How WWII could have ended
BY GREGORY CLARK
AUG 22, 2014


August 15, 1945, is the much-remembered date of Japan’s surrender in World War II. But that date could have been much later. On a recent visit to Australia, I discovered an act of Stalinist perfidy that could easily have delayed that war end and have left much of Japan subject to Soviet occupation.

This was the fact that in 1945 Soviet leader Josef Stalin was passing on to Tokyo information from unsuspecting Australian sources that would allow the Japanese military to resist the Allied invasion from the south and provide time for a Soviet invasion into Japan from the north.

If the Soviet plan had succeeded, many more Americans, Australians and Japanese would have died as a result, and much of Japan would have come under Soviet occupation or control.

For pure ugliness and perfidiousness it rates with the Warsaw Ghetto affair when Stalin’s refusal to help the 1943 uprising there did much to allow Moscow later to take over the country and impose communist rule.

The story begins in the later stages of the Pacific War against Japan when Australia had become the base from which U.S. Gen. Douglas MacArthur hoped to launch his final attack from the south. In a collection of dilapidated shacks near Melbourne a small group of cryptographers were working with the British to decode intercepted Japanese military and diplomatic messages, many from the Japanese consulate at Harbin far away in northern China but sharing the same longitude as Melbourne.

(Details of this remarkable decoding operation can be found in a recently published book news.anu.edu.au/2013/10/29/australias-secret-history-of-decoding-diplomatic-cables/)

From some of the painfully decoded messages the decoders had discovered that somehow the Soviets had got their hands on the detailed U.S. plans for the invasion of the Philippines and were passing them to that Harbin consulate, which was then passing them on to Tokyo where they could be used to prepare defenses against the planned Allied attacks through the islands of the western Pacific and into the Philippines.

At the time the Soviets were supposed to be cooperating with the Allies to defeat Japan. Yet here they were trying to help Japan resist the Allies. Some background is needed.

In February 1945 the Allied powers had met at Yalta and had gained Soviet agreement to prepare for an attack on Japan once Nazi Germany had been defeated. A Soviet attack from the north was seen as crucial in bringing about Japan’s early surrender and avoiding the dreadful casualties that would follow an Allied invasion of Japan.

But in July 1945, the U.S. successfully tested an atomic bomb. It realized it no longer needed that promised Soviet attack to defeat Japan. It could do so itself, after it had defeated the Japanese in the Philippines.

Meanwhile, with Germany defeated, Moscow was moving troops eastward in preparation for its own attack on Japan. But those preparations would take time. Unless Moscow could find some way to delay Japan’s defeat at U.S. hands, the Japanese prize would slip from its hands.

One tactic was falsely to seem to go along with Japanese hopes that the Soviets would remain neutral and might even broker a deal that would save Japan. The other was to pass on those secret U.S. plans for the Philippines invasion in the hope this would strengthen Japan’s resistance and delay any surrender to the U.S.

How could it get those plans? As in much of the West, Moscow was gaining friends in Australia thanks to the incredible sacrifices the Soviet peoples had made to resist and finally defeat Nazi Germany (anyone who believes the West also did much to bring about that defeat has been watching too many Normandy documentaries and “Saving Private Ryan” films).

In Canberra, a Labor government was in power. Since Australian troops would join with the U.S. in the planned attacks northward to Japan, details of those plans had to be shared. Some on Left could easily gain access to those plans; one of them, we discovered later, was the private secretary to the then very leftist foreign minister, H.V. Evatt.

These plans then found their way to the Soviet Embassy in Canberra only to end up in the messages from that Japanese consulate in Harbin, where they were intercepted, decoded and finally ended up back in Australia.

But the identities of the Australians involved in all this were only discovered postwar, thanks to the U.S. Venona decoding operation against the Soviet wartime cable traffic. Nor at the time could there be a witch hunt against them since this would have revealed the existence of the ultra-secret Venona operation. It only came out later during Canberra’s Petrov affair inquiries.

Petrov was a 1954 defector from the Soviet embassy in Canberra, who allegedly brought with him documents that allowed names and sources to be revealed. None of the alleged Soviet collaborators were brought to trial; one of them, Ric Throssel, was still at his desk in Canberra’s External Affairs department when I joined in 1956.

But the lurid details of those 1945 events were enough to discredit the Labor Party and guarantee a succession of conservative governments through to 1972 when thanks largely to the ping-pong diplomacy and the recognition of China, a Labor government under Gough Whitlam could finally regain power.

Like Throssel, whom I came to know and like, most were concerned pacifists who thought they could assist the war effort by helping the Soviet ally (Throssel had done no more than casually pass on information to his mother, a well-known and strongly pro-Soviet author.)

But their actions were not only to discredit Labor government in Australia. They could well have changed the final stages of the war against Japan, and in a direction exactly to opposite of what they had wanted.

As the U.S. tried to deal with the fierce Japanese resistance to its move northward — a resistance that was no doubt greatly helped by information passing through that Japanese consulate in Harbin — the decision was made to use atomic weapons against Japan.

