Friday, Nov 1, 2013
Nothing new in NSA scandal
BY GREGORY CLARK

The surprising thing about the National Security Agency spy scandal reports oozing out of Washington is that people are surprised. Credible reports of U.S. and British decoding and information gathering activities have been around for years.

Australians had the chance to know something about all this long ago, thanks to a scoop published prominently in the pages of the Australian Financial Review back in 1976 revealing a large Australian intelligence decoding operation against confidential Japanese diplomatic and business correspondence.

A follow-up story by former Tokyo-based Financial Review and Sydney Morning Herald correspondent Max Suich gave more details. Canberra then imposed a D-notice prohibiting further media disclosures, which in effect confirmed that the original story was correct.

At the time some of us expected a strong reaction from Tokyo, along the lines we are seeing today as the Europeans discover they too have been spied upon. But there was nothing, even though the main Japanese media had people based in Sydney. It seems they had all headed for the Japanese Embassy in Canberra for advice on what to do and were told that the story was false, that it was quite impossible for Australians to want or be able to decode Japanese messages. And so the story died — stillborn in Japan and strangulated in Australia.

Back in Japan I tried to follow up. Japan had lost the Pacific War because it refused to believe that its military messages could be decoded. Surely Tokyo officialdom would have been sensitive to any hint we foreigners were still at it today.

But there too I found the same lack of alarm; Japanese diplomatic codes were unbreakable, I was told.

And to some extent that was true. Like most other security-conscious nations Japan was using the unbreakable one-time pad codes (ran-su hyo in Japanese) for sensitive top-secret messages. But a lot of lower-grade messages went out in weaker encryptions. Even in those early days Western cryptography was advanced enough to break most codes.

The Max Suich article put it into perspective. Australia, then as now, was a member of the Echelon decoding club of trusted Anglo-Saxon nations — Australia, the U.S., Canada, the United Kingdom and New Zealand. Dedicated to discovering the world’s secrets they had carved up the globe, with Japan allocated to Australia since the U.K., Canada and U.S. were already busy chasing Cold War enemies elsewhere (we never discovered what New Zealand was supposed to do).

Operating out of something called the Defense Signals Directorate (DSD) in Melbourne, a major role for Australia’s decoders was supposed to be getting access to cable and telephone links in and out of Japan. Anyone in Japan, or elsewhere, who relies on telecommunications experts from any of the Echelon nations to do their wiring for them should be worried.

But the harm does not stop there.

Spy and other secret information is handled on the basis of “need to know.” Inevitably this means that only those trusted by the spy networks — hardliners or opportunists happy to go along with the spies — get to see that information, and that only those with the information get to make the decisions.

So, policy is decided in an echo chamber created by those who only listen to what they want to listen. Those not trusted — individualists, persons of conscience, or simply people who are better informed — are left “out of the loop.” Even decision-makers suspicious of the spies can be drawn in. As former Australian ambassador to Japan, John Menadue, wrote in his memoirs, “What you Learn along the Way”:

“They [the spies] are, however, adept in doling out juicy tidbits of information that are often untested but draw one into the inner circle of people with privileged information,a twilight world of secrets and gossip. Perhaps we all read too many spy thrillers and vicariously want to be part of the action. Few are immune.”

(Menadue was writing after discovering how the spies had successfully used false information to derail an agreement with Japan that he wanted and they had opposed. At the time I was strictly “out of the loop” and unable to help.)

Under Echelon and other secret information sharing arrangements, the demand for need-to-know reliability becomes even stronger. The use of false or distorted information to influence other nations’ policies becomes even more rampant. Yet even when it is clear that the information is unreliable and the spies are out of control, it is hard for anyone to complain or disagree.

“Group-think” is now openly blamed for the Iraq disaster. Criminal collusion would be the better word.

Over Iraq, bogus reports of weapons of mass destruction, nuclear ambitions (the “mushroom cloud”) and phony al-Qaida links (by a regime dedicated to suppressing al-Qaida?) were all fed into that “twilight world” to call for an attack that today no one even tries to justify.

As the U.S. and U.K. try to dig themselves out of the current diplomatic mess created by their runaway spy agencies, both like to insist they have not used spy information for economic gain. But that is untrue; business information is a major target for all such agencies, especially since it usually falls into the easily code-breakable category.

The targeting is also highly corrupting since the information gained can be passed on selectively to cooperative firms — often firms that provide employment and cover for spy operatives.

In Australia favored firms getting spy material on Japanese contract policies and other business negotiations used to joke how they had found it “fallen off the back of a truck.” And that was 40 years ago. Imagine what is going on today.
NSAスキャンダルはおなじみ

ワシントンから漏れ聞こえてくる米国家安全保障局(NSA)のスパイスキャンダルについて、驚くべきことは、人々が驚いているということだ。米英が他国の暗号を解読し、情報収集しているという信頼に足る報道は、もう何年も前から世間に流れている。

オーストラリアは、1976年にオーストラリア・フィナンシャル・レビュー紙に大々的に報じられたスクープ―― 日本の外交やビジネスに関する通信がある大きなオーストラリア情報機関によって解読されていた事実のスクープ―― のおかげで、こうした事実についてはずっと以前からある程度知る機会があった。 

その後、フィナンシャル・レビュー紙/シドニー・モーニング・ヘラルド紙の元東京特派員マックス・サッチがこの件について、詳細をフォローアップした記事を書いた。その時点でキャンベラは、それ以上のメディア報道を禁じたD通達を出したため、結果的には、もともとの報道が正しかったことが証明されたことになった。

