Western media distorts Japan
BY GREGORY CLARK
OCT 25, 2014


Those two favorite targets for Western moralizing about Japanese corporate corruption — Olympus (cameras) and Recruit (information) — are back in the headlines. Both typify the shallowness of much Western reporting in Japan.

Olympus is a first-rate Japanese company credited with saving millions of lives with its advanced endoscope (internal camera) technology. But like many other Japanese firms in the late 1980s it got caught up in Tokyo’s response to Washington demands that Japan inflate its economy to ease massive U.S. trade deficits.

Zaitech — literally financial skill — was the slogan of the day. It called for companies to diversify away from their main business lines and begin trading in land and securities. The result was the bubble economy, followed by the collapse of asset prices in the early 1990s. Companies like Olympus, caught up in the real estate fever of the time, had to decide what to do next.

At the time many held on to their devalued assets, believing Tokyo’s assurances that a soft landing for the economy was on the way. Few could foresee that Tokyo’s planners would embrace the foolish austerity and supply-side policies then popular with U.S. economists. Before long Japan had sunk into the deflationary swamp where it has stayed for the past two decades.

At first Olympus, like many others, tried to postpone declaring losses by using the then-legitimate accounting technique tobashi. But then the Western-influenced mark-to-market economic purists moved in and tobashi was declared illegal. Sure enough, this saw another wave of asset price collapses and company bankruptcies.

Olympus now faced another dilemma; Tokyo had begun jailing directors who had tried to save their companies by continuing to cover up asset losses. It had to get its losses off its books. But as a traditional camera company it knew little about the skilled accounting techniques needed. It tried to muddle through and inevitably fell into the clutches of cover-up charlatans. And as its problems deepened, it turned to a foreign executive, Michael Woodford, to serve as president in a bid to help disguise the continuing cover-up.

In the normal course of events Olympus would eventually have gotten rid of its impaired assets, though at much loss to itself. But Woodford seems to have decided early on that his mission in life was to expose the company’s amateurish accounting moves as evil corruption.

He was sacked on the grounds he did not understand Japan — a reasonable response to his seeming inability to realize the dilemma his company had faced and the role he was expected to play. But for our Western media vultures it was fresh meat — a shining example of a foreigner being persecuted for trying bravely to clean up Japan’s polluted political and corporate stables.

Woodford’s recent book “Exposure — From President to Whistleblower at Olympus” is now gaining the same kind of publicity as that given to the myth that brave Western media intervention was needed to have former Prime Minister Kakuei Tanaka removed from Japan’s corrupt political scene.

The so-called Recruit scandal of the 1980s is a yet another myth being revived as the company recently prepared to list its shares on the market. Recruit was founded in 1960 by a brilliant entrepreneur, Ezoe Hiromasa.

After he graduated from the University of Tokyo, his immediate and first venture was a broadsheet listing job opportunities for graduates. He then had the revolutionary idea of publishing magazines listing accommodations for rent or sale, thanks to which no longer did we, myself included, have to spend days scouring Tokyo’s pokey, inefficient real estate agencies simply to find somewhere to live.

He followed that with magazines listing the job vacancies, which previously job-hunters could only find through feudalistic connections. He purchased at some loss two U.S. Cray super-computers in a bid to show willingness to help ease U.S.-Japan trade frictions. He helped to organize the large-scale resort development that Japan needed to revitalize remote areas. He also pioneered the promotion of women to top executive positions in his company. In short he was exactly the kind of enlightened businessman that Japan needed then, now, and in the future.

But that was not how Japan Inc. decided to see him. For them, he was an unpredictable upstart with a lower-class background. His final and fatal move was to try to improve on Japan’s then highly corrupt system for share placements. In those pre-bubble days anyone able to receive unlisted share issues, especially those involving land, were guaranteed spectacular profits. So Japan’s securities companies would make sure those shares went to their friends — gangsters, sokaiya (corporate extortionists) and sleazy politicians especially.

Ezoe decided the shares in his new real estate subsidiary, Recruit Cosmos, would go a somewhat cleaner route — to the politicians, bureaucrats and businessmen who could or would help him with his ventures. But Japan’s giddy media, seemingly ignorant of how share placements were being made in their own country, decided that this was bribery, even though some of the recipients ended up with losses on their shares.