Many assume that this succeeded in forcing Japan’s early surrender. But various studies have shown us that the fanatical militarists largely in control of Japan’s war policies were still at the time determined to force a fight to the end regardless.

Thanks to detailed research by Tsuyoshi Hasegawa in his 2005 book “Racing the Enemy,” it seems very likely that the deciding factor forcing that surrender was not so much the threatened destruction of Japanese cities as the hasty post-Hiroshima Aug. 8, 1945, Soviet declaration of war against Japan and invasion of Manchuria.

A Soviet attack on Japan proper leading to the destruction of the Emperor system and establishment of a communist government frightened the militarists even more than atomic bombings.

Even so the Soviets found time to invade Japan’s northern and central Kuril Islands. They also sent troops intended to occupy all of Hokkaido north of a line between the towns of Rumoi in the west and Kushiro in the south, probably under one of the secret agreements made at Yalta to encourage Soviet war participation.

One report says the Soviet troop ships were only two days from Rumoi when U.S. President Truman warned them off, saying the troops should be used instead to occupy the southern Kuril Islands, now claimed by Tokyo as its Northern Territories.

How much more could they have taken if Moscow had been able to delay Japan’s surrender?

And, is it just possible that the U.S. would have decided it did not need to rely on atomic weapons if Japan had not been able to stage fierce resistance in the islands to its south?



第二次大戦 別な終わり方も?

1945
815日は日本が第二次大戦で降伏した日としてよく知られている。だが、この日付は、さらに大幅に遅れた可能性もあった。最近オーストラリアを訪問して、スターリンの裏切り的行為を発見した。それが行われたとしたら、終戦を容易に遅らせ、また日本の大半をソビエトの占領下におくことになったと思われる。

その事実とは、1945年、ソビエト指導者ジョセフ・スターリンが、疑いを持たぬオーストラリアの情報源からの情報を東京へ流していたことで、その内容は、日本軍を南からの連合軍の進攻に抵抗することに集中させ、北からのソビエトの日本進攻のための時間稼ぎを可能にするものだった。

もしソビエトの計画が成功していたなら、さらに多くのアメリカ人、オーストラリア人、日本人が、死ぬことになっただろうし、日本の国土の大半はソビエトの占領または統治下に入っただろう。

純粋に醜悪さと不実性の度合でいえば、43年スターリンがワルシャワ蜂起を助けなかったために、後にモスクワがその国を引き継ぎ、共産主義支配を許すことになったワルシャワ・ゲットー事件と肩を並べられる。

日本に対する太平洋戦争の後半期にオーストラリアは、アメリカのマッカーサー元帥が、南からの最後の対日攻撃を準備する基地となった。メルボルン郊外の一群の廃屋の中で、暗号解読専門家が、英国の仲間とともに、傍受した日本の軍事外交情報、多くははるか彼方、しかし緯度はメルボルンと同じ中国北部のハルピン領事館からのものだ。(この驚くべき暗号解読作戦の詳細は、最近出版の本「オーストラリアの外交電報暗号解読秘史」
http://news.anu.edu.au/2013/10/29/australias–secret-history-of-decoding-diplomatic-cables/
を参照)

苦心の末解読されたいくつかの電文の中から暗号解読専門家が発見したことは、ソビエトはなぜかアメリカのフィリピン進攻計画の詳細を入手しており、それをハルピンの領事館へ流した、それがさらに東京へ渡ったのだが、それは、連合国が企てている西太平洋の島々を経由してのフィリピン進攻計画に東京が備えることを可能にする情報だった。

当時日本を打ち負かすためにソビエトは連合国と協力しているということになっていた。ところがここでは、日本が連合国に抵抗するのを助けようとしていたわけだ。少しこの背景を説明しよう。

1945
2月、連合国グループはヤルタで会談、ナチスドイツが敗北した後には、日本攻撃の準備するとのソビエトの合意を取り付けた。日本を早期に降伏させ、仮に連合国軍が日本へ上陸した場合想定される、恐るべき大量の人的被害を避けるためには、北からのソビエトの攻撃が鍵となると見られた。

ところが457月アメリカは原子爆弾のテストに成功。日本を降伏させるために、約束を取り付けていたソビエトの攻撃はもはや必要ない、とアメリカは悟った。フィリピンで日本軍を敗北させたあとは、自分の力でそれができる。

一方、ドイツが敗北したあと、ソビエトは軍を東へ、自分自身日本を攻撃するための準備で、移動させつつあった。だがこの準備には時間がかかる。日本がアメリカの手で敗北させられるのを遅らせる方法を見つけない限り、日本というご褒美は自分の手から逃げてしまう。

一つの方策は、一芝居を打ち、ソビエトはあくまで中立を保つだろう、もしくはさらには、日本を救うべく交渉の仲立ちにさえなってくれるかもしれない、という希望を日本に持たせることだった。もう一つは、アメリカのフィリピン進攻秘密作戦の計画を流すことだ、それで日本は抵抗を強化するだろう、するとアメリカへの日本の諸々の敗退はいすれも送れることになろう。

