‘Shining lies’ and distortion: how the West creates wars
BY GREGORY CLARK
JAN 26, 2015

2014 was not just the 100th anniversary of the start of World War I — the war that was supposed to end all wars — it was also the 50th anniversary of the August 1964 Tonkin Gulf resolution that ushered in a war that has never ended.

The resolution claimed to be the response to an alleged attack against a U.S. destroyer by a North Vietnamese patrol boat. Today no one even pretends the attack took place. It was, to borrow the words of American reporter in Vietnam, Neil Sheehan, “a bright shining lie.” But some 2 million to 3 million people had to die as a result.

1964 was also the anniversary of an extraordinary event that I happened to witness inside the Kremlin. It was never publicized. Apart from the actors involved, I am probably the only one who knows the details — details that showed even better than Tonkin Gulf the ignorance, distortion and irresponsibility that the West uses to create its wars.

In October of that year and at Washington’s instigation, an Australian foreign minister, Paul Hasluck, traveled all the way to Moscow to demand a meeting with the top Soviet leadership. He then set out to warn them of Chinese ambitions not only against Vietnam but also against what he said was the Soviet territory of Xinjiang (in fact czarist designs on Xinjiang had ended more than a century earlier).

Therefore, he said, the Soviets should join us in Vietnam to help curb Beijing’s blatant aggressions. Soviet Premier Alexei Kosygin’s reply to this nonsense can be imagined. But back in Australia details of the debacle were never released. Some time later, Australia sent troops to Vietnam to help stop those mythical Chinese.

Soon we were to see more “shining lies” — this time about the alleged weapons of mass destruction in Iraq and secret contacts with al-Qaida needed to justify the invasion of Iraq. And this time a million or so had to be die as a result.

Then came Afghanistan. There we were told that the Islamists who earlier had opposed the Soviets were freedom fighters. But they became terrorists when they opposed the United States.

Now we have another enemy, this time Russia in Ukraine. Yet from the beginning Moscow had made clear it wanted only to help Russian-speakers in eastern districts gain the same federal status as is granted readily by many other nations with minorities or that need better government in the regions. It did not want those Russian-speakers to break away and join Russia.

Even so it was accused of land-grab aggression. When Russia later intervened to help protect local citizens from brutal Ukrainian attacks (much basic infrastructure has been destroyed and close to 1 million have been forced to flee) Moscow was again accused of aggression and hit with severe sanctions.

In the former Yugoslavia the Western propaganda machine had to work even harder to turn black into white. Highly justified Serbian resistance to the ethnic Albanian attempt to expel the large Serbian population in Kosovo was somehow portrayed as a Serbian attempt to expel the ethnic Albanians.

Once again sanctions were imposed and Serbia was bombed viciously to force it to bow to this fiction.

Why this shameless eagerness to ignore facts and create wars? And why is it accepted so unquestioningly by a supine media? After World War I, many tried hard to construct a new world based on the morality of laws, truth and justice. Today theology has taken over from morality. Laws, truth and justice are readily sacrificed so that our version of good can prevail in the world.

And the media does little to query the events, including even the 9/11 attack on the World Trade Center, used to perpetuate the good versus evil mythology.

I was on Canberra’s China desk during the 1962 China-India frontier war. Myself and colleagues in London and Washington had the maps and information to show that India had started the confrontation.

But that made no impression on our governments. Denunciations of unprovoked Chinese aggression began immediately and did much to lead to the fiction that China was responsible for the Vietnam War.

The London Economist devoted a special issue pillorying those of us who they said had failed to realize Chinese southward thrusting ambitions not just in India and Vietnam but allegedly in Afghanistan too!

Media mythology went overboard with the 1989 Tiananmen Square incident. At first our propaganda machine told us how Chinese troops had machine-gunned hundreds of protesting students in the square. When on-the-spot witnesses said they saw nothing like that, the action was shifted to outside the square, where it is true that revenge-seeking soldiers had been shooting wildly at the crowds.

But we heard nothing about why this might have happened — that anti-regime crowds earlier had firebombed the soldiers as they came into Beijing, with dozens badly burned or killed and their charred corpses strung up under bridges. Western sanctions imposed to punish Beijing for the distorted version of the incident continue to this day, perpetuating the myth of China as yet another source of evil that has to be countered.

Tiananmen saw media bias at its worst. A photo of a student standing before a row of army tanks during the incident is often used to prove regime brutality and student bravery. We now discover from the photographer that the student was standing playfully before the tanks as they were trying to leave Beijing a day later.