Ezoe had made little effort to disguise his actions. For more than a year the media had great fun digging out names of share recipients and forcing them into humiliating apology and retirement. They even decided that Ezoe’s use of backdoor funds to obtain that loss-making Cray computer was also evil.

The height of this media hysteria was the trial of Ezoe and former Cabinet secretary, Takao Fujinami, for bribery. At the time, Japan’s university education system and Ezoe’s job magazines were being thrown into chaos by the way companies tried to recruit students long before graduation. To restore some order, Ezoe had got himself appointed to an official education reform committee. And to do that, he had made contributions to Fujinami’s political funds.

Arrested for bribery, Ezoe held out for 103 days in arbitrary detention before being given a 13-year suspended sentence. He died a broken man (I knew him quite well). And while his company has survived and continues its good work, its name is constantly being dragged out by Western media as an especially egregious example of Japan’s corrupt business-political connections.

Let me suggest that if Western media need a mission, it is take a much harder look at how Japan really thinks and acts.

日本報道を歪める欧米メディア

日本企業の腐敗をめぐって、欧米がモラルの教訓をたれるときの格好の標的になっている二つの企業── オリンパス(カメラ)とリクルート〈情報〉── がいまふたたび登場してきた。この二例は欧米が日本で情報発信する際に多く見られる浅薄さの典型だ。

オリンパスは、先進的な内視鏡技術で数百万もの命を救ったといわれる日本の第一級企業である。とはいえ、この会社も、他の多くの日本企業の例に漏れず、
80年代にはアメリカの膨大な貿易赤字を軽減するために、日本の経済を拡大せよというアメリカの要求に対して日本政府が対応した、その巻き添えを食ってしまった。

「財テク」─(文字通り金融スキル)─ が当時のスローガンだった。それは、企業が本業路線以外に多様化して、土地や株に手を広げることを要求していた。結果は、バブル経済、そしてそれに続く90年代初めの資産価値の崩壊だ。当時の不動産ブームに巻き込まれたオリンパスのような会社は、それをどう扱うか、次のステップへの決断を迫られた。

その当時は、多くの人は、経済のソフトランディングが近づいているという政府の約束を信じて、価値下落した資産をまだ温存させていた。日本の政府当局が馬鹿げた緊縮財政と、当時米経済学者らに人気だったサプライサイド政策をとるとは、信じる人は少なかった。まもなく日本は、デフレの泥沼に踏み込み、20年間そこから抜け出せなかった。

最初は、オリンパスは、他の多くの企業と同様、当時認められていた[飛ばし]と呼ばれる会計技法をつかい、損失計上を先延ばしにしようとした。ところがその後、欧米流に影響された時価会計を唱える純粋経済潔癖症たちが取って代わり、[飛ばし]は違法だと宣言。そのため、当然のこと、更なる資産価値の下落、企業倒産の波が押し寄せた。

オリンパスはいまや新たなジレンマに直面: 政府は資産の損失を隠して自社を救おうとした企業の責任者を逮捕し始めた。損失を帳簿から消さなければならないことになった。ところが伝統的カメラ会社であるオリンパスは、それに必要な会計技法に詳しくなかった。あれこれ試みて、損失隠しのいかさま師の魔手にはめられた。問題が泥沼化し、会社はマイケル・ウッドフォードという外国人役員を社長に任命、その[隠し]をさらにカモフラージュしようとした。

仮に、平常通りの道をたどっていたとすれば、オリンパスはやがては、損失を蒙った資産を処分して、切り抜けることができただろう。── 自身は大きな損をかぶったとしても。ところがウッドフォードは、会社の素人っぽい会計処理努力は、邪悪な腐敗である、自分の使命はそれを暴露することだ、と早い段階から決めていたかに見える。

彼は日本のやり方を理解していないという理由で、解雇された。オリンパスが直面しているジレンマと、自分に何が要求されているかを理解し切れなかったことを考えれば、これはもっともな理由であったろう。ところが、禿鷹メディアにとって、これは格好の生肉だった。日本の政治と企業の癒着で汚染された馬房を一掃しようと果敢に戦った外国人が追放された好例だ、というわけだ。

