Irrational bias for Ukraine
BY GREGORY CLARK
SEP 23, 2014

History has its ironies. At precisely the moment the people of Scotland were being allowed peacefully to decide their future within the United Kingdom, a joint session of the U.S. Congress was giving standing ovations to Ukrainian President Petro Poroshenko who, if taken seriously, was calling for brutal suppression of a minority in his country seeking similar freedom.

The Western opposition to Russian- speakers in Ukraine seeking the right to some form of autonomy has been extraordinary. Few of our politicians and commentators would even think of condemning the moves in Scotland, Catalonia or Quebec seeking independence, or the many moves to autonomy based on cultural, language or historical differences within the EU nations. Even nations without such differences, such as the U.S. or Australia, see the federation of partly self-governing units as a better form of government.

Yet all seem able to fume with genuine indignation when the Russian- speakers in eastern and southern Ukraine simply seek autonomy from a discriminatory, inefficient and corrupt central government in Kiev.

Scotland deserves independence, we are told, because its union with England some 300 years ago was forced. Well, 300 years ago Ukraine did not even exist. It was largely Russian, with some Polish influence in the west. That Polish influence underlies many of the differences between Ukrainian and Russian culture today. But the Russian input remains dominant. Put those Ukrainian nationalists in front of a TV camera and they are speaking Russian, not Ukrainian.

If after gaining independence in 1991 the Ukrainian government in Kiev had tried to provide good and fair governance to all its peoples, it might have had some reason to continue to insist on central control. That did not happen.

All pretense of fairness disappeared when Kiev tried for a while to ban official use of Russian. When after the 2012 overthrow of the former legally elected government Kiev began to come under the influence of extreme right-wing nationalist forces, some with past pro-Nazi sympathies and a record of anti-Russian and anti-Jewish atrocities, it was inevitable that the pro-Russian elements in the east and southeast would begin to seek autonomy or even union with Moscow.
Some impartial observers believe Russian President Vladimir Putin erred in not calling for such union.

Yet even Putin’s very moderate autonomy proposal was condemned by the same EU nations that themselves freely allow regional autonomy. They say that, in Europe, autonomy/independence was gained only through gradual negotiation. Oh yes? In Kosovo too, where the West encouraged an ugly guerrilla war then bombed Belgrade to force a separation from a Serbia that had long agreed to autonomy for ethnic Albanians? Or in the U.S. itself, which gained its independence only by force?

The Western nations have been very foolish over Ukraine. In one blow, they have forced the Russians to look much more to the Asian powers, China especially, rather than to the West, which the Russian intellectual elite have always wanted to embrace.

They have imposed sanctions that in the long term can only benefit the Russian economy at the expense of Europe. For far too long, Moscow has let its domestic industries, farming especially, suffer from the flood of glossily attractive EU products on its supermarket shelves. Now it has every incentive to recover much of the industry it foolishly let wither under Western free-trade, free-market hectoring following the 1991 Soviet breakup.

And as the spike in Russian pro-Putin approval ratings shows, Western behaviour has severely hurt progressive Russian forces trying to push their nation in a more democratic direction.

The real harm lies elsewhere. It was our Western moralists who came up with the concept of Responsibility to Protect (R2P), to justify intervention in situations like Libya, Syria or Sudan, where a dictatorial central government was using cruel force to oppress people.

What has been happening in Russian-speaking Ukraine has been almost as bad. The Ukrainian military set out deliberately to destroy vital infrastructure in rebel-held areas, and to bomb their populations into submission (our biased media make it seem as if both sides are causing the destruction, as if pro-Russian rebels want to destroy the houses of pro-Russian citizens).

Hundreds of thousands have been forced to flee into Russia to escape a desperate situation that has been compared to the Nazi wartime siege of Leningrad. Even if only for humanitarian R2P reasons, Moscow had every reason to try to support the rebels.

Yet its move to rescue these people from the dreadful fate they faced is condemned as “aggression.” Do we think Russians are stupid, and do not realize the gross contradiction?