私の周辺では、その時東京は当然反発するだろう、(現在ヨーロッパ自身もまたスパイされていたことを発見して示しているようなかたちの)反発を強く示すのではないかと予想した。しかし、日本の主要メディアはシドニーに駐在員を置いていたにもかかわらず、日本は何も反発しなかった。彼ら駐在員は、全員キャンベラの日本大使館に押しかけ、どうするかと見解を正しに行ったが、この話は間違いだ、オーストラリア人が日本の情報解読をしようとしても全く不可能だ、と告げられた。これでこの件は一件落着、――日本で死産して、オーストラリアで窒息させられた。

私は日本に戻って、これを追跡しようとした。日本は太平洋戦争で軍事情報が解読され得ることを信じようとしなかったため、戦争に敗れた。もちろん東京の政府機関は、我々外国人が今日でもそれを継続しているかもしれないという兆候には神経質になっている。

だがこの点に関しても、私が発見したのは彼らの警戒心の薄さだった。日本の外交コードが解読されることはありえない、という答えが返ってきた。

ある程度これはほんとうだった。安全に関する気配りが固い他の国と同様に、日本もデリケートな極秘情報には一回きりのパッドコード(乱数表)を用いていた。けれどもそれ以下の機密度の低い情報の多くは、弱い暗号を使っていた。あの当時まだ暗号学が未発達の時代でさえ、欧米は大半の暗号を解読できるほどには進んでいた。

マックス・サッチの記事はこうした状況を詳しく展望したものだった。当時オーストラリアは、今もそうだが、信頼固きアングロサクソン国家連合―― オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランド―― のトラスト式クラブ、エシュロン暗号解読クラブのメンバーだった。世界中の秘密情報を解明しようと意気込みのもと、彼らは地球全体を分割して分担していた。イギリス、カナダ、アメリカはすでに他所で冷戦の敵を追跡するのに忙しく、(ニュージーランドが何を分担したのかは、いまだわからずじまいだが)、オーストラリアには、日本が割り当てられた。

メルボルンでディフェンス・シグナル・ダイレクトなるものを基地として操業していたオーストラリアの解読者たちの中心的な仕事は、日本から出る、また入る電報と電信電話に入り込むことだった。日本で、また外国でも、自分たちのための通信の配線を敷くのに、このエシュロン国家に属する電気通信エキスパートに依存していた人々は、当然心配すべきだった。

しかし、ダメージはそれだけではなかった。

スパイその他の秘密情報は“知る必要”ということを基本に取り扱われた。これは必然的に、スパイネットワークから信頼を受けている仲間内者のみが―― 強硬派も、あるいはスパイと共存することをいとわぬ日和見者でも―― その情報を得ることができ、その情報を得たものだけが意志決定に参加できる、という意味である。

そこで、政策は、自分たちが聞きたいことだけを聞く人たちの手で決定される。彼らの信頼を受けていない者―― 個人主義者、良心的人間、あるいは単に情報に詳しい人――は“蚊帳の外”におかれたままだ。スパイの存在に疑いを持つ政策決定者といえども引きずり込まれる場合もある。元駐日オーストラリア大使ジョン・メナデューも、回顧録「その過程で学ぶこと」の中で書いている。

「かれら(スパイたち)は、しばしば、正否の定かでないおいしい情報を、情報特権を持つ内輪のサークル―― 秘密とゴシップの薄暗い世界―― へうまく取り込むことに熟達している。多分、我々はみんな、スパイ推理小説の読み過ぎで、彼らに成り代わって活躍したい願望をもつ。それに抵抗できる人は少ない。」

(メナデューは、自分が日本と結びたかったひとつの協定について、それを嫌ったスパイたちが、破産させようと次々とニセ情報を仕掛け、計画を潰そうとしたことが明らかになった後に、これを書いている。)当時私は、完全に蚊帳の外にあり、彼を手助けすることは不可能だった。

エシュロンや他の秘密情報共有の組織の下で、“知る必要”への依存はさらに一段と強くなる。他国の政策を左右するようなまちがった、歪曲情報を利用する頻度はますます高くなる。ところが、たとえ情報が信頼できないことが明らかになった場合でも、また制御できないほどにスパイがのさばった場合でもこれにクレームをつけたり反対したりが難しくなる。

「グループ思考」ということがいま、イラクの受難に関して公けに批判の的になっている。犯罪的共謀というのがより適切だろう。

イラクに関しては、大量破壊兵器、核野心(いわゆる“きのこ雲”)、そしてまちがったアルカイダ・リンク(アルカイダを抹殺したくて必死のある政権による?)というまちがい報道はすべて、いまではだれも正当化の努力さえ放棄した攻撃の口実とするために、“薄暗い”世界に注入され、自己増殖した。

今アメリカ、イギリスは、コントロールできなくなったスパイ組織によって作られた現在の外交の混迷から抜け出そうともがいているが、両者とも、スパイ情報を利用したのは経済的利益のためではなかったと主張している。だがそれはちがう。; ビジネス情報が、これら組織のすべてにとって、主な目的だ。とくにそうした情報は、通常、暗号解読が簡単な部類に属するからだ。

標的作りがまた、非常に腐敗を呼ぶのが普通だ。得られた情報が、優先的に協力企業へ、――しばしばスパイ活動を維持するための雇用とカモフラージュを提供している会社―― へ流されるものだからだ。

オーストラリアでは、日本の契約政策やビジネス交渉に関するスパイ資料を得ている優遇企業は、よく冗談を飛ばしそれは“トラックの荷台の後ろから落ちたものをひろっただけ”、といっていた。そしてこれは40年前の話だ。いまどうなっているか想像してみよう。