Ideological laundry unfurled

Japan's neo-nationalistic rightwing is its own worst enemy. It sees itself as the defender of Japan's global reputation. But by its own actions it besmirches that reputation.
A good example was the recent Yoshihisa Komori affair -- when severe criticisms by that well-known, rightwing correspondent for the right-leaning Sankei Shimbun forced Japan's Ministry of Foreign Affairs to suspend publication of a magazine carrying an article slightly critical of Tokyo's fixation on visits to Yasukuni Shrine.
Heavily reported in the Washington Post and elsewhere, the global image of Japan sliding into rightwing doctrinairism strengthened another notch.
Komori has come back demanding his right to free speech and rebuttal -- a right notoriously denied to the victims of Japan's rightwing attacks who, if they say anything, risk having their houses burned down or their offices firebombed. Now he has decided to move against a much smaller and even more vulnerable target -- this humble correspondent.
I sometimes contribute to the NBR (National Bureau of Research) web forum set up to encourage free and frank exchanges of opinion between Japan watchers around the world. It is a completely private forum, with watchers free to say things they would not say before a public audience.
But for Komori, it is happy-hunting ground for flushing out more enemies of Japan. Two of my smaller and more frankly expressed NBR contributions, one criticizing the way Tokyo has handled the North Korea abduction issue and another aimed at flaws in Japan's Northern Territory claims against Moscow were singled out.
Inserted into his blog pages with the usual rightwing rhetoric and exaggeration, as if I had set out publicly to condemn Japan and its policies, the anti-Clark fury has been running hot here for weeks. I am accused of defending Japan's enemies, among other things. And as is also usual in these rightwing affairs, long, sinister and anonymous messages of protest are being sent to my employers and benefactors demanding to know why I continue to be employed or receive benefactions.
In fact, my criticism of Tokyo's abduction policy has nothing to do with defending North Korea, a regime whose treatment of dissenters and policies of enforced poverty I have previously condemned in this paper as barbaric.
Even so, I am amazed by the lack of Japanese interest today in the excellent material coming out of the United States and elsewhere showing how U.S. hawks have hijacked policy on North Korea, leaving Pyongyang with the justifications and perhaps even the need for its nuclear and rocket development activities.
Japan is supposed to be the main potential victim of these activities. Yet it prefers to absolve the U.S. of all responsibility and convince itself that it is under deep threat, justifying even heavier spending on defense, "crisis management" alerts and so on.
Where Tokyo's policy currently goes wrong is in the attempt to persuade the world that a hard line is needed to free any abductees remaining in North Korea. To anyone who knows how dictatorial regimes operate, the hard line coming out of Tokyo could easily encourage Pyongyang to make sure that any surviving abductees cease to survive. This, I am sure, helps to explain the very high death rate among former abductees in the past.
Compare this with the extraordinary success of the softer line and careful negotiating under former Prime Minister Junichiro Koizumi, who in 2002 gained not just the return of five surviving abductees but an apology to boot. The choice of policies should be obvious, unless Tokyo sees some merit in leaving surviving abductees to their fate in a bid to freeze relations with Pyongyang into constant hostility. In which case it deserves every kind of harshest condemnation.
Part of Tokyo's dangerous hard line is the claim that a DNA test on a charred bone proves the falsity of Pyongyang's claims that one abductee, Megumi Yokota, has not survived. Yet it is common scientific knowledge that accurate DNA tests on charred remains are virtually impossible.
Does the Foreign Ministry and the rightwing (the two are increasingly the same) realize the damage done to Japan's reputation by all this? The seeming charred bone deception has been written up in Western scientific journals and even in Time, but the Foreign Ministry does not even attempt a rebuttal (it says weakly it has no more bone left for retesting). When I hinted at these facts in the NBR web forum, the Komoris of Japan's introverted rightwing world leaped into a fury of hatred and indignation.
Similarly with the Northern Territories dispute. Tokyo and the vocal rightwing may convince themselves that Japan's claims are rock solid. But in its 1951 San Francisco Peace Treaty with the Allies, Tokyo not only renounced all right, claim and title to "the Kurile Islands," but also admitted in the Diet on October 19, 1951, that the term "Kurile Islands" as used in the treaty included most of the territory it now claims. Only in 1955 did it begin to say the opposite, with no explanation for the volte-face.
In Cold War days, U.S. hawks may have seen the benefit in encouraging Tokyo to believe its claims were correct. But even they are silent today.
One initial British response to Tokyo's 1955 about-turn says it all -- "curious and naive." Is this the global image that Komori and the rightwing here want to create for Japan today?
The irony in all this is that if Japan's rightwingers could stop fulminating, and start thinking, they would discover a neat answer to many of their gripes. Under common international practice, Japan today would be quite entitled to begin to challenge some of the 1951 San Francisco Treaty obligations imposed on it during its period of weakness and occupation more than half a century ago. This would greatly increase the legality of its territorial claims.