We saw the same anti-Russian bias, hatreds even, during the Ossetia crisis of 2008. Here too Moscow intervention was needed to rescue from Georgian attack a pro-Russian minority with its unique culture and language. Somehow that rescue operation was twisted to become a deliberate Russian attack on Georgia, even though Moscow withdrew all its troops after getting the guarantees it wanted for the future safety of pro-Russian minorities there.

There is something sick in the Western mentality that blocks sensible judgment where Russia is concerned. I have no great sympathy for the government there; I was disgusted by the brutal suppression of the Chechnya nationalists — brutality far worse that what we see in Ukraine. I also worked there back in Soviet days and saw close up the bloody-mindedness of a regime determined to harass those of us who learned the language and tried to understand its people (I have written about it on my website).

But I also came to realize just how much those people had suffered as a result of past Western behavior. Their reasons for the mutual distrust were much greater than ours.

Our Western hawks gloat over how they won the Cold War, proving the superiority of our system. This in turn is supposed to justify current policy over Ukraine. But the system they condemned as evil was able to produce a leader with the quality of a Mikhail Gorbachev willing to put an end to Cold War stupidities.

And the leaders that our system has produced? In many cases, no comment is probably the best answer.

ウクライナ問題に見る不合理な偏見

歴史は皮肉だ。連合王国でスコットランドの住民が平和的に自らの将来を決めることが許されているちょうどその時に、米議会の両院合同決議の場では、ウクライナ大統領ペトロ・ポロシェンコは、本気で実行すれば自分の国で同じような自治を求めている少数民族の残忍な弾圧につながりかねない呼びかけを行い、起立の喝采を受けていたのである。

ウクライナにおいて一定の自治を求めているロシア系住民に対する欧米の反発は異常だ。EU諸国内部で起きている、スコットランドやカタロニア、ケベックなどでの、独立を求め、あるいは文化、言語、歴史の違いに基づいた自治を求める動きに対して、われわれの政治家や評論家の誰かが糾弾することはおよそ考えてもみないだろう。この種のちがいをもたない国たとえばアメリカ、オーストラリアでさえ、一部自治的政治単位の連邦を、よりよい政府形態と考えている。

ところが、ウクライナ内部の東部と南部のロシア系住民が、差別的、無能力な、腐敗したキエフ政府から自治を求めているとなると、とたんにみんな憤りをあらわにするようだ。

スコットランドは300年前に英国に合併させられたのだから、独立する資格がある、という説明だ。そうか、300年前といえば、ウクライナはそもそも存在していない。そこにあったは、西の方で多少ポーランドの影響を受けた、主にロシア領であった。ポーランドの影響はいまも、現在のウクライナとロシア人文化のちがいの底流にある。とはいえ、ロシア的色彩は最も支配的な形で引き継がれてきた。ウクライナの民族主義者をテレビカメラの前に立たせれば、彼らが話すことばは、ウクライナ語ではなくてロシア語だ。

仮に1991年独立した後、キエフのウクライナ政府が全ての国民に善き、公正な統治を行っていたなら、中央の支配を継続するという主張も理解できたかもしれない。けれども、そうではなかった。

キエフが、一時的にロシア語を公用語として使うことを禁じたとき、公平さという仮面ははがれた。2012年に合法的に選ばれた前政権を倒した後、キエフは極右的国粋主義者の影響下に入ったが、その一部には過去に親ナチス派で、反ロシア人反ユダヤ人の残虐を犯した前科のあるものも含まれ、東部と南東部の新ロシア派が自治を求めて、さらにはモスクワとの統一を求め始めるのは当然の成り行きだった。

客観的な観察者に言わせれば、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がこのような統一を求めなかったことは誤りだった、という意見もある。

ところがプーチンの非常に穏健な自治提案でさえEU諸国から糾弾された。その国自身は「地域の自治」を自由に許しているのである。彼らの言い分は、ヨーロッパでは自治や独立はゆっくりとした交渉の中で獲得したものだ、という。本当にそうか? コソボにおいてさえ、欧米諸国は残酷なゲリラ戦争を応援した。そして、ずっと以前からアルバニア系住民の自治を同意していたセルビアから、ベルグラードを強制的に分離させるために同市を爆撃したではないか。

