Give Snowden the Nobel Peace Prize
BY GREGORY CLARK
JAN 10, 2014

Edward Snowden, the discloser of U.S. National Security Agency secrets, now has the New York Times and some other U.S. voices urging he be allowed to return to his home country. But will he be welcome? I once found myself in the same situation as he, and know something about the dilemma he faces.

I too was brought up in the post-Nurenberg belief that loyalty to one’s principles outranked loyalty to one’s nation-tribe. Wrongs and evils should be exposed, regardless. But somewhere along the line things changed. Our democratic nation-tribes were incapable of doing wrong; it was “the others” who were evil. To expose wrongdoings by one’s own side was ipso facto to support the evil of the other side. You could be called a traitor, and there were strict punishments to prove it.

My dilemma was over Vietnam back in 1964. The war there was just getting underway and it was already clear that not only was our side breaking the Geneva peace agreements of 1954 but we were also intervening to support the wrong side in what was bound to be a very long and cruel civil war.

To justify that policy our side had set out to demonize China and blame it for the war, even though for me as a China specialist it was obvious Beijing had almost nothing to do with the war. Even then the mutual dislike between Hanoi and Beijing was well-known.

Things came to a head in October of that year when as a Moscow-based diplomat I had to sit in on a bizarre Kremlin meeting where an Australian foreign minister set out to use 19th-century myths of Chinese expansionism to persuade the Soviet leadership that China was indeed responsible for the Vietnam war and that they should join us there to stop the Chinese dragon.

The Soviet reply was curt and sharp. The 19th-century myths were nonsense. So too was the idea that the Moscow would support the West in Vietnam. On the contrary, the Soviet Union would continue to support the brave Vietnamese people in their struggle against U.S. imperialism. As for the Chinese, Moscow’s only hope was that they would do more to help Hanoi.

Did this fiasco do anything to persuade the leaders of our truth-loving democracy to reconsider? Of course not. Canberra went on to pretend that the foreign minister had simply gone to Moscow to congratulate the new Soviet leadership which had just replaced Khruschev (in fact he had gone at the urging of the United States, which was also caught up in the myth of Chinese expansionism), and that not only was China responsible for the Vietnam war but that the war was China’s first aggressive step in the direction of Australia.

What do you do in this situation? Unlike Snowden I could not just walk out carrying boxes of documents proving that an evil was about to be committed — that a small harmless nation was about to be destroyed and many of its people killed simply so our leaders could indulge in their anti-communist, anti-China fantasies. One could only wait and hope for some sanity to prevail. But the daily gloating reports of B-52 bombing raids and body counts soon made it clear there would be no sanity.

So I decided to resign and make some kind of protest. But virtually the only people to notice were Pravda, the pro-Moscow faction of the Australian Communist Party, and a struggling Australian newspaper which ran my criticisms under the heading of “Australia and the Lost War” (in fact I was arguing the U.S. could well win that war if it killed enough people). It was a small reward for leaving my previous high-security tent.

To bolster my claims I took the risk of disclosing some information I gained inside that tent — that Canberra had played a key role encouraging the U.S. into Vietnam, that Western disinformation activities had set out deliberately to create the myth of Chinese aggressiveness, and so on. But all that did was to leave me to the tender mercies of Canberra’s spooks and blacklists. Between them they would try, with some success, to derail my efforts to begin a new career in Australia.

Fortunately I was able to start over again in a Japan which in those days was still attractively progressive and understanding. But even there they would use their embassy or media-based agents to try to disrupt one’s work — one of their larger successes was to use an alleged prime ministerial scholarship to lure away a secretary.

As Snowden will discover, there is no escape from these people. You have done what you believe was needed for your country. But they have decided you are not needed, and they have big budgets to help suppress you. Even after it becomes clear that what you did was right, you are still seen as an undesirable who has aided the enemy.

Snowden has exposed a monster sitting at the heart of our Western democracies — a monster able to extend its information tentacles in every direction. And with the information comes power — power for those with the information to dominate those without. Even after their excesses have become obvious — Vietnam, Iraq or Afghanistan for example — they still have the power to try to cripple opponents.

Often they have even more power, by claiming a need to cope with the backlash from those excesses. It becomes a vicious circle — very vicious.

Bringing Snowden back to the U.S. will not avoid this problem. He will still be vulnerable to the hatreds he has aroused. Currently he has little choice but to seek asylum abroad. So I have a suggestion.

Over the years the Nobel Peace Prize committee has not distinguished itself by impartiality. It shows a consistent bias to choose people who feed our self-righteous Western prejudices. So here’s a chance to go the other way: give the next peace award to Snowden.

スノーデンにノーベル賞を

アメリカの 国家安全局(NSA)の機密を暴露したスノーデンが自国に帰るのを許すべきだ、とニューヨーク・タイムスほかいくつかのメディアが声を上げている。だが果たして彼は歓迎されるだろうか。私もかつて彼と同じような状況に置かれたので、彼の立場のジレンマが少しは分かる。

私自身も、同じように、ニュールンベルグ後の信念、自分の原理原則に忠実であることは自分の国に忠実であることに優越するという環境で育った。どの道、間違いや悪が明らかにされるべきものだ。だが状況はどこかでいつのころからか変ってきた。われわれの民主的国家が間違いを犯すはずがない; 悪は相手側だ、ということは、自分たちの側の悪を暴くということはすなわち、相手側の悪を助けることに等しい。となると、君は裏切り者といわれるおそれがある。それを罰する法律もあることがその証拠だ。