And challenging the "war criminal" Article 11 of the treaty would also do much to end the rightwing trauma over Yasukuni and war guilt -- a point noted by some on the more intelligent right such as former trade minister Takeo Hiranuma. Provided the right admitted that there were war atrocities (something it still tries to deny), while noting also the times when Japan's wartime authorities behaved well -- for example by building schools and infrastructure in occupied or colonized territories -- they would do much to improve Asian respect and understanding for Japan.
But don't expect any of this to register with the Komori right, which prefers blind, counterproductive hatred of anyone who seems to challenge their dogmas. Komori even managed to get his newspaper (Sankei Shimbun) to denounce me -- a very large irony since in the past that paper and its offshoot magazine Seiron used to enthusiastically to carry my views on Japan.
My view both then and now is that Japan with its sense of order, honesty and group cooperation is a rare example of a sophisticated society that has been able to progress while retaining collectivist values. In many ways it was a model for us more individualistic Westerners.
Its main weakness was that these same collectivist values made for weak foreign policies. Sadly that prediction is being proven right.
They also make for a particularly snide and sinister form of criticism against dissenters. I once lived and worked (as a diplomat) in the former Soviet Union, another collectivist regime. There, too, policy dissenters were automatically attacked as enemies of the nation. There too they were condemned to be nonpersons (in Japan they call it mura hachibu, which means to be excluded from the society). It is time someone stood up to this ideological blackmail.
Discuss this Article
イデオロギーの洗濯機回る

 日本の新民族主義派右派の最大の敵は彼ら自身だ。彼らは日本の国際的評判の守り手を自任している。ところが彼らは自分の行動によってその評判を汚している。
 そのよい例が最近の古森義久事件 右寄りの産経新聞の著名な右寄りの同記者が、日本政府の靖国神社参拝へのこだわりに多少批判的な記事を載せた雑誌を厳しく批判し、外務省に圧力をかけの刊行を差し止めさせた。
 ワシントン・ポストその他でこれが大きく取り上げられたため、日本が右派の教義へ傾斜していくという対外イメージがまた一段強まった。
 古森は言論の自由、反駁する権利があるといって、これに反論した。
 この権利は,何か発言すれば家を焼かれたり事務所に爆弾を投げ込まれたりと、日本で悪名高い右翼の攻撃の犠牲者になった人々には否定されているものである。次に彼は、前よりずっと小さく、より傷つきやすくさえある対象 この筆者 をターゲットに定めた。
 私は時折、世界中の日本研究者間の自由で率直な意見交換を奨励するためにつくられたNBR(ナショナル・ビューロー・オブ・リサーチ)のウェブフォーラムに参加している。それは完全に私的なフォーラムで、研究者が公共の場で言わないようなざっくばらんな形で見解を自由に述べるところだ。
 ところがそれは、古森にとっては、より多くの日本の敵を一掃するための恰好な猟場だ。私の、よりはしょった、よりフランクな表現の二つのNBR発言に対し
 一つは北朝鮮拉致問題に対する日本政府の対応、もう一つは日本の対ソ北方領土要求の欠点を指摘したもの にとびついた。