ウクライナを巡って欧州諸国は、非常に愚かしいことをやってきた。一瞬にしてロシアの関心をアジア陣営、とくに中国へ移させてしまった。実は、ロシアのインテリたちはつねに欧米にアプローチしたがっていたのであるが。

彼らはロシアに制裁を課したが、それは長期的にはヨーロッパに不利をもたらすことによって、ロシア経済に利するものだ。というのは、あまりにも長期間モスクワは、スーパーマーケットの棚に派手に魅力的なEU商品の氾濫を許し、国内産業とくに農業を苦しめてきた。しかしいま、1001年ソビエト解体に続く欧米からの自由貿易・自由市場攻勢で疲弊したロシアの多くの産業が、起死回生の絶好のインセンティブを手にしたことになる。

そしていま、プーチン支持のグラフの上向きが示しているように、欧米の行動は、より民主的な方向へ、国を推し進めようとするロシア国内の進歩的勢力に大きな打撃を与えた。

そして、ほんとうの害は他にある。R2Pを守り、独裁的な中央政権が人々を抑圧するために残忍な方法を駆使している、リビア、シリア、あるいは、スーダンでの状況への介入を正当化するために「守るべき責任(R2P)」という概念を発掘したのは、われわれ欧米のモラリストだった。

ウクライナでロシア系住民に起こっていたことは、これとほとんど同じくらいひどい状況だ。ウクライナ軍部は、反政府が抑えている地域の重要なインフラを計画的に破壊し、そこの住民を爆撃によって封じ込めに乗り出した。〈ところがわれわれの偏向したメディアによって、この破壊はあたかも相互的なものであるかのように、そしてまるで親ロシア派の活動家が親ロシア派市民の住居を破壊したがったかの如き見せ掛け報道となった。〉

絶望的な状況から逃れようと数十万の人々がロシアへ亡命したのは、ナチスとの戦闘でのレニングラード包囲に比較される。たとえ、R2P人道的面からだけでも、モスクワは親ロシア派の活動家を助けなければならない理由は十分にあった。

ところが、恐ろしい運命に直面した人々を救済しようとする行動は“侵略的攻撃”として糾弾された。われわれは、ロシア人はバカだと思っているのか。彼らはこの大矛盾に気がつかないとでも思っているのか。

これとよく似た反ロシア的偏見、むしろ憎悪ともいえるものが、2008年のオセチア危機のときに見られた。当時もまた、モスクワは、独自の文化と言語を持つ親ロシアの少数民族をグルジア政府の攻撃から救うために介入を余儀なくされた。モスクワは、この土地で親ロシア少数民族の将来の安全の保証を取り付けた段階ですぐ全ての軍隊を引き上げたのであったが、なぜか、この救助活動がロシアからの計画的グルジア攻撃というふうに歪曲されてしまった。

ここに見られる欧米メンタリティには病的なものがある。── ことロシアに関してとなると、合理的な判断がブロックされてしまう。私はそれらの政権に対してとくに共感を持つものではない。:チェチェンの民族主義者らへの残忍な制圧に対しては嫌悪感を持っている。──これはウクライナでの残酷さの比ではない。私はかつてのソビエト時代そこで働いたこともある。土地のことばを学び、人々を理解しようとする人間に対し嫌がらせをしようと断固決意を固めている政権の冷酷さを体験した身である。(本ウエブサイト参照)
しかし、私はまた思う。── 欧米の行動によってこれらの人々がいかに苦しんだか、と。 相互不信の理由は、われわれよりも、彼らの方がずっと大きいのである。

われわれ欧米のタカ派は、冷戦に勝ったのはわれわれのシステムが優越していたからだといって悦に入っている。このことが今のウクライナ政策が正しいと自己正当化する理由にもなっているようだ。とはいえ、彼らが悪だといって弾劾しているシステムは、冷戦の愚かしさを断ち切る決断をしたミハイル・ゴルバチョフのような価値ある指導者を生み出した。

われわれのシステムが生んだ指導者はどうか? おそらく、最良の答えは、ノーコメントではないか。