸国の書き手による「ブラックな」反中 国宣伝とは反して(書き手が、中国は台湾を「反乱」地域とみなしていると書 いているかどうかによって見分けることが出来る。反乱地域という言葉は、中 国語は言うまでもなく、台湾への批判にさえ存在しない言い回しである。 http://foreignpolicy.com 2015年1月を参照のこと)、台湾の人々は、中国本土の人々と同様に 民族的には大半が漢民族である。台湾人の多くがいまだに中国南部の訛りで話 しており、いわゆる台湾語というのは、実際は、同じ表意文字を使い、そして 時には標準中国語と同じ発音をする福建省の方言なのである。それはともかく、 台湾の歴代政権はわざわざ若い世代が標準中国語で教育を受けるようにしたた め、北京よりも台北の通りにいる方が、よりきれいな中国語を聞くことが出来 る。

しかし、それは若い世代が中国寄りであることを意味するのではない。時が経
つにつれて、2国間の文化的な溝は深まるばかりである。1949 年の共産革命に よって生じた、本土への帰還を切望する古い世代の難民は少なくなりつつある。 若い台湾人は、今日の中国本土の発展を享受できないとしても、異なるアイデ ンティティと西洋式の自由を好んでいる。 現在日本までも、台湾と中国本土の紛糾に参加しそうな様子である。内戦時代 から継承してきて、近年、暴力的な反中派から消極的な親中派に変わった、中 華民国政府内部の与党の国民党は、もっと独立志向を持った蔡英文率いる民主 進歩党によって、現在力を失ってきている。今までのところ、中国は 1 つだけ であり、双方とも和解の道に進むべきだということを国民党が承認した、いわ ゆる 1992 年合意について、蔡英文は正式に認めたがらなかった。中国政 府は怒りの反応を示し、対話停止の可能性を示唆している。以前の対立時代に 逆戻りすることもあり得るだろう。日本との関係強化や領土問題に関する日本 政府との緊張関係を緩和するために、日本語を話す政府高官の指名もまた重要 となってくるのである。

台湾独立に賛成する人々は、しばしば米国が仲介した 1952 年の日本政府との中 華民国平和条約の文言を指し示す、つまり日本は台湾へ(そして南沙諸島と西沙群島、現 在領有権争いが起こっている、についても)の領土権を手放しただ けに過ぎないというのである。日本が連合国と締結した 1952 年のサンフラン シスコ平和条約の千島列島放棄条項と同じように、日本は手放した領土を誰 に引き渡せば良いのかということが全く記載されていなかった。もし日本政府 が北方領土問題の時のような行動を繰り返し、台湾の独立賛成派の人々のよう に、台湾の領有権は確定していないと主張し始めれば、日本·中国間の敵対関係 は新たな局面を迎えるだろう。すでに日本ではそのような考え方をしている 人々もいる。