 彼のブログページに挿入し、いつもながらの右派のレトリックと誇張をもって、あたかも私が日本と日本政府の政策を公式に咎めだてに乗り出したかのように、ここ数週間反クラーク・フィーバーに沸き立っている。とりわけ私が日本の敵を弁護したと非難されている。そしてこの種の右派的攻撃の常として、なぜ私が雇われ続け支援を受けているかを問い質す長々とした、いやみな、匿名の抗議メッセージが、私の雇用者や支持者に送りつけられている。
 実際、日本政府拉致問題政策への私の批判は、北朝鮮弁護でもなんでもない。北朝鮮政権による反対者の取り扱いや貧困を強いている政策を、以前この紙面でも私は
野蛮的と非難したのは読者もご承知の通り。
 とはいえ、米国のタカ派がいかに北朝鮮にたいする政策をハイジャックしてしまったか、その結果北朝鮮政府に口実を与え、もしかすると核やロケット開発活動の正当化さえも北朝鮮に与えてしまったことを示す、米国その他から発信されたこの見事な資料に、日本人が関心を示さないことは驚くばかりだ。
 これらの行動の主な予想被害者は日本だとされている。ところが日本は米国に対しては何の責任も負わせたがらず、日本が重大な脅威にさらされていると自分で自分を信じ込ませ防衛、
危機管理等々にさらに予算支出を増やす口実にしている。
 現在の日本政府の政策のまずいところは、北朝鮮に残っている被拉致者を解放するためには、強硬路線をとることが必要だと世界に対して説得しようとしていることだ。独裁政権の機能の仕組みを知っていれば、日本政府のとる強硬政策は、北朝鮮を、生存している被拉致者を生存させない方向へかんたんに追いやることが分る。これが過去において被拉致者の死亡率が非常に高かった理由の一つだと、私は確信する。
 このことと、小泉純一郎首相の下で柔軟路線と慎重な交渉によって稀に見る成功をおさめた
 2002年に5人の生存被拉致者の帰国を実現させたばかりか謝罪まで引き出した ことと比べて見るといい。日本政府が北朝鮮との関係を敵対関係に凍結するために残る被拉致者をいつまでもそのままにしておくことに何かメリットがあると感じているのでなければ、とるべき選択肢は明白だろう。もし現状維持を希望するなら、どんなに強硬な姿勢で糾弾を続けて当然だが。 
 日本政府の危険な強硬路線の一つの現れは、焼かれた遺骨のDNA鑑定によって、横田めぐみという被拉致者が生存していないという北朝鮮政府の言い分が偽りだったことが証明されたという主張だ。ところが焼いた骨のDNAの正確な鑑定は、現実には不可能だというのが科学の常識になっている。
 外務省と右派陣営は(両者は最近とみに重なってきたが)こうしたことで日本の評判がどんなに傷つくか分っているのか。焼いた骨にまつわる偽装の疑いについては欧米の科学雑誌や、タイム誌まで書いている。それなのに外務省はそれに対して反論さえしていない(ただ弱々しく再鑑定のための骨はもう残っていないというだけだ)。NBRウェブ・フォーラムで私がこうしたことを示唆したとき、視野の狭い日本の右派陣営の
古森たちはいっせいに噛み付いた。 
 北方領土紛争についてもしかり。日本政府や声高な右派陣営は、日本の領土要求が岩のようにしっかりしていると思い込んでいるかもしれない。だが
1951年の連合国とのサンフランシスコ条約で、日本政府はクリール諸島のすべての権利、請求権、権原を放棄している。そればかりでなく同年1119日の国会で、条約で言うクリール諸島には現在日本が要求している領域のほとんどが含まれると認めたのである。1955年になって初めて、日本政府はその反対の事をいい出した この回れ右の理由は説明されないままだ。
 冷戦時代には米タカ派は、自分の強硬姿勢は正しいと日本政府に思わせることは、米タカ派にとってメリットがあると考えたかもしれない。だが今では、彼らでさえも沈黙している。
 
1955年の日本政府の回れ右に対するある英国からの最初の反応が、すべてを語っている。 奇妙で子供じみていると。これが、古森や右派陣営が望んでいる今日の日本のイメージだろうか。
 ここに見られる皮肉は、声高に圧力をかけることを止め、頭をつかうことを始めるなら、彼らが不満としている多くのことがきれいに解決できる可能性がある。一般に国際的慣例では、現在の日本が試みておかしくないのは、
51年サンフランシスコ条約のいくつかの義務は、半世紀以上前に日本が弱体で占領下にあったときに課されたものだという趣旨で、異議申し立てをしてみることだ。それによって日本政府の領土的要求の法的立場は大幅に強まることが考えられる。
そして条約の
戦争犯罪”11条項にチャレンジすること。靖国と戦争犯罪をめぐる右派のトラウマを解消することにも大いに貢献すると思われる。 これは一部、前経済産業大臣平沼赳夫など賢い右派たちが指摘していることでもある。もし右派が、彼らはいまだ否定しようとしているが、戦争で残虐行為があったことを認めるなら、それと同時に戦時中の日本当局がよいことをやった時もあることも指摘して、 占領地や植民地に学校を建てたりインフラを整備したなど 彼らは日本に対するアジアの人々の尊敬と理解を改善することに大きく貢献できるだろう。ところで、古森的右派からこのような前進は期待できない。自分たちのドグマにチャレンジしてくると思ったすべてに対し盲目的、非生産的憎しみを抱くのをよしとする。彼は自分の新聞(産経新聞)に筆者を非難させることに成功したが、これは大きな皮肉だ。というのは、以前は同紙やその系列の雑誌{正論」が私の日本論、日本人論をせっせと掲載していたのだから。
当時も今も私の観点は、日本は秩序、正直さ、グループ協力感覚が強く、集団的価値観を保ったままそれを洗練させ発展してきた稀有な国だということだ。多くの点でこれは、より個人主義的欧米人に対するモデルであった。
 その主な弱点は、この同じ集団的価値観が、外交政策の弱さにつながりやすいと指摘した。不幸にしてこの予言は的中した。
 またこの価値観は、それに沿わない者に対して、とくに卑劣で陰湿な批判の形をとりやすい。私は以前外交官として、もう一つの集団主義体制である旧ソ連に住み働いた経験がある。そこでも反対者は人非人として糾弾される(日本では非国民として村八分に
社会から除外される)。
 いま誰かが立ち上がってイデオロギー的脅迫にしっかり立向かうべき時だ。