では、いかにしてこれらの計画を手に入れたか? ソビエト国民が信じられないほどの犠牲を払いナチスドイツに抵抗し、ついには彼らを敗北させたおかげで、モスクワは多くの欧米諸国と友達関係にあり、オーストラリアにおいても友達を作っていた。(欧米もナチスドイツを負かすために多大な貢献をしたと信じている人がいるとすれば、それはノルマンディー上陸ドキュメントフィルムやプライベート・ライアン救出フィルムの見すぎだ)

キャンベラでは、労働党が政権にあった。日本に対するこの計画中の北進攻撃では、オーストラリア軍はアメリカと行動を共にするのであるから、この計画の詳細に関する情報を共有するのは当然だ。左翼陣営にいる人間は、これらのプランに簡単に接近できた;そういう中の一人は、後に判明したが、非常に左翼的な当時の外務大臣H.V. エヴァットだった。

これらのプランは、そのあと、キャンベラのソビエト大使館に流れ、しまいにはハルピンの日本領事館発の通信の中に座を占めるのだが、それが盗聴され暗号解読されて、結局オーストラリアへ帰り着くのだった。この情報劇に関係したオーストラリア人の氏名は戦後ようやく明らかになったが、これは、戦時中のソビエトの外交電報往来を暴いた「ヴェノナ暗号解読作戦」のおかげだ。当時こういう人物たちを魔女狩りすることもできなかった、というのは、それをやれば、極秘の「ヴェノナ作戦」の存在も明らかにすることになるからだった。後にキャンベラの「ペトロフ事件」の調査の際にようやく明らかになったのである。

ペトロフは、1955年キャンベラのソビエト大使館から亡命した人物で、彼はその際人名と情報源を明らかにした文書を持ち込んだとされる。そして、いわゆるソビエトの協力者は一人も裁判にかけられていない: その一人、リック・スロッセルは、私が外務省に入省した1956年にはまだキャンベラの外務省のデスクに座っていた。

しかし1945年のこうしたおどろおどろしい不気味な事件は労働党政権の信頼を失墜させるに十分で、ここで保守系政権が取って代わり、1972年まで続く。その年ようやく、ピンポン外交と中国の承認が大きな追い風となって、労働党が、ゴフ・ホイットラムの下でふたたび政権をとるに至った。

私はスロッセルと知り合い好感を持ったが、他の連中も多くは、世を憂うる平和主義者で、同盟者ソビエトを助けることで、戦争に協力できると考えていた。〈スロッセルは、著名な強く親ソビエト的作家である母親に、折に触れて情報を流していたというのがせいぜいのところだった〉

とはいえ、彼らの行動がオーストラリアの労働党に傷をつけただけではない。その行動によって、滞日戦争の最終シーンを大きく変えた可能性もあった。しかも彼らがめざしたとは、全く逆の方向へ、である。

アメリカが自らの北上作戦への日本の激しい抵抗に対処しようと努力していたとき── その抵抗は明らかにあのハルピンの日本領事館からもたらされた情報に大きく助けられた── 日本に対して核兵器を使うことが決定した。

このことが、日本の早期降伏をもたらしたと多くの人が考えている。しかし、種々の研究がなされた結果、当時日本の戦争政策を主に掌握していた狂信的な軍人たちは、それでも最後の一兵まで戦うと決意していた。

長谷川毅の詳細にわたる研究、2005年の「暗闘:スターリン、トルーマンと日本降伏」によると、日本を降伏させた決定打は、広島の後4588日の日本の都市を次々に破壊するぞというせっかちな脅しよりも、ソビエトの宣戦布告と満州進攻であった可能性が非常に高いらしいのだ。

日本本土に対するソビエトの攻撃によって、天皇制の崩壊と共産主義政府の樹立へつながることが、原爆よりも強く軍部を震撼させた。

それでも、ソビエトは、日本の千島列島の北部、中部へ進攻する時間はあった。彼らはまた北海道の、西は留萌と南は釧路を結ぶ線の北側全てを占領する目的で軍隊を派遣した。〈おそらく、ヤルタにおいて、ソビエトを参戦させるために与えられた秘密の合意によるもの〉

ある報告によると、ソビエトの軍隊輸送船は、留萌からわずか2日の距離まで来ていたとき、アメリカのトルーマン大統領が、ソ連軍はそちらではなく南千島列島(いま東京が北方領土として要求を出している)を占領するのに使うべきだ、とソビエトに警告したのだ。

モスクワが日本の降伏を遅らせることに成功していたなら、これよりもどれだけ多くのものを獲得できただろうか?

また、仮に日本が南方の島々であれほど激しい抵抗戦を展開できなかったとしたら、アメリカは原爆に頼らなくてもいいと決断した── そんなことがあり得ただろうか?