ウッドフォードの近著「解任」(暴露── オリンパスの社長からその内部告発者へ)がいま注目を浴びている。それはちょうど、田中角栄元首相が日本の腐敗した政治舞台から下ろされるためには、欧米メディアによる大胆な介入が必要だったという神話がもてはやされたのと同じだ。

さらにもう一つの神話が、80年代のリクルート・スキャンダルだ。それが最近同社が株式市場に上場を進めているにつれて、又息を吹き返している。リクルートは1960年江副浩正という一人の頭のよい起業家によって創設された。

東京大学卒業後、すぐ着手したのは、卒業生のための就職求人情報をリストアップして冊子をつくることだった。その後彼は、住宅の賃貸や販売物件を掲載した雑誌を出そうという革命的なことを考え出し、おかげで、われわれは、私も含めて、住居を探すのに、東京のつまらない非効率な不動産屋を回って何日も潰す必要がなくなった。

彼はそれに続いて、以前は職を探す人は封建的なコネによってしか知ることができなかった空きポストの情報を集めた雑誌をはじめた。彼は又、米日の貿易摩擦を緩和する助けになりたい意思表示として、赤字を覚悟で、二つのアメリカのクレイ・スーパーコンピュータを購入した。また遠隔地方の活性化のために日本が必要としていた大規模リゾート開発を組織するのに手を貸した。さらに彼は、自分の会社で女性を役員職につけるという先進的な仕事もした。つまり、彼は当時また将来日本が必要とする英知あふれる経営者そのものだったわけである。

しかし、日本株式会社は、彼を、そのように見るのを拒んだ。彼は、下層階級の出身から成り上がった、何をやるかわからぬ男、という見方だ。彼が最後にやった、そして命取りになった試みは、当時非常に腐敗した株式分配のシステムを改めようとしたことだ。バブル以前のあの頃は、誰でも上場前の株発行を受け取ることができた。── とくに土地関係の人は誰でも大きな利益が保証されていた。だから日本の証券会社は、その株を自分ら知人に手渡るように念を入れた── 知人つまり、やくざ、総会屋、そしてとくに腐敗した政治家たちである。

しかし江副は、彼の新しい不動産子会社リクルート・コスモス社の株は、何とかもう少し清潔なルートで広めたい── つまり、彼の起業計画を後押ししてくれそうな志ある政治家や官僚、財界人などにしよう── と決意した。ところが日本の軽薄なメディアは、自分の国で株の分配がどのように行われているか、明らかに知らなかったと見える。彼らは、これが賄賂だと決めてかかった。── 実際、これを受け取った人の中にはこの株で損を蒙ったケースもあったのだ。


江副は自分の行為を包み隠そうとはしなかった。メディアは1年以上にわたり、株の受取人の名前を割り出し、彼らを侮辱的な謝罪や引退に追い込むことに血道を上げた。さらに江副が赤字覚悟で買ったクレイ・コンピュータの購入に裏金を使ったことさえ悪い、と糾弾。

このメディア・ヒステリーの頂点は、江副と前官房長官藤波孝生の贈収賄裁判だった。ちょうどその頃は、企業が学生を卒業のはるか前に青田刈りするために、日本の大学教育も、また江副の就職雑誌も、大混乱に落ち入っていた。この秩序を立て直す目的で、江副はある公的な教育改革委員会への参加を求め、実現させた。そしてそのために彼は、藤波の政治資金へ寄付をしたのである。

贈賄の罪で逮捕された彼は、103日間拘留された後、13年間の執行猶予判決を受けた。そして失意の中で、世を去った。〈私は彼をよく知るひとりであった。〉その後彼の会社は、生き延びて、世のためになる仕事を続けている。しかし、その社名は、欧米メディアによって、日本の政・財界癒着のとくにひどい事例として、常時取り上げられている。

欧米のメディアに使命があるとすれば、なによりも、日本はいかに思考しどう動いているかについて、そのほんとうのところをもっと真剣に深く見つめることではないか。