But no matter: If anyone wants further to demonize Beijing, photos of “tank man” are dragged out. But we never get to see the readily available photos of those charred corpses.

Switch to the Middle East and we see this same bias at work. Vandalistic Israeli bombing attacks on Gaza inhabitants were blamed on rocket firings from Gaza. But those rocket firings were a desperate effort to try to force an end to the cruel and inhuman siege Israel had imposed on Gaza for years — something the West should have moved to halt decades ago if it had any sense of justice.

Today Islamic activists upset by this and other injustices, Iraq especially, are being hit by drone attacks. But when those attacked try to seek revenge our governments and media cry “terror.”

Sometimes they add the word cowardly, as if those who risk their lives to get that revenge are guilty while those who sit in secure Florida barracks pressing drone-control buttons that can wipe out entire families in an instant are the heroes.

At times the button-pushers like to fire another rocket, when rescuers are trying to remove the dead and wounded from the first attack.

The Western nations face a difficult enough task in trying to cope with Islamic extremism. Their insensitivity to realities will make it even harder.


“真っ赤なうそ”と歪曲── 米欧流戦争のつくり方

2014年は、〈世界のあらゆる戦争を終わらせるハズだった〉第一次世界大戦開始の100周年というだけではない。これはまた、19648月、終わりのない戦争の口火を切ったトンキン湾決議の50周年に当たる年でもあった。

この決議は、いわゆる北ベトナム巡視船がアメリカの駆逐艦に攻撃を仕掛けたとされる事件に対する対抗だ、といわれた。今ではこの攻撃が実際にあったと取り繕おうとする人さえひとりもいない。ベトナム駐在アメリカ人記者ニール・シーハンに言わせれば“真っ赤なうそ”だという。だが、その結果、200万とも300万ともいわれる人が死んだのだ。

1964年はまた、私がクレムリン内で目撃した異常な出来事の記念日でもあった。公表されることのなかった事件だ。事件の当事者以外には、その詳細を知るのは、おそらく私ひとりではなかろうか。── それはトンキン湾以上に欧米が戦争を作り出すのに使う、無知と歪曲と無責任さを暴露している出来事だ。

その年の10月、アメリカの差し金で、オーストラリア外相ポール・ハスラックは遠路はるばるモスクワへ赴き、ソビエトのトップと会談を求めた。そして、彼は忠告した。中国の野心は単にベトナムばかりではない、彼によると、ソビエト領土の新疆も狙われている、と。(旧帝ロシアの新疆願望はもう100年前に終わっていたのだが)

そこで、とハスラックはいった、北京のこうした露骨な暴挙を止めるために、ソビエトもベトナムでわれわれに歩調を合わせ協力しなければならない、と。このナンセンスないい草に対するソビエト首相あれクセイ・コスイギンのこたえは、ご想像の通りである。とはいえ、この大失策にかんする詳細は、国元のオーストラリアでも、一切報道されていない。その後まもなく、オーストラリアはこの“中国暴挙”の神話に歯止めをかける一助として、ベトナムへ派兵を開始したのである。

まもなく、さらに“輝けるうそ”の数々がまかり通る。── イラク進攻を正当化するために必要だった、イラクにおけるいわゆる大量破壊兵器と、アルカイダとの秘密コネクションであり、これによる死者は今回は、100万以上といわれた。

次はアフガニスタンである。以前にソビエト人に対して反対したイスラム主義者は「自由の戦士」と呼ばれた。ところが今回彼らがアメリカに反対したときには、[テロリスト]とされた。

そしていま、新しい敵が生まれた。── ウクライナにおけるロシアである。ところがモスクワは最初から、彼らが求めているのは東部地域のロシア系住民が連邦的地位を獲得することへの支援に限っていることを明確にしていた。このスタイルの地位は、少数民族を抱える地域あるいは、よりマシな政府を立てたいとする地域をもつ、他の多くの国々が実施している方式である。モスクワは、ロシア系住民がウクライナと分かれてロシアに入ることを目的としたわけではなかった。

こうした実情にもかかわらず、ロシアは土地収奪を狙った暴挙と糾弾された。その後、この地域で多くの基礎的なインフラが破壊され100万近い住民が避難民として逃れざるを得なかった状況の中で、ウクライナの残忍な攻撃から住民を守ろうとしてロシアが介入したとき、モスクワはまたもや“暴挙”を非難され、厳しい制裁を課されることになった。

昔のユーゴスラビアでは、欧米のプロパガンダ・マシンは「黒」を「白」と言いくるめるためにさらにいっそうの努力を集中した。コソボの大きな部分を占めるセルビア系住民を追い出そうとするアルバニア系住民の策略に抵抗しているセルビア系住民の抵抗は、当然正当化できるものであったにもかかわらず、どうしたことか全く逆に、セルビア人によるアルバニア系住民の追放と言いくるめられてしまった。

