Russia wants to be understood
BY GREGORY CLARK
August 19, 2015
Russian Translation

As Ukraine bleeds and sanctions take hold, Russia wants outsiders to come and understand its position. For me that meant having to revisit the country where I had once suffered two years of KGB (secret police) harassment simply for the sin of trying to learn the language and know the people. But when they said I could meet and talk freely with people in charge, mainly division heads in the Russian Foreign Ministry, I agreed, but at my expense.

In the Ukraine context, they are worried about the fate of the Russian-speaking minorities in the three Baltic States. In Latvia, for example, Russian-speakers are classed as “non-citizens” denied electoral, language, job and information rights. In Lithuania and Estonia they face similar restrictions. And as in Ukraine, they now also face the rise of pro-Nazi, extreme right-wing, anti- Russian movements. Complaints to the Commissioner for Human Rights in the Council of Europe get no response, they say.

I suggest some of these rights abuses are revenge for the anti-nationalist repressions that I had seen in Soviet days. My interlocutor does not deny, but insists that what the Nazis did was far worse. Today, as a result of the chaotic Soviet breakup some 30 to 36 million Russians have found themselves on the wrong side of the fence. It was not their fault. They have rights like everyone else.

I had also visited Ukraine in Soviet days. There, too, in the capital Kiev and the west of the country I had found nationalist sentiments repressed. But the east was like a little Russia. That many there would welcome some kind of autonomy once the Kiev administration began to unravel was inevitable. Most of the 1 million refugees from the fighting have not gone to Ukraine; they have gone to Russia. Denouncing as Russian aggression Moscow’s support for what initially seemed to be a move simply to gain the kind of autonomy we take for granted in Catalonia, Scotland or Quebec seemed unfair.

But with the fighting underway what comes next? The most I can get from the Foreign Ministry person is a predictable call for observing the Minsk agreements of earlier this year that separated the two sides along the line of control. Otherwise it was up to both sides to decide, he said. But that is impossible given the bad blood that has already exists.

A solution one hears is a frozen conflict situation as in Transnistria where pro-Russian separatists fought a brief war with the former Soviet republic of Moldavia back in early 1990s and ended up as a self-governing entity on a strip of land between Ukraine and Moldavia. Moscow supports this but has been careful not recognize it as an independent state. The Moldavian government calls it the “Transnistria autonomous territorial unit with special legal status” — a neat wording that could be used for any east Ukrainian solution. I ask how the Russian side would see this. Once again I am told it is up to both sides to decide.

Moscow needs to be much more active in seeking solutions. I sense an apathy — a feeling that Mother Russia has been facing attacks and crises through its history and that somehow it will muddle through this one too. They will survive sanctions too, they say, since it will force them to produce themselves the goods they used to import. But sanctions combined with falling oil prices and capital outflow could lead to crippling rounds of devaluation and inflation. Meanwhile, the longer things drag on the more the hawks in the United States and its NATO allies will ramp up the military pressure, as they are already trying to do in the Baltic states and over Ukraine. The situation is more dangerous than most seem to realize.

To pressure China the U.S. uses the principle of freedom of the seas. To pressure other people it uses sanctions that deny the principles of free trade and financial transactions painfully built in postwar years.

Crimea could be the flash point. U.S. legalists now argue that even if there is a solution in Ukraine, Moscow’s move to detach Crimea from Ukraine’s sovereignty is a clear breach of international law deserving continued sanctions. But in that case the West would be very guilty over Kosovo, where bombs were used to deny Serbian sovereignty. In Crimea they say they relied mainly on a referendum.

When I visited Crimea in Soviet days it was totally Russian. It is still very Russian, though genuine efforts are also being made to revive the Turkic language of the surviving Crimea Tartar peoples. Kiev’s brief rule saw some half-hearted attempts to encourage more use of Ukrainian (the two languages are quite similar). But the former editor of the local newspaper tells me his Russian edition always outsold the Ukrainian edition nine to one — a figure that matches the pro-Russia results of that March 2014 referendum they hark back to constantly.

Legally, too, Moscow seems to have an argument. Crimea was gifted to Kiev by then-Soviet leader Nikita Khrushchev, himself a Ukrainian, back in 1954 when arbitrary shifts in Soviet republic frontiers were a simple matter of bureaucratic convenience. Besides, I was told, the 1954 move was technically illegal since it never got to be ratified by the Supreme Soviet. Khrushchev also failed to exclude the port city of Sevastopol from the transfer, even though it harbors Russia’s Black Sea fleet. If only for those reasons Moscow could have been expected to try to regain control once hostilities erupted in eastern Ukraine.

On display in Crimea’s Livadia palace is the original of the February 1945 Yalta Agreement under which the U.S., United Kingdom and the Soviet Union agreed on the postwar territorial breakup. It includes the words, “The Kurile Islands shall be handed over to the Soviet Union.” Moscow continues to emphasize those words as justification for its continued ownership of the two southern Kurile islands claimed by Tokyo as the Northern Territories. For some reason it places less emphasis on the fact that in the U.S. brokered 1951 San Francisco peace treaty Japan agreed to give up all right, claim and title to all the Kurile Islands (Tokyo says the two southern islands were not supposed to be included).

The Russian Foreign Ministry people seem interested in Prime Minister Shinzo Abe — his personality, political prospects, etc. — but they are obviously not happy with his willingness to go along with U.S.-imposed sanctions. They say President Vladimir Putin will probably go ahead with his promised visit to Japan, but next year rather than this. They confirm Japanese media reports that Abe strategist Shotaro Yachi last year did in fact come to Moscow to suggest a rather strange 50-50 split of the islands in dispute (Yachi denies making this proposal).

They also tell me about a Japanese leader who simply said “Russia is big, Japan is small, so give us back the islands.” Neither understood that Russia under no circumstances can give up territory gained in World War II, I am told. The precedent created would be too dangerous.

I am also treated to a rather emotional rebuttal of claims that Russia or pro-Russian separatists were responsible for the shooting down of Malaysia Airlines Flight MH17 in July 2014. They say it was part of a Ukrainian plot to swing world opinion against Russia. They point to the bullet holes in the cockpit fuselage, which many of us saw in the first TV shots of the wreckage and which OSCE monitor Michael Bociurkiw has confirmed as evidence the plane was brought down by bullets rather than rockets.

They say that while the Ukrainian air-traffic control people refuse to release records, the Russian side has released radar data showing two Ukrainian fighter aircraft sent up meet the plane. They say the curious Ukrainian air traffic control demand that the plane divert 320 km north and fly over the war zone was so that pro-Russia separatists could be blamed for the planned shoot-down. They say that the U.K. still refuses to tell us what was in the black boxes. They ask why the Ukrainian side refuses to assemble the broken fuselage — standard practice after airplane crashes. They hope all this will be exposed when the international investigating committee makes its final report in October, but no doubt Ukraine will have a different story to tell.

This leads to the admission that the Russian side is often too slow and cumbrous in presenting its side of a story. The professionally run Russia Today TV channel has the potential to change things but still lacks outlets, and maybe full credibility. They agree that if Russia wants to be understood it needs to do more to invite established opinion makers to come and talk to the people in charge, as I could. It also needs to do something about reports of pervasive high-level corruption. Russia’s image today is still tainted by the image of Soviet days, which is why its case over Ukraine, Crimea and Flight MH17 still gets such little attention in the West, even when it is deserved.


ロシアはわかってほしい

ウクライナで血が流され、制裁が厳しさを増す中で、ロシアは、外部の人々が現地に来て、ロシアの立場を理解してくれることを望んでいる。これは私にしてみれば、昔ロシア語を学ぶ努力をしロシア人を理解しようと努めたばっかりに、2年間KGBのいやがらせに悩まされ続けた国へ、再び足を運ぶことを意味する。でも今回は、関係当局者(主にロシア外務省局長級)に自由に取材できるとの誘いで、自費ではあったが、それを受ける気になった。

ウクライナとの関連で、ロシアは、バルト3国のロシア語を話す少数民族の運命を憂慮していた。たとえばラトビアでは、ロシア語を話すグループは“非市民”に分類され、選挙権、言語、仕事、情報などの権利を奪われている。リトアニア、エストニアでも、似たような制限を受けている。さらに、ウクライナにおいてと同様、親ナチス極右派グループ、反ロシア的運動などの脅威にさらされている。欧州評議会の人権問題委員長に相談を持ち込んだがなしのつぶて、ということだった。

考えれば、こうした権利侵害の一部は、私もソビエト時代に見た民族主義者弾圧に対する、報復ではないか? 私の問いに、相手は否定しなかった。ただ、ナチスははるかにひどいことをやった、と語気を強めた。今日、ソビエト解体のあの大混乱の中で、3千万とも3千6百万ともいうロシア人が境界線引きのまちがった側に入ってしまったままだ。それは彼らの責任ではない。だから、他の人々と同様彼らにも権利がある。

私は、ソビエト時代のウクライナも訪問したことがある。そこでも、首都キエフや西部地域では、民族主義的感情が抑圧されるのを見た。しかし、東部はまるで小さなロシアのようだった。そこでは、いずれキエフの政権がまともさを失い始めた際は、住民多数間にある種の自治要求が高まるのは避けられないという印象をもった。戦災から逃れた100万の避難民の多くはウクライナへは行かず、ロシアへ行っている。もともとはカタロニア、スコットランド、ケベックなどで通用しているような単純な自治を求める動き、それをモスクワが支援するのをロシアの侵略と非難するのは、フェアーとはいえない。

だが戦闘が進行中のいま、次はどうするか?外務省の面々から得られた答えは、予想通り、今年始めの分離線で両側を分けたミンスク協定を守ろうという呼びかけがせいぜいだ。でなければ、双方で決めることだ、という。だがこれは、既に進行している関係悪化を考えれば、実現不可能だろう。

1990年代初め、トランスニストリアで親ロシア分離派が前ソビエト共和国モルダビアと短い戦闘ののち、ウクライナとモルダビア間の細長い地帯に自治的統一体を作り上げたが、そのような紛争の凍結状態をつくることも、一つの解決法ではないか、という意見も聞く。
モスクワはこれを支持しつつも、慎重に、独立国として認めることは控えている。モルダビア政府は、それを「特別な法的立場を持つ自治領域トランスニストリア」と呼んでいる。この呼び方は、東部ウクライナ問題解決の各ケースにも適用できる適切なネーミングと思われるが、これに対しロシア側の見方はどうか?と問うた。これに対しても、また、それは双方が決めることだという答えが返ってきた。

モスクワはもっと積極的に、問題解決に向けて尽力すべきではないか。私は一種のシラケを感じる。――母なるロシアは歴史を通じて幾多の攻撃や危機に直面してきた。だからこの危機も、うまく切り抜けられるだろう、という感情。制裁についても、これまで輸入してきたものを自分たちで作ることを余儀なくされて、乗り越えられるだろう、という。けれども、制裁に加えて、石油価格の落ち込み、資金の国外流出が重なると、平価切下げとインフレの繰り返しという打撃的な影響が出る可能性がある。一方、この状態が長引けば、アメリカやそのNATO同盟のタカ派が、バルト諸国やウクライナですでに動いているように、軍事的な重圧をますます強める可能性がある。状況は人々が考える以上に深刻だ。

アメリカは中国へ圧力をかけるために、「海の自由」の原則を使う。だが他所では、圧力をかけるために、戦後長い苦労を経て育て上げた自由な貿易・金融取引の原則を否定する、制裁という手を使う。

クリミアは発火点になる可能性がある。いまアメリカの法律主義者は、ウクライナがある種の解決を見た後でも、クリミアをウクライナの統治から分離しようというロシアの動きは明らかな国際法違反であるから、制裁を続ける必要があるという。ならば、セルビア国の統治を否定するために爆撃をしたコソボでの米欧も、大いに有罪だ。クリミアでは、主として住民投票に頼った、とのことだ。

私がソビエト時代に訪れたクリミアは完全にロシアだった。クリミアに残るタタール人の言語であるタタール語を復活する努力は真剣に続いているが、今もまだ、非常にロシア的だ。キエフによる短い統治の間に、もっとウクライナ語の使用を奨励しようと生半可な試みはあった(ロシア語とウクライナ語はよく似ている)。だが、この地域の新聞の前編集長によると、彼の新聞のロシア語版はウクライナ語版より9対1の割でよく売れている―― これは頻繁に人々が口にする2014年3月の住民投票の親ロシア派の数字と合致する。

法的に見ても、モスクワには言い分がある。クリミアは1954年に遡って、ソビエト内の境界線を人為的に引き直す行政上の都合の単純な作業の際、当時のソビエト指導者ニキタ・フルシチョフがキエフに贈呈したもの(フルシチョフはもともとウクライナ人)。それに、54年のこの作業は実際問題として、最高ソビエトの議決を経ていないという点で、専門的にいうと法律違反だという。フルシチョフはまた、黒海艦隊の停泊地、港湾都市セバストポリをこの線引きからはずすことをやり損ねた。これらの理由だけでも、東部ウクライナで敵対関係が生じた場合、モスクワがこの時のやりとりをリセットし、再統治に戻ろうとするのは当然といえた。


クリミアのリヴァディア宮には、1945年ヤルタ協定の原本が展示されている。そこにはアメリカ、英連邦、ソビエト連邦が戦後の領土再編成に合意した、と書かれている。またこの中に “クリール諸島はソ連に引き渡される”ともある。東京が北方領土としてクレイムを出している南部クリール諸島の二島に対する継続領有を主張する際、モスクワはこの記述をつねに強調する。なぜかモスクワは、1951年アメリカが仲介したサンフランシスコ平和条約で日本が全クリール諸島に対する全ての権利、権限、請求権を放棄することに同意した事実を、あまり強調しない。(東京は南部の二島はそもそも含まれいないはずと主張)

ロシア外務省面々は安部晋三首相に関心はあるようだ―― 彼のパーソナリティ、政治的将来等、――だが、アメリカ主導の制裁に積極的に同調する安部の姿勢には明らかに不満をもつ。おそらく、ウラジーミル・プーチン大統領の訪日は約束どおり行われるだろうが、今年でなく来年かもしれない、とのこと。また、安部の内閣官房参与谷内正太郎が昨年モスクワを訪れ問題の二島についてちょっと奇妙なフィフティ・フィフティ分割案を示唆したという日本のメディア報道は事実だった、ということも確認できた。(谷内自身はこの提案を否定している)

また、ある日本の指導者が言った、”ロシアは大きい、日本は小さい、だからそれらの島は我々に返してくれ”という単純発言も披露された。どちらの人も、ロシアが第二次大戦で得た領土を,どんな条件にしろ放棄することは出来ないことがわかっていない、とも。こんな前例を作れば、危険が大きすぎる。

また、2014年6月のマレーシア航空機MH17の撃墜に関して、ロシアか親ロシア分離派のやったことだとする風評に対して、強い反論を聞いた: これは反ロシア的国際世論の巻き返しを狙ったウクライナの戦略の一部だと。彼らはコクピット胴体に空いた弾丸穴を指摘する。それは墜落残骸の最初のテレビ報道で多くの人が目にし、OSCEモニターのマイケル・ヴァシュルキフが、ロケットではなく弾丸によって落とされた証拠だと確認したものだ。

ウクライナ航空管制塔陣は諸記録を公開するのを拒んでいるとのことが、一方ロシア側は、ウクライナ戦闘機2機が打ち上げられ、当機に会ったことを示すレーダー記録を公表している。あのなぞめいた航空管制塔の指令(320北へ逸れ、ウクライナの戦闘地域を通過せよという指令)は、撃墜の責任を親ロシア分離派に負わせる目的で彼らが仕組んだもの、という。英国は未だにブラックボックスの中身を公表するのを拒んでいる、という。また、ウクライナ側がなぜ、墜落事故の後定番の事後処理である破損残骸の回収をしようとしないのか。彼らは、国際調査委員会が10月に出す最終報告でこうしたことが全て明らかになると期待している、という。しかし、ウクライナは必ずべつな筋立てを用意するに違いない。

こう見てくると、ロシアはしばしば、自分たちロシアサイドの話を発信するのが遅すぎるし、やり方も下手だということがわかる。プロ的なロシア・テレビのチャンネルなら、この事態を改善する可能性を持つが、しかしまだ発信先不足で、おそらく全面的信頼性にも欠ける。ロシアを分かってほしいなら、外国の権威あるオピニオンメーカーを多数招聘して、今回私ができたように、関係者と率直に話をさせる必要があることは、彼らも同意見だ。さらに、高官レベルで腐敗が広まっているという報道にも対処が必要だ。ロシアのイメージはいまも、ソビエト時代の残像が色濃い。そのため、もっと高まっていいはずのウクライナ、クリミア、MH17機などをめぐるロシアの主張に対し、米欧の関心がいまだにこれほど低いのだ。