私自身、そのジレンマを体験したのは1964年ベトナムを巡ってだった。戦争はちょうど本格化する段階で、その時すでに、1954年のジュネーブ停戦協定を破ったのはわれわれの側だったことだけでなく、結果的に非常に長引くことになったこの残酷な戦争で、われわれがまちがった側を支援して介入していたことが、もう目に見えていた。

この政策を正当化するために、われわれ西側は、中国を「悪魔化」することに乗り出し、この戦争は中国が原因だ、ということにした。中国研究者として、私には、この戦争に中国はほとんど関係ないことははっきり見えていた。その時すでに、ハノイと北京は互いに反目していることはよく知られていた。

わがジレンマのクライマックスは、その年の10月、私がモスクワ駐在の外交官として、オーストラリア外務大臣とクレムリンでなんとも珍妙な会談に臨んだときだ。外務大臣は19世紀末の中国の拡張主義という神話を持ち出して、ベトナム戦争の責任は中国にあるのだからモスクワも一緒に中国という龍に歯止めをかけるために協力すべきだ、と説得しにかかった。
 
ソビエト側の返事は簡潔でシャープなものだった。あなたのいう19世紀神話はナンセンスだ、またベトナムでモスクワが西側を支援するという考えも、同じくナンセンス。かえってその反対に、ソビエト連邦はアメリカの帝国主義と戦う勇敢なベトナム人を支援し続ける。中国に関していえば、中国がもっとハノイ支援に力を貸すことこそわれわれは願っている。

この失敗談は、“真実を愛する”民主主義陣営の指導者たちに再考をうながす影響力をいくらかでももっただろうか。もちろんなかった。キャンベラは、外務大臣はちょうどフルシチョフと交代した新指導者にオメデトウの挨拶に行っただけである、中国はベトナム戦争に責任があるばかりでなくこの戦争は中国のオーストラリア方面進攻の第一歩である、という態度を崩さなかった。(実は外務大臣は、同じように中国の拡張主義神話に取り付かれていたアメリカの差し金で、モスクワまで出かけたのであった)

この状況で、あなたならどうするか? 私の場合は、スノーデンと違って、いままさに始まろうとしている悪― われわれの指導者が反共産主義的、反中国的妄想に浸りたいだけのために小さな無害の国がいままさに破壊されようとしている、そしてその国のたくさんの人が殺される― その悪を証明する文書の箱をかかえて、この場から逃げ出すわけにもいかない。できることといえば、少しでも正気が戻るのを期待して待つしかない。とはいえ、連日の様にB-52の爆撃が報道され、死者が数え上げられる状況の中で、正気が戻ることはもはや考えられなかった。

そこで私がしたことは、外務省を辞職して、何らかの反対活動をはじめることだった。しかしながら私の行動に注目したのは、わずかにプラウダ紙とオーストラリア共産党の親モスクワ派グループ、それと苦闘していたあるオーストラリアの新聞で、その新聞は私の批判的記事を「オーストラリアと負け戦」というタイトルで載せてくれた。(実をいうと私はアメリカがベトナム人を十分に殺せばアメリカが勝つことができるだろう、という風に書いたのである)。これが私の安泰な、且つ秘密情報にアクセスを持っていたテントの下の前職を投げ打ったことに対する、あまり価値のない報酬だった。
自分の主張を証明するために、私は前職のテントの下で得ていた情報の一部を暴露するという危険を冒した。―― つまり、アメリカをベトナム戦争に駆り立てるために、キャンベラは要の役割を演じたこと、西側はニセ情報活動を通じて意図的に中国の攻撃性という神話を作るために力を尽くした等々、の事実である。しかしその結果といえば、キャンベラのスパイ組織と諸ブラックリストの攻撃の的にされただけだった。彼らは一致協力して、私の努力を脱線させ、オーストラリアで新しいキャリアを始めるように誘導しようとした。そして一部成功した。

けれども私は運良く、その当時まだ魅力的に進歩的で、もののわかった日本に来て、再出発をすることができた。しかし新しい土地においてさえ、キャンベラは大使館やメディアに籍を置く彼らの息のかかった人間を使って、ひとの仕事を壊そうとするのをやめなかった。―― 彼らが大きな成功を収めた一例は、私が使っていた一人の秘書を、いわゆる総理大臣スカラーシップなるものを使って、わたしの下から遠ざけたことだった。

スノーデンも自覚したはずのことだが、こういう人々から逃れることは不可能だということ。あなたは自国のために必要だと信じることを実行した。ところが彼らは、あなたは必要でないというのだ。そして君を押さえつけるために大枚の予算を投じる。そして君のしたことが正しかったと判明した後でさえ、君は敵方を助けたならず者と見られ続ける。

スノーデンは、されわれ西側の民主主義の中に巣食う怪物を世にさらけだした―― あらゆる方向に蛸のような情報の触手を伸ばす怪物。そして情報は力をもたらす―― 情報を持つものがもたないものを支配できる力である。その行き過ぎが明らかになった後でも―― たとえばベトナム、イラク、またアフガニスタン―― 彼らは敵視した反対運動を片輪にするほどの力を持つ。

彼らはしばしば、その行き過ぎに対するゆれ戻しに対抗するために必要だといって、さらに大きな力を手にする。これは悪循環だ。―― しかも非常に悪質な。

スノーデンをアメリカに帰したところで、この問題は解決しない。彼は依然として巻き起こした憎悪の標的だろう。現時点では、彼は外国に避難しているほかに、選択肢はあまりない。そこで提案。

ここ数年、ノーベル平和賞委員会は、公平さという点では、いい結果を出していない。それが選ぶのはいつもわれわれ欧米の独善的偏見に叶った人物だった傾向が強い。そこでいま、それを修正するチャンスだ。つまり次の平和賞をスノーデンに与える。