そこでまた、あれやこれやの制裁となり、セルビアがこのフィクションに屈服するまで、同地の爆撃が続いた。

このように恥も外聞もなく、事実を無視する熱意は何のためか?そして、こうした歪曲があんなにもすんなりと怠惰なメディアによって受け入れられたのはなぜか?第一次大戦は、報と真理と正義のモラルに基づいた新しい世界を作ろうと、多くの人が努力した。今日、モラルはセオロジ―(ドグマ的信条)というものに取って代わられた。法、真理、正義は簡単に犠牲になり、われわれ版の「善」が世界に行き渡った。

そして、メディアも、911のワールドトレードセンターの攻撃さえ含めて、諸々の出来事の信憑性を確かめることなく、「悪」神話が恒久化される事態となった。

1962年の中印国境紛争当時私はキャンベラの中国デスク〈外務省〉にいた。私自身、そしてロンドン・ワシントンの同僚たちはみな、この対決の始まりはインドの手出しからだと示す地図及び情報を持っていた。

ところが、これがわれわれ政府に影響を与える力を持っていなかった。政府は無視したのである。

事件直後から、中国による一方的な攻撃説が広まり、これが、ベトナム戦争は中国の責任だというフィクション作りに大きく貢献したのである。

ロンドン・エコノミストは、彼らのいう“中国の野心”── インド、ベトナムだけでなく、いわゆるアフガニスタンも含めた南方侵攻野心── を見ようとしないわれわれをきびしく攻撃した特別記事まで載せたのである。

メディア信仰は、1989年の天安門事件で頂点に達した。最初はわがプロパガンダ・メディアは中国軍隊が広場で抗議学生を数百名機関銃で撃った、と説明した。だが,その場に居合わせた目撃報告がそのようなものは一切見ていないというや、急遽場所を“広場の外”とすり変えた。たしかにそこでは、復讐を求めた兵士らによる無差別射撃があった。

けれども、なぜ復讐を求めたのか、全く説明がない。── つまり、それに先立ち、反体制派の群衆が、北京に入ってきた兵士たちを火炎瓶で攻撃、数十名の兵士が死亡あるいは重症のやけどを負い、彼らの黒こげ死体がいくつか橋から吊り下げられたという事実が示されていない。この歪められた報道に基づいた米欧による北京制裁がいまも続いている。これもまた中国の悪の新しい証拠で対決が必要だという神話が、恒久化してしまった。

天安門報道は、メディア偏向の最悪の例だ。この事件のとき、軍のタンクの前にたたずむ一学生の写真が、体制側の暴力と学生の勇敢さを示す証拠として、しばしば使われている。ところが実は、事件の翌日にこの写真を撮った人物は、その学生は北京を離れようとしていたタンクの前にふざけて立っていただけと、のちに証言している。

だがそんなことおかまいなし。北京を悪者扱いしようとするとき、この“タンクマン”が持ち出される。ところがこの日の兵士たちの焼死体吊り下げ写真は、だれでも入手できるものなのに、われわれの目に触れることはない。

中東に目を転じても、これと同じような偏向がまかり通っている。ガザ住民に対するイスラエルの破壊的爆撃は、ガザが発したロケット弾攻撃として非難されている。だがこれらのロケット攻撃は、ここ数年イスラエルがガザに強いている残酷で非人間的な閉鎖状態を断ち切りたいという住民の必死の試みの結果だ。米欧が少しでも正義感というものを持ち合わせていれば、もう何十年も前にこれを止めさせるために行動すべきだったはずのもの。

今日、あれやこれやの不正義──とくにイラクに関して── に怒ったイスラム活動家たちは、無人機の攻撃の的になっている。ところが、これらの攻撃の被害者が報復しようとすると、われわれ米欧の政府やメディアはテロだと息巻く。

時々彼らはこのことばを臆病そうに付け加える。まるで、報復するために自分の生命を賭する人々は有罪で、安全な兵舎で無人機のボタンを押し一瞬に数家族を皆殺しする人々はヒーローだといわんばかり。

時にはこのようなボタン押し屋は、それに加え、最初の爆撃で生じた死傷者の救助隊が救助作業をしている只中に向けてロケット弾を撃ち込む事も好きだ。

米欧諸国は過激なイスラム主義と対決するという非常に難しいしごとに直面している。真実に対する彼らの無神経さが、このしごとをいっそう